青木[アオキ] 名字 苗字 家系 家紋 ルーツ 由来

青木[アオキ]という姓[名前・名字・苗字]・家紋・家系の由来・ルーツの研究

青木さんの情報 ルーツ データベース リンク集 http://www.aoki.cc/
青木氏氏[Enter]
├ 研究&重要データ ⇒ 青木氏氏 研究室
└ ルーツに関する質疑応答 ⇒ 青木ルーツ掲示板
名前 名字 苗字 由来 ルーツ 家系 家紋 歴史ブログ

青木ランキング参加者募集中!!



≪前ページ | ホーム | 次ページ≫

青木氏の分布と子孫力-1

「青木氏の分布と伝統力」



「伝統」とは、”そもそも何なのか”と云う事に気が進む。
「伝統」の”原動力”と云うものに着目すると判るかも知れない。
その「原動力」を維持させるものは、その「伝統」を持っている「集団の存在」と、その「集団の動向」に左右されている筈だ。
その「集団」が消えればその「集団」が持つ「伝統」も消えるが常道である。
「集団の如何」に左右されるは必定である。
「伝統」のシリーズを進めて「青木氏」を更に解明するには、先ずはこの「集団の如何」を解明しなければならない。そこで、問題はどの様に解明するかである。
それをこれまでの論文を基本として、それに対比する「集団の如何」の「現在の動向」を論じれば可能に成る筈である。
そこで、次ぎのデータを使いそれをパラメータにする事で「伝統」の”何なのか”が判ると考えた。
主に次ぎの三つのデータを使った。
当初、それを試みる為に、「家紋分析」を使って家紋を分類化してその数を地域ごとに把握する方式を採った。この「家紋の分類化」は「青木氏の家紋群」は別の目的の研究で判っているので、その「家紋群」が各県毎にどの程度の数を持っているかを調べた。
先に「青木氏の歴史上の分布域」が判っているのでそこを調べて、その隣接する地域にも拡大分布していると判断して広げていった。
凡そは掴めたが問題が出た。その問題は予想はしていたが、「虚偽に家紋」を使っている事でデータの信頼度が低くなる事であった。
虚偽の家紋は平安末期、室町期末期、江戸初期、江戸末期、明治初期に行われた。
夫々、状況が違った形で使われた。平安末期から特定の氏に使われ始め、当初は「象徴紋」としてであったが、その後に武士の台頭で家紋化していった。
特に、「荘園制」で「名義貸しの行為」からその内には「家紋」も勝手に使われるようになった。
室町末期は下剋上の終末で勃興した家臣が主の家紋を盗用する事が起こった。
江戸初期は旗本御家人が競って家柄を誇張する目的からすべての家臣は家紋を持つ様に成った。
この時も元主の「家紋」を偽って使った。
明治初期は「苗字令」に基づくもので全て「家紋」に関係の無かった9割の庶民は「家紋」を持ったが、「家紋」を考える余裕が無かったことから便宜的に周囲の気が付いた家紋を使用した。
何れの時期も「類似家紋]か[丸付き紋]を使うのが良心的行為ではあった。
殆どは「虚偽の家柄」を誇張する目的から使った「家紋」が多かった。
これは「家紋」は「氏と姓」、「宗派」、「地域」などと関連している為に矛盾が出てすぐに判別できるが、結局は”矛盾の持ったデータ”が出来上がってしまった。
結局、「家紋分析」から最後にこの「虚偽の洗い出し」をしたが、矢張り信頼度が低下した。
最も多かったのは「宗派の判別」の虚偽、次ぎは「氏姓ー族の判別」の虚偽、次ぎは「地域、国別の判別」の虚偽、等であった。
江戸期を含む以前は、原則「国抜け制度」で「自由移動定住」が「斬罪の禁令」であったにも関わらず、現代風の「自由移動」に考えて、それの「過去の慣習の知識」を忘れて他県、他氏、他家の家紋を使っている虚偽であった。
そもそも江戸期前の「氏家制度」では、「慣習と仕来りと掟」に依って成り立っているものであるにも関わらず、これを無視した様なこの様な「搾取による虚偽」が横行していた。
この状況は完全に見抜けるのだが、無視して使っている。
筆者は、この「虚偽」は明治後のかなり後の時期にその末裔が書き改めたものが多かったと観ている。
殆ど、この「慣習仕来り掟」の「縛り」が民衆の中に消え去った後の書き改めによるものである。
特に「家譜」などはほとんどが「虚偽」である。
第一、「家譜」をどの様にして作るのかと考えればすぐに判る筈だ。
家譜を作るには、その記録の保管と継承が必要で、そもそも江戸期前には下級武士以下の者にはこの”先祖を手繰る慣習”と概念もなかったし、それを行うのは「密教の菩提寺」で行われていた。
菩提寺を持つ事が出来る氏であれば可能であるが「姓族」にはこの習慣は元々無かった。
にも拘らず、「系譜」を作り上げている。
先祖が一人ひとり死ぬごとに書き足していったのか、書き足していったとするとそのようなシステムを敷いているくらいの「相当な家」(守護や大名クラス)であったのか、歴史家でもないのにそのデーターをどこで調べたのか、殆どが同じ筆跡で書いていると云う事は誰か一人が作ったのであって、そのデータをどこから持ってきたのか、唯一、江戸期以前は全て氏の運営する「菩提寺」で”限定された身分の氏”が管理されていたのである。「檀家寺」はあったとしても「人別帳」で代々の累計はない。一代限りである。その「菩提寺」も判らないし「過去帳」もない状況でどの様にして作ったのか甚だ疑問である。
江戸期初期に「家康の宗教改革」では、「浄土宗」は「密教」であった事から、その慣習は厳しく、これを改めたのが「家康の浄土宗督奨令」であって、特定の「上級武士」だけに認められた「菩提寺」であった。
それも「密教」では無く、「一氏一寺」のでは無く、全て「檀家方式」による「浄土宗寺」でもあった。
この様な慣習などがあったにも関わらず「家譜」を堂々と前面にして家柄を誇張する「姓名」が多い。
「家譜」と連動して「家紋分析」にも、最もこの「虚偽」のものが多いのだ。

注記
(注記 筆者は「姓族」が全体の9割を占める状況の中で、室町期以前に「家譜」を持つ事は100%あり得ないと考えていて、それなのにそれを公然と「家譜」として公表するなどの行為は納得できず殆ど信用していない。
もし、これらの「家譜」を「家譜」として認めたら日本は古来から9割の人が武士で武家であった事に成ってしまう。そんな論調はわざわざ採り得ない。
そもそも、参考の為に、江戸時代には「武士」を「武家」と呼称しているが、学問的には「武家」とは「公家」に対して朝廷が認めた呼称であって、原則は僅かに認可された「48氏」がこれに相当した。広げたとして鎌倉期に准認可の形式を採っている「180氏」の範囲に留まる。
その筆頭が奈良期に賜姓族が「三つの発祥源」として認められて最初に臣下した「青木氏」が、「武家」と呼称する事を許された最初のもので、この後に「48氏」が認められている。
この「48氏」の多くは、「藤原氏北家一門」(公家)から武家に成った「氏族」と、阿多倍一族の「氏族」が大半であり、この根源から出自した180氏に成る。
「源平藤橘」の他の族は多くは滅亡している。
そもそも日本は「二つの族」に分けられる。
「姓族」(かばね 姓名:せいめい)と「氏族」(うじ 氏名:しめい)とに分けられているし、日本語もその様に分けられてこの「二つの言葉」が未だ遺されている。この事を考えれば自分がこの二つの内のどちらの族であったかは判る筈である。搾取・偏纂・虚偽しても判る筈なのに判らない人にだけ騙す行為である。
そもそも「氏族」と「姓族」とは同じ系譜等を持つ事は絶対にないのだ。
「姓族」は最初に発祥したのは、瀬戸内の某寺の記録に出て来る範囲では、室町期末期の”「海部族」”と”「塩飽族」”であり、その多くは瀬戸内から出ている。
その後に室町期の勃興で立身出世した者が「姓」を名乗ったのが最初である。
この「姓族」には「職能集団の姓族」と「立身出世の姓族」(農民)との2流がある。
「姓族の姓名」を持つ家が「氏族の氏名」のルーツを持つ事は原則無いのである。
よく搾取・偏纂・虚偽として用いられているのは、端的なのは「源氏」であろう。
判り易い例は、「姓名の家」が「氏名の源氏」では絶対に無いと云う事だ。
筆者は歴史を論じる時、この編のところを明確に正確にする事に務めているので、他氏の事は兎も角もそのつもりで「青木氏論」をお読みいただきたい。

(下記「馳走の説」等でも世に論じる事を憚れる事を当時の「生の慣習」として用いられていたので、「歴史の真の意」として論じたのもこの為にある。違うと思うのであれば放念放棄されたい。)

データ採取
そこで、「守護神の神明社の研究」の存在分布と歴史的経緯の記録データを使ってこれを補正した。
しかし、確かに信頼度は向上したが、論文にするには問題があるとして、別の方法を用いて補正する事を考えてデータを集めた。
疑問や問題が出た時は、現地の歴史等のマニア仲間に依頼して調べた。約10年かけた。それが次ぎのデータであった。
このデータを統計学でパラメータ化してエラーとバイアスを抑える事に務めた。(CP=1程度)
(末尾 参照)
この様に「来場記帳」のデータと、「ルーツ掲示板」のデータに記録されているデータと、筆者が過去に研究した古い時代の青木氏の「定住地論」と「守護神論」や「家紋分析論」等を基本にして比較勘案して分析する事にした。(投稿済)
何と結局、「分布図」、「伝統力」、「子孫力」「子孫拡大力」としての論文に30年かかった事に成る。
出来て仕舞うと、大した論文ではない気もするが、「青木氏の伝統の解明」では一つのやるべき研究が出来た気がする。
その結果、次ぎの様な結果が出た。本論末尾に記載する。

結論から云うと、明治以降では、基本的に ”青木氏はあまり移動していない。”が云える。
では、”何故、他氏と同じ様に自由に拡大分布しないのか”が疑問と成る。
筆者は、「清和源氏頼信系の源の義経」の家来と成って、全国津々浦々に子孫を拡大させ、日本一の氏となっている「鈴木氏」を研究した事があり、研究室にも論文を載せている。
その「分布状況の原理」とは大きく異なっている事が判る。
それは「分布の範囲」と「分布の仕方」に違いが出ている。

そこで、主にこの「二つの事」(「分布の範囲」と「分布の仕方」)に焦点を当てて、「青木氏」を炙りだ出す事にする。
そこから、「青木氏の伝統」の”「土台」と成っている「物事」が何であるか”が観えて来る筈だ。
そこで、”青木氏の子孫の分布力”に、先ず、”変わった事”が起こっているので、判り易くする為にそれを先に論じる事とする。

それは次ぎの事である。
”パラメータが妥当に取れなかった地域が存在する事”である。
「青木氏」が歴史的に見て存在し得ない地域にはデータは採れないのは当然だ。しかし、”存在し得ていた地域にも関わらずデータが採れない”と云う現象はおかしいのである。
つまり、”何かがあった”から採れなかった訳であるから、”それが何であるか”を浮き出させる必要がある。
本題の「分布図」、或は「子孫力」「伝統力」「子孫拡大力」云う意味で重要である。

「三つの現象」
それは次ぎの「三つの現象」に分けられる。
A 歴史的に確実に存在している筈であるのに確認できない地域
B 存在しなかった地域に存在している地域
C 存在しても多すぎるか又は少なすぎる地域

この「三つの現象」を先ず分析すれば、「青木氏」の全体の「子孫力」「子孫拡大」の状況が把握できる。
この「子孫拡大の状況」とは、「分布図」「分布力」「伝統力」に絞って論じる。
これらの分析に用いる情報は、「研究室」「ルーツ掲示板」「家紋掲示板」「地名地形データベース」等の殆どの論文に記載しているものを用いる。
既に、これを読んで頂いている場合はよりこの論文の理解が深まると確信している。
それを前提にしている。依って、若干、これらの情報は本論では改めて理解を深める為に各所で重複するところがある。
詳細は、これらを参照して頂く事とする。

それではABCに付いて論じる。
このABCは連携している。何らかの原因があったからABCが生まれているのだから、Aを中心にBとCを関連付けて論じる事とする。

A パラメータが採れなかった地域
筆者の研究データやルーツ掲示板や家紋分析等では、「青木氏の分布」は確認出来るが、10年間でのデータ採集では不思議に採れなかった県である。
「現在の状況」を「来場記帳」と「ルーツ掲示板」の二つの内容と「家紋分析」等を用いて数値化(パラメータ)したもので、表したものであり、「来場記帳」は10年間の「200件」、「ルーツ掲示板」で10年間での「1千件」のデーターを使用している。
これに「家紋分析や守護神や定住地論」等で調整する。
では、次ぎの県からの直接の記帳はない事である。
「他の地域」から観て、「下記の地域」のルーツとしてのデータはあるが、地元からのデータは確認できない地域である。
しかし、「過去の状況」は「定住地論」や「守護神論」や「家紋分析」などで数値化を出来るものでは、”確認できない”と云う事ではない。「現在の状況」である。
この「パラメータの有無」は、”存在しない”と云う必ずしも前提ではなく、「過去の状況」に比べて、「有無」を含めた”何かの異変がある”と云う事である。

[地域別分布力]
「地域別」では「青木氏」は次の様な「分布力」になっている。
全国平均(全国単位 % 表ー1)
地域      異変の県        分布力
九州地方   長崎、大分       5%
四国地方   高知          2.5% 
中国地方   山口、岡山      2.5%
関西地方   三重(筆者ルーツ) 14%
東北地方   秋田           7%
中部地方                15%
関東地方                45%
北海道・沖縄               6%
その他                   3%

地域平均(地域単位 /県 パラメータ 表ー2)
九州地方  1.3
四国地方  1.3
中国地方  1.3
関西地方  4.7
中部地方  4.3
関東地方  11.3
東北地方  2.0
その他   11.0

「青木氏」は現在も以上の様に分布している。

修正地域(表ー3)
長崎 4 宮崎 6 岡山 4 香川 8 徳島 1-7 三重 12 福井 4 愛知 13-7
秋田 1

「青木氏の分布力図と伝統力図」(表ー4)
九州地方(5%) 中国地方(2.5%)四国地方(2.5%)関西地方(14%)中部地方(15%)
福岡  2   山口  0   愛媛  3     兵庫  3    三重  1
長崎  0     島根  2   香川  1     大阪  14   石川  2
佐賀  1     広島  3   高知  0     京都  5    福井  1
大分  0     岡山  0   徳島  1     奈良  1    岐阜  3
熊本  4                        和歌山 4    愛知  13   
宮崎  2                        滋賀  1    長野  9
鹿児島 1                                  山梨  1

域平均 1.25 平均  1.25  平均  1.25  平均  4.7  平均  4.3        

関東地方(45%)東北北陸地方(7%)沖縄、北海道地方(17.5%)
静岡  5    青森  1     沖縄  1
神奈川 21   山形  2     北海道 11
東京  18    岩手  1
埼玉  17    新潟  4
群馬  6    秋田  0
千葉  11   福島  4
茨木  4    宮城  2
栃木  8                                     

域平均 11.3  平均  2.0   平均  11.0  


ところが、この「異変の県」Aの7県は意外な県ばかりである。

「長崎」
先ず、「長崎」は「藤原秀郷流青木氏」で、鎌倉期に赴任後に定住して「青木村」を形成する程の「子孫拡大地」である。「家紋分析」から「116氏ー24地方」もの「子孫拡大」である。
この勢いは現在も確認できる。この「異変の県」は「116氏ー24地方」の一つである。
絶対に0と云う事ではない。九州地方は全体で5%で、九州地方のAVE1.5であるとすると、少なくとも「九州と云う地域性」から観て、パラメータは2-5の中にあり、これに「定住地論」と「守護神論」や「家紋分析論」等から勘案すると、6は超えない。
恐らくは「青木村の形成力」から観て「長崎」はパラメータは本来は5であろう。
しかし、異変は0を示している。(下記)
そこで、この異変の県「長崎」のパラメータを推測するには、九州の他の歴史的な繋がりのある地域のパラメータを先ず吟味する必要がある。

「大分」「山口」
次ぎはBに属する「大分」と「山口」である。
確かに歴史上は何れも「青木氏」としては直接関係のある地域ではない事は確かである。
しかし、この2県には「藤原秀郷流青木氏」が鎌倉期と室町中期に一部に移動している史実があるが、「子孫拡大」がされていない事が云える。
特に、「山口」は「2つの青木氏」にとっては移動しにくい条件が鎌倉期ー室町期中期までにあった。
ここは藤原氏北家外の「皇族系の公家衆」が逃げ込んだ地域でもある事から、平安初期から観て「青木氏」の「皇族賜姓族」としての立場上では難しい地域であった。ここは毛利の前は室町期は「陶氏」が中国全土を抑えていた。
この「陶氏」は、後漢帰化人の阿多倍王の首魁が引き連れて来た職能集団で、その中でも勢力を持った「姓族」であり、「朝廷の官僚族」を牛耳っていた一門でもあり、平安期の平族の支配下にあって平族が滅亡した後も勢力を伸張させた。
「賜姓族青木氏」からするとこの勢力範囲は「親地域」では無かった。
依って、官僚の「公家の逃避地域」でもあったことから、今も然ることながら室町期まで定住分布に至る状況は観られなかった。パラメータが0である事には問題ではない。
むしろ、「分布できない地域」であったのである方がおかしい地域である。

特に、ところが一方「大分」は特別賜姓族の「藤原秀郷流青木氏」との関係が深く、「大分の豪族」が関係強化の為に室町期に武蔵と常陸にまで往来して関係を保っていたほどの地域でもある。
直接、「青木氏」が定住移動した記録はないが、関東に大分の「佐伯氏」が存在している等から観ても、ここに室町期の豪族の支流末裔の「青木氏」が無かった事は考え難い。
逆に、関東の酒井氏(青木氏族永嶋氏)が大分に存在する事からも「青木氏」が存在していた筈である。
(九州進藤氏も極少数ではあるが永嶋氏と同じ分布力があった。)
この大分の分布が「九州の地域性」から観て、「大分」と同じ状況であった「佐賀の1」に相当していて、結局は小で支流化して「氏か姓」として維持できなかった事に成る。
即ち、青木氏の子孫を遺せなかった可能性が大である。

そもそも、北九州としては、鎌倉期末期に藤原秀郷一門の「青木氏」と「長谷川氏」や「永嶋氏」等と、北九州と云うよりは九州全体を支配下に置いていた元「太宰大監」として自治を認められていた「大蔵氏族」との血縁を結んでいる記録がある。
その末裔が現存している事から、「菊池氏」や「酒井氏」や「宗像氏」等との支流族が確実に生まれていた。
この事は「家紋分析」からも「神職一族」との血縁が生まれていた事が確認できる。
しかし、「長谷川氏」や「永嶋氏」が子孫を大きく残しているにも関わらず、「秀郷流青木氏」との末裔は遺されていない。
この「秀郷流青木氏」は絶えた又は子孫を遺せなかったのでは無く、「武蔵の本領地」に戻った可能性が高い。「家紋分析」に表れて来ないのである。
それは「秀郷流青木氏」には「秀郷一門の護衛」と云う職務と、「本領の守護」の責務もあり、「朝廷の護衛」との官職の守らなければならない「三つの役職」があった。
更には、「皇族賜姓族青木氏」と「特別賜姓族青木氏」との連携による定住関係地に「守護神の神明社の建立」と「青木氏族菩提寺の建立」の役職もあった。
従って、この為には、「子孫」と「血縁関係族」を絶対的に増やす必要があったにせよ、「子孫」を必要以上に拡散させる事が出来なかった絡みがあった。
これは一面では、秀郷一門の「赴任地の子孫定住の戒律方針」と矛盾するところがあったが、九州域に「青木氏」を定着させて子孫を増やしたとしても、維持費にばかり経費が掛かり役目を果たす上での利点が少なかった事が云える。
特に、上記の表でも、関西以北の定住地に比べ、九州地域は「疎遠の地」でもあった事から「長谷川氏」や「永嶋氏」などと異なり、必要以上に「護衛力として残す必要性」はなかったと考えられる。
それは、「大蔵氏」と云う九州全土を有形無形に「支配する背景力」が厳然としてあって、それに頼ったと云う向きも大きかったのである。
むしろ、筆者は、「青木氏」と「進藤氏」は積極的に戦略的に”引いた”とする判断をしている。
何故ならば、この「大蔵氏」と「秀郷一門」との間の血縁を取り持った「進藤氏」も北九州では血縁をしながら引き揚げているのである。
この「進藤氏」は家譜や添書などから観ても「子孫拡大力」が非常に弱く、「一門の仲介役」を担っていた為に各地に分散させるより関東以北の拠点を固める必要があった。
これは一門の「第二の宗家」と呼ばれた「青木氏との連携」による結果であった事が判る。
両氏が共にその「氏の持っている事情」から引き揚げた事が判る。
九州に子孫を遺さなかったのである。

注釈
(進藤氏は鎌倉期末期とは別に「定住の時代性」は不詳ながら僅かに北九州の東域に確認できるが、室町末期か明治初期の「第三の進藤氏」である可能性が高い。
そもそも、「青木氏族」の「秀郷流進藤氏」は関東以北に支流一族を拡大させている。
あるとしても「阿波国」に赴任していた「北家藤原利仁流進藤氏」であるかも知れない。)

この様に、九州には血縁しても「一族末孫」に至るまで一切本領に戻さなければならない「秀郷流青木氏族」には厳しい内なる「環境条件」があったのである。
尚、この「内の環境条件」のみならず、更には「外の環境条件」にも厳しい「一族の賜姓族の戒律」で縛られていた。
「青木氏と進藤氏」は、共に”「大蔵氏との強い背景」”が無ければ「疎遠の地」として子孫存続に関わる「三つの条件」が成立せず、生き延びる事が出来なかった。
この「強い背景」とは、”「大蔵氏」の中に溶け込む事”を意味する。
つまり、端的には”「大蔵氏系永嶋氏」に成る事”である。
「秀郷流青木氏」は皇族系に絡む「賜姓族」である以上、その立場上の絡みから、「大蔵氏系青木氏」は元来成り立たなかったのである。
「氏家制度」の中で「身分、家柄、官職、官位」から「青木氏系大蔵氏」は成り立つにしても「青木氏の戒律」からこれを許される事ではなかった。
その根拠は、南北に大きく子孫を拡大させた「九州大蔵氏系永嶋氏」の「生き様の経緯」が物語る。(ルーツ掲示板参照)
この背景から、しかし、ここ「大分」には「青木村」はない事から数字的に観て、0或は1であろう。
パラメータの0はこの様な由来はあったにせよ納得できるものである。

「宮崎」
ところが、因みに、その由来として、近隣には、「宮崎の2」については次ぎの様な経緯がある。
理解を深める為に特記する。(上記「長崎」を評価するには大変に重要)
「宮崎の廻村」から「鹿児島の大口市」にかけて「清和源氏」の「宗家頼光系四家」の「頼政の孫(仲綱の子)」で、「宗綱」と「有綱」、それに叔父の「高綱」が「以仁王の乱」(源の頼政首謀)で「伊勢青木氏の助命嘆願」で許されて、特例を以って「宮崎廻村」に配流となった。
この時、世話を受けた土豪の「廻氏」との血縁による「配流孫」が生まれ、この土地の豪族の廻氏と周辺の土豪勢力等を使って、再び、北九州を守護していた「日向平軍団」を攻めた。
しかし、敗戦して懸命にこの「配流孫」を護って「薩摩大口村」まで何とか辿り着いたが、ここも攻められた時、大口村の住職の忠告でこの「配流孫」は、「嵯峨期詔勅」に基づいて、伊勢の「青木氏」の末孫を名乗った。
「伊勢青木氏」は「不入不倫の権」で護られていた為に、この時「配流孫」は一命を取り留めた。
ここには許される訳があった。
実は「頼光」の孫(「仲綱」の子)の三男で、乱に参加していなかった「京綱」は「伊勢青木氏の跡目」に入っていた。「清和源氏の四家」を「源平の戦い」で絶やさない為にも、事前に仕来りに従い同族跡目に入っていた。

(頼政の領国の伊豆国は「伊勢青木氏」を中心に「信濃青木氏」も加わり護っていた。頼光の経済的背景はこの伊勢と信濃の「二足の草鞋策」があった。)
上記の「助命嘆願」もこの「伊勢青木氏」からであった。その理由は、「伊勢北部伊賀地方」を「半国割譲」して「平族の領国」としていた「伊勢平衆」と、「伊勢青木氏」とは「伊賀和紙の殖産」を通じて隣国外にも繋がって強い親交があった。)
この経緯で「平族」は手が出せず「伊勢青木氏系日向末孫」として生き残った。
(不入不倫の権で保護する義務もあった。)

この「伊勢青木氏の配流孫」は、その後、「大口村」を山岳地を開墾しながら「黒田藩の傭兵の農兵」として働き、勲功を立て「苗字帯刀」、「五七桐紋の家紋」と「布衣着用」と「登城の権利」と「墓所の許可」を与えられ、「郷士の身分」(政治的背景)を獲得して、「三つの条件」の「経済的背景」(傭兵・開墾地)を得て明治期まで子孫を大いに拡大させた。
これが「日向青木氏」である。
この「日向青木氏」の「子孫拡大」は、「パラメータ2」に相当する程度に九州に初めて正規に「青木氏」を定住させた。これが「日向青木氏」であるが超有名人も現存している。
この九州に、独自に初めから「日向青木氏」の2のパラメータの「分布力」で発祥させた事から勘案すると、「大分、山口」のパラメータ0としても、上記する「日向青木氏」の経緯から見て、その「分布力の根拠」はないのでパラメータ0であろう。
逆に、「日向青木氏」のパラメータから観れば、「長崎」は現在はパラメータが0ではあるが、「長崎の推定 0-5」は妥当であろう。

さて、そうすると、上記の経緯から観て、「日向青木氏の2のパラメタ」は妥当なのかと云う疑問がある。これを確定させれば、上記の「長崎」はこの推定パラメータを確定できる。

そこで、確定させるには九州地域にはもう一つCの異変があるのだ。

「熊本」
それは、「熊本の4」のパラメータは「大分、山口」以上に全く「青木氏の根拠」がない地域である。Bである。
従って、この「日向青木氏の2」と「熊本の4」とを分離して考察することには問題がある。

恐らくは、この「日向青木氏の子孫拡大の方向」は「熊本域の横方向」にも広がったのではないか。
「熊本の4」は、ここには「青木氏の歴史」は全くない。
それにも関わらず全国平均の4のパラメータを確保している。
「パラメータの4」を得るには「歴史的な発祥根拠の定住」があって得られるものである。
元々、九州全土は、”何れの青木氏”に於いても「青木氏の歴史的発祥根拠」が本来は無い地域である。
あるとしても、上記した様に「日向青木氏」だけであり、「長崎」は「藤原秀郷一門の赴任」による「青木氏の護衛同行」が原因としての鎌倉末期から室町期初期の「移動定住」である。
「子孫拡大」には、現在と違い放って置いても単純に拡大すると云う生易しいものではない。
戦乱に近い状況の中では、主にその「経済的背景」(三つの条件)があってこそ拡大する。
要するに、「子孫拡大」=「経済的背景」+「武力的背景」+「政治的背景」にある。
この「三つの条件」のどれを主体にして「子孫拡大」を図るかにある。
その「氏」のこの「三つの条件」をどの様に生かすかによるが、「藤原秀郷流青木氏」(116氏)の様に、この「三つの条件」を平均的に高いレベルを保持して「子孫拡大」を果たした氏もある。
では「皇族賜姓青木氏」はどうであろうか。

1に「経済的背景」、2に「政治的背景」、3に「武力的背景」で「経済的背景」(1 「二足の草鞋策」)を基に「シンジケート力」(3)が補完していた。
「政治的背景」(2)は「皇族賜姓族」と云う保護された優位な背景があった事は他氏に比べると有利であったが、それなりにその立場を生活の中で生かさなければならないと云う責務と苦悩があった筈で、一概には有利とは云えない。
特に「子孫拡大」と云う点では制約が働いていた。
他氏と比べて著しい「慣習仕来り掟」の「厳しい戒律」に縛られていたのである。
特に「子孫拡大」に於いてこの「慣習仕来り掟」の「戒律」は大きな障害に成っていた筈である。
その為には「家訓10訓」等で「一族の行動」を制約されていた。
特に「血縁」を”「純潔」の「古来から戒律」(無形の伝統)”があった中では、”「一族の子孫拡大」がなされなければ「純潔の子孫拡大」はない”と云う何とも理解できない矛盾する条理に縛られていた。
兎に角は、依って、「子孫拡大」はこの「三つの条件」を何れにしても全て大なり小なりに持ち得ていなければ成し得ない事になる。
従って、「ねずみ算」の様に「子孫拡大」は望めない事が判るし、それ故に、「福井越前などの保護地」などの政策を採ったのである。
しかし、この「日向青木氏」には「伊勢青木氏族」とは云え、この「厳しい縛り」は全く無かったが、逆に、「発祥の基盤」(子孫を生み出す慣習)も何一つも無かったのである。
この「熊本の4」の「青木氏」には「三つの条件」を保持している歴史的経緯は全くない。
従って、「熊本の子孫拡大」は4であろうが何であろうが、本来は成し得ない筈である。
しかし、パラメータは「全国平均の4」である。
急に拡大して得られるパラメータではなく無視できない地域であるとすると、では、何なのかである。
「定住地論」や「守護神論」や「家紋分析論」をベースに考察吟味して勘案すると、答えは確実に出る。特に「家紋分析論」が大きく判定を加速させる。

その前に、上記に論じた様に、「氏族」の「上級武士」の「子孫拡大」は「子孫を生み出す慣習」の如何に左右される。この事に付いて先に論じて置く。

・「子孫を生み出す慣習」
この九州では「青木氏の歴史的経緯」の無いところから、「子孫を生み出す慣習」は「厳しい戒律」に縛られた「賜姓族」としては、唯一、血縁外に「子孫力」を高める手段として社会的に認められたものがあった。それは下記の慣習であった。
つまり、「現地の土豪」からの嫁取り等の「傍系支流の末孫」である。
「子孫を生み出す慣習」として、平安期末期から起こった「皇族などの氏族」にはそもそも許された「戦地妻の制度」があった。
赴いた地方の「現地の土豪」に「支流末孫」を故意的に作り上げて一族一門の勢力を拡大させる手段である。
この手段の「婚姻外」で現地の土豪の娘(娘が無ければ縁者の娘 更になければ家臣の娘で子供が出来れば「養女」として迎える。)、或は、中には妻を宛がってその氏族に子供を作らせ「現地の末孫」を作り、認知してイザと云う時には一族として”馳せ参じる”事とし、その勢力を維持する「正式な制度」であった。
この時、現地妻に「末裔」が出来れば、その傘下に正式に組み入れられる仕組みである。
俗に云う「馳走」の語源は、一般的には、「馳せ」は、”「馬の状態」を云い「馬」を駆けずり走りまわして食材を集めて食事する事”となっている。
しかし、これだけの意味だけではなく、語源の平安期の時期から観て元々この慣習から来ていると云われている。
食事からこの行為までの”遇し”を古来では”「馳走」”として常識化していた。
「馬の食事説」では、平安期では”お相伴に與かる”と成っていて、”馳走に與かる”とは異なっていたが、その内に明治期に社会制度が変わった事から「馬の食事説」に成ってしまった。
高い身分家柄の者が土地の土豪勢力などの”遇し”には、必ずと言ってもよいほどに慣習事として採用されていた。特に、平安末期から室町期中期まで採用されていた。
況や、「荘園制」との絡みの中で積極的に用いられた。
これは、現在からすると、”不道徳”と見なされる行為であるが、社会制度の異なる「氏家制度」の中では、「氏の構成」を”最高目的とする社会”では異常と見なされる事ではなく、「氏の構成」を目的とする限りに於いて当然の範囲の行為であった。
「氏の構成」即ち「子孫拡大と存続」は「最大の命題」であったし、その為の「一夫多妻の環境」の中の「習慣」では当然の行為であり、両者が進んでこの行為を容認していた社会であった。
ある「勢力の傘下」に入って「氏」を護らねば生きてゆけない社会であったからこそ認められた行為であった。
つまり、「御相伴」と「御馳走」とは持つ意味が違っていたのである。
そもそも、”走り”の深意(裔から族に至るまでの経緯を”走”とした意)と、”馳せ参じて”の”傘下に入る”の意味なのである。
これを清和源氏などが主に「荘園制度」を通じて積極的に用いた「戦地妻の制度」で、要するに、この「二つの制度」を通じて生まれた族が「未勘氏族」である。
現地の大小の土豪の荘園開発主に、この「戦地妻の制度」で子供が生まれなくても「名義借り」をして「源氏族」などを名乗った。

”源氏、源氏”と騒いで書き記して誇張する系譜は、殆どが「姓族」でありながら「氏族」ではないのに偽っているものである。多くはこの「戦地妻の制度」にて生まれたこの「未勘氏族」である。(荘園制度にもこの制度を併用した)
特に「藤原秀郷一門」はこの制度を「24の地域」に掟として積極的に採用した。
上記「長崎」もこの「赴任地発祥」の「24の地域」の一つである。
「藤原秀郷流青木氏116氏」の「24の地域」には、全てに「青木村」を形成していないが、「長崎」には「青木村」、「日向青木氏」にも「青木村」があり、この「青木村」がある事は「戦地妻の制度」よりも、別の方法として「赴任地」に「嫡子外の嗣子」(妾子扱い)を残して、「土豪との血縁」を進めた地域である事を示す。(「戦地妻の嗣子」の場合は「青木村」は形成出来ない。)
この「赴任地の嗣子制度」は「藤原氏の男系継承」を前提として子孫を遺した事を意味する正式な慣習であった。
「子孫を生み出す慣習」にはこの「二つの慣習」(戦地妻 赴任地)が多く利用された。
しかし、この「熊本の4」はこの何れにも適合した履歴はない。
つまり、そうすると「長崎」か「日向」からの「拡大分布」による事に成る。
そうなると、既に「長崎の青木村」を形成している以上は藤原秀郷一門では無くなる。

・「青木村」と「五七の桐紋」
その理由は、そもそも、”「氏名」を使った村名”は、「朝廷の許可」を得て「賜姓族」にしか許されていなかった。同じ「賜姓族」でも許されなかった氏もある。
例えば、「天智天皇」の「第6位皇子の施基皇子(青木氏)」の弟の「第7位皇子」の「川島皇子」も特別に賜姓を受けていながら地名の佐々木から近江の「佐々木氏」の賜姓を受けた。
「嵯峨期詔勅」では、更にこれの使用を禁じて正式に強化した。
従って、故に「青木村の存在」は一つの「青木氏の判断材料」と成る。
「地名」から「氏名」や「姓名」としたものはあるが、「賜姓の氏名」からの「村名」は青木氏外に無い。

この様に「青木村」が存在すると云う事はルーツの大きな決め手になるのだ。
それは「家紋分析」と「家柄身分」と「宗派」と「職能」で判断できる。

そこで、この「熊本の青木氏」の家紋を調べると、多くは「五七の桐紋」である。
後は、中には”「丸付き紋」”の明治期の家紋もあり、「墓所」には、この家紋を入れた墓所もある。これは明治以後に使用されるように成った花崗岩(ミカゲ石)が墓石である。(それ以前は仏説にて砂岩が仕来り)
「丸付き紋と花崗岩」のこの慣習事は「子孫拡大」が大きく起こっていた事を示すものである。
そもそも、「桐紋」は「天皇家の式紋」であって、「丸付き紋」共に禁令紋であったが、それに「丸付き紋」を付けた事は、独自に「丸付き紋」にしなければならない「子孫拡大」があった事を示す。
江戸期前に、この禁令を当時まだ破る事は出来ない筈で、資料としては出来て確認していない事から「桐紋の丸付き紋」の使用の物語るものは、元来「子孫拡大の多様性」があった事に成る。
そもそも、「象徴紋」系には「丸付き紋」は用いない。武家が用いる「本家分家の慣習」もない事から、当然に「丸付き紋の慣習」もなかった。
つまり、その慣習の無かった中で、この様に「禁紋の家紋」の「多様性」”があった事は、”「子孫拡大」が大きかった”事を示す。
「青木村」に集中する墓所のこの様な「家紋状況」を観る事で、その一族の子孫拡大の状況は掴める。
本来の「墓所の石」は古来の仏説により「砂岩」を”土に帰る”を基に由としていた。
しかし、それを砂岩から花崗岩にした事は、明治期の行為であって、その氏の「子孫拡大の証」に成る。

・「熊本」「宮崎」の吟味
先ず、「熊本の4」では次の事が判断要素となる。
一つ目は「墓所の桐紋」が使用されている。
二つ目は「青木村」は形成されていない。
三つ目は宗派は日蓮宗が多い。
四つ目は明治以後の履歴と過去帳は持たない。
五つ目は黒田藩の農民か傭兵の農兵である。
六つ目は「熊本の4」の発祥地域が南の鹿児島よりの熊本の「球磨郡」領域である。

考察すると、「熊本の八代郡」を境にして北部の阿蘇郡と菊池郡には分布は無い。
地理的条件と豪族が間に存在していた事から、そこを貫いて北九州側に出る事は出来なかった。
貫いていたら「戦いの渦」に巻き込まれ4のパラメータが得られない。
先ず、この阿蘇郡や菊池郡などの豪族には大蔵氏との血縁をしている。
その大蔵氏の背景を貫く力は無かった筈で、この地域に限定していた事に成る。
この事から”縦の南端の大口村”を起点として、そこから「山岳部の西」に真直ぐに拡大した事が判る。
北部には「大蔵氏」をはじめとして「菊池氏」「宗像市」「酒井氏」などの「神職系の大豪族」があって壁を作り、北部には伸びる事は絶対に出来なかったと観られる。
従って、「農兵や傭兵」として上記した様に伸びる為の「三つの条件」が何であったのかと云う問題であるが、この何れにも無く、それは次ぎの二つにあった。

一つは「山岳部の開墾」で「移動定住」
二つは「傭兵」にて「移動定着」
以上この二つにある。

(何れの領主にも属さない民は、「山岳部の開墾」で生き延びた。「源平の戦い」で敗れた平氏はこの「山岳部の開墾」で生き延びた。俗に云う「山族」である。)

さて、ここで問題なのは四つの国と神職系の豪族の壁がありながら、”「黒田藩との関わり」は何処で起こったのか”と云う事に成る。
「日向青木氏」が「傭兵」として働いた黒田藩は筑前福岡である。
「日向」にしても、「肥後」にしても間には豊後、筑後、肥前、豊前の「四つの国」が存在している。自然発生的に関係保持の「子孫拡大」は到底に無理である。
従って、明らかにこの「藤原氏北家の条件」に合致しない。
依って、上記の様に全て「日向青木氏の経緯」に合致する事から、「日向青木氏」が鎌倉期以降に「宮崎廻村ー鹿児島大口村」の「日向灘の縦方向の拡大」と、横に分布して行った事を示す。
それは「山岳地開墾」を行った事により、「傭兵、農兵」として横にも移動していった事を示す。
つまり、「山岳開墾」はこれを積極的に行ったのは「黒田藩」であるが、”黒田藩の傭兵と農兵をしていて保護された「日向青木氏」”と成る。
記録では「黒田藩の農兵」とする意味の事が記されている
しかし、この「四つの国」が介在して西に伸長したとしても、”北域の黒田藩の「傭兵や農兵」は成り立つのか”と云う疑問が起こる。

・「桐紋の考察」
それを解く鍵があるのだ。
一つは、「墓所の五七桐紋」である。
(一部に間違って明治後に書き込まれたと思われる「五三の桐紋」(花崗岩)が使われているが、これは間違いである。
「五三の桐紋」は「天皇家の正式な式紋」で天皇家が室町期に財政難に陥らされた時に太閤秀吉に対して、妥協してこの「五三の桐紋の式紋」の変紋の「五七の桐紋」の使用を渋々認めて財政難を救った経緯である。
これを豊臣秀吉は、更にこの「五七の桐紋」を勲功のあった家臣に使用を勝手に許した。
この「五七の桐紋」は与えられた藩主が、更には、特に”勲功のあった限られた家臣”にも与えたものである。その一藩が豊臣秀吉の最大の信頼を置いた軍師の「黒田藩」である。
この「黒田藩」も同じ手口で、積極的に勲功のあった「家臣や傭兵」に与えた記録がある。
この家紋の使用と共に併用して「特別扱いの権利」も認可した。
「日向青木氏」がこの「家紋の使用」と「特別扱いの権利」を与えられた事は記録から史実であるから、間に「四つの国」が存在していても「傭兵」として黒田藩に参加出来た事を意味する。
問題はこの「傭兵の有り様」である。
「農兵」とも伝えられているが、「戦いの下働き」をする「農兵」は四つ国を越えての行為は「国抜けの斬罪」の適用を受ける事からこれを超える事は不可能である。
しかし、国を持たない「私的軍事集団」の「傭兵」は自由に動くことができる為に可能である。
「国境の山岳地の開墾」で「糧」を得ながら、時には「傭兵」に成る「軍事集団」で、四つ国を越えてこれを採用していた「黒田藩」で勲功を挙げたのである。
況して、この「黒田藩」は、”兵庫の姫路の頃の薬売り”から出世した小寺氏の頃から、この「傭兵」を盛んに用いた事は有名である。
「傭兵」を戦いに初めて積極的に用いた織田信長と共に有名な氏である。
(黒田氏はこの「織田氏の戦い方」を研究し踏襲した。)
「織田信長」は「紀州雑賀氏」と「紀州根来氏」の「傭兵集団」の「鉄砲技能集団」を用いて「浅井ー朝倉」の連合軍を攻め落とした事は有名で、これを習って豊臣秀吉と共に黒田藩は「傭兵」を盛んに用いた記録がある。
(「雑賀氏」は「鉄砲鍛冶の技能集団」でもあり、「紀伊水道の海族」で、更に「諜報活動」を職務とする「雑賀忍者」でもあった。)
(源の義経が平氏の船団を先頭に立って打ち破ったのはこの雑賀氏の海族である。「根来衆」は根来神社の僧兵軍団で「忍者系の軍団」である。この様に各地にある「傭兵集団」には夫々「専門職の職能」を以て合戦等に傭兵として合力する。)

この「傭兵」が九州では「日向青木氏」であった事が、墓所にこの黒田藩との繋がりで「桐紋」の変紋を用いている事で判る。
どの様な職能を専門とする「傭兵」であったかと云う事であるが、「日向青木氏」に黒田藩から与えられた上記した特典から観て、まさに「戦う兵の軍団」であった事に成る。
限定した「傭兵」の「職能集団」には、この「歴史上の記録」からも雇側はこの特典を与えていない事で判る。
後に「徳川氏に傭兵」となった「雑賀氏、根来氏」にはこの特典はない事からも判る。
「柳生氏」は最終は家臣と成ったが「諜報軍団」を専門としていて徳川氏の軍師の家臣と成った事からも判る。
紀州真田軍団は諜報と実戦の軍団で、豊臣側の家臣団と成って味方して家康を窮地に追い込んだ事で有名で、”実際に戦う軍団”に上記する様な特典を与えている。

そこで、農民のみならず庶民が「墓所の使用」と、それにこの墓所の「墓石に家紋」を用いる事は法度であったが、「郷士扱い」の「墓所 苗字帯刀、登城、布衣着用」などのこれら「特権」を黒田藩から明治前に許されていた事はこれを証明する。
「登城権」と「布衣着用」までを許されたとする事は「相当の扱い」で普通ではない。
「登城権」は「家臣扱い」で、「布衣着用」は殿様に会え意見を述べられる権利で、「上級武士」が持つ権利である。「日向青木氏」はこれに「布衣に家紋の使用」を合わせて認めている。
「傭兵」としては考えられない「破格の扱い」である。
この扱いは「傭兵の勲功」とは別に「日向青木氏」のルーツにあったと考えられる。
「郷士」ではなく江戸期に与えられた「青木氏」などの「特別の氏」の「郷氏」と観られていた事を示す。
黒田藩の間に介在する四つ国には「日向青木氏の記録」は発見できない。
この事から、「日向青木氏」は次ぎの行動を採った事が判る。
”縦の北の発祥地の廻村から大口村の子孫拡大”
”大口村を起点に西の横に山岳部の球磨郡へ子孫拡大”
以上を起こした事に成る。

それは「傭兵」てして、「日向灘の沿岸部」と「球磨郡への山岳部」の開墾で土地を確保して糧として生き残った事に成る。
その起点と成っている地域の大口村の山岳付近に「青木村」がある事からここに定住している「青木氏の本家」が現存する事も考えると、「沿岸部の日向青木氏」は「兵や物資」を輸送する「日向灘の沿岸部の総戦術・軍船」で活躍し、「山岳部の日向青木氏」は球磨郡の山岳技能を使って「陸送」を中心とする軍団と、何れでも実戦を伴う「戦闘軍団」をも形成して傭兵と成っていたと観られる。
これを指揮していたのは大口市の「薩摩の青木村」からであったと観られる。

依って、「熊本の4」と「宮崎の2」と合わせて「日向青木氏」は「6のパラメータ」を持ち合わせていた事に成る。

・「パラメータ 6」の吟味
では、このパラメータの6は妥当なのかと云う問題である。吟味して観る。
「以仁王の乱」から約500年間で、全国平均以上の「パラメータの6」の子孫拡大を図った事に成る。
「皇族賜姓族青木氏」は別格としても、「他の秀郷流青木氏の歴史期間」平安中期960年からの1000年間から観ても、500/1000で約半分とすると、関東地域の平均11.3のパラメータの丁度半分5.6であり、「日向青木氏」の「パラメータの6」は充分に納得出来る。
むしろ、上記の経緯から「パラメータの6」でなくては成らない筈である。
相当に「日向青木氏」は上記した様な背景から「子孫拡大力」は大きかった事を物語る。
ただ、この「日向青木氏」には「子孫拡大力」の「分布力」に比例する”「伝統力」は必ずしもあるか”と云う事であるが、残念ながら「傭兵」と云う事もあって、殆ど消失しているので必ずしもそうではない。
「伊勢青木氏族日向青木氏」と成るが、「伊勢青木氏」の様に戒律に縛られる事なく、「子孫拡大」が吐かれた結果である。
そこで、「日向青木氏」のパラメータは6とすると、そうなると、上記「長崎」は同程度の0から6としていた上記の推論は当たる。
上記の「長崎」は6以下であろう。「日向青木氏」から観れば6は超えない。


長崎に続く



関連記事
 

名前 名字 苗字 由来 ルーツ 家系 家紋 歴史ブログ⇒

卑屈と萎縮の脱皮



◆ [No.303] 卑屈と萎縮の脱皮
投稿者:福管理人 投稿日:2014/01/14(Tue) 19:07:33


最近の青木氏氏のチャツトを観て思う事があります。
チャツトのご意見を見て、投稿を寄せて頂いている”あおきさん”とチャット外でよくお話する事があります。
今回の新春のお話の中で、昨年のチャツトに議論が及びその事に付いて一つご意見がまとまった事がありました。取りまとめの役目を負いましたのでそれをご披露したいと思います。
今、政治問題化している「日本の現状の問題」に成っている事柄です。
つい最近次ぎの様なことが起こりました。
それは「靖国問題」に対する、或いは日本に対する「米国の失望論」です。
実はここには大きな意味が潜んでいます。
その事に付いて少し議論したいと思います。

「米国の失望論」
先日、安倍氏が「靖国神社」を訪問したが、これに対して米国は”失望した”とコメントを出した。
今までの「米国の反応」と違った「異質の流れ」のコメントであって、その「言葉の持つ意味」には大変な「米国の態度」を示した事に成る。
この事は、今後の日本が採るべき、或いは考えておかなければならない事柄が潜んでいる。

先ず、この事に付いて、中国と韓国の反応は、過去に重要な「歴史的経緯」がある為に当然の結果としても、 問題は米国の”失望論”であり、これにはそもそも「移民族の米国の概念」と「融合民族の日本の民族の概念」が異なる事が存在している。云い換えれば、「伝統」なるものの違いが存在している。
特に、米国人は他民族に比べて、この「伝統」なるものの理解が低い。「移民族の他民族国家」であるが所以で一面ではやむ終えない事ではあるが。しかし、駆け引きの場の「政治の場」の面ではそうは行かない。
米国内ではいざ知らず、国家間では考え方の異なる他民族との折衝と成るからだ。
その異なる事を租借して国家間のコメントを出すのが常識でありながら、そうではなかった事が先ず第一に挙げられる。(もともとこの傾向はヨーロッパ系の民族には強い傾向がある)
日本には米国と比べて、戦死者に対する「日本人の尊崇の念」の有り様と、 それを具現的に表す神社と云う概念の結びついた国民的概念の有り様は日本には厳然として必然的にあり、それは他国に比べて異質で強いものである。この異質の概念の一つが外国から”サムライ”と表現される所以であろう。
しかし、この概念のない米国はこの概念の違いを無視した。 ここに大きな潜在的な問題がある。

では、果たして、問題とする ”失望”と云う概念の奥にはどの様な意味合いがあるのか考えてみる。
今回の場合は、この”失望”とする言葉の先には、先ずは ”仲良く”とする「主観的感情」が存在する。
更に、失望するには、”以前に”信用していて”それが裏切られた”と云う事にも合わせて成る。
この2つの事が問題と成る。

そこで、先ず、この”「主観的感情」”を専攻して民族や国家が持つ民族的な「尊崇の概念」を無視して、この ”仲良く”を専攻させるべき事であるかは明らかに違う。
それは”仲良く”は”主観的”に関わる。”主観的”は人、民族、国家によって明らかに異なる。
日本と云う国家では「尊崇の概念」は、最早、”サムライ”と日本人自らも自認し呼称される様に「主観的な事柄」ではない。
日本国民が持つ「共通の基本概念」である。
確かに「主観的感情」で個人的要素のものではあるが、日本人全てが共通して持つ欠かす事の出来ない感情で、生活の慣習の中に深く浸透していて共通している事で、この念を欠落すると日本人として社会の中でなかなかスムーズに生きて行けないし、兎角、信用されず低く見られる事に成る重要な欠かす事の出来ない概念である。
つまり、「感情の域」を超え、「主観の域」を超えているのである。
所謂、「国民性」なのである。
この概念を”共通に持つ事に依って強く結ばれている”と云っても過言ではない。
判りやすく数式論に置き換えれば次の様に成る。
「主観的感情」<「共通基本概念」=「国民性」の数式が成立ち「国家」を構成する。
ここが米国の「移民族の国家」の「思考原理」と異なるのである。恐らくは100万遍労を駆使しても、彼らには充分な理解は得られないだろう。
つまりは、「移民族の思考原理」で、「融合民族」を評価した事に成る。
それは彼等(ヨーロッパ系の民族)が示す”自己の民族の思考の優越論”からくる論調の結果であろう。(筆者は特にこの論調で議論になった多くのこの経験を持っている。)
つまり、「融合民族の思考原理」≠「移民族の思考原理」であり得る。
彼等の”思考の矛盾点とも云える。
そもそも、この「世の自然原理」として万物に適合する摂理として ”考え方が違うから「同じ考え方」の者が集合し、だから「国家」として「屯」を民族は構成する。
人間のみならず鉱物も同じである。万物の核の構成もこの自然摂理で成立っている。
従って、この関係が無ければ「屯」はしない。「屯」の前提である。価値観は良く似ているが考え方が違うと云う事である。価値観=考え方では必ずしも無い。
故に、”「優越」を前提として他民族の考え方を否定し低く見る思考原理”の「民族性」は矛盾である。
「民族性」、或いは「国民性」が低かろうが高かろうが存在するのである。
”優越するから相手には考え方が無い”と云う事でもないし、”無視しても良い”と云う事ではない。

最近は、”世界の平均的な考え方”として「グローバル思想」と云うものが漠然とあるが、「屯」を構成する国内の行為ではこの「グローバル思想」は別問題である。
取り分け、「尊崇の念」の様な「国民性」は国内では「是」である。「屯」を構成する以上は国内では”グローバル”ではない。「国民性の坩堝」の中にある。
それでなくては、”日本国では無い事”に成る。周りが「国民性」が無くなって、全てが”グローバル”に成ってしまったら「屯」では無く、果てには「国家」では無くなる。米国の様な国に成ってしまう。
しかし、端的に云えば、「尊崇の念」は”尊敬に値する概念”であり、所謂、世に云う ”グローバル”であり、「良い国民性」である。
「尊敬の強弱」はあるにしても、”尊敬を否定する者”は幾らなんでも、”グローバル”ではないと「米国人」でも云わないであろう。
ところが、況や、この「国民性と伝統」に対して ”グローバルの末の形”には相反するものがあるのだ。”グローバル”が進みすぎると「国民性と伝統」がアメーバーのように食われてしまう危険性を持っている。
強いて云えば、「国民性」は、兎も角も、最近では、この行過ぎた”グローバルの考え方”が「伝統」を消し去る「最大の要因」と成って来たのである。
そもそも「伝統」とはその国の「国民性」が構築するからだ。
依って、国内までも、この”グローバル”を容認するも”絶対的な思考”として持ち込むべきではない。
何故ならば、”グローバル思考”の果てには、論理的に”「伝統」の否定”が起こる。
重ねて何故ならば、「国民性」を維持しているのは「伝統」であるからだ。
むしろ、”グローバルの考え方”は、諸外国、取り分け先進国との「政治と経済の運用手段」、又は明快に「知識」として位置づけて活用するべき考え方である性質のものである。
つまり、「国民性」を色濃く持ち「伝統」が多く存在すれば、その果てには ”グローバルの思考”は成立たない訳である。
そもそも、”グローバル”の思考は他民族が共通の場で共存して生きて行く為の ”平均思考のルール”である筈で、依って、米国の様な「他民族の坩堝」の「移民族」の中の思考が主と成っている。
最近、世界情勢から”難民と移民の傾向”が進み、各国は「移民族化」を起こしている事による流れの現象もその一つであろう。
日本の様な、「異民族」の「他民族」が、初期に唯一”「単一融合化した民族」には、つまり、この「国民性」や「伝統」が多く存在する国には、この”グローバル”はある範囲では容認するも「要注意の思考」であろう。

そもそも、”グローバル、グローバル”と鬼の首を取った様に云うが、確かに、「世界の民族」の考え方や商習慣や社会習慣等を知る事は、上記している様に ”「国民性」を知った上での判断の事”として指摘しているが、何も全ての考え方を ”グローバルに成れ”と云う事では無く”、グローバル”に成る事そのものが目的では無い。
そもそも、「語学の習得」がグローバルと思っている節がある事は問題で、それを成し得るに必要とする一つのツールであっても、「全ての目的」でもなく、要は、相手の国の「良い国民性」を良く知る事に重点を置く事に成るのだ。
今までも、日本の発展に供したのは「語学」のみならず、”何らかの方法”で「異民族の国民性」を勉学し、習得し、それを以って折衝して来たが、その際には互いに何とか「共通の理解」を得て来たのだ。無かった訳ではない。
それには先ず何よりも互いの「良い国民性」を良く理解し、互いの「悪い国民性」を指摘し、排除して、「コミニュケイション」を得て来た。
矢張り、この様に論理の終局は ”、グローバル”は「良い国民性」に繋がる事なのである。
ただ、ここで「卑屈と萎縮」を排除して、我々日本人はより一層の「コミニュケイション力」を獲得しようとするものである。
昔は、筆者は、中国や世界各国から来た「企業実習生」と懇談してこの事に付いて議論した事がある。
世界で活躍して貰う為に ”グローバル的な行動と考え方”を、端的に、彼らに理解を得た例題は意外なものであった。それは当初、彼らに云わせれば、”国民性の良い悪いの判断”が付かないとの事であった。その理解を得たのは、それは、何と”「立小便」”である。
私たちの若い時には、この「道端の立小便」は何の抵抗もなくしていた。不思議に爽快な一時であった。しかし、「良い悪いの国民性」はこの「道端の立小便」の例で有った。
中国人は、最初、猛反発した。その「論理の根拠」は、矢張り、”「小便」は、”人間が持つ最も自然な生理機能”であり、”人は無条件にその「自然な生理機能」を尊重すべきである”と主張した。
矢張り、「法より人」の考え方に従う国民である。
その例に挙がったのは、「観光地での立小便」で、中でも”「富士山登山」で外国人は平気で立小便や痰の排出などの「生理機能」を到る所で平気に果たしている”とする批判があった。そして、注意すると、矢張り、「上記の論調」であった。
そこで ”中国では良くても日本では「悪い性癖」なので、この「悪い性癖」は世界の先進国でも「悪い性癖」であり、何処の国でも「社会の良い環境」を維持する「ルール」を破壊する「悪い性癖の国民性」であるのだから、貴方達の言い分には一理あるにしても、世界の「平均的な約束事」として護らねば成らない”と説いた。
日本にいる場合では「日本の法」に従うのが普通であり、「中国の法」に従うとする論調は異常である。依って、「仕来り 慣習」も例外ではない。
例え、「法より人」の考え方を持っていたにせよ日本では古来より「人より法」の社会と成っている。”自己の主張をするのであれば日本から出て中国でして貰いたい”と繰り返した。

元々、実習でも「自国の考え方」を日本でも平気で主張する傾向があり、なかなか注意を受け入れない傾向(国民性の性癖)があった。挙句の果てには、”中国は大国である”と虚勢を張って主張する始末であった。まさに例外なく「中国人」である。

”「人、時、場所」の要素が異なるのだから、日本にいる限りは「日本の慣習や考え方」を少なくとも護るべきだ。その「日本の考え方」が「良い考え方」であって、「世界の考え方」の平均に成っているのであれば少なくとも守るべであると、その事に依って、現在の「日本の発展」に供しているとした考え方が、要するに「良い考え方」の定義なのだと、「良い考え方」(良い国民性と伝統)であるからこそ発展したのだ”と説得した。
そしてところが、現在の様に国が発展した日本も60年前までは例外ではなかった。
しかし、”この様な事を改め無くして行った”と説いた。
国に帰り「日本の様に発展した国」を作りたいのであれば、”「悪い性癖の国民性」は排除しなければならないのだ”と、それには”「立小便論」を会得せよ”として彼らを納得させた。
”何時もグローバルを考えた時には「立小便論」を思い出せ”と説いたのである。
この「立小便論理」で、”「意匠問題」に繋がる「物真似」も同じである”と説いた。
日本の労働条件や日本の商慣習など数え切れない考え方もこの「立小便論」でクリヤー出来た。
要するに、それは全て”「グローバル」”で、「日本の良い国民性」であった。
その時には「語学力」は「大きな問題」では無かった。
その秘訣は、”双方の国民性の対比が出来る程度のカタコトの語学力”であった。
これが、”グローバル”の判断なのである。

筆者は、結局は、「グローバル」=「国民性」の関係にあると信じている。
決して、”適度のグローバル”は、”「国民性」、或いは「伝統」を否定するものではない”と云う事である。「日本のグローバル化」はそれを前提としなければ成らないのだ。
何も「国民性」を否定した”行き過ぎたグローバル”ではない。
この「失望」のコメントをだした人物や機関は、この考え方を失落して優越論の末に更には「感情主観」に走ってしまったのである。

因みに、中国は「偽物」を平気で作るが、彼らの言い分は、人間には、本来 ”物を真似るという本質”を持っている。故に、”その「本質」を働かせるのは何故悪い”と云う言い分を決まって述べる。これには一理はある。
しかし、”グローバル”では、これは許さない。しかし、依って、彼らは「意匠権・商用権などの特許権」を認めようとしない。しかし、これは「良い国民性」を代表する「概念」ではない。何でもかんでもではない。
「尊崇の念」の様な「国民性」を物語る「良い伝統」を伝える概念は”グローバル”の対象ではないのが定義だ。
依って、国内は「国民性」であるべきである。国内にも地方色がある様に、「情緒豊かな環境」であるべきである。
”グローバル”は ”「他民族との折衝の場」の「共通する手段」” として「別の認識」として持って置かなければ成らない「知識の領域」の事であるべきだ。
依って、”グローバル”に拘って、「国民性」、即ち「尊崇の念」の為にも、国内ではこれを否定する「卑屈と萎縮」を取り除くべきである。
敗戦に依った「卑屈と萎縮」がそれを(必要な適切なグローバル化の遅れ)起こしているからだ。
逆に、彼らの「優越論」は、この”グローバル”の過剰思想の所以である。”グローバル”に陥り過ぎても優越論の様な事に成り好ましくない。
彼らには、「自分の国の考え方」が何処でも”グローバルだ” と必要以上に考え過ぎているのである。
確かに、グローバル”の多くは”自由”を前提としている「移民族の思考原理」に多いのは否定できない。
そうでなければ、彼らの社会は構成出来ないであろうことは否めない。
米国は、国内でも「自由」を前提とした思考原理の”グローバル”の概念だから、国外も殆ど”グローバル”の概念に成っているから、他国の国内でも”グローバル”の概念であるべきだ” と思い込むのも無理の無い事だが、ここに彼らの矛盾点がある。
然し、国内は「屯」を構成している以上は「国民性」を保持するべきである。
”グローバル”は「国民性」(伝統)を否定するものでは決してない。
故に、2「良いとされる国民性」”が存在する限り、他民族の者は、この場合は、「日本民族の思考原理」が同であるかを思考をめぐらして「答えの発言」をしなければ成らない訳であった。



しかし、米国の「失望論」はしなかった。自らの「民族性の欠陥」から、これを欠落したのであり、当然にその思考は「政治の場」の判断としては低質すぎるし、「感情主観」である事になる。
まあ、百歩譲って「感情主観論」のものであるとして、妥協して考察すれば、次に、この「主観的感情論」にその国民がどの程度のウエイトを置く思考原理を持っているかに問題は移る事に成る。
ところが、移民族の他民族の国家であるから、論理的に考えれば、相反する徹底した「合理主観論」が「共通する概念」となろう。
しかし、この「失望論」は、そんな環境の中でも、「感情主観論」を展開した事に成る。
つまり、今までとは異質のコメントに成る。大使館を管轄する国務省コメントであるが、大統領府のコメントではないところにまだ救いは有る。国務省だとしても問題は問題である。

これには”米国の失望”の根拠とする中には”仲良く”と云う思考と、もう一つ ”相手を信用しなかった”と云う意味合いが大きく潜んでいる事になる。
過去に「信用」していたが、「靖国」で「信用」できなくなった。だから、「失望」した事に成る。
「信用」していなければ「失望」には成らない。現在にも”信用しない”と発言した事に成る。
この「失望」には、この”仲良く”と、”信用”と云う問題にすべき要素が含まれている。
だから、この2つの事の「米国の失望論」に対して日本の人々は「違和感」を強く感じて ”センセーションの渦”と成ったのである。(日本の反応に対して彼らは当然の如く驚きヒートした。)
その”仲良く”に対しては、今、”仲良く”とする行動を採るべきか、その”時期”にあるのか、どの様な”仲良く”が存在するのか、はたまた”仲良く”した先には”何”が待ち受けているのか、普通は考える。
少なくとも日本人の「国民性」からすれば、常識となっている「人時場所の思考原理」を働かせる。
そうしなければ「7つの民族」が融合して「屯」を形成させる事は不可能であったし、現在も同じである。
だから、”うん、変化だ、おかしい、異質だ、その先には、果たして「同盟」に与える影響はどの様になるのか、今後、どうすればよいのか、” を瞬時に考えた。と云う事に成ったのである。
それが「噂」では無く、日本大使主導の「正式な国務省発言」であったからだ。

そして、「信用」には急に出て来た「米国の態度表明」でもあった。
そもそも、この”「信用」”には、仲良くするには色々な「政治の場」での「条件や立場」がある。
それなのに「自分の国の思考原理」だけで低質で短慮に単純に考えて、日本が ”米国の言う通りに行動しないと、今後、信用しないよ”と成る。
「信用」しなくても良い、「同盟」と云う事を結んでいなければそれでも良い。
「同盟」は”信用を前提”として成立っているからだ。「信用」できない相手と「同盟」を結ぶ事は無い。「信用」=「同盟」の関係にある。
つまり、この”失望した=信用しない”と発言した米国は、暗にこの「同盟の破棄」を結果として臭わしてしまった事に成るだろう。
更に突き詰めれば、次の米国との「政治交渉の場」に、この「失望」、”信用しないの発言”を取り除かないと、”何時まで信用されていない外交交渉”をする事に成る。
「同盟」の中では有り得ない事に成る。
例え、「失望感」があっても思っていても発しては成らない禁句である筈で、それを発してしまったのだから、日本側は、今後は注意をして置かなければ成らない事に「政治の場」では戦略上は成る。
ある政府の高官が発した言葉では無く、大使や更には国務省の正式コメントであるのだから、十分にこの禁句のチェックは効いていた事に成る。失言ではないのだ。
オバマ氏と習氏との会談以降、米国は”中国より”に発言するように成っている事には失念しては成らない。大なり小なり ”同盟の如何”に変化を来たしている事に成る。
自衛隊との合同演習にもこの態度は露骨に出始めている。

「米国が観る中国」と、「日本が観る中国」とはその「国民性」が異なる為にその重要性は異なる。
「日本が観る中国」は、事を起こせば軍事と経済に於いて、中国がそのファンダメンタルが外資に頼っている比率が大きいし、取り分け、日本に頼る事が強い筈で、「一国二制度の矛盾」を持っている事から「共産党の崩壊」に繋がるは必定で、「尖閣問題」の様なある程度の小競り合いはあるにしても「実戦」は起こせない筈で、故に「政治の場」の駆け引きの範囲の「虚勢」は張る事には成るだろうし、これからも続く。
そもそも、「一国二制度の矛盾」は市場経済の制度は「自由」を前提として売買は進む。
「市場経済」を無制限に進めれば人は「自由の良さ」を知り、政府に対して「自由」を求める。
しかし、「共産主義」はある程度の「自由」を制限する主義である。依って、何時かこの「自由の要求」が強く成った時点で論理的に「乖離」が起こる。
その「乖離」は、何かキッカケで起こる筈で、”日本とのある程度の争い”でその矛先は共産党の政府に向けられるは必定である。従って、中国国民向けにも「虚勢」を張り通す事になるのである。
要は、日本が「弱み」を見せない姿勢を日本側が採る限りは現状維持を図る事は出来るだろう。
それには、別つの意味で ”「卑屈と萎縮」は禁物である”と観る。
むしろ、「中国」と云うより先には「失望」と云う言葉を発する「米国」との関係の悪化が懸念される。
それは、日本が[ファンダメンタルの影響]の”歯止め”と成る垣根が無い米国ならではの事であるからだ。
筆者は、米国が「中国よりの政治路線」をこれからも採る限りは、この事が「第2次大戦の経緯」を辿る事に心配をする。
その意味で ”失望した=信用しない”には、この「失望」と云う発言に危機感を感じる。
日本側が絶対に避けねばならない「経緯」である。
そもそも「戦争」とは国家の明確な「意思」では無くその前の「経緯」から勃発するものであるからだ。
上記した様に、「中国より米国」と「失望発言」と「習会談」や「合同演習」などあらゆる関係を考察するとその危険性が懸念される。
況して、「自主防衛」「憲法改正」「基地返還」「米国を凌ぐ経済発展」等を進めれば、「日本の発言力」は増す事は間違いはなく、”米国側に採ってこれをどう観るか”と成る。
まさに、「第2次大戦の経緯」である。又、「石油の制限等の経済封鎖戦略」で来る事は最早無いであろう。
しかし、一つその懸念事項があるのだ。それは「日本産のエネルギー資源」が発見されて充分な資源国に成った時点では、事態は異なるだろう。
メタンハイトレートや自然エネルギーが発見されて来ている現状では「資源国」に成る可能性は高いし、その対策は進んでいる。10年程度の先には、資源国に成った事に依る危険な問題が露出して来るだろう。
何故ならば、資源に掛かる経費は日本全体の経済の国家予算の最大5割程度を占めている現在、これが資源国に成った事に依ってこの経費の多くは浮いてくる。
問題は ”この経費が何処に回されるか”は明らかである。「資源国」を護る為の「国防費」となるは必定である。そうすれば、「卑屈と萎縮」を持つ日本に関わらず、エネルギーで「世界の勢力図」は変わる事に成る。石油枯渇の問題もあり、当然に、隣国と先進国は今以上にこれを警戒する。
これが戦争への逃れ得ない「経緯」の流れの一つに成るのだ。
むしろ、現在の中国と韓国と米国のイライラは内心はここにもあるのだろう。
「憲法改正」や「自衛権拡大」などの保守化が進む日本がこの立場に立てば、その実行するファンダメンタルは充分にある事から、「現実の問題」と成って来るのは間違いない。
だからと云って、「卑屈と萎縮」をそのままにしてはこれからの国が発展するチャンスを失う。
元々、他国と異なり、”「国民性」として優秀な「発展する能力」とその「チャンス」”に恵まれているのだから、「卑屈と萎縮」をそのままにして圧力に屈し現状で甘んじる手は無い。
日本が資源国に成る事は”鬼に金棒”である。この為の要素が日本の周囲には整いつつある中で唯一つそれを成しえる為の「心の気概」に不足している。それが「敗戦の後遺症」の「卑屈と萎縮」であると談じている。
その為にも、今以上に成長させるには「卑屈と萎縮」から脱皮する事が必要で、今の様な態度の維持はこれを成し得ない。それには”米国の失望から来る圧力”に屈しては成らないのである。
しかし、屈しないと、上記の経緯を辿る羽目に陥る事は必定であろう。
そもそも、日本での日常の会話の中では、「失望発言」は上から目線である。圧力を臭わしている言葉になる。日常会話の中ではないとすると、少なくとも日本人はその様に採るだろう。
言葉のニュアンスは「国民性」であるので、”上から目線を彼等に租借せよ”とまでは云わないが、圧力的な意味合いは少なくとも「失望と信用とする言葉」からはある。
そもそも「2者択一」である。この事を韓国は別として中国は必ず観ている筈である。
何故ならば、中国の「国民性」や「政治事情」はあるにしても、両国は古代からの「歴史の関係」から良く似た思考原理をそもそも採るからだ。
因みに、「駆け引きの古書」の様に、上記した様に「六稲三略」はそれを具に物語っている。
この「六稲三略」は政治や軍事や経済の駆け引きの場で使うが、日本と中国は古来にこの中国から持ち込まれた考え方を「駆け引きの思考の原点」としている。
従って、この「思考の原点」から、むしろ、中国は「米国の失望論」で「虚勢」の足しに成る事からほくそ笑んでいるだろう。
「一国2制度の矛盾」をクリヤー出来るからだ。自ら手を下さずに「米国-日本の関係」が崩れてくれればこの矛盾の危険性は排除出来るからで、「虚勢」の代わりに成る。

先ず、次に、この”仲良く”には、「国家」や「民族」と云う前に「人の性」の思考原理にも関わる。
そもそも”仲良く”は「女性的な思考原理」に左右されている判断で、特に”政治の場”ではあまり採用され得ない思考である。
何故ならば、”主観”である事によりその人によりその”主観”が異なるからで、千差万別の結果が招かれるから賛同が得られにくい思考であるからだ。
当然に、主観であるから”仲良く”の程度も千差万別と成る。
喧嘩状態でも”仲良く”とする論調も生まれる。
しかし、”仲良く”は否定はしない。”仲良く”が採用し維持できる環境である事に越した事はない。
では、百歩譲って、この相手の国の中国と韓国に、ここで ”その”仲良く”を採用したとして、果たして、その ”仲良く”の「良い結果」を招き入れる事が可能であるのか大いに疑問である。
恐らくは、過去の事例から ”歴史認識”と云う理由を背景に量にかかって更に上から言い続ける事になる。恐らくは、その過去の遺恨から土下座してでもいい続ける筈だ

何故ならば、事実、日本はこの2国を過去にその理由如何によらず「侵略した行為の非」を持っているからだ。された方にすれば、”「侵略の恥部」は何年経っても消し去る事の出来ない憤懣のしこり”であるからだ。
中国の様に”面子を重んじる国民性”では、「政治の場」や「教育の場」に「喧伝の道具」としてこの「憤懣の誇張」を持ち込んでいる。
況して、この2国には不幸にしてか合わせて「儒教思想」から ”過去に拘ること”を推奨する思考原理”をも「国民性」として強く持っている。それ故に効果は大きい。
それだけに「過去の事」に拘れば、中国にして観れば、各国から侵略された為に、”今はそうじゃないんだ”と「虚勢」を示し続け無ければならない事になり、それには「国民の目」を外に向ける必要が「政治の場」の事として戦略上ある。放置しておけばこの「憤懣」は政府に向けられる事に成る難儀な事がある。
それには、日中には格好の事がある。

その前に参考として、因みに、最近の”中国の中古空母の購入と改造”は「虚勢」の最たるものである。
現在では空母は近代戦の戦略上は無用の長物と成りつつある中では「中国の虚勢」を示したものに成る。何故ならば、この空母とは「最大の軍事費」の掛かるもので、経済成長の低下の中では将来は無理であろう。兎に角、空母は「周囲の戦機」が整わないと使えない代物であるのだ。
これからは「イージス艦の保有」であろう事は明々白々で、空母にしても「ヘリ空母」が機能的に戦略上良く働くと見られている。
(この「ヘリ空母」とイージス艦とは日本は主体的に保有し、その製造は日本の独断場である)
この様に、中国には政治戦略上、アンバランスが多く良く考察すると「虚勢」と見られるものが多いのだ。

それは「過去の日本の侵略」であり、これを誇張する事で国民に「憤懣」を助長させる事が出来る。
既に、戦後70年も経っているにも関わらず、この動きは衰える事が無く、常に格好の”日本非難の材料”として使われている。
こんな「格好の事」は先ず無い。”過去に拘る儒教の国民性”もある事からその効果は実に大きい。
今までは教科書にも載せての喧伝であったが、現在では、「改革開放路線」と「情報社会と経済進出」から真実を国民は知った為に、この「格好の手段」に効果が採れなくなったのである。
その為に、今度は「尖閣問題」と「防空識別圏」等の問題を持ち出して「格好の手段の国」として日本に「虚勢」を張り出したと見るべきであるが、しかし、これも”笛吹けど踊らず”に成って来たのである。
むしろ、日本を肯定し政府を攻撃し始めているのである。
しかし、国民の間では、概ね、「醸成化」に向かっているだろうが、これでは「虚勢」は成立たない事だし、その効果は低いから、何か”小競り合い” になる事を持ち出してくる事は今後も必定である。
その意味で、「絶好のチャンス」で、今回の「米国の失望論」は願ってもいない「格好の事柄」であった筈である。
自ら手を汚さずに”米国と日本の間に楔を入れる事”が出来たと云う点では叶ったって得られるものではない事で、最も「虚勢」の張る事の障害と成っていた「同盟」に楔を打ち込んでくれた、と観ている筈である。
その意味で、今回の”米国の大使主導の失望論は低質である”と云えるのだ。
その考えは「性」を超える事が出来なかった事を示す。

そもそも、この「感情主観の性」は、”神が人間に与えた絶対的な「性」”であって、この「感情主観」の「性」は女性が持っている。「女性」である限りはこの「性」から脱する事は出来ない。如何なる「男性の論理主観」を持ち得たとしても”イザ”と云う時にはこの感情主観に左右される。
これは決して「良し悪しの問題」ではない。況して「差別の問題」ではない。「神が決めた事」である。
問題なのは、「政治の場」では、残念ながらこの「感情主観の論調」は通じ得ないからだ。
今回はこの「政治の駆け引きの場」にこの「失望」のコメントを出した事にある。

恐らくは、これからもこの失態は間違いなく続くだろう。況や、これを繰り返せば、「同盟」に不必要な傷をつける事に成り、最悪の場合、日本は「卑屈と萎縮」を排除して「積極的平和外交」を続けるのであるから、上記の経緯に不本意に乗ってしまう事に成るかも知れない。
そうかと云って昔の様に、”米国の言い分と圧力”を飲んで無理やりに”仲良く” して、「卑屈と萎縮」に戻る事も出来ないジレンマに陥ってしまった事に成る。
況や、「卑屈と萎縮」をそのままに「憲法改正」は有り得ない。
日本側から見ると、”実に馬鹿なコメントを出してくれた”と成ってしまった事に成る。
先ずはこのコメントを無視する事が得策であろう。
無視される事で「自分の発言」(大使)に何かの異質に気がつく事を狙う必要がある。悪戯に反応してはならない。反応し続けると、上記したこの「最悪の経緯」に乗ってしまう事になるだろう。
要するに、「低質な性」から来る「米国の国民性」の露出であろう。
しかし、当のヒートした米国のこの事に対する主導する意見は、矢張り、「移民族の国民性」と云うか、「ヨーロッパ系の民族優越論」が花を咲かしている。
「同盟」を前提とする「失策の言」の意見は極めて少ない。
意見が少ないと云う事は、「同盟」は日本では「防衛の要」と考えているが、強国の米国側では比較的「同盟の意識」が低い事が云える。恐らくは米国の ”中国より”もここから来ているのであろう。
米国としてはこれは当然の事であろう事は良く判るが、米国側にしては大なり小なり自国の「直接的な脅威」であると云う訳ではない。極東に於ける平和維持の同盟である事は否めないのであるから、一歩譲って、日本側への「失望」コメントの「同盟意識の欠如」は、この観点からはまぁ仕方の無い発言とも取れる。
但し、それは”米国の国民の範囲の意見”に限られるのである。
日本を良く知る者の意見でも「民族性の概念の違いの神社論」とする意見は無かった。
筆者の過去の経験とほぼ合致するものでヒートしている。「中国重視論」が意見上に出ているのもある。

そもそも、逆に、自画自賛には成るが、「日本人の国民性」の優れているところは、この「仏教的思想」から”未来を志向する点”にあり、現に過去に敵対して占領された米国に対して、この”しこり”を消し去ってしまう「国民性の思考原理」を持っている程である。東北震災時の”友達”を物語る。
まぁ ”過去に拘る性癖”より人生を鑑みると ”未来志向の性癖”の方が生き易く楽しいのではないだろうか。「反省力」がないと彼等から批判されるだろうが。
「色即是空 空即是色 空不異色 色不異空」と仏教の「般若心経」は教えているのだから、「良悪」の問題でない。

その「未来性の志向原理」を持つ国民に対して、それから2年後に”失望”と云う態度で米国は示したのだ。「失望論」は「人時場所」に依って使い分けるのが上質の人間がする思考である。
この事に依って、その人、或いは「民族や国家」を周囲は高く評価する。
現実に日本人は高く評価されている。
つまり、日本が持つ「人時場所」の判断要素が、考え方の異なる「移民族」で構成されている事自体がそれぞれバラバラなのに、更にはその「異なる移民族の米国」は自由奔放な「移民族の思考原理」を前提にして日本を評価したのだ。
自分の狭い思考原理で相手を評価してしまったのだ。
この傾向はヨーロッパ゜系の民族に極めて強い。
どう評価するは勝手であるが、「同盟」と云う前提にある事を忘れてしまった「感情主観論」である。

そもそも、米国は別にして、中国と取り分け韓国の「国民性の思考原理」は、その儒教の影響から、”過去を重視し、” 仏教の日本の国民性は、有史来、”未来を重視する性癖”を持っているのだ。
違うのだ。違うものを味噌糞を同じにして思考するは、その判断能力は感情主観にしてもあまりに低質すぎる。
故に、その日本はこの状況の米国に対して、中国や韓国の様に過去に拘らず、「未来の有り様」に思考原理を展開するのである。そして、現実にその敵であった米国の良いところを吸収して今や米国に勝るとも劣らずの近代国家を未来に築いたのである。この判断を忘れている。
これは日本人の「武道の精神」の”負けて勝つ”にあるのだ。
その”負けて勝つ”の精神を構成しているのが、他に類と比を観ない”「尊崇の念」の強さ”にあるのだ。
これが中国や韓国に観られない「日本人の国民性」なのだ。
恐らくは、つまり、この精神をなくしては、”日本と云う国家”は成立たない限界の一線なのである。
その事を今回の米国の国務省の判断はそもそも欠落している。
(情報では日本大使の意見が主導したらしいとあるが、今後、”失望”と評価する根底の知識力に注意しなくては成らない相手と見られる。弱体化する今後の米国に、この様な間違いの判断が示される可能性が強い。)
そもそも、この様に、「政治の場」は国家の「駆け引きの場」である。
普通の商業の交渉の場ではないのだ。
「国家の主体性」を如何に相手に強く示す事が出来るかの「戦略の場」なのであって、場当たり的な「戦術の場」ではない。この「戦略の場」で負ければ、それは「国家が負ける場」なのである。
まさに”失望”とする判断は、「国家の主体性」を意味しているのに、この「米国の失望論」は「戦術の場」のものである。
この事はまさに米国は今回の事で”政治の何たるか”を失念しているのではないかとも思える。
故に、米国の言う通りにこの2国に対して、「国民性」が色濃く出ている国家の為に命を投げ出してくれた「尊崇の念」で譲れば、「国家」がまた負けるのである。
「実戦」で負け「国民性」でも又負ける事になるのである。”これでは申し訳が無い”とする感覚が強く生まれる「国民性」である。他民族とこの一点が違うのである。
(戦後、敗戦と占領の結果、「自信」を喪失して「卑屈と萎縮」が蔓延りこの傾向が強く成った。)
まして”「個人」”では無く”「日本民族」”と云う「国家」に命を投げ出してもらったのである。
当然に「国家」がこれに対して深い「尊崇の念」を示し、「向後の責任」を負うは当然の事であって議論の余地は無い。その責任の”表現の仕方”が他民族とは異なっているし、その強さは「基本概念」とも成っているのである。
日本民族の者の ”最高の尊崇の念を表現する方法”は古来から引き継がれて来たもので、それは「自然神」から来る「神道」との結びつきの表現なのである。
「神道」との結びつきの無い方法もよくあるが、それは一段下がった念の行為である。
「日本人の国民性」はこの様にあらゆる様々な「念の表現方法」にも「差別化」を図り、その重要性を表現するのである。
その「神道」の神社も、日本人の中で、多くの神社のある中でも限定して、戦死した人も国民も「靖国神社」と決めているのであるから、「靖国神社」に参拝して「尊崇の念」を表現する事は「最高の念」の表現方法に成る。
日本人の中にコンセンサスとして決めていなければ再考の余地も有ろうが、”靖国で又逢おう”と誓って散っていった人の意志を尊重するは「最高の念」の要素でもある。
これを無視する事では「尊崇の念」は成立たない。
例え、その「神社」にどの様な人物が祭祀されていようと「尊崇の念」には無関係であり、止めさせようとする念の低い一派の”こじ付けの低質論”であり、「尊い命」を「国家」の為に捧げてくれた故人への為にも左右されるべき事では決してない。
他民族、取り分け米国の様な「移民族」は、十束一絡げに「戦没者慰霊碑」で事は済むのであって、他民族国家である所以から日本の様な差別化した「神道」などと結びつく「尊崇の念」の表現方法はとり難く、「集約的な概念」の祭祀と成る事は無理な事であろう。
故に、「ヨーロッパ゜系民族の優越論」以外にも、この”他民族”と云う事も誘引して「差別化の概念」は彼等には無いのである。
依って、彼等には「神道と尊崇の念」との結びつきに対して”理解する事”は「困難」と云うより「無理」と云った方が適切であろう。
先日、米国の2人の長官が、”これ見よがし”に日本の「戦没者慰霊碑」に参拝したが、何も”靖国に参拝してくれ”とは云わないが、その彼等の思考原理の表れであって、「靖国神社」と「戦没者慰霊碑」とは、日本人の中では「最高の尊崇の念」の表現方法が異なっているのである。
「靖国神社」は上記する様に「命の約束事」の場であるのだ。
「戦没者慰霊碑」は国が行なう「政治の場」での「祭祀の場」に過ぎないのだ。
「最高の尊崇の念」と云う行為の中には、この「命の約束事」が条件と成っているのだから、この「命の約束事」が欠落すれば、それは「最高の尊崇の念」には成らないのである。
故に、その彼等の思考原理の感覚からすれば、「神社」との結びつき、又は「靖国神社」への「差別化」の「最高の念」の「表現方法」に理解が成し得ないである。
「卑屈と萎縮」の所以の一つとして「最高の尊崇の念」をかなぐり捨てて ”「戦没者慰霊碑」で良いのではないか”とする意見とは、この”国家に対して投げ出してくれた命”への「尊崇の念」の行為の表現とは異なるのである。
つまり「最高」では無くなる事の行為となる。他の「尊崇の念」であれば下げてでもそれでも良いが、この一点は譲れない「尊崇の念」の行為なのである。
個人で親などが自分の為に命を投げ出してくれて、自分の命が助けられたとした場合、その人は一生その人たちに感謝し、その人に執って最高とする「尊崇の念」を表現するであろう。
それが「国家」であり、強いては「父母等」に対しての保護などの報いと成る。
「国家」と成るからその念の表現が希薄に成る傾向がある人がいるが、それを国を代表するものが代して表現したに過ぎない。その表現方法が最高の方法で表現した事に過ぎない。
奇異に感じる事はその人に「希薄の感」がある事を否めない。
何故、希薄に成ったかは云うまでも無く「卑屈と萎縮」の所以である。
現に、自分の足元を観て見れば判ることである。
それは個々の家庭で毎年行なう「尊崇の念」の行事として、正月から年末まで行なう数々の祭祀の行事には、その多くはこの「神道」との結びついたものが多いのは、この日本人の「尊崇の念の差別化」の結果である。
中には「伊勢神宮」や多くの悠久の歴史を持つ由緒ある大社に参詣して、わざわざ「尊崇の念の差別化」をして、その「尊崇の念」に対する経緯の表現を採っている。
筆者は他民族との間で議論した数々の経験を持っているが、この「尊崇の念の表現方法の差別化」には理解は得られなかった。
特にキリスト教徒との議論は殆どの機会で白熱したが、韓国人との議論は別の意味が介在して議論に成り難く、「儒教」と云う点でも合致点は得られなかった。
しかし、儒教の中国系の者との議論にはある程度の理解は得られたが、”其処までする必要性が余り無いのでは”との結論の様であった。
それは”其処まで、と余り”とする意味にはある程度の合意や賛同の意味が潜んでいた。
そもそも「中国の儒教」には、我々日本人と同じく「日本の神道」には ”「自然神」を基幹とする中国の祖神の「鬼道神の流れ」”がある事と、”仏教の通過国”でもあり、更には ”法の政治より人を重視する思考原理”が彼等に存在する事から ”何らかの共通性”を感じたのではないかと考えられる。
何せ「文化や概念」を輸入した「過去の模範国」であった所以であろうし、日本人には2割程度の漢民族の融合族が存在する所以でもあろう。
何せ、その元を正せば、そもそもの「安倍氏」は6世紀の帰化人の後漢民族の首魁の「阿多倍王」の支流末裔の氏である。皮肉なものであろう。
「政治の場」が働いた事以外はもう少しの「醸成期間」が得られれば、民間の中国人には決して理解が得られないとは考えられない。
故に、筆者は中国は、この”靖国”には「政治の場の駆け引きの道具」にされてはいるが、一般国民には同意は得られていると考える。
今回の中国の国民の”笛吹けど踊らず”の結果は、この表れであって「靖国の問題」は、”心底からのものでは無い”と観ている。
そもそも、江戸時代に儒教は幕府に依って日本人社会に不適合として、関係者全てが一生投獄されて根絶させた歴史的経緯があるし、日本の生活のなかにもその名残が未だ色濃く残っている。
例えば、判り易い例として、「正座」である。儒教では礼を正すときには「正座」をする。しかし、仏教では「胡坐」であり、女性は「立膝」が正式な礼法である。
共通の慣習は遺されているのだから、「以心伝心」で何かを通ずるものがあるのだ。

チャツト意見にあった”「虚勢の表現」の「政治の場」の道具にされている”Tと考えられる。
中国の「改革開放」から閉ざされた窓が開き、「真の日本」を知り、更には上記する「共通点」を知り、「親近感」とまでは未だ行かずとも、ある程度の「理解」が醸成して来ている状況の中にあると観ている。
韓国は本来は共通点は多いし、中国とは異なり窓は自由に開かれている。
醸成する範疇でも無いし、文化や概念も古来より「倭人」が南韓域に韓民の1割にも成る程度に融合していて、日本では3割にも成る韓国人が融合している関係にある。
しかし、中国の様に、”醸成するキッカケさえ掴めば理解は得られる”と考える事も出来るが、韓国は元よりこの「醸成のキッカケ」は既に出来ている。
問題は、儒教から来る”韓国民の過去への拘りの性癖”にあり、且つ、女性大統領と成っている以上は感情主観論に左右されたその「性」から脱皮は難しい事と、「日本への借財」の「政治の場の駆け引き」から今はその時期ではないだろう。
この場合、無理をして”仲良く”を実行すれば、その結末には「無理の末路」が待っている。
その時期を待つ以外にはないと考えられる。
ただ一つあるは、韓国にやむなく「妥協の場」を発生した時にある。
つまり、再び韓国の日本への借財の原因と成っている「円安-ウオン高」で、「外貨準備高の不足」が起こる事以外には窓を開かないで有ろう。
その時がチャンスと成ろう。それ以外は「感情主観の歴史認識論」を持ち出して、何時までも日本に対して暗に「借財の放棄」を狙うだろう。

問題は、上記する様に、この様に「米国の失望論」にある。
これまた「女性大使の交代」に依って暫くはこの主観的で歴史の知識の欠落の論が起こり、難しい場面が出てくる事が考えられる。この今の米国のコメントの主観論は人が代われば、また元の知識と認識のある人物がなれば消えるだろうから、ここでも時期を待つにあると観られる。
では、何故、この「失望論」を出したのかを考えた時には、”米国のある焦り”が読み取れる。
それは、米国との同盟国の韓国に「外貨準備高の不足」が起こりかけているのではないだろうか。
「安倍氏の円安誘導」に依って、20円の差が発生した。
この差は「韓国経済」には大打撃である事に間違いは無い。過去に2度が韓国は「外貨準備高の欠損」を起こし、日本がこれを救ったがこれが大きな借財となっている。
むしろ、「韓国経済」が成長を遂げたのは、「円高」によって極度の「ウオン安」が起こり、三菱の電気と自動車のプラント輸出に依って、企業が起こり、これに円安と日本からの借財を全て注ぎ込んでその出資額の殆どを占める国家企業を仕上げ、その後、”恣意的な労働争議”を起こして三菱はその利益を無くして放棄した企業である。
しかし、ここに来て日本は円高誘導から円安誘導へと変換して経済を立て直しつつあるが、この影響を受けて、韓国は再び「外貨準備高不足の欠損」が起ころうとしていて、先日の日本の自衛隊による「アフリカでの銃弾提供」はこの現象を具に表している。
軍が遠征するのに銃を持って行くが銃弾を持って行かないのは笑い話である。
先ず有り得ない事態で間違いなく資金力が不足していた筈である。
米国は、この韓国の経済欠損の事を承知していて、アジア同盟国にスペインのような事が発生し、その中で中国や北朝鮮に戦略上の事が起こってはまずいと考えて、慌てて””仲良く”の言葉を発してしまったと観られる。
韓国のこの「経済欠損」を救うのは過去の2度と同じく日本だけである事を米国は承知している。
果たして、この償還は有り得るのかは疑問である。
この米国の失望論の背景の”仲良く”にはこの意味合いが強く含まれているのではと考えられる。
韓国は密かに米国に泣きついて行っているのではないだろうか。
「20円の円安」は”韓国にとって非常事態”で、この傾向はアベノミクスで未だ続くと考えられる。
間違いなくこの「欠損状態」が起こっている筈である。
そもそも韓国の国家企業には起こらない方がおかしく、この2大国家企業は日本の技術者のヘッドハントとに依って円安を利用して類似品を作った事による成長であって、その成長もその製品より優れた開発品が再び日本から再び出て後退している現状で、そのヘッド゛ハンティングの人材も高齢期に入り、その持った技術も古くなって「価格安い-品質は低い」に依って市場から後退している。
尚、この類似品の韓国の市場の実態は、「ウオン高」でドイツ製品等の攻勢が激しく、円安の原因以外にも「経済欠損の危機」が迫っている。
其処に「北朝鮮の動向」が働いている事と、TPPの事から米国は躍起と成って「政治の場」で日本に圧力を掛けたと観ている。
ただ、一つ、韓国経済界が上記の事を判断して韓国大統領に対して、”日本との関係を良くする様に抗議した”が聞き入れず、依然として「感情主観論」を展開して一方的な「歴史認識論」に拘り、韓国政府との間に「乖離現象」が起こっている事に注目すべき点であろう。
更に、最近、「河野談話」は韓国政府との調整により発せられた談話である事が日本政府と企業からつきあげを食った韓国政府の一部からも暴露された。
つまり、これによれば「歴史認識論」はすでに国家間で済んでいる事になる。
”済んでいること”に成っているものをわざわざ何度も繰り返すのかはそれは「政治の場」の事として判る。
恐らくは、これを座台にして借財の帳消しを狙っているのであろう。
そもそも、「歴史認識」では、その仮に日本に「歴史認識の悪さ」が有ったとしてその咎は日本が負うものであって韓国ではない。
況して、”歴史認識を無視するものに未来はない”と主意の発言をしているが、戦後、混乱の中からいち早く立ち上がり世界第2位まで伸し上がって生活力を挙げたのは日本であり韓国ではない。
日本に未来があった事に成る。日本の未来は日本人が追うものであって韓国ではないし、韓国が日本を救える力はまったく無い。
逆であり、上記する様に、最近に於いて「外貨準備高欠損」で2度も助けているし、今度も日本からの救助となろうが、ここで韓国に「外貨準備高の欠損」で日本が支援することは恐らくは不可能であり、アベノミクスは失敗に終る。
何故ならば、支援に依って「ウオン安-円高」が起こる事になり、その支援で再び国家企業にその資金の流入が起こるので、日本経済の足元をすくわれる結果になり、「国家的な失敗」をする事になるからだ。

「河野談話」でも、韓国大統領は国家間の言い分を無くしている筈であるが、また無くしていながらも平然とその後でも、同じ歴史認識論を展開した。これでは、大統領個人の範囲の事と成り、個人の主観感情に捉われた一国の指導者もどきの人物の言い分には日本政府は対処に難しい事に成った。
これでは日本政府としては 今は”仲良く”は無理であろう。様子を見るが得策である。
そもそも、米国の日本大使館前にその女性像を建立するは、最早、理性ある一国の行為とは思えない。
この様な場合は、米国政府も撤去を促す事が国際儀礼上、求められるが撤去させない。
この様な事に目を瞑って”仲良く”は無理である。
少なくとも”仲良く”の前にその時期では無い事が明らかである。
米国もこの韓国の態度を放置して、”仲良く”に理解に苦しむ。
昔の日本であれば、「卑屈と萎縮」から米国の言い分に従った筈で、「政治の場での力」は皆無であった。命を投げ出してくれた尊い日本人の若者に申し分けなかった事に成る。
戦後70余年の現在、この意味でもここで「卑屈と萎縮」から脱却すべき時期に来ている筈で、国家としての「成長の活力」を生み出すのにも、この”「卑屈と萎縮」から脱却”しなければ、それこそ「日本の未来」は無いだろう。
その為にも「失望論」には毅然として対処しなければならない。
「過去の歴史」を観て「卑屈と萎縮」に苛まれるより、゜未来」を観て「卑屈と萎縮」から脱却するべきが日本人の「良い国民性」であり、その事に依って現在の日本は築かれたが、「卑屈と萎縮」からの脱却で活力を生みだすのである。
これからは、決して、”失望のコメント”の裏で示す「米国の圧力」に「卑屈と萎縮」で屈しては成らない。

その米国の”失望論の仲良く”には、それこそ「中国の書」の「六稲三略」から、今は国家間のその時期ではないことに成り、2国からその意志が明確に成らない限りは ”待つ”が得策で、「政治の場」の「米国の発言」は当を得ていない。
本古書を「思考の基幹」としている発行元の中国も知っている筈であろう。
況して、国民は知っている筈で、「尖閣問題」も「航空識別圏」も「政治の場の虚勢」としてどこまで問題を大きくしてくるかを観る必要があるが、恐らくは、「国民との乖離」が起こる事は共産党政権としては「一国2制度の矛盾」が噴出し危険であるから、その「足元」を狙うべきであろう。
「中国国民との醸成化」に総力を注ぐ今は時期であろう事が判る。中国政府の弱点ではある。
「政治の場」が「戦略の駆け引きの場」であるとすると、この「日本理解の醸成化」を官民挙げて取り組む課題であり、その時期に来ているし、「醸成化による相互理解」は両国にとって「悪」では無い。
中国政府にとっては弱点であるが、相互理解には「大儀明文」が存在し、「尖閣問題」も防衛航空識別圏」もこれ以上にはエスカレートさせ難くなる事になろう。
これ以上に「卑屈と萎縮」が続けば、レベルを上げて「尖閣上陸」と「識別圏の実質取締り強化」に出てくる筈である。
「卑屈と萎縮の脱却・脱皮」からは、その先には、「憲法改正」や「集団的自衛権」の解釈問題等が存在し、オバマ政権の様な政治が続けば、「同盟」と云う姿も検討の余地が有り得るし、その先には国家として本来あるべき「自衛力の範囲」も検討せざるを得ない事に成る。
何にしても、この「卑屈と萎縮」から脱却しなければ「憲法改正」など「絵空事の内容」と成り意味が無いだろう。
沖縄の様に米軍基地が日本の領土を大きく占めている現状も自衛力に特化させる問題も出てくる事に成る。
「同盟」と云うキーで基地提供しているが、米国は基地以上に日本を「卑屈と萎縮」の先に置いておく必要性があり、「政治の場」では「同盟」で護られているかの様に見えて、実は「卑屈と萎縮」の先にあるのだ。
果たして、「戦い」が起こったとして中国になるが、上記する様に中国にも弱点があり、米国の戦力を借りて戦わなくては成らない状況になるかは甚だ疑問であり、その前に「法より人」の国民から乖離現象が起こり、ロシア帝国の様にその経緯を経て共産党は解体する事に成るので、国内の基地の削減化は可能である。
現に、大国ロシア帝国との戦いはこの「足元の戦略」(レーニンに資金提供)を日本政府が採った事は記録から明らかで、故に「日露戦争」は「国民との乖離」が原因して勝利したのである。

問題は現在の米国政権では、この様な場合に日本に味方するかは疑問であり、中国を敵国と看做すより同盟国の「米国の出方の方」が懸念材料となろう。
「卑屈と萎縮から脱皮・脱却」にはこの問題が付きまとっているのである。中国ではない米国なのだ。
この「失望論の背後」にはこの問題が潜んでいるのだ。突き詰めて「同盟」そのものを否定するかの意も含むセンセーショナルな発言であるのだ。
今の「オバマ政権」には”失望”のコメントの「深意」が示す様に、この危険性が伴っているが、その後にどの様な政権が就くかが今後の「卑屈と萎縮」の先は見える筈である。
今までとは「異質な発言」で急に変化したオバマ政権の日本へのコメントである。
この失言は「日本大使の交代」での時期に符合するし、その意味で「コメントの主体」は当初は大使館とされているので、米国政府なのか大使館なのかの先ずは見極めが必要であろう。
それにしても大変なコメントである。
政府とするならば「卑屈と萎縮の脱皮・脱却」は是非により加速して進めなければならない事である。

そもそも、ここで合わせて云いたい事は、「伝統」とは一体何なのかと云う事で、「伝統」はこの「卑屈と萎縮」からは生まれず、「卑屈と萎縮」に依って「消滅する性質」のものであると云う事なのである。
要するに、「酸とアルカリの様な関係」にあると考えられ、どちらかと云えば酸化反応と云うよりは「還元反応」に近い関係にあると考えられる。
その「卑屈と萎縮」はどちらかと云えば「伝統」にとって「酸」に相当する働きをする。
日本人の「国民性」と成っている「尊崇の念」はこの「伝統」に値するもので、「卑屈と萎縮」はこれを阻害する。
「日本人の国民性」を示す「良い伝統」とは、「卑屈」に成り「萎縮」するとその「良い伝統」のものを分離させ分解させ、何時かは焼却させてしまう最大の原因であろう。
還元である以上その基と成るものは遺されている筈で、それを再びもとの元素の形に戻すには、「反応力」のエネルギーが必要で、その力を阻害している「卑屈と萎縮」を取り除けば「蘇る活力」を生み出す事に成る。
ただ、放置すれば酸化反応により破壊されて原型を取り戻す事が出来なくなる事に成る。

「卑屈と萎縮」に左右され得ない「正しい心根」を持つ事に依って「良い伝統」は維持されて行くものであると認識する。この「尊崇の念」はまさに「伝統」なのである。
戦前までに維持されて来た「良い伝統」は、この「卑屈と萎縮」に左右されずにしたから遺されて来ているものであり、日本人が始めて経験した「戦後の敗戦の衝撃」に依って「卑屈と萎縮」がこの「伝統」を消し去ってしまったのであり、むしろ、その「卑屈と萎縮」から”消し去る事が正しい行為”であるかの様に成ってしまうと云う現象が起こったのである。
明治期の廃仏毀釈の様なムードの現象が国民の中に起こったのである。
最も古く維持されて来た多く遺されていた筈の青木氏に「良い伝統」もこの事に抗することが出来ずに消え去ってしまったのである。
今、サイトはそれを「卑屈と萎縮」から脱皮して、何とか掘り起こそうとしているのである。
「伝統シリーズ」に取り組む為にも、その前に「伝統を維持する力」はこの「卑屈と萎縮」とを排除する事から起こると考えられる。
その為にも、丁度良いテーマが発生したので、サイトにご意見を投稿してくれた人々と相談し、この投稿の原文の流れの構築を試みた。

以上



--------------------------------------------------------------------------------
- 福管理人専用 子記事追加フォーム


閲覧専用です。新規投稿はご遠慮ください。ご意見・ご質問はお気軽に⇒ 青木ルーツ掲示板へどうぞ

⇒ 雑談掲示板はこちら、⇒ 宣伝・募集はこちらへどうぞ
おなまえ ※必須
合い言葉 ※必須
上の合い言葉欄には「あおきさん」と書いてください
Eメール 公開または未記入非公開
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル sage
URL 入力禁止
URL
コメント 手動改行 強制改行 図表モード
コメントには上記と同じURLを書き込まないで下さい
> 最近の青木氏氏のチャツトを観て思う事があります。
> チャツトのご意見を見て、投稿を寄せて頂いている”あおきさん”とチャット外でよくお話する事があります。
> 今回の新春のお話の中で、昨年のチャツトに議論が及びその事に付いて一つご意見がまとまった事がありました。取りまとめの役目を負いましたのでそれをご披露したいと思います。
> 今、政治問題化している「日本の現状の問題」に成っている事柄です。
> つい最近次ぎの様なことが起こりました。
> それは「靖国問題」に対する、或いは日本に対する「米国の失望論」です。
> 実はここには大きな意味が潜んでいます。
> その事に付いて少し議論したいと思います。
>
> 「米国の失望論」
> 先日、安倍氏が「靖国神社」を訪問したが、これに対して米国は”失望した”とコメントを出した。
> 今までの「米国の反応」と違った「異質の流れ」のコメントであって、その「言葉の持つ意味」には大変な「米国の態度」を示した事に成る。
> この事は、今後の日本が採るべき、或いは考えておかなければならない事柄が潜んでいる。
>
> 先ず、この事に付いて、中国と韓国の反応は、過去に重要な「歴史的経緯」がある為に当然の結果としても、 問題は米国の”失望論”であり、これにはそもそも「移民族の米国の概念」と「融合民族の日本の民族の概念」が異なる事が存在している。云い換えれば、「伝統」なるものの違いが存在している。
> 特に、米国人は他民族に比べて、この「伝統」なるものの理解が低い。「移民族の他民族国家」であるが所以で一面ではやむ終えない事ではあるが。しかし、駆け引きの場の「政治の場」の面ではそうは行かない。
> 米国内ではいざ知らず、国家間では考え方の異なる他民族との折衝と成るからだ。
> その異なる事を租借して国家間のコメントを出すのが常識でありながら、そうではなかった事が先ず第一に挙げられる。(もともとこの傾向はヨーロッパ系の民族には強い傾向がある)
> 日本には米国と比べて、戦死者に対する「日本人の尊崇の念」の有り様と、 それを具現的に表す神社と云う概念の結びついた国民的概念の有り様は日本には厳然として必然的にあり、それは他国に比べて異質で強いものである。この異質の概念の一つが外国から”サムライ”と表現される所以であろう。
> しかし、この概念のない米国はこの概念の違いを無視した。 ここに大きな潜在的な問題がある。
>
> では、果たして、問題とする ”失望”と云う概念の奥にはどの様な意味合いがあるのか考えてみる。
> 今回の場合は、この”失望”とする言葉の先には、先ずは ”仲良く”とする「主観的感情」が存在する。
> 更に、失望するには、”以前に”信用していて”それが裏切られた”と云う事にも合わせて成る。
> この2つの事が問題と成る。
>
> そこで、先ず、この”「主観的感情」”を専攻して民族や国家が持つ民族的な「尊崇の概念」を無視して、この ”仲良く”を専攻させるべき事であるかは明らかに違う。
> それは”仲良く”は”主観的”に関わる。”主観的”は人、民族、国家によって明らかに異なる。
> 日本と云う国家では「尊崇の概念」は、最早、”サムライ”と日本人自らも自認し呼称される様に「主観的な事柄」ではない。
> 日本国民が持つ「共通の基本概念」である。
> 確かに「主観的感情」で個人的要素のものではあるが、日本人全てが共通して持つ欠かす事の出来ない感情で、生活の慣習の中に深く浸透していて共通している事で、この念を欠落すると日本人として社会の中でなかなかスムーズに生きて行けないし、兎角、信用されず低く見られる事に成る重要な欠かす事の出来ない概念である。
> つまり、「感情の域」を超え、「主観の域」を超えているのである。
> 所謂、「国民性」なのである。
> この概念を”共通に持つ事に依って強く結ばれている”と云っても過言ではない。
> 判りやすく数式論に置き換えれば次の様に成る。
> 「主観的感情」<「共通基本概念」=「国民性」の数式が成立ち「国家」を構成する。
> ここが米国の「移民族の国家」の「思考原理」と異なるのである。恐らくは100万遍労を駆使しても、彼らには充分な理解は得られないだろう。
> つまりは、「移民族の思考原理」で、「融合民族」を評価した事に成る。
> それは彼等(ヨーロッパ系の民族)が示す”自己の民族の思考の優越論”からくる論調の結果であろう。(筆者は特にこの論調で議論になった多くのこの経験を持っている。)
> つまり、「融合民族の思考原理」≠「移民族の思考原理」であり得る。
> 彼等の”思考の矛盾点とも云える。
> そもそも、この「世の自然原理」として万物に適合する摂理として ”考え方が違うから「同じ考え方」の者が集合し、だから「国家」として「屯」を民族は構成する。
> 人間のみならず鉱物も同じである。万物の核の構成もこの自然摂理で成立っている。
> 従って、この関係が無ければ「屯」はしない。「屯」の前提である。価値観は良く似ているが考え方が違うと云う事である。価値観=考え方では必ずしも無い。
> 故に、”「優越」を前提として他民族の考え方を否定し低く見る思考原理”の「民族性」は矛盾である。
> 「民族性」、或いは「国民性」が低かろうが高かろうが存在するのである。
> ”優越するから相手には考え方が無い”と云う事でもないし、”無視しても良い”と云う事ではない。
> 最近は世界の平均的な考え方として「グローバル思想」と云うものが漠然とあるが、「屯」を構成する国内の行為ではこの「グローバル思想」は別問題である。
> 取り分け、「尊崇の念」の様な「国民性」は国内では「是」である。「屯」を構成する以上は国内では”グローバル”ではない。「国民性の坩堝」の中にある。
> それでなくては、”日本国では無い事”に成る。周りが「国民性」が無くなって、”グローバル”に成ってしまったら「屯」では無く、果てには国家では無くなる。
> 国内までもこの”グローバル”を持ち込むべきではない。
> ”グローバル、グローバル”と鬼の首を取った様に云うが、確かに、世界の民族の考え方や商習慣や社会習慣等を知る事は、上記している様に”「国民性」を知った上での判断の事”を指摘しているが、何も”グローバル”そのものが目的では無い。
> 「語学の習得」はそれを成し得るに必要とする一つのツールであって全ての目的でもない。
> 要は相手の国の「国民性」を知る事に成るのだ。
> 「日本のグローバル化」はそれを前提としなければ成らないのだ。何も「国民性」を否定した”グローバル”ではない。この「失望」のコメントをだした人物や機関は、この考え方を失落して優越論の末に感情主観に走ってしまったのである。
> (因みに、中国は「偽物」を平気で作るが、彼らの言い分は、人間には、”物を真似るという本質”を持っている。故に、”その「本質」を働かせるのは何故悪い”と云う言い分を決まって述べる。一理はある。
> しかし、”グローバル”では、これは許さない。しかし、彼らは「意匠権・商用権などの特許権」を認めようとしない。しかし、これは「国民性」を代表する「概念」ではない。何でもかんでもではない。「国民性」を物語る「良い伝統」を伝える概念は”グローバル”ではないのが定義だ。)
>
> 国内は「国民性」で有るべきである。国内にも地方色がある様に「情緒豊かな環境」であるべきである。
> ”グローバル”は ”他民族との折衝の場の共通する手段”として別に認識として持って置かなければ成らないことであるべきだ。
> 依って、”グローバル”に拘って、「国民性」、即ち「尊崇の念」の為にも、国内では「卑屈と萎縮」を取り除くべきである。敗戦に依った「卑屈と萎縮」がそれを(必要なグローバルの遅れ)起こしているからだ。
> 彼らの「優越論」は、この”グローバル”の過剰思想の所以である。”グローバル”に陥り過ぎても優越論の様な事に成り好ましくない。
> 彼らには、「自分の国の考え方」が何処でも”グローバルだ” と必要以上に考え過ぎているのである。
> 確かに、グローバル”の多くは”自由”を前提としている「移民族の思考原理」に多いのは否定できない。
> そうでなければ、彼らの社会は構成出来ないであろうことは否めない。
> 米国は、国内でも「自由」を前提とした思考原理の”グローバル”の概念だから、国外も殆ど”グローバル”の概念に成っているから、国内でも”グローバル”の概念で有るべきだ” と思い込むのも無理の無い事だがここに彼らの矛盾点がある。
> 然し、国内は「屯」を構成している以上は「国民性」を保持するべきである。
> ”グローバル”は「国民性」(伝統)を否定するものでは決してない。
> 故に、良いとされる「国民性」が存在する限り、他民族、この場合は、「日本民族の思考原理」が同であるかを思考をめぐらして答えの発言をしなければ成らない訳であった。
>
> しかし、米国の「失望論」はしなかった。自らの「民族性の欠陥」から、これを欠落したのであり、当然にその思考は「政治の場」の判断としては低質すぎるし、「感情主観」である事になる。
> まあ、百歩譲って「感情主観論」のものであるとして、妥協して考察すれば、次に、この「主観的感情論」にその国民がどの程度のウエイトを置く思考原理を持っているかに問題は移る事に成る。
> ところが、移民族の他民族の国家であるから、論理的に考えれば、相反する徹底した「合理主観論」が「共通する概念」となろう。
> しかし、この「失望論」は、そんな環境の中でも、「感情主観論」を展開した事に成る。
> つまり、今までとは異質のコメントに成る。大使館を管轄する国務省コメントであるが、大統領府のコメントではないところにまだ救いは有る。国務省だとしても問題は問題である。
>
> これには”米国の失望”の根拠とする中には”仲良く”と云う思考と、もう一つ ”相手を信用しなかった”と云う意味合いが大きく潜んでいる事になる。
> 過去に「信用」していたが、「靖国」で「信用」できなくなった。だから、「失望」した事に成る。
> 「信用」していなければ「失望」には成らない。現在にも”信用しない”と発言した事に成る。
> この「失望」には、この”仲良く”と、”信用”と云う問題にすべき要素が含まれている。
> だから、この2つの事の「米国の失望論」に対して日本の人々は「違和感」を強く感じて ”センセーションの渦”と成ったのである。(日本の反応に対して彼らは当然の如く驚きヒートした。)
> その”仲良く”に対しては、今、”仲良く”とする行動を採るべきか、その”時期”にあるのか、どの様な”仲良く”が存在するのか、はたまた”仲良く”した先には”何”が待ち受けているのか、普通は考える。
> 少なくとも日本人の「国民性」からすれば、常識となっている「人時場所の思考原理」を働かせる。
> そうしなければ「7つの民族」が融合して「屯」を形成させる事は不可能であったし、現在も同じである。
> だから、”うん、変化だ、おかしい、異質だ、その先には、果たして「同盟」に与える影響はどの様になるのか、今後、どうすればよいのか、” を瞬時に考えた。と云う事に成ったのである。
> それが「噂」では無く、日本大使主導の「正式な国務省発言」であったからだ。
>
> そして、「信用」には急に出て来た「米国の態度表明」でもあった。
> そもそも、この”「信用」”には、仲良くするには色々な「政治の場」での「条件や立場」がある。
> それなのに「自分の国の思考原理」だけで低質で短慮に単純に考えて、日本が ”米国の言う通りに行動しないと、今後、信用しないよ”と成る。
> 「信用」しなくても良い、「同盟」と云う事を結んでいなければそれでも良い。
> 「同盟」は”信用を前提”として成立っているからだ。「信用」できない相手と「同盟」を結ぶ事は無い。「信用」=「同盟」の関係にある。
> つまり、この”失望した=信用しない”と発言した米国は、暗にこの「同盟の破棄」を結果として臭わしてしまった事に成るだろう。
> 更に突き詰めれば、次の米国との「政治交渉の場」に、この「失望」、”信用しないの発言”を取り除かないと、”何時まで信用されていない外交交渉”をする事に成る。
> 「同盟」の中では有り得ない事に成る。
> 例え、「失望感」があっても思っていても発しては成らない禁句である筈で、それを発してしまったのだから、日本側は、今後は注意をして置かなければ成らない事に「政治の場」では戦略上は成る。
> ある政府の高官が発した言葉では無く、大使や更には国務省の正式コメントであるのだから、十分にこの禁句のチェックは効いていた事に成る。失言ではないのだ。
> オバマ氏と習氏との会談以降、米国は”中国より”に発言するように成っている事には失念しては成らない。大なり小なり ”同盟の如何”に変化を来たしている事に成る。
> 自衛隊との合同演習にもこの態度は露骨に出始めている。
>
> 「米国が観る中国」と、「日本が観る中国」とはその「国民性」が異なる為にその重要性は異なる。
> 「日本が観る中国」は、事を起こせば軍事と経済に於いて、中国がそのファンダメンタルが外資に頼っている比率が大きいし、取り分け、日本に頼る事が強い筈で、「一国二制度の矛盾」を持っている事から「共産党の崩壊」に繋がるは必定で、「尖閣問題」の様なある程度の小競り合いはあるにしても「実戦」は起こせない筈で、故に「政治の場」の駆け引きの範囲の「虚勢」は張る事には成るだろうし、これからも続く。
> そもそも、「一国二制度の矛盾」は市場経済の制度は「自由」を前提として売買は進む。
> 「市場経済」を無制限に進めれば人は「自由の良さ」を知り、政府に対して「自由」を求める。
> しかし、「共産主義」はある程度の「自由」を制限する主義である。依って、何時かこの「自由の要求」が強く成った時点で論理的に「乖離」が起こる。
> その「乖離」は、何かキッカケで起こる筈で、”日本とのある程度の争い”でその矛先は共産党の政府に向けられるは必定である。従って、中国国民向けにも「虚勢」を張り通す事になるのである。
> 要は、日本が「弱み」を見せない姿勢を日本側が採る限りは現状維持を図る事は出来るだろう。
> それには、別つの意味で ”「卑屈と萎縮」は禁物である”と観る。
> むしろ、「中国」と云うより先には「失望」と云う言葉を発する「米国」との関係の悪化が懸念される。
> それは、日本が[ファンダメンタルの影響]の”歯止め”と成る垣根が無い米国ならではの事であるからだ。
> 筆者は、米国が「中国よりの政治路線」をこれからも採る限りは、この事が「第2次大戦の経緯」を辿る事に心配をする。
> その意味で ”失望した=信用しない”には、この「失望」と云う発言に危機感を感じる。
> 日本側が絶対に避けねばならない「経緯」である。
> そもそも「戦争」とは国家の明確な「意思」では無くその前の「経緯」から勃発するものであるからだ。
> 上記した様に、「中国より米国」と「失望発言」と「習会談」や「合同演習」などあらゆる関係を考察するとその危険性が懸念される。
> 況して、「自主防衛」「憲法改正」「基地返還」「米国を凌ぐ経済発展」等を進めれば、「日本の発言力」は増す事は間違いはなく、”米国側に採ってこれをどう観るか”と成る。
> まさに、「第2次大戦の経緯」である。又、「石油の制限等の経済封鎖戦略」で来る事は最早無いであろう。
> しかし、一つその懸念事項があるのだ。それは「日本産のエネルギー資源」が発見されて充分な資源国に成った時点では、事態は異なるだろう。
> メタンハイトレートや自然エネルギーが発見されて来ている現状では「資源国」に成る可能性は高いし、その対策は進んでいる。10年程度の先には、資源国に成った事に依る危険な問題が露出して来るだろう。
> 何故ならば、資源に掛かる経費は日本全体の経済の国家予算の最大5割程度を占めている現在、これが資源国に成った事に依ってこの経費の多くは浮いてくる。
> 問題は ”この経費が何処に回されるか”は明らかである。「資源国」を護る為の「国防費」となるは必定である。そうすれば、「卑屈と萎縮」を持つ日本に関わらず、エネルギーで「世界の勢力図」は変わる事に成る。石油枯渇の問題もあり、当然に、隣国と先進国は今以上にこれを警戒する。
> これが戦争への逃れ得ない「経緯」の流れの一つに成るのだ。
> むしろ、現在の中国と韓国と米国のイライラは内心はここにもあるのだろう。
> 「憲法改正」や「自衛権拡大」などの保守化が進む日本がこの立場に立てば、その実行するファンダメンタルは充分にある事から、「現実の問題」と成って来るのは間違いない。
> だからと云って、「卑屈と萎縮」をそのままにしてはこれからの国が発展するチャンスを失う。
> 元々、他国と異なり、”「国民性」として優秀な「発展する能力」とその「チャンス」”に恵まれているのだから、「卑屈と萎縮」をそのままにして圧力に屈し現状で甘んじる手は無い。
> 日本が資源国に成る事は”鬼に金棒”である。この為の要素が日本の周囲には整いつつある中で唯一つそれを成しえる為の「心の気概」に不足している。それが「敗戦の後遺症」の「卑屈と萎縮」であると談じている。
> その為にも、今以上に成長させるには「卑屈と萎縮」から脱皮する事が必要で、今の様な態度の維持はこれを成し得ない。それには”米国の失望から来る圧力”に屈しては成らないのである。
> しかし、屈しないと、上記の経緯を辿る羽目に陥る事は必定であろう。
> そもそも、日本での日常の会話の中では、「失望発言」は上から目線である。圧力を臭わしている言葉になる。日常会話の中ではないとすると、少なくとも日本人はその様に採るだろう。
> 言葉のニュアンスは「国民性」であるので、”上から目線を彼等に租借せよ”とまでは云わないが、圧力的な意味合いは少なくとも「失望と信用とする言葉」からはある。
> そもそも「2者択一」である。この事を韓国は別として中国は必ず観ている筈である。
> 何故ならば、中国の「国民性」や「政治事情」はあるにしても、両国は古代からの「歴史の関係」から良く似た思考原理をそもそも採るからだ。
> 因みに、「駆け引きの古書」の様に、上記した様に「六稲三略」はそれを具に物語っている。
> この「六稲三略」は政治や軍事や経済の駆け引きの場で使うが、日本と中国は古来にこの中国から持ち込まれた考え方を「駆け引きの思考の原点」としている。
> 従って、この「思考の原点」から、むしろ、中国は「米国の失望論」で「虚勢」の足しに成る事からほくそ笑んでいるだろう。
> 「一国2制度の矛盾」をクリヤー出来るからだ。自ら手を下さずに「米国-日本の関係」が崩れてくれればこの矛盾の危険性は排除出来るからで、「虚勢」の代わりに成る。
>
> 先ず、次に、この”仲良く”には、「国家」や「民族」と云う前に「人の性」の思考原理にも関わる。
> そもそも”仲良く”は「女性的な思考原理」に左右されている判断で、特に”政治の場”ではあまり採用され得ない思考である。
> 何故ならば、”主観”である事によりその人によりその”主観”が異なるからで、千差万別の結果が招かれるから賛同が得られにくい思考であるからだ。
> 当然に、主観であるから”仲良く”の程度も千差万別と成る。
> 喧嘩状態でも”仲良く”とする論調も生まれる。
> しかし、”仲良く”は否定はしない。”仲良く”が採用し維持できる環境である事に越した事はない。
> では、百歩譲って、この相手の国の中国と韓国に、ここで ”その”仲良く”を採用したとして、果たして、その ”仲良く”の「良い結果」を招き入れる事が可能であるのか大いに疑問である。
> 恐らくは、過去の事例から ”歴史認識”と云う理由を背景に量にかかって更に上から言い続ける事になる。恐らくは、その過去の遺恨から土下座してでもいい続ける筈だ
>
> 何故ならば、事実、日本はこの2国を過去にその理由如何によらず「侵略した行為の非」を持っているからだ。された方にすれば、”「侵略の恥部」は何年経っても消し去る事の出来ない憤懣のしこり”であるからだ。
> 中国の様に”面子を重んじる国民性”では、「政治の場」や「教育の場」に「喧伝の道具」としてこの「憤懣の誇張」を持ち込んでいる。
> 況して、この2国には不幸にしてか合わせて「儒教思想」から ”過去に拘ること”を推奨する思考原理”をも「国民性」として強く持っている。それ故に効果は大きい。
> それだけに「過去の事」に拘れば、中国にして観れば、各国から侵略された為に、”今はそうじゃないんだ”と「虚勢」を示し続け無ければならない事になり、それには「国民の目」を外に向ける必要が「政治の場」の事として戦略上ある。放置しておけばこの「憤懣」は政府に向けられる事に成る難儀な事がある。
> それには、日中には格好の事がある。
>
> その前に参考として、因みに、最近の”中国の中古空母の購入と改造”は「虚勢」の最たるものである。
> 現在では空母は近代戦の戦略上は無用の長物と成りつつある中では「中国の虚勢」を示したものに成る。何故ならば、この空母とは「最大の軍事費」の掛かるもので、経済成長の低下の中では将来は無理であろう。兎に角、空母は「周囲の戦機」が整わないと使えない代物であるのだ。
> これからは「イージス艦の保有」であろう事は明々白々で、空母にしても「ヘリ空母」が機能的に戦略上良く働くと見られている。
> (この「ヘリ空母」とイージス艦とは日本は主体的に保有し、その製造は日本の独断場である)
> この様に、中国には政治戦略上、アンバランスが多く良く考察すると「虚勢」と見られるものが多いのだ。
>
> それは「過去の日本の侵略」であり、これを誇張する事で国民に「憤懣」を助長させる事が出来る。
> 既に、戦後70年も経っているにも関わらず、この動きは衰える事が無く、常に格好の”日本非難の材料”として使われている。
> こんな「格好の事」は先ず無い。”過去に拘る儒教の国民性”もある事からその効果は実に大きい。
> 今までは教科書にも載せての喧伝であったが、現在では、「改革開放路線」と「情報社会と経済進出」から真実を国民は知った為に、この「格好の手段」に効果が採れなくなったのである。
> その為に、今度は「尖閣問題」と「防空識別圏」等の問題を持ち出して「格好の手段の国」として日本に「虚勢」を張り出したと見るべきであるが、しかし、これも”笛吹けど踊らず”に成って来たのである。
> むしろ、日本を肯定し政府を攻撃し始めているのである。
> しかし、国民の間では、概ね、「醸成化」に向かっているだろうが、これでは「虚勢」は成立たない事だし、その効果は低いから、何か”小競り合い” になる事を持ち出してくる事は今後も必定である。
> その意味で、「絶好のチャンス」で、今回の「米国の失望論」は願ってもいない「格好の事柄」であった筈である。
> 自ら手を汚さずに”米国と日本の間に楔を入れる事”が出来たと云う点では叶ったって得られるものではない事で、最も「虚勢」の張る事の障害と成っていた「同盟」に楔を打ち込んでくれた、と観ている筈である。
> その意味で、今回の”米国の大使主導の失望論は低質である”と云えるのだ。
> その考えは「性」を超える事が出来なかった事を示す。
>
> そもそも、この「感情主観の性」は、”神が人間に与えた絶対的な「性」”であって、この「感情主観」の「性」は女性が持っている。「女性」である限りはこの「性」から脱する事は出来ない。如何なる「男性の論理主観」を持ち得たとしても”イザ”と云う時にはこの感情主観に左右される。
> これは決して「良し悪しの問題」ではない。況して「差別の問題」ではない。「神が決めた事」である。
> 問題なのは、「政治の場」では、残念ながらこの「感情主観の論調」は通じ得ないからだ。
> 今回はこの「政治の駆け引きの場」にこの「失望」のコメントを出した事にある。
>
> 恐らくは、これからもこの失態は間違いなく続くだろう。況や、これを繰り返せば、「同盟」に不必要な傷をつける事に成り、最悪の場合、日本は「卑屈と萎縮」を排除して「積極的平和外交」を続けるのであるから、上記の経緯に不本意に乗ってしまう事に成るかも知れない。
> そうかと云って昔の様に、”米国の言い分と圧力”を飲んで無理やりに”仲良く” して、「卑屈と萎縮」に戻る事も出来ないジレンマに陥ってしまった事に成る。
> 況や、「卑屈と萎縮」をそのままに「憲法改正」は有り得ない。
> 日本側から見ると、”実に馬鹿なコメントを出してくれた”と成ってしまった事に成る。
> 先ずはこのコメントを無視する事が得策であろう。
> 無視される事で「自分の発言」(大使)に何かの異質に気がつく事を狙う必要がある。悪戯に反応してはならない。反応し続けると、上記したこの「最悪の経緯」に乗ってしまう事になるだろう。
> 要するに、「低質な性」から来る「米国の国民性」の露出であろう。
> しかし、当のヒートした米国のこの事に対する主導する意見は、矢張り、「移民族の国民性」と云うか、「ヨーロッパ系の民族優越論」が花を咲かしている。
> 「同盟」を前提とする「失策の言」の意見は極めて少ない。
> 意見が少ないと云う事は、「同盟」は日本では「防衛の要」と考えているが、強国の米国側では比較的「同盟の意識」が低い事が云える。恐らくは米国の ”中国より”もここから来ているのであろう。
> 米国としてはこれは当然の事であろう事は良く判るが、米国側にしては大なり小なり自国の「直接的な脅威」であると云う訳ではない。極東に於ける平和維持の同盟である事は否めないのであるから、一歩譲って、日本側への「失望」コメントの「同盟意識の欠如」は、この観点からはまぁ仕方の無い発言とも取れる。
> 但し、それは”米国の国民の範囲の意見”に限られるのである。
> 日本を良く知る者の意見でも「民族性の概念の違いの神社論」とする意見は無かった。
> 筆者の過去の経験とほぼ合致するものでヒートしている。「中国重視論」が意見上に出ているのもある。
>
> そもそも、逆に、自画自賛には成るが、「日本人の国民性」の優れているところは、この「仏教的思想」から”未来を志向する点”にあり、現に過去に敵対して占領された米国に対して、この”しこり”を消し去ってしまう「国民性の思考原理」を持っている程である。東北震災時の”友達”を物語る。
> まぁ ”過去に拘る性癖”より人生を鑑みると ”未来志向の性癖”の方が生き易く楽しいのではないだろうか。「反省力」がないと彼等から批判されるだろうが。
> 「色即是空 空即是色 空不異色 色不異空」と仏教の「般若心経」は教えているのだから、「良悪」の問題でない。
>
> その「未来性の志向原理」を持つ国民に対して、それから2年後に”失望”と云う態度で米国は示したのだ。「失望論」は「人時場所」に依って使い分けるのが上質の人間がする思考である。
> この事に依って、その人、或いは「民族や国家」を周囲は高く評価する。
> 現実に日本人は高く評価されている。
> つまり、日本が持つ「人時場所」の判断要素が、考え方の異なる「移民族」で構成されている事自体がそれぞれバラバラなのに、更にはその「異なる移民族の米国」は自由奔放な「移民族の思考原理」を前提にして日本を評価したのだ。
> 自分の狭い思考原理で相手を評価してしまったのだ。
> この傾向はヨーロッパ゜系の民族に極めて強い。
> どう評価するは勝手であるが、「同盟」と云う前提にある事を忘れてしまった「感情主観論」である。
>
> そもそも、米国は別にして、中国と取り分け韓国の「国民性の思考原理」は、その儒教の影響から、”過去を重視し、” 仏教の日本の国民性は、有史来、”未来を重視する性癖”を持っているのだ。
> 違うのだ。違うものを味噌糞を同じにして思考するは、その判断能力は感情主観にしてもあまりに低質すぎる。
> 故に、その日本はこの状況の米国に対して、中国や韓国の様に過去に拘らず、「未来の有り様」に思考原理を展開するのである。そして、現実にその敵であった米国の良いところを吸収して今や米国に勝るとも劣らずの近代国家を未来に築いたのである。この判断を忘れている。
> これは日本人の「武道の精神」の”負けて勝つ”にあるのだ。
> その”負けて勝つ”の精神を構成しているのが、他に類と比を観ない”「尊崇の念」の強さ”にあるのだ。
> これが中国や韓国に観られない「日本人の国民性」なのだ。
> 恐らくは、つまり、この精神をなくしては、”日本と云う国家”は成立たない限界の一線なのである。
> その事を今回の米国の国務省の判断はそもそも欠落している。
> (情報では日本大使の意見が主導したらしいとあるが、今後、”失望”と評価する根底の知識力に注意しなくては成らない相手と見られる。弱体化する今後の米国に、この様な間違いの判断が示される可能性が強い。)
> そもそも、この様に、「政治の場」は国家の「駆け引きの場」である。
> 普通の商業の交渉の場ではないのだ。
> 「国家の主体性」を如何に相手に強く示す事が出来るかの「戦略の場」なのであって、場当たり的な「戦術の場」ではない。この「戦略の場」で負ければ、それは「国家が負ける場」なのである。
> まさに”失望”とする判断は、「国家の主体性」を意味しているのに、この「米国の失望論」は「戦術の場」のものである。
> この事はまさに米国は今回の事で”政治の何たるか”を失念しているのではないかとも思える。
> 故に、米国の言う通りにこの2国に対して、「国民性」が色濃く出ている国家の為に命を投げ出してくれた「尊崇の念」で譲れば、「国家」がまた負けるのである。
> 「実戦」で負け「国民性」でも又負ける事になるのである。”これでは申し訳が無い”とする感覚が強く生まれる「国民性」である。他民族とこの一点が違うのである。
> (戦後、敗戦と占領の結果、「自信」を喪失して「卑屈と萎縮」が蔓延りこの傾向が強く成った。)
> まして”「個人」”では無く”「日本民族」”と云う「国家」に命を投げ出してもらったのである。
> 当然に「国家」がこれに対して深い「尊崇の念」を示し、「向後の責任」を負うは当然の事であって議論の余地は無い。その責任の”表現の仕方”が他民族とは異なっているし、その強さは「基本概念」とも成っているのである。
> 日本民族の者の ”最高の尊崇の念を表現する方法”は古来から引き継がれて来たもので、それは「自然神」から来る「神道」との結びつきの表現なのである。
> 「神道」との結びつきの無い方法もよくあるが、それは一段下がった念の行為である。
> 「日本人の国民性」はこの様にあらゆる様々な「念の表現方法」にも「差別化」を図り、その重要性を表現するのである。
> その「神道」の神社も、日本人の中で、多くの神社のある中でも限定して、戦死した人も国民も「靖国神社」と決めているのであるから、「靖国神社」に参拝して「尊崇の念」を表現する事は「最高の念」の表現方法に成る。
> 日本人の中にコンセンサスとして決めていなければ再考の余地も有ろうが、”靖国で又逢おう”と誓って散っていった人の意志を尊重するは「最高の念」の要素でもある。
> これを無視する事では「尊崇の念」は成立たない。
> 例え、その「神社」にどの様な人物が祭祀されていようと「尊崇の念」には無関係であり、止めさせようとする念の低い一派の”こじ付けの低質論”であり、「尊い命」を「国家」の為に捧げてくれた故人への為にも左右されるべき事では決してない。
> 他民族、取り分け米国の様な「移民族」は、十束一絡げに「戦没者慰霊碑」で事は済むのであって、他民族国家である所以から日本の様な差別化した「神道」などと結びつく「尊崇の念」の表現方法はとり難く、「集約的な概念」の祭祀と成る事は無理な事であろう。
> 故に、「ヨーロッパ゜系民族の優越論」以外にも、この”他民族”と云う事も誘引して「差別化の概念」は彼等には無いのである。
> 依って、彼等には「神道と尊崇の念」との結びつきに対して”理解する事”は「困難」と云うより「無理」と云った方が適切であろう。
> 先日、米国の2人の長官が、”これ見よがし”に日本の「戦没者慰霊碑」に参拝したが、何も”靖国に参拝してくれ”とは云わないが、その彼等の思考原理の表れであって、「靖国神社」と「戦没者慰霊碑」とは、日本人の中では「最高の尊崇の念」の表現方法が異なっているのである。
> 「靖国神社」は上記する様に「命の約束事」の場であるのだ。
> 「戦没者慰霊碑」は国が行なう「政治の場」での「祭祀の場」に過ぎないのだ。
> 「最高の尊崇の念」と云う行為の中には、この「命の約束事」が条件と成っているのだから、この「命の約束事」が欠落すれば、それは「最高の尊崇の念」には成らないのである。
> 故に、その彼等の思考原理の感覚からすれば、「神社」との結びつき、又は「靖国神社」への「差別化」の「最高の念」の「表現方法」に理解が成し得ないである。
> 「卑屈と萎縮」の所以の一つとして「最高の尊崇の念」をかなぐり捨てて ”「戦没者慰霊碑」で良いのではないか”とする意見とは、この”国家に対して投げ出してくれた命”への「尊崇の念」の行為の表現とは異なるのである。
> つまり「最高」では無くなる事の行為となる。他の「尊崇の念」であれば下げてでもそれでも良いが、この一点は譲れない「尊崇の念」の行為なのである。
> 個人で親などが自分の為に命を投げ出してくれて、自分の命が助けられたとした場合、その人は一生その人たちに感謝し、その人に執って最高とする「尊崇の念」を表現するであろう。
> それが「国家」であり、強いては「父母等」に対しての保護などの報いと成る。
> 「国家」と成るからその念の表現が希薄に成る傾向がある人がいるが、それを国を代表するものが代して表現したに過ぎない。その表現方法が最高の方法で表現した事に過ぎない。
> 奇異に感じる事はその人に「希薄の感」がある事を否めない。
> 何故、希薄に成ったかは云うまでも無く「卑屈と萎縮」の所以である。
> 現に、自分の足元を観て見れば判ることである。
> それは個々の家庭で毎年行なう「尊崇の念」の行事として、正月から年末まで行なう数々の祭祀の行事には、その多くはこの「神道」との結びついたものが多いのは、この日本人の「尊崇の念の差別化」の結果である。
> 中には「伊勢神宮」や多くの悠久の歴史を持つ由緒ある大社に参詣して、わざわざ「尊崇の念の差別化」をして、その「尊崇の念」に対する経緯の表現を採っている。
> 筆者は他民族との間で議論した数々の経験を持っているが、この「尊崇の念の表現方法の差別化」には理解は得られなかった。
> 特にキリスト教徒との議論は殆どの機会で白熱したが、韓国人との議論は別の意味が介在して議論に成り難く、「儒教」と云う点でも合致点は得られなかった。
> しかし、儒教の中国系の者との議論にはある程度の理解は得られたが、”其処までする必要性が余り無いのでは”との結論の様であった。
> それは”其処まで、と余り”とする意味にはある程度の合意や賛同の意味が潜んでいた。
> そもそも「中国の儒教」には、我々日本人と同じく「日本の神道」には ”「自然神」を基幹とする中国の祖神の「鬼道神の流れ」”がある事と、”仏教の通過国”でもあり、更には ”法の政治より人を重視する思考原理”が彼等に存在する事から ”何らかの共通性”を感じたのではないかと考えられる。
> 何せ「文化や概念」を輸入した「過去の模範国」であった所以であろうし、日本人には2割程度の漢民族の融合族が存在する所以でもあろう。
> 何せ、その元を正せば、そもそもの「安倍氏」は6世紀の帰化人の後漢民族の首魁の「阿多倍王」の支流末裔の氏である。皮肉なものであろう。
> 「政治の場」が働いた事以外はもう少しの「醸成期間」が得られれば、民間の中国人には決して理解が得られないとは考えられない。
> 故に、筆者は中国は、この”靖国”には「政治の場の駆け引きの道具」にされてはいるが、一般国民には同意は得られていると考える。
> 今回の中国の国民の”笛吹けど踊らず”の結果は、この表れであって「靖国の問題」は、”心底からのものでは無い”と観ている。
> そもそも、江戸時代に儒教は幕府に依って日本人社会に不適合として、関係者全てが一生投獄されて根絶させた歴史的経緯があるし、日本の生活のなかにもその名残が未だ色濃く残っている。
> 例えば、判り易い例として、「正座」である。儒教では礼を正すときには「正座」をする。しかし、仏教では「胡坐」であり、女性は「立膝」が正式な礼法である。
> 共通の慣習は遺されているのだから、「以心伝心」で何かを通ずるものがあるのだ。
>
> チャツト意見にあった”「虚勢の表現」の「政治の場」の道具にされている”Tと考えられる。
> 中国の「改革開放」から閉ざされた窓が開き、「真の日本」を知り、更には上記する「共通点」を知り、「親近感」とまでは未だ行かずとも、ある程度の「理解」が醸成して来ている状況の中にあると観ている。
> 韓国は本来は共通点は多いし、中国とは異なり窓は自由に開かれている。
> 醸成する範疇でも無いし、文化や概念も古来より「倭人」が南韓域に韓民の1割にも成る程度に融合していて、日本では3割にも成る韓国人が融合している関係にある。
> しかし、中国の様に、”醸成するキッカケさえ掴めば理解は得られる”と考える事も出来るが、韓国は元よりこの「醸成のキッカケ」は既に出来ている。
> 問題は、儒教から来る”韓国民の過去への拘りの性癖”にあり、且つ、女性大統領と成っている以上は感情主観論に左右されたその「性」から脱皮は難しい事と、「日本への借財」の「政治の場の駆け引き」から今はその時期ではないだろう。
> この場合、無理をして”仲良く”を実行すれば、その結末には「無理の末路」が待っている。
> その時期を待つ以外にはないと考えられる。
> ただ一つあるは、韓国にやむなく「妥協の場」を発生した時にある。
> つまり、再び韓国の日本への借財の原因と成っている「円安-ウオン高」で、「外貨準備高の不足」が起こる事以外には窓を開かないで有ろう。
> その時がチャンスと成ろう。それ以外は「感情主観の歴史認識論」を持ち出して、何時までも日本に対して暗に「借財の放棄」を狙うだろう。
>
> 問題は、上記する様に、この様に「米国の失望論」にある。
> これまた「女性大使の交代」に依って暫くはこの主観的で歴史の知識の欠落の論が起こり、難しい場面が出てくる事が考えられる。この今の米国のコメントの主観論は人が代われば、また元の知識と認識のある人物がなれば消えるだろうから、ここでも時期を待つにあると観られる。
> では、何故、この「失望論」を出したのかを考えた時には、”米国のある焦り”が読み取れる。
> それは、米国との同盟国の韓国に「外貨準備高の不足」が起こりかけているのではないだろうか。
> 「安倍氏の円安誘導」に依って、20円の差が発生した。
> この差は「韓国経済」には大打撃である事に間違いは無い。過去に2度が韓国は「外貨準備高の欠損」を起こし、日本がこれを救ったがこれが大きな借財となっている。
> むしろ、「韓国経済」が成長を遂げたのは、「円高」によって極度の「ウオン安」が起こり、三菱の電気と自動車のプラント輸出に依って、企業が起こり、これに円安と日本からの借財を全て注ぎ込んでその出資額の殆どを占める国家企業を仕上げ、その後、”恣意的な労働争議”を起こして三菱はその利益を無くして放棄した企業である。
> しかし、ここに来て日本は円高誘導から円安誘導へと変換して経済を立て直しつつあるが、この影響を受けて、韓国は再び「外貨準備高不足の欠損」が起ころうとしていて、先日の日本の自衛隊による「アフリカでの銃弾提供」はこの現象を具に表している。
> 軍が遠征するのに銃を持って行くが銃弾を持って行かないのは笑い話である。
> 先ず有り得ない事態で間違いなく資金力が不足していた筈である。
> 米国は、この韓国の経済欠損の事を承知していて、アジア同盟国にスペインのような事が発生し、その中で中国や北朝鮮に戦略上の事が起こってはまずいと考えて、慌てて””仲良く”の言葉を発してしまったと観られる。
> 韓国のこの「経済欠損」を救うのは過去の2度と同じく日本だけである事を米国は承知している。
> 果たして、この償還は有り得るのかは疑問である。
> この米国の失望論の背景の”仲良く”にはこの意味合いが強く含まれているのではと考えられる。
> 韓国は密かに米国に泣きついて行っているのではないだろうか。
> 「20円の円安」は”韓国にとって非常事態”で、この傾向はアベノミクスで未だ続くと考えられる。
> 間違いなくこの「欠損状態」が起こっている筈である。
> そもそも韓国の国家企業には起こらない方がおかしく、この2大国家企業は日本の技術者のヘッドハントとに依って円安を利用して類似品を作った事による成長であって、その成長もその製品より優れた開発品が再び日本から再び出て後退している現状で、そのヘッド゛ハンティングの人材も高齢期に入り、その持った技術も古くなって「価格安い-品質は低い」に依って市場から後退している。
> 尚、この類似品の韓国の市場の実態は、「ウオン高」でドイツ製品等の攻勢が激しく、円安の原因以外にも「経済欠損の危機」が迫っている。
> 其処に「北朝鮮の動向」が働いている事と、TPPの事から米国は躍起と成って「政治の場」で日本に圧力を掛けたと観ている。
> ただ、一つ、韓国経済界が上記の事を判断して韓国大統領に対して、”日本との関係を良くする様に抗議した”が聞き入れず、依然として「感情主観論」を展開して一方的な「歴史認識論」に拘り、韓国政府との間に「乖離現象」が起こっている事に注目すべき点であろう。
> 更に、最近、「河野談話」は韓国政府との調整により発せられた談話である事が日本政府と企業からつきあげを食った韓国政府の一部からも暴露された。
> つまり、これによれば「歴史認識論」はすでに国家間で済んでいる事になる。
> ”済んでいること”に成っているものをわざわざ何度も繰り返すのかはそれは「政治の場」の事として判る。
> 恐らくは、これを座台にして借財の帳消しを狙っているのであろう。
> そもそも、「歴史認識」では、その仮に日本に「歴史認識の悪さ」が有ったとしてその咎は日本が負うものであって韓国ではない。
> 況して、”歴史認識を無視するものに未来はない”と主意の発言をしているが、戦後、混乱の中からいち早く立ち上がり世界第2位まで伸し上がって生活力を挙げたのは日本であり韓国ではない。
> 日本に未来があった事に成る。日本の未来は日本人が追うものであって韓国ではないし、韓国が日本を救える力はまったく無い。
> 逆であり、上記する様に、最近に於いて「外貨準備高欠損」で2度も助けているし、今度も日本からの救助となろうが、ここで韓国に「外貨準備高の欠損」で日本が支援することは恐らくは不可能であり、アベノミクスは失敗に終る。
> 何故ならば、支援に依って「ウオン安-円高」が起こる事になり、その支援で再び国家企業にその資金の流入が起こるので、日本経済の足元をすくわれる結果になり、「国家的な失敗」をする事になるからだ。
>
> 「河野談話」でも、韓国大統領は国家間の言い分を無くしている筈であるが、また無くしていながらも平然とその後でも、同じ歴史認識論を展開した。これでは、大統領個人の範囲の事と成り、個人の主観感情に捉われた一国の指導者もどきの人物の言い分には日本政府は対処に難しい事に成った。
> これでは日本政府としては 今は”仲良く”は無理であろう。様子を見るが得策である。
> そもそも、米国の日本大使館前にその女性像を建立するは、最早、理性ある一国の行為とは思えない。
> この様な場合は、米国政府も撤去を促す事が国際儀礼上、求められるが撤去させない。
> この様な事に目を瞑って”仲良く”は無理である。
> 少なくとも”仲良く”の前にその時期では無い事が明らかである。
> 米国もこの韓国の態度を放置して、”仲良く”に理解に苦しむ。
> 昔の日本であれば、「卑屈と萎縮」から米国の言い分に従った筈で、「政治の場での力」は皆無であった。命を投げ出してくれた尊い日本人の若者に申し分けなかった事に成る。
> 戦後70余年の現在、この意味でもここで「卑屈と萎縮」から脱却すべき時期に来ている筈で、国家としての「成長の活力」を生み出すのにも、この”「卑屈と萎縮」から脱却”しなければ、それこそ「日本の未来」は無いだろう。
> その為にも「失望論」には毅然として対処しなければならない。
> 「過去の歴史」を観て「卑屈と萎縮」に苛まれるより、゜未来」を観て「卑屈と萎縮」から脱却するべきが日本人の「良い国民性」であり、その事に依って現在の日本は築かれたが、「卑屈と萎縮」からの脱却で活力を生みだすのである。
> これからは、決して、”失望のコメント”の裏で示す「米国の圧力」に「卑屈と萎縮」で屈しては成らない。
>
> その米国の”失望論の仲良く”には、それこそ「中国の書」の「六稲三略」から、今は国家間のその時期ではないことに成り、2国からその意志が明確に成らない限りは ”待つ”が得策で、「政治の場」の「米国の発言」は当を得ていない。
> 本古書を「思考の基幹」としている発行元の中国も知っている筈であろう。
> 況して、国民は知っている筈で、「尖閣問題」も「航空識別圏」も「政治の場の虚勢」としてどこまで問題を大きくしてくるかを観る必要があるが、恐らくは、「国民との乖離」が起こる事は共産党政権としては「一国2制度の矛盾」が噴出し危険であるから、その「足元」を狙うべきであろう。
> 「中国国民との醸成化」に総力を注ぐ今は時期であろう事が判る。中国政府の弱点ではある。
> 「政治の場」が「戦略の駆け引きの場」であるとすると、この「日本理解の醸成化」を官民挙げて取り組む課題であり、その時期に来ているし、「醸成化による相互理解」は両国にとって「悪」では無い。
> 中国政府にとっては弱点であるが、相互理解には「大儀明文」が存在し、「尖閣問題」も防衛航空識別圏」もこれ以上にはエスカレートさせ難くなる事になろう。
> これ以上に「卑屈と萎縮」が続けば、レベルを上げて「尖閣上陸」と「識別圏の実質取締り強化」に出てくる筈である。
> 「卑屈と萎縮の脱却・脱皮」からは、その先には、「憲法改正」や「集団的自衛権」の解釈問題等が存在し、オバマ政権の様な政治が続けば、「同盟」と云う姿も検討の余地が有り得るし、その先には国家として本来あるべき「自衛力の範囲」も検討せざるを得ない事に成る。
> 何にしても、この「卑屈と萎縮」から脱却しなければ「憲法改正」など「絵空事の内容」と成り意味が無いだろう。
> 沖縄の様に米軍基地が日本の領土を大きく占めている現状も自衛力に特化させる問題も出てくる事に成る。
> 「同盟」と云うキーで基地提供しているが、米国は基地以上に日本を「卑屈と萎縮」の先に置いておく必要性があり、「政治の場」では「同盟」で護られているかの様に見えて、実は「卑屈と萎縮」の先にあるのだ。
> 果たして、「戦い」が起こったとして中国になるが、上記する様に中国にも弱点があり、米国の戦力を借りて戦わなくては成らない状況になるかは甚だ疑問であり、その前に「法より人」の国民から乖離現象が起こり、ロシア帝国の様にその経緯を経て共産党は解体する事に成るので、国内の基地の削減化は可能である。
> 現に、大国ロシア帝国との戦いはこの「足元の戦略」(レーニンに資金提供)を日本政府が採った事は記録から明らかで、故に「日露戦争」は「国民との乖離」が原因して勝利したのである。
>
> 問題は現在の米国政権では、この様な場合に日本に味方するかは疑問であり、中国を敵国と看做すより同盟国の「米国の出方の方」が懸念材料となろう。
> 「卑屈と萎縮から脱皮・脱却」にはこの問題が付きまとっているのである。中国ではない米国なのだ。
> この「失望論の背後」にはこの問題が潜んでいるのだ。突き詰めて「同盟」そのものを否定するかの意も含むセンセーショナルな発言であるのだ。
> 今の「オバマ政権」には”失望”のコメントの「深意」が示す様に、この危険性が伴っているが、その後にどの様な政権が就くかが今後の「卑屈と萎縮」の先は見える筈である。
> 今までとは「異質な発言」で急に変化したオバマ政権の日本へのコメントである。
> この失言は「日本大使の交代」での時期に符合するし、その意味で「コメントの主体」は当初は大使館とされているので、米国政府なのか大使館なのかの先ずは見極めが必要であろう。
> それにしても大変なコメントである。
> 政府とするならば「卑屈と萎縮の脱皮・脱却」は是非により加速して進めなければならない事である。
>
> そもそも、ここで合わせて云いたい事は、「伝統」とは一体何なのかと云う事で、「伝統」はこの「卑屈と萎縮」からは生まれず、「卑屈と萎縮」に依って「消滅する性質」のものであると云う事なのである。
> 要するに、「酸とアルカリの様な関係」にあると考えられ、どちらかと云えば酸化反応と云うよりは「還元反応」に近い関係にあると考えられる。
> その「卑屈と萎縮」はどちらかと云えば「伝統」にとって「酸」に相当する働きをする。
> 日本人の「国民性」と成っている「尊崇の念」はこの「伝統」に値するもので、「卑屈と萎縮」はこれを阻害する。
> 「日本人の国民性」を示す「良い伝統」とは、「卑屈」に成り「萎縮」するとその「良い伝統」のものを分離させ分解させ、何時かは焼却させてしまう最大の原因であろう。
> 還元である以上その基と成るものは遺されている筈で、それを再びもとの元素の形に戻すには、「反応力」のエネルギーが必要で、その力を阻害している「卑屈と萎縮」を取り除けば「蘇る活力」を生み出す事に成る。
> ただ、放置すれば酸化反応により破壊されて原型を取り戻す事が出来なくなる事に成る。
>
> 「卑屈と萎縮」に左右され得ない「正しい心根」を持つ事に依って「良い伝統」は維持されて行くものであると認識する。この「尊崇の念」はまさに「伝統」なのである。
> 戦前までに維持されて来た「良い伝統」は、この「卑屈と萎縮」に左右されずにしたから遺されて来ているものであり、日本人が始めて経験した「戦後の敗戦の衝撃」に依って「卑屈と萎縮」がこの「伝統」を消し去ってしまったのであり、むしろ、その「卑屈と萎縮」から”消し去る事が正しい行為”であるかの様に成ってしまうと云う現象が起こったのである。
> 明治期の廃仏毀釈の様なムードの現象が国民の中に起こったのである。
> 最も古く維持されて来た多く遺されていた筈の青木氏に「良い伝統」もこの事に抗することが出来ずに消え去ってしまったのである。
> 今、サイトはそれを「卑屈と萎縮」から脱皮して、何とか掘り起こそうとしているのである。
> 「伝統シリーズ」に取り組む為にも、その前に「伝統を維持する力」はこの「卑屈と萎縮」とを排除する事から起こると考えられる。
> その為にも、丁度良いテーマが発生したので、サイトにご意見を投稿してくれた人々と相談し、この投稿の原文の流れの構築を試みた。
>
> 以上
関連記事
 

名前 名字 苗字 由来 ルーツ 家系 家紋 歴史ブログ⇒

「青木氏の伝統」-「達親」

記事No : 302
タイトル : 「青木氏の伝統」-「噠嚫-達親」
投稿日 : 08/09-12:36
投稿者 : 福管理人

「達親」


さて、この言葉を聞いた事がありますか。
“たっしん“と呼びます。実は「青木氏」に大いに関係のある言葉なのです。
然し、この言葉は「歴史的な宗教の変化」で殆ど消えてしまったのです。
当然に「青木氏の慣習、仕来り、掟」の中からも消えてしまったのです。
そもそも、「青木氏と守護神(神明社)」の論文で「青木氏の慣習、仕来り、掟」が多くあって、それが何とか引き継がれて来た事を論じました。
その中の一つですが、今回から、その「青木氏の伝統」のシリーズで、この様な事柄を紹介して行きます。
その最初に紹介するのが、この聞き慣れない言葉「噠嚫-達親」(たっしん)です。
(この「噠嚫-達親」には、鎌倉期中期前にはその意味合いから両方に口辺が付いていた。)

「青木氏」には切っても切れない言葉で、“「青木氏」を物語る言葉“なのです。
筆者は「青木氏の言葉」として位置づけています。

では、早速、“それは何故なのか“と云う事ですが、そもそも「青木氏」は、奈良期の頃から「皇祖神」の子神-「祖先神の神明社」と共に、仏道は「古代密教浄土宗」でした。
この「古代密教浄土宗」と共に、1400年もの長きに渡り伝えられて来た「伝統」の「仕来り」の多くは、その「密教」から来る「仏教作法」が多くあり、又、それに関連する「慣習」からも成り立っていました。
従って、殆どの文献には遺されていない言葉で、下記に示す様に僅かに鎌倉期の文書に見られるものです。
そこで、忘れ去られているこの「仕来り」ですので、先ず、その理解を深める為に、この忘れ去られた「噠嚫-達親」の「経緯と背景」に付いて説明します。

「言葉の経緯と背景」
そもそも、この「達親」と云う言葉は、中国から伝わった「仏教経典」の中にある「仏教用語」で、鎌倉時代に書き写された「節用文字」の書物の中にある言葉です。(中国では「梵語」にあります。)
その大意は、俗説として、「追善法要」の時に経を詠む数人の僧の中の「導師」に、「諷誦」(ふうしょう 暗誦して詠み唱える事)して貰ったことに対して、その「仏教作法」としての“お返し”をする事の「行為」を示す言葉でした。
その「行為」とは、普通は、作法としては「三宝」の高台瓶に載せた「布施物」を僧侶に渡しますが、それに対して僧侶は、「布施の趣旨」に代わる事物として、「仏の霊」を慰める「諷誦」の「読経・詠経」を行なった「仏教行為の事」を意味します。
然し、この作法の「初期の趣旨」は、僧侶の「諷誦」に対しての「お布施」では無く、「お布施」に対しての「僧侶の諷誦」とする「仕来り」でした。
今の慣習は、この逆に成っていますが、この「布施行為」が始まった鎌倉中期以降の頃は「在家の者のお布施」に対する「出家僧侶の諷誦」でした。

(「噠嚫-達親」の「御導料」や後の「布施物」にも「渡し方の仏法作法」があって、「手渡し」は禁じられ、仏前に供えられた「三宝」に載せておく作法だけで、後は「仏前の供え物」を自らの意思で無言で僧侶が「御裾分け」を戴くと云う形を採用していました。これは「青木氏」の「噠嚫-達親」の「御導きの意味合い」を、「御布施」にも”お返し”と云う形を打ち消す作法として引き継がれていた証拠です。筆者の家では現在でもこの作法に従っている。)

「在家の布施」→「出家の諷誦」

この鎌倉期中期から始まった「布施」-「諷誦」の関係に対比して、然し、この奈良期から始まっていた「古代密教」の「仏法作法」の「噠嚫」は、この様な「相対の関係」にはありませんでした。
「噠嚫」と「布施行為」は、類似する「仏法作法」ではありますが、下記に述べる様に、「時代の経緯」と「仏法の背景」が異なっているのです。

そもそも、「噠嚫-達親」は、「青木氏」の「氏の中」の純然とした単なる「密教の仕来り」であって、身内の「僧侶の導師」、又は「僧侶の「諷儀」(ふぎ)に対する「お導き」の「返礼」と云う意味合いが強かったのです。
(慣習の中で「御導」と呼ばれる事もあった事から「諷誦」だけへの返礼ではなかった。)
「導師の御導」→「福家の返礼」

それは下記に説明する「噠嚫-達親」の「語源、語意」から判ります。

そして、鎌倉期中期以降に発祥した「在家-出家」の相対関係の「布施」に対して、奈良期から平安期末期までに発達したこの「青木氏」との関係は、「氏家制度」の中ですから、出家していない「身内の僧侶」である事と、「相対の関係」に無い事から、「福家」(ふけ)として呼ばれる者から渡される「噠嚫」として位置づけられていました。
つまり、この「噠嚫」の持っている位置づけは、「氏家制度」とその慣習下での「密教」である為に、「福家(ふけ)」と云う純粋無垢な「敬意の言葉」に対応しているのです。

「施主」と云う一般の位置付けでは無く、「福」を用いた「家」として上位の表現を採っているのです。
この「家」は、「氏家制度」下の「宗家的意味合い」を持っていたのです。
「仏法作法」から出たと考えられる事から、俗界の武家の呼称の「宗家の言葉」を使えなかったと考えられます。

奈良期-鎌倉期中期 「密教」 →菩提寺
「青木-福家」(身内)→「達親」→「導師」・「諷儀」→「追善法要」→「御導」+「諷誦」

鎌倉期中期-現在至 「顕教」→檀家寺
「施主-在家」(他人)→「布施」→「出家・僧侶」→「全仏教的行事」→「諷誦」 
 
参考
:(「福家」(ふけ)の持つ意味は、「裕福な家」とする意味では無く、「青木氏の守護神」のところでも論じた様に、「青木氏」は、「賜姓族」である為に「本家-分家方式」を採用していませんでした。「特別賜姓族」の「藤原秀郷流青木氏」は原則的には「本家-分家方式」を採用していましたが、基本的には「2つの青木氏」での組織は、家は「横並びの関係」であり上下関係を表す呼称は取れませんでした。そうかと云って「リーダ役の家」を何らかの形で呼ばねばなりません。
そこで、自らの氏の一族一門の「リーダ役」を「福家」(ふけ)と呼んだのです。後に、この呼称が歴史を持つ「高級武士階級」にも伝わり、「宗家」に対して別の呼称として「福家」と呼んでいた記録があります。)

上記する関係相関図の共通する点として、その「仏教的行為」では、「諷誦の行為」と成りますが、つまり、暗誦した経文を声をあげて詠む事を「代償」とした「噠嚫-達親」と「布施」の「仏教の仕来り」でした。

ところが、当初は、この「密教の仏教的行為」は、主に、「密教の追善法要」の時の僧侶の「導師、又は「諷儀」に対しての「仏教作法」だけでした。
この「達親」には、「布施行為」の様に、「経済的関係」の背景は無かったのです。
これは、「密教の教義」と「氏家制度の仕来り」から来る制約で、「経済的関係」は生まれなかったのです。

然し、その後、この行為は、室町時代中期以後には、在家(主な檀家の意)の上記した「布施物」や「布施の趣旨」に対しても使われる様に成りました。

その理由は、一つは鎌倉期中期頃から「密教」を維持していた「特定の氏」が衰退し消滅して行った事と、二つ目は「密教の菩提寺方式」ではない「出家の僧」と「在家の民」の「布施行為」に依って維持される「檀家方式の寺」(顕教)が各地に多く興った事の、この2つが理由でした。(「密教の噠嚫」は「地域限定」でした)
この「2つ事」の為に、この「噠嚫-達親」の「仕来り」とそれに伴う「習慣」は衰退して行ったのです。
取り分け、「密教浄土宗」に於いては一部の「特定の氏」にのみに遺された「仕来り」となりました。
これが室町期中期頃に入ると、一部の氏を除き主に経済的理由で「達親」から「布施」に全体に変化させて行ったのです。

奈良期から平安期に懸けては40から50程度の数の「特定の氏」に依って「噠嚫」は維持されていたものですが、ところが平安末期には「3大密教(天台宗、浄土宗、真言宗)」の「密教論争」が起こり、この「密教のあり方」に付いて一部修正されて行ったのです。

(他の2つの密教は密教性を緩めたが、密教浄土宗は古代密教浄土宗があった為に緩めなかった。)

つまり、その密教性は最も「密教浄土宗」が最も強かったのです。
中でも、この時、「青木氏」は「古代密教浄土宗」の「担い手」であった事から、「密教浄土宗」の他氏と異なり、宗教論争後も頑なにこの「仕来り」を守ったのです。
然し、この「青木氏の仕来り」も、鎌倉中期以降からは、「民衆」を巻き込んだ「布施行為」に依って維持される「檀家方式の寺」に圧倒され全体的に変化して行ったのです。
この「噠嚫」は、細々と「古代密教浄土宗」の「青木氏」等に依って維持される「仕来り」と成りましたが、ところが、この「布施行為」に依る「仕来り」は、中級武士も含む民衆に依って維持される「慣習」へと変わって行ったのです。
「特定の氏」の「仕来り」から「民衆」の「慣習」へと変化したのです。
つまり、「在家」の「布施」に対して、返す「僧の(読経・詠経)」の「法施」の行為に成ったのです。

「密教と顕教」
そもそも、鎌倉期中期以前の「宗教の入信」は、ある「特定の身分階級」が入信できる「宗教」でした。
これを「顕教」に対比して「密教」と云いますが、従って、この時代の寺は朝廷の許可を得て、この「特定の身分階級の氏」が「独自の力」で「独自の寺」を創建して維持し、「独自の氏」から「身内の住職」を出し運営していました。この氏の「独善の寺」として存在したのがこれを「菩提寺」といいます。

(「氏の僧侶」のみならず寺を建造し管理維持するために必要とする「部:技能職人」までも氏内に抱え、その「技能頭」には「青木氏」を与えて「氏全体」を「密教集団」としていたのです。
「青木氏の守護神」で論じた様に、「血縁による2つの青木氏」と「絆による2つの青木氏」に依って構成していたのです。
従って、「血縁青木氏」だけではない事から「宗家的存在」を「福家」(ふけ)と呼ばれた所以でもあるのです。これは「氏内の呼称」であり、「氏外」からは「御師さま、(氏上さま)」と呼称されていたのです。)

特に、「古代密教浄土宗」は、仏説の「教義の秘密性」のみに至らず、上記した様に「寺の建立」などの一切の「仏法作法」を完全に独善化したのです。
当初は、「噠嚫-達親」は、この「菩提寺」の「特定階級」と「僧階級」の間の「仏教的慣習」であったのです。
その氏の「追善法要」では、その氏の者が務める「導師」は「身内の僧侶」ですが、周囲の寺からも集まってもらった「僧侶の諷儀」に対しては、儀礼上、「仏法作法」の慣習では ”「お礼」” と云う「作法」にはならない事から、「御導:(御導料)」の意味を持った「噠嚫-達親」(語意は下記に説明)と云う言葉を使ったのです。

この「密教-顕教」の関係は、本来は「教義の秘密性の有無」にあったのですが、これは主に「古代密教浄土宗」と「密教浄土宗」の「仏法作法」として独善的に強く引き継がれていました。
これは、「自然神」に繫がる「皇祖神-子神-祖先神-神明社」と、「古代密教」の「仕来り-慣習」の2つが融合していた事と、この「仕来り-慣習」を守る立場にあった「賜姓族」としての立場が大きく左右したのです。

ところが、その土台からの変化が起こったのです。
鎌倉期中期から室町期になって「下克上」が起こり、下級の身分の者も宗教に入信する事に成り、又、密教以外の宗教、つまり、「顕教」が勃興し、この時に、これらの身分の者と民衆たちの集団が集まって寺を建てて、集団の「檀家寺」を創り、一般の者が「出家」して僧侶に成り、これに対してそれを取り仕切る「在家」(総代)と云う者たちが現れました。
そして、彼等は、その「檀家寺」を「3つの布施」(法施、財施、無畏施)で維持し管理運営する様にしたのです。

この結果、「噠嚫-達親」は、当初は、「特定の身分階級」の「氏の菩提寺」の「仏教的な行為」でしたが、この「顕教」によるあらゆる宗派の「檀家寺」が生まれて来た為に、この「噠嚫-達親の作法」は一般化して大きく変化し、変質し、「噠嚫-達親の仏法作法」は、「噠嚫」から「布施」としての質的な変化を起こしたのです。
この「3つの布施」は、同じ身分階級の中にある「在家」と「出家僧」との関係を保つ一つの手段となったのです。
当然に、「密教の達親」は、本来の「導師」への「仏教的行為」としても「福家」(ふけ)では、未だ細々と遺されていたのです。
特に、現在でも稀に江戸以降の「顕教の浄土宗」において「「諷儀」に対する「御導:御導料(みどうりょう)」と云う形で遺されています。

注釈
この「仕来り」が遺されているのは少ない中でも関西地区に集中しています
ところで現在では、後の一般宗派の「顕教の檀家寺」では、「追善法要」時の「諷誦」に、「諷儀」を一段、二段と付けますが、この「諷儀」に対する”返礼作法”は「御布施」、又は個別に「諷儀料」と呼ばれています。
普通一般には「布施」で通っていますが、現在、一般の「民衆の葬儀・法要」では「諷儀」を付けない場合が多いのです。
況して、「顕教」であったとして、「下級武士」や「民衆」の「追善法要」や「葬儀」では経済的理由から「諷儀」をつける事は先ず有り得ません。つまり、そもそも「風儀の慣習」(明治後、”風”を使っている)そのものが原則的には無かったと考えられます。
川原や路傍の砂岩石を積み上げて土葬する民衆の習慣の中では、「墓石」を作る事そのものの慣習が無かった時代に、「諷儀」を一段二段と付けて「追善法要」や「葬儀」を行なう事等有り得ません。
「墓所」を設けて「ルーツ継承の概念」が元々無く、何とか「檀家寺」を持っていたとしても、その「檀家寺」には「先祖継承の過去帳」の習慣は無く、有ったとしても「檀家寺」ではその時に生きた人の「人別帳」しか無かったのです。
そんな「顕教の檀家寺」の概念の時代に、「諷儀」の「慣習の存在」はそもそも矛盾しています。
有り得る時代としては、江戸初期の家康の顕教の「浄土宗督奨令」以後からの事に成ります。
その時も、「上級武士階級」に限定していましたから、元々ルーツ継承の過去帳の概念の持っていた階級です。時代考証としては庶民では有り得ない慣習です。
乱世で功績を立てて、突然に出世して「上級武士階級」に仲間入りした者が多かった為に、この者等が過去帳を「浄土宗督奨令」に基づいて作ったのです。
まあ、出来たとして「庄屋、名主、豪農、豪商、郷氏」の範囲であり、もし、強引にやったとしたら、先ず周囲で「身分不相応」で周囲から阻害されて生きてゆく事が出来なかった筈です。
例え、有ったとしても一般に「布施」の慣習に含めての行為であり、その中から「諷儀料」を分けて支払う事が多かったのです。
この様に、「諷儀」(風儀)とする慣習が、「顕教」の中に存在している事に疑問が残ります。
恐らくは、これらの「路傍の石」の言葉通り、この慣習が解けた明治以降の慣習かせいぜい江戸末期で出来上がった言葉ではないかと考えられます。
そこで 上記した事を配慮して、この「諷儀」の呼称には、「密教」の「古い地域」では、「ふぎ」と呼称し、又は、「顕教」の「新しい地域」では、「ふうぎ」と呼称する地域に分かれているのです。
そして、”ふぎ”と”ふうぎ”の呼称には時代のブランクと差が有ります。
ここで”一つの何かを物語る特質”を持っています。
「密教浄土宗」では、全て法要は「身内・氏内の作法」である為に、そもそも「諷儀料」の概念が無かったのです。だとすると、筆者は、この事に疑問を持っているのです。
”ふぎ”と”ふうぎ”の呼称の違いは何故に起こったのかであります。
そもそも、「密教」であるが故に、「導師」も「諷儀」も氏内の「身内の僧侶」である事。
とすると、”ふぎ”とする呼称があるのは、本来は、「布儀」であったのではないかと考えられます。
”「儀」を以って「布」する”と考えれば、「氏内の作法」と成り、「言葉の構成」では納得できます。
これが「顕教」に成った事に依って、仏法の根本的な状況が変わったのだから、この「布儀」が「布施」と云う言葉に変化したと考えられます。
つまり、「儀」と云う意味合いが、「顕教」に成った事により、「施」と云う意味合いに変えたと考えられるのです。「顕教」の他人が集まった「檀家方式」の作法の中では、「儀」の意は成り立ちません。
「儀」に依って「顕教方式」が成立っていたのではなく、他人の檀家の「施」(ほどこし)で成立っていたのですから、「儀」では無く「施」と成ります。依って、「布儀」から「布施」に変えたと考えられます。
「密教」では、「福家」が中心と成って「追善法要」や「葬儀」を取り仕切る仕来りで、「氏内の身内の作法」ですから、「儀」に従ったとする事で納得できます。
「達親」-「布儀」→「布施」-「諷儀」  (達親と布施には「密教-顕教」の仏法作法の違いがある)
「諷儀」の”ふうぎ”では、そもそも「言葉の構成」に無理があります。
”「諷誦」する事で以って「儀」する”とすることでは、「諷誦」の意味と「儀」の意味が合わないのです。
「顕教」では、「密教」の「布儀」が「布施」に変化したので、又、元々「密教」では「身内の僧侶」であるので、更には、「諷儀」の概念が無かった事から、この3つの理由から、「導師」の後ろで「諷誦」する「僧侶」に対しては、「顕教」では「諷儀」(ふうぎ)として呼称する様に新たに成ったと観られます。
「顕教」では、「他の寺」から同座して「諷誦」して貰っている「出家の諷儀僧」には、身内で無い事から、”「返礼」”をする必要が生まれます。
この時は、明らかに”「諷誦」を目的として同座して貰って輪唱”しているのであるから、合成語として「「諷儀」(ふうぎ)の呼称が生まれたと観られるのです。
従って、「密教」の総意の”「布儀」のふぎ”に対して、「顕教」の”「諷儀」のふうぎ”との、「2つの呼称」の違いが地域に依って生まれたと観られるのです。
故に、上記の様に、「密教」の浄土宗が存在した地域には、”ふぎ”、と成り、「顕教」の浄土宗の存在した地域には、”ふうぎ”と成っていると観られるのです。
筆者の家では、「布施」では無く、「達親」であった様に、勿論、「布儀」の”ふぎ”の呼称で伝えられています。
「古代密教」の「仕来り」の特異な「領域の言葉」である事から、この「経緯を確定する研究資料」が発見できないのです。


この「顕教の浄土宗」の中でも、元は「特定の氏の菩提寺」であったものが、特定の氏の衰退による経済的理由で「維持管理の背景」を失い、「密教」を早くから解き、「顕教」の「檀家寺」に成った浄土宗寺には、細々と「達親」の作法は遺されていました。
多くの「密教浄土宗」が経済的な支えを無くした為に「顕教の浄土宗」と成って行きました。

(筆者の調べた範囲では、因みに、平安期に勃興した源氏方の武士で、例えば、日本全国に大きく氏を広げた義経の家来であった鈴木氏等の菩提寺(浄土宗-明治後、「顕教の檀家寺」に成っている)等にも、調べるとこの「達親の作法」が細々と観られます。この様に「特定の氏」に細々と守られていた事を物語ります。然し、住職が世襲制がなくなった現在では、最早、伝統維持の時間はなくなっています。)


この「噠嚫の作法」は、特に、「密教浄土宗」が「家康の宗教改革」で江戸期に廃止されて無くなり、複数の「高級武士」だけが入信できる「顕教」の「檀家形式」の「顕教浄土宗」に引き継がれたのです。
「福家」の役割を経済力のある「高級武士」の「武家」に変化させたのです。

(書物から観ると、この時に、「口辺のある達親」から「口辺の無い達親」に変わった模様です。
それは「密教」から「顕教」に変化した事により、「諷誦」の「仏法作法」の意味合いが少し異なったこと事から、口辺が取れたと観られます。
「福家」(ふけ)の呼称も、「密教の仏法作法」に拘らず、この時に「高級武家階級」へ伝わり、それから「2足の草鞋策」の「大店の商人階級」へと深く浸透して行ったものと観られます。)

つまり、「密教の菩提寺」の言葉が、「顕教の檀家寺」と区別が無くなり、一般化した様に、この「密教」から「顕教」へ変化した「噠嚫-達親」も質を換えて一般化したのです。

「寺の創建権」
そもそも、江戸期まで、「寺の創建」は、誰でもが出来る行為では無く、時の権力者の許可を得た「特定の氏の特権」(青木氏等)でした。
従って、この「顕教」として「遺された噠嚫」も再び芽を吹き出し、本格的になったのは江戸時代になってからの事でした。
「密教の浄土宗寺」が衰退して壊滅状態に成ってからで、江戸初期にこれを憂いた家康に依って、これをある「密教の慣習や仕来りや掟」をある程度緩めて、それに条件を付けて、「顕教による浄土宗」の「督奨令」を発したのです。
その条件とは、「特定の氏の財力」では無く、幾つかの「一般の高級武士の財力」を集めて管理し維持させようとしたのです。
更に、明治維新にも「苗字令」を出すと同時に、明治初期の「宗教改革」に因って、この一切の特権を完全撤廃したのです。
遂には、だれてもが入信できる「顕教」の「檀家形式の浄土宗」と成ったのです。
従って、この「噠嚫-達親の言葉」が使われない様になりました。
(「古代密教浄土宗」の「青木氏」だけは使っていた)
この様な経緯と背景を持った「噠嚫-達親」は、鎌倉期中期以前では上記した様に「御導料」の意味合いの「導師と「諷儀僧」に対する「特別の仏教的行為」での言葉でした。

「達親」の言葉の変化
そこで、因みに、この「噠嚫-達親」の言葉は、実は現在は、「普通の言葉」に変化しているのです。
それは、よく使われる “「達者」” と云う言葉がありますが、この語源と語意は「達親」にあって、上記の様に時代と共に、「達士」に変わり、「達者」に変わり、「達者」の様に何時しか別の意味に変化していったのです。
“あの人は何事にも達者だ“と云う風に使われる様に成りました。
変化した原因は、「達親」の「伝統的な諷誦」にあって、この「仏教行為」の、“暗誦した経文を声をあげて詠む事“から、人の前で僧の様に、 ”匠に朗々と歌ったり演説したり説法を講ずる者“を「達・者」(匠)と呼ぶように成ったのです。
そして、その「諷誦」を「法施」に見立てて、その者への何がしかの「報酬」としてお金(財施)を紙に包み、”おひねり”として、つまり、「布施行為」(財施)を提供した行為から、現在の意味に変化していったのです。

「噠嚫-達親」は、この「達者」の「達」の「匠」(たくみ)の意味と、「親」→「士」→「者」(導く者・導師・僧)の意味の「組合語」と成るのです。
「親」(しん)の “おや“は、本来の語意はこの「士」の「導く者」の意から来ています。
この「組合語」が、この「仏教的行為・慣習」を「噠嚫」と呼ぶようになったのです。
口辺の有無は、“暗誦した経文を声をあげて詠む事”から来ています。
(口辺の無い昔の仏教書物もあります。室町期中期以降)
この様に、「言葉の変化」には、一つのが定型があり、取り分け、「仏教用語」が一般化したものには次ぎの様な規則性を持っています。

言葉の「4変遷パターン」
特別な階級に使われた言葉 -「特別な階級層の仏法作法」 -「原語」 -「奈良期から平安期」
武士階級に使われた言葉  -「上級武家層の習慣」   -「士」 -「鎌倉期から室町期中期」
富裕層に使われた言葉    -「中級武士と富裕層の習慣」  -「士・者」-「室町後期から江戸初期」
庶民に使われた言葉     -「庶民層の習慣」         -「者」  -「江戸期中期から明治期初期」
この様に:、「仏教原語」から「・・士」-「・・者」に一般化して変遷したものが多いのは、「時代の変化」を顕著に伝えています

「青木氏の仕来り言葉の一般化」
さて、そこで、この「達親」が、庶民の中に「達士」に成り、「達者」と云う言葉に成り、に変化したと云う事は、この「密教の言葉」の「噠嚫-達親」が庶民の中に受け入れられる程の「言葉の力」を持っていた事を示します。
本来の言葉は「古代密教浄土宗」の「慣習、仕来り、掟」として継承する「青木氏」に依って細々と引き継がれている中で、一方では「高級武士階級」に引き継がれた「顕教の浄土宗」の中にもこの「習慣と仕来り」が引き継がれていて、それを江戸期の「高級武士階級」が「芸能文化」の中で、「諷誦」する「庶民の匠」に対しても「達士」と褒め讃えて経済的な支援や保護をした事から、更には、一般化した「庶民の技能」に対しても庶民がこれを真似て「達者」と云う言葉にして賛美して“おひねり“(財施)で支援した事から遣った言葉なのです。
因みに、他に「青木氏」の「仕来りや慣習」が、「達親」と同じ様に遺されている言葉があるのです。
次ぎに、青木氏の「噠嚫-達親」から起こる慣習として関わる言葉を紹介します。

・「御師」の浸透
それは先ず一つ目です。「青木氏」は、“「御師」(おんし)と呼ばれていた”と「青木氏の守護神(神明社)」の処で論じましたが、この「御師」の言葉は、江戸時代には、江戸幕府のいろいろな「技術や技能」を取り締まる役人の親方の「総括の最高幹部」を「御師 おし(御士もある)」と呼んでいた事が幕府の記録に遺されています。
この「総括の最高幹部」は「高級武士階級」でありましたから、これは「顕教浄土宗」の「慣習や仕来り」を引継ぎ、「顕教浄土宗の祖」の「古代密教浄土宗」の「青木氏」から学んでいた事を顕著に意味します。

恐らくは、「八代将軍 吉宗」の時に、この呼称が導入されたと観られます。
他の二人の兄弟に押しやられた伊勢に流されて遠ざけられた吉宗は、幼少の頃、伊勢の「加納氏」と「青木氏」とが「親代わり」に成って育て、後に莫大な経済的支援をして「将軍の座」に押し上げたのですが、この時の経験を通して、この「御師システム」の「慣習と仕来り」を江戸に持ち込み採用したと考えられます。
「2足の草鞋策」を採用していた「伊勢加納氏」(伊勢青木氏と何度も血縁関係を結んだ)は、吉宗の「お側用人」と成り、この「伊勢加納氏」と共に「伊勢青木氏」は、大名扱いの「布衣の着用」を許され、財政面から「享保の改革」と「紀州藩の藩政改革」を依頼されて行なったのです。
この経緯から「御師システム」が採用されて言葉が幕府のシステムの中に遺されたのです。

更に、この「御師」の言葉には、次ぎの様な形で庶民の中に浸透しているのです。
実は、「紀州の方言」には、純粋な「万葉言葉」が大変多く遺されているのですが、「万葉言葉」を研究する場合は、歴史研究者は「紀州の方言」を研究する事からはじめるのです。
それは「万葉言葉」の「方言」の中には歴史を証明する内容の言葉が多く遺されているからなのです。
そのひとつが、「紀州の方言」で、相手を最大に尊敬して呼ぶ時は、“おんし 御師”と呼びます。
(後に、”噠嚫→達親→達士→達者”の様に、 ”御師→御士→御者 おんしゃ”に変化して庶民化した。)
普通では“お前”に成る言葉ですが、平安時代の「万葉言葉」として、“お前”よりは、更に上の「尊敬の言葉」として、“おんし”と成るのです。
現在では、かなり田舎に行かなければ聞くことは出来ない方言ですが、昭和30年頃までは一般に使われていた方言です。

この次ぎに上記した青木氏の宗家を意味する「福家」(ふけ)の言葉ですが、関西の江戸時代の言葉として使われていた言葉で、特に、商業関係の大店の店主に対して「福家」(ふけ)と云う言葉が使われていた事が判っています。
この時代の殆どと云って好いほど大店は、「2足の草鞋策」の高級武士階級の裏の顔であったのです。
これは、伊勢や信濃を中心として、甲斐や近江や美濃の青木氏が、「古代和紙」を殖産から販売までを大店として手がけていて「2足の草鞋策」を採っていたし、「総合商社」をも経営していたのです。
その為に、「賜姓族」として明治3年まで、その立場と家柄が維持されていた為に、「本家-分家」の区別を採らず、その呼称を青木氏は周囲から「福家」(ふけ)として呼称されていた事が判っています。
その呼称の根拠は、大店から来るものなのか、上記した様に「仏教的呼称」から来るものかは未だ確定していませんが、恐らくは、その大元は「仏教的呼称」からまず浸透し、次ぎに商業で深く浸透したのではないかと観ています。
これが、江戸時代の資料から判断すると、関西地域で一般の商業の大店の呼称に商業関係者に多く依って使われていた事が資料から観て判っています。
「青木氏」に使われた事から「総宗本家」的な意味合いで、あらゆる階級に浸透して行った事から「商業」だけではなく、武士も含めた全体として指導的立場にある家のトップクラスの家に対してより敬意を表す総称として使われていたと観られます。
「25氏の青木氏」と「361氏の青木氏族」を通じて、「5+4地域」と「24地域」の大きな媒体から、先ずは慣習として広く伝播して行ったと観られます。
現在でも、関西の田舎の山村などには、昔の村の庄屋や名主や豪農方をこの様に呼んでいる様ですが、最早、この言葉も時間の問題で老齢化して消えてしまうでしょう。
現在は確認出来ない状況になっています。大元は「仏教的呼称」からの浸透であった事から確認出来なくなっているのではないかと観られます。
そのきっかけは明治維新の宗教改革と庶民化が原因していると考えられます。


「噠嚫-達親」の言葉と「仕来り」とそれに伴う「慣習」は、「伊勢青木氏」に於いて明治35年頃まで遺されていたことが判っています。
筆者の祖父と父から「達親」と「布施」の違いに付いて教わった事があり、伊勢では明治35年まで確かに「噠嚫」であったと云う事から、「伊勢青木氏の菩提寺消失」の時期を境に家での伝統は消えたのです。
従って、「2つの青木氏」に於いてもこの程度の頃まで継承されていた事が判ります。
入間の「総宗本家の青木氏」の存在が今も確認されている事から、この「噠嚫-達親の仕来り」が未だ遺されている可能性が高い事が考えられます。
関東各地の「菩提寺の西光寺」には、何がしかの記録がある事を期待したいのですが、「個人情報保護」で研究はこれ以上難しくなっています。

(全国の「西光寺の研究中」では「3つの種類」」に分けられ、この内の一つが「菩提寺」と観られる。後日解れば研究結果を披露したい。)

それだけに、筆者の「伊勢青木氏」に遺されているこの様な「青木氏の伝統」を記録として吐き出して遺して貴重な情報を広めて置きたいと考えます。

この様に「達親」の様に、「青木氏」の「仕来りの言葉」が、慣習化して一般化した言葉と成っている事の意味は大きいと思います。
「青木氏」が「民衆との達親の繋がり」をこの様な「仕来り」を通じて持っていて、その「仕来り」から興るあらゆる「慣習」が民衆に浸透していた事の証明にも成ります。
又、逆に「御師さま」や「氏上さま」と呼ばれていた様に、「青木氏」を民衆が親しく見ていた事をも意味します。
江戸末期や明治初期9年頃までに起こった「民衆の一揆や暴動」には、その裏に「伊勢や信濃の連携」や「近江」や「越前」や「甲斐」の「大店の青木氏」が経済的に関わっていた事実から、「民衆との達親との繋がり」は慣習を通じての証にも成り、これらの「言葉-慣習」で引き継がれていた事にも成ります。
この様な「青木氏の仕来りと慣習」が、何らかの形で社会に深く浸透していた事が頷けます。
この様に、「青木氏の言葉」の研究は、「青木氏の伝統」を明らかにする事が出来るのです。
「青木氏の言葉」の研究を通じて、何か心がほのかに温かくなる気がします。

「青木氏の伝統」-「噠嚫-達親」

終わり



関連記事
 

名前 名字 苗字 由来 ルーツ 家系 家紋 歴史ブログ⇒

≪前ページ | ホーム | 次ページ≫
副管理人 写真館
一時癒場、季節の写真

人気記事ランキング

ホーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 全表示

この人とブロともになる

aokicc

Author:aokicc
青木のルーツを研究しています。世界中の青木さん、ご連絡ください。
監修 : 副管理人 青木研究員さん

逆アクセスランキング