青木[アオキ] 名字 苗字 家系 家紋 ルーツ 由来

青木[アオキ]という姓[名前・名字・苗字]・家紋・家系の由来・ルーツの研究

青木さんの情報 ルーツ データベース リンク集 http://www.aoki.cc/
青木氏氏[Enter]
├ 研究&重要データ ⇒ 青木氏氏 研究室
└ ルーツに関する質疑応答 ⇒ 青木ルーツ掲示板
名前 名字 苗字 由来 ルーツ 家系 家紋 歴史ブログ

青木ランキング参加者募集中!!



| ホーム | 次ページ≫

「青木氏の伝統 63」-「青木氏の歴史観-36」

「青木氏の伝統 62」-「青木氏の歴史観-35」の末尾
この遠江松井氏に付いての系譜次の通りである。
 宗能1―義行―貞宗2―信薫3―宗重4―宗恒5―宗親6―宗直7
1 御厨領家の土地を授与 1513年
2 宗能より平川郷堤城主  主要家臣 1528年
3 二俣城城主 1529 病死
4 宗信・弟 二俣城家督 1529 桶狭間戦死 1560年
5 宗恒・弟 二俣城家督 1560年 「駿河青木貞治」は桶狭間に出陣
6 宗親・一族 二俣城城主 徳川氏調略・飯尾氏謀反で今川氏謀殺する。1563年
7 松井氏衰退 武田、徳川氏、今川氏に三分裂後衰退 徳川氏旗本 1590年
そうすると、「駿河青木氏・青木貞治」は「伊勢」にて1540年~1545年に「訓練・5年間」の後に「大船一艘」を与えられ、「駿河」で「駿河青木氏・伊勢より嫁す」を「再興・1550年頃」し、「糧」を得て「子孫」を拡大、遠江―駿河―伊勢―「渥美・三河」―伊豆―「相模」で「活躍・1550年~1555年頃」し、「財」を成す。
「今川氏―松井氏」の「国衆」に成る。
以上の経緯を持っている事に成る。
この経緯から「松井氏」との「繋がり」は、先ず判断として「宗信~宗恒~宗親」に持ったという事に成る。
「早期の経緯論」としては、「活躍・1550年~1555年頃」し、「財」を成している段階で、「国衆の段階」を経て「松井氏家臣」に成ったのは「1555年~1560年」で、この経緯が成立するかである。
「中期の経緯論」としては、「5の宗恒」であるが、病死で直系尊属者無く「一族の者」の「6の宗親」に家督継承されている。
ここで、今川氏と決裂し、徳川氏が関わって来る。
「終期の経緯論」としては、「7の松井氏」の「衰退・分裂」が始まり、徳川氏方が勝利し、徳川氏家臣と成る。)

以上が前段末尾である。

「青木氏の伝統 63」-「青木氏の歴史観-36」

(注釈 「駿河青木氏と額田青木氏の銃隊の関係」
この一族の青木氏の関係の中に存在する疑問を詳細経緯として解いてみる。
「重要な幾つかの疑問」があり、これが判れば「青木氏族」はより理解され「青木氏の歴史観」と成り得るだろう。
そこで何故、「駿河の青木貞治一族」に「額田青木氏」と同じ様に、この「特殊銃」を与えなかったかの「疑問」が残るが、それは「実戦銃」を目的とせず「護身銃・抑止力銃」であったからだ。
「青木貞治隊」は大いに希望し「秀郷流一族一門」からも求められた事は間違いなく考えられるが、上記の「三つの要件」を備えていながら頑固に然し渡さなかったのだ。
勿論、「伊勢」から観れば、「実戦銃」を目的とせず「護身銃・抑止力銃」であった事ではあるが、もう一つは「松平氏の中での位置関係」に従を渡す事に依って起こる“「歪みが生じる事」”に強い懸念の配慮があったと観ている。
これが「額田青木氏の南下国衆」の「伊川津での例」に漏れず「旗本との軋轢」を受ける結果と成っていたのであろう。
それは「銃の威力を持つ事」に依る「権力闘争の歪み」である。
それ故に、「壊滅状態の三方ヶ原」で無理にでも近づく事の出来ない「銃弾幕」を張って「銃力」で以て「青木貞治隊」を救い出したのだし、救い出せれば「秀郷流一族一門」に対する「伊勢の立場」は保全出来る。
「2年後の長篠後」でも「貞治の子の青木長三郎隊」はこの抑止力で生き残れているのだ。
尚、「江戸期初期」に入ってでも「秀郷流青木一族」は、「伊勢」に於いても「徳川氏」と血縁し、中でも「家康の孫娘・勝姫末裔が入った事と伝えられている。
これには、そもそも「勝姫」とは「天崇院(1601年 - 1672年)」の事で、 「 徳川秀忠の娘、松平忠直の妻」の「裔」としているが、「勝殿の呼称」で記されていて特定が不明ではあるが、これには明確な不明の理由があった。
然し、「忠元家の青木氏・伊勢秀郷流青木氏」と「信定家の青木氏・伊勢青木氏」の融合族の「二つの血筋」に三つ目が加わり娶り、「青木氏の四掟の伝統」から外れた「徳川氏の血筋・立ち葵紋」が「四家」に加わったとされているのだ。
改めて「五家目の融合族」の「姓血縁の伊勢四日市殿」と成ったとされている「五家目の家」なのだ。
この様に新たに「徳川氏の姓血筋」を入れて安定化を図ったが、「平安期からの融合の青木氏族」の「四日市殿」と云う一族を「姓血縁の四日市殿」を構築しているのだ。
これが「青木氏族の以後の立場」を保全させたのだ。
「青木氏の安定化」と云うよりは「青木氏の財と格式向上」を徳川側が間違い側がなく狙ったものであろう。
「秀郷流青木氏宗家」を中心として「秀郷流一族一門」が裏で幕府と動いた事であろう。
この「勝姫時期」は「紀州藩初代頼宜との良好な関係」や「紀州藩の殖産への貢献」や「近習番頭と成り出世したと貞治の子の長三郎等」の裏の活躍があったと考えられ、そう云う風に成る条件が揃い過ぎている。
ここで参考として「不明の理由」だが、そもそも「勝の姫の呼称には、「徳川氏の姫の総称の呼称」であって同じ呼称を歴史的に観て6人も使っている史実がありこれは「伝統」であったらしい。
「伊賀越えの事件」で逃亡中に、「徳川氏との血縁族」のこの「伊勢の四日市・辰野青木氏の融合族の四日市殿」にて一時休息したのもこの事の縁から来ていると観られる。
この様に、この「青木貞治の内部の活躍具合」が無ければ、前段で論じた様な「青木氏の氏是」を護り通し、この様な「活躍・繁栄」は無かったと考えられのだ。
これが、即ち、「青木氏一族の鍵」であったとも云える。
「三河国衆に合力する事」も始めとして相当に「渥美湾の制海権の獲得の条件」の時にも「秀郷流駿河青木貞治一門」の「内部での一連の活躍」はあったと観ているのだ。
さうで無ければ、急に“これだけの事”を「好条件」に導き出すには「伊勢との直接交渉」だけでは難しかったと観ているのだ。
「情報獲得の面」でも、「籠城戦」から「野戦に変更した事」を「短時間」の間に「内部の情報」を掴んでいるのだ。
つまり、「浜松城」から「館山街道の湖東町交差点」の「短い間」で「内部事情」を掴んでいるのだ。
そして、「理由・目的」は兎も角も「東の三方ヶ原」に踵を変えたのだ。
この時、「二俣城開城」で「城の兵・1280」は「武田軍と協議」の末に「浜松城」に解放されているのだ。
「東の三方ヶ原に踵を変えた理由」には、「伊勢側の資料」では「様子見」であったとしているが、この「青木貞治」と情報提供時に「何かの交渉・接触」があったのではないか。
この後、「情報提供の後の三方ヶ原」で「南下国衆の銃隊の指揮官の一族」で「駿河青木氏伊勢との血縁もある」の「青木貞治」が「戦死している事・戦記では覚悟としている」を考えると、「松平軍の情報」を詳細に示唆し、始めから「伊川津に戻る事」を示していた事が予想できる。
「青木貞治の隊」はどの位置に配置されていたかは正確には判らないが、「駿河国衆青木氏・四騎200」であるので、記録からは右か左かは不明だが西向きに陣取った事から駆けつける方向からすると左側でありこの状況証拠から「鶴翼部の左付け根域に居た事」は充分に予想できる。
でなければ救い出せなかった筈である。
根拠は無いが「状況証拠」から「東左鶴翼」に居たと推測する。
この隊の少し「東の付け根の位置域」に影の様にして「銃隊が位置した事」から観て、目的は別として「戦況の様子見」ではあった事が先ずは判るし、これを「補完し助ける意味」でも、「軍議情報を得ていた事」からこの隊の少し「東の付け根の位置」にしたのではないかと観ているのだ。
「青木貞治隊」を“一族である”のなら放置する事は先ず100%無いだろう。
いざと云う時には、「武田軍の本隊」に対して「銃射撃の弾幕」で助け出す事を目論んでいたと観る。
現実に「山県軍の別動隊の突然の突撃」でその様に成って仕舞ったのだ。
「左翼面に居た青木貞治隊」を「東の付け根の左位置」から「左斜め」に向かって「銃の連続弾幕」を張っての煙幕の中から救い出した事に成る。
この時、同時に「前方右鶴翼側面のやや斜め方向から「山県軍の別動隊」が突然突撃して来たのだ。
左方向と右方向の左右に弾幕を張る難しい結果と成ったのだ。
現実にはこの方向の流れに動いた。
然し、「山県軍の別動隊が突撃して来たという事」で「銃隊自らも危機」と成り、応戦して撃退したが、この同じ位置関係の混乱の中で「駿河の青木貞治」も「伊勢の青木・・の指揮官」も共に「原因」は別として戦死したのだ。
可成り混乱した可能性がある。
「銃隊」はこの混乱で「次の差配頭・伊勢秀郷流青木氏の者」が「指揮を執っていたという事」に成るが、故にこれが「伊勢の資料」では「一族の二人の戦死」が重複するような「不詳の内容の原因」と成っているのだと観られる。
恐らくは、歌や俳句の様に「文面の表側より内側」を察すると云う「当時の言葉の使い分け慣習」があって、それでそれを会得していない筆者には読み切れ無かったのであろう。
「駿河の青木貞治の一門の隊」は、後に、上記した「堺からの逃亡・伊賀越え事件」で「戦功・勲功」を揚げている事から、一族全員が生き残ったと観られる。
「山県軍の別動隊」が突撃して来て「銃」で応戦したが、この時、「銃隊の一部」が「駿河の青木貞治の一門の隊」を護る為に、「武田軍の本隊」の先端に「銃弾」を浴びせて「事前の計画」としても開戦より相当に早期に「200兵の全部」を救い出したのではと考えられる。
そうでなければ戦況の結果から無理であった筈である。
突撃して開戦と成ったが、救出が全部とすると開戦と同時であった事が云える。
相当に慌てた事になったろうが、「青木貞治隊」は東に逸れて天竜川沿いに「盤田見附の西光寺・菩提寺」に目がけて走ったのだ。
そのタイミングは「山県軍の別動隊の突撃後」の直ぐ後と云う事に成る。
故に、「伊川津の西光寺・現存」より「54k・船1日」の「真東の盤田見附」に「菩提寺・西光寺」が今も遺しているのだし、ただこの時、“見捨てて逃げる”だけでは、それ以後も「一族関係」が保たれている訳はないが保たれていたのだ。
当然に、これは「副将青木貞治の子孫」に於いても云えるものである。
そして、「示唆の通り」に「予定通り」に「戦線離脱」して「伊川津に戻ったと云う事」に成る。
この時の状況には確認しておく必要がある事は、直接、「二俣城の副将・青木貞治」であって「二俣城開城後」に「浜松城に戻っている事」とすると、この「大きな犠牲の敗戦要素」と成った「山県軍の別動隊」の事は、「二俣城」で「青木貞治」は承知していた筈で、“何れの日にか「武田軍の本隊」に合流する”と見抜いていた事にも成る。
そして、直に「詳細な内部情報」を掴める「作戦会議」には「副将」であるので参加していた筈である。
問題は、“何時来るか”の「時間の問題」は判らなかったのであろう。
それは「別動隊の使命」として「補給路の確保」があったからで、「戦う」と云うよりは「二俣城」の「戦場処理・戦後処理・補給体制」に重点を置かれていた筈で、「武田軍の本隊」だけでも戦っても“松平軍は負ける”と「副将青木貞治」は観ていた可能性はある。
但し、この前提は「籠城戦である事」だった。
そこで、「別動隊の使命」として、「三方ヶ原に補給拠点を構築する事」で何時かは早い内に来るだろうと観ていたのだ。
「二俣城開城後」は開城であって落城で無い以上、周囲の勢力は未だ抑えきれていなかったのだ。
これに大分時間が掛かったのだ。
そこで、「松平氏の作戦会議」では、「青木貞治」の「山県軍の別動隊の行動」を詳細に論じた可能性がある。
それを聞いた「家康」は、この「補給拠点を破壊・確保」の為に「籠城作戦」を急遽、変える決心を密かに決めたと云う事であろう。
「一言坂」で野戦し敗戦して「家臣の犠牲」のもとでやっとの体で「浜松城」に逃げ帰ったと云う経験がありながらも、「堀江城の落城」を聞いて「冷静さ」を無くし、これの「経験」を生かさずに再び異常にも「野戦」に変えたとする定説には一類の疑問を感じるのだ。
「密かに決めたと云う事」が周囲から判らず、「冷静さを無くし」に判断されたのであろう。
この「作戦変更」で、「三河戦記」にも記されている様に「二俣城の開城の敗戦の責任」を執る為に死を覚悟したとする定説に導いたのであろう。
そもそも、「青木貞治の個人の心の中」をどうして判ったのかである。
筆者は偶然にも「貞治と銃隊の両指揮官の戦死」に「疑問イ」を持っているのだ
では、その時の「二俣城」の「譜代家臣の主将・中根正照」と「副将の松平康安」はどうしたかであるが、「三河戦記」の中に戦死者としてこの二人は含まれていないのだ。
故に“副将の青木貞治だけが死を覚悟したとする定説”は疑問で、もつとその前に「責任」を執るべき「二人」は居たのだ。
では、先ず、其れには「軍議」にあって、この「軍議の中」で“青木氏貞治に何が起こったのか”の「疑問ロ」である。
「戦記」でこれだけの事を定説として記されている以上は、何も無かったと云う事には成らない筈で、「戦記に残す右筆衆」が「戦場の全体を見下ろせる安全な所」から観ていた筈だし、且つ、戦後、生き残りに聴取して正確な資料を纏めていた筈である。
これを「当時の仕来り」では「家康」に「論功考証の為」にこの「右筆衆」は報告書を提出している事に成っている。
つまり、「疑問イとロ」の様にこの「右筆衆の原石」はこの様には書いていなかった筈である。
筆者は詳細経緯として、確かに形の上では「責任を採った事」には成っていて間違は無い様に観えているが、その「責任の取った理由」、将又、「採り方」に「疑問イとロの本当の問題」があったと観ているのだ。
上記した様に、「青木貞治」は「額田青木氏」に「内部の情報提供時」に「一族の者・200の救出」を城外に放り出された「南下国衆の銃隊」に依頼したが、この「救出の際」に弾幕を張って救い出したが、そうだとしたら「敵の目」を騎馬上から「混乱の中」で自分に“敵の目を引き付けた”と筆者は先ずは観ている事に成るのだが、この考えだとすると、「混乱の状況の時系列」が変だ。
そもそも、他に「青木貞治隊」にも犠牲は出ていた筈だし、「銃撃」をされている「騎馬隊」には相当の犠牲が「銃弾幕」で出ていた筈だ。
果たして“敵の目を引き付けられた”かの疑問が出る。
この場合では、又、騎馬隊と山県軍とが交差する事にも成る。
つまり極めて味方同士で混乱してしまうし、「本体の騎馬隊」は動けなかった筈だ。
そんな戦略は絶対に信玄は執らないであろう。
「山県軍の別動隊の突然の突撃」を観て「騎馬隊」は進軍を待った筈だし、現実には「弾幕」が救出の為に「武田軍の先頭」と「突撃の山県軍」に目がけて前が見えない程に連射されているのだ。
“観ているが精一杯の事”であった筈である。
「青木貞治は有名な将である事」は、「武田軍の本隊」は「二俣城」で承知していて、突然に敵前に向かい、この間に「武田軍の本隊」が近づけない様にした上で「南下国衆の銃隊の弾幕の誘導」で救出したのであろう。
それ以外に他の隊員の無傷で救い出す事は出来ないだろう。
何故ならば、「青木貞治」もこの弾幕の中に包み込めば救出は隊員と同然に容易であった筈である。
然し、「向後の憂い」を無くし、この事で「弾幕の中に入る事」はしなかったのかだ。
つまり、何を云わんとしているかと云うと、「松平軍の軍議」に於いて相当に「二俣城の無戦開城の責・水攻めの責任」を問われる前にその最初に責任を執るべき人間がいたと云う事だ。
然し乍ら、これを「三河旗本衆」に問われたのではないかと云う事だ。
「家臣の主将・中根」と「軍目付・軍監の松平康安」の二人も居たのである。
確かに「全員戦死の覚悟」で「二俣城」でも「時間稼ぎ」を求められていたが、「譜代家臣の主将の中根」の責を問うのでは無く、「旗本」ではない「副将の青木貞治」に非難が集中したのではないかと予想しているのだ。
要するに「軍議」での「庇い合い」であり、「副将の貞治」に押し付けたのだ。
「松平康安・18歳初陣」は、「大草松平氏の出自」で「曾祖父」は「家康」に反抗したものの裔であり、「軍目付・軍監」して「二俣城」に派遣されていたのであった。
この「二俣城」は、そもそも元は「今川氏の家臣の松井氏の居城」で、縁あって「青木貞治」は「遠州国衆・経緯下記」としてこの臣下にあった。
恐らくは、「旗本との間」でこの「関係」に「糸を引いていた事」と考えられる。
然し、この事に就いて「右筆衆等」が、「何かの形・郷土史や手紙や寺や一門記録」で残しているかと観て調べたが遺されている資料は無い。
「無いと云う事」は、これは「家康の用人」として、将又「青木貞治の子孫」が重用されている立場として、“江戸期に成って「幕府の権威」を下げる様な「史実」を世に遺すのは好ましくない”として消し去った可能性が高いのだ。
それは、実はこの事に及ばず「秀郷流青木氏の資料」が研究にも具する程のものも遺されていない「理由の一つ」としても此処にあるのだ。
一族全員がそっくりと家臣と成った「秀郷流青木氏」には遺せなかったのではないか。
その「残念な理由」とは、「秀吉天下の対応」で「徳川家康」は「武蔵転封・1590年」と成ったが、この際、武蔵の「秀郷流一族一門」を「味方」に着ける為に「一族一門の者の一切を家臣・官僚族・旗本家人衆」に抱え込んで「味方」に着け、自らも「藤原の朝臣」とし「氏名」を名乗る程に慎重に扱ったのだ。
其れも、「平安時代の習い」に従い、「徳川氏の御家人・天皇家の家人扱い」として「特別な格式」を与えて、「旗本」とは別に幕府で「事務官僚・本領安堵」の「家人衆旗本」として重用したのだ。
当然に「格式の無い旗本・近習衆」はこれに猛烈な反発をした。
それ故に、「幕府の権威を下げる資料」などの保存は悉く抹祥されたのだ。
これが所以の一つなのである。
ここに至る「詳細経緯の始点」も“「駿河青木氏の貞治」”に始まるのだ。
そこで、この行の“「一族一門の者の一切を家臣・官僚族」に抱え込んで「味方」に着けた”に付いての浚っておかなければならない「疑問」があるのだ。
それは、“「徳川氏」が何も無しで「この状況」を作り込んだか”である。
この「氏家制度」の中ではこれはあり得ない事で、個々に「家臣に成る等の事」は一切出来ず、もし、それをすれば一族一門から排他され滅ぼされる始末の世の中で、「互いの結束」に依って身を護っていたのだ。
当然に、今論じている「額田青木氏等」と「伊勢」を始めとして「全青木氏族」も同然であった。
故に、「武蔵入間の総家」との「繋」が無ければ成り立たない「時代事」であった。
筆者は、この「徳川氏の繋ぎの役目」を果たす事が出来た唯一人の人物は、「青木貞治の子の長三郎・御側衆・上級側衆・最終は上級番方に成る・3500石・1400貫・国衆から旗本に」であったと観ているのだ。
何せ役柄と云う点からもピッタリである。
「本能寺の変頃の伊賀越え」から「江戸期初期」の「長三郎の役目柄と子孫」もその様な立場にいて、「最終」は「名誉格式を持つ上級番方頭・家人旗本」に成っているのだ。
「本論の詳細経緯」の特筆するはここにあり先ず間違いは無い。
後勘から観ると、これが「伊勢青木氏等の青木氏族」に執っても「生き方」を「良い方向」に向けた「所以の起点」と成ったのである。
唯、その「起点」を作った「初代・青木貞治」には「波乱万丈の人生」であったと云える。
何事もこの世は初代は、波風の人生を送るは世の常庸であった事は理解できる。
この「波風の人生」を物語る「徳川氏の出現」は、「長篠後」に奪還したこの「二俣城」を何と「最大旗本の大久保忠世」に任しているのだ。
これを観てもこの「人物の旗本」には、「駿河青木氏」のみならず「伊川津の額田青木氏」に於いても「同じ仕打ち」を受け続けていたのだ。
それだけに「松平氏・1563年改姓の徳川家康・上野国土豪得川の先祖」から「徳川」と解明したが、これを「長篠後」に大いに使う結果と成った。
「改姓する事」に依って「今までの三方ヶ原での印象」を「これからの長篠での印象」に変えようとしたのではないか。
この「松平氏・徳川氏」に執っては、「二俣城の敗戦」は厳しく「戦略上の重要拠点」であったのだし、その「不満の矛先」を「軍議」では、「主将中根」や「軍監の松平康安」に向けられずに戦記の表現の通りに「青木貞治に向けた」と考えられるのだ。
然し、「所以の起点」を造り出した以上、つまり、その後の「江戸期」では、この「御家人と旗本と御側用人と上級番方・家人衆旗本」と合わせて「格式のある家筋の立場・秀郷流青木氏」に成った以上は、「旗本」は「怨嗟と嫉妬」から来る「不満の矛先」を簡単に向け難く成ったと考えられる。
然し、前段でも何度も論じたがからは「吉宗」を裏で将軍に「仕立て、且つ、「親代わりの役目」として、共に「江戸向行」し、「享保の経済改革」を市中で実行した「伊勢青木氏・伊勢屋」でさえ、矢張り、「大久保・本多の旗本」等の旗本から「不満の矛先」は益々向けられたのだ。
「伊勢」に限らず「信濃青木氏」にも同然に酷い仕打ちを受ける結果と成った。
流石に「信濃も受ける羽目」と成り、「晩年の吉宗」もこの「不満の矛先」に加わりこれを止める事さえも出来ず、江戸では遂には「危険が生じる事態」と成り、急いで「伊勢に戻る羽目」と成ったのだ。
其れだけではこの「不満の矛先」は依然として治まらず、「奈良期の天智天皇」より「伊勢の永代不入不倫の権」と「伊勢の事お構い無しの家康のお定め書」をも無視され、結局は「青木氏族・伊勢屋と伊勢シンジケート」と、関西を仕切る幕府の「伊勢の山田奉行所・吉宗も同調・史実記録」との間でも「戦い寸前・ゲリラ戦・関東秀郷流青木氏が動き見せる」までに及んだのだ。
「三河旗本の嫉妬怨嗟」は、此処までも続く傾向は斯くの如しであって、これが「軍議」の「青木貞治」にも向け背れていた事は後勘から観ても先ず間違いは無い。

結局は、追記するが上記の「伊勢の件」は「紀州藩・伊勢藤氏の青木氏一族が全家臣に成る」が強力に介入し、間に入り「治まり」を着けたが、今度は、その「紀州藩」に「謀反の嫌疑」が架けられたが耐え偲んだのだ。
「格の如し」で「青木貞治」だけに及ばず「青木氏族全体」に「不満の矛先」は向けられそれが先鋭化して行ったのだ。
世の中で殆ど消えて行く中で今未だ比較にならない程の「格式力と財力と抑止力」を持ち続けそれを以て正統に活き、それを背景に「政治」も裏で動かす「唯一の氏族」には「姓族の姓社会」では我慢が成らなかったのだと考えられる。
この「嫉妬怨嗟」は、「人間社会」では人間である限りに於いて変わらないし否定はしないし、無くなる事は先ず無いのだ。
然し、「青木氏族自身」もそれを特段に取り立てたものとして考えてはいなかったのだ。
「青木氏の氏是」や「戒めの家訓10訓」を観れば、それが良く判り「普通の人間が生きる範囲」であったのだ。
故に、「青木氏族以上」には「その過去と現在」に付いて周囲が必要以上に「意識を高めた行為」であったのだ。
取り分け、「一向宗を概念とするこの三河族」に執ってはその「教義」から影響してやや「三河者の意識を高めたと云う事」であろう。

さて、話を戻してそこで、更に「詳細経緯」を論じる。
この「苦しい環境の中」で、「青木貞治」は次の手を打ったという事だ。
この時に上記した様に「堀江」に向かい始めた「武田軍の本隊」を「南下国衆の銃隊」は追尾していたのだが、そこで急いで「南下国衆の銃隊」に「情報提供した」と考えられる。
然し、「詳細経緯」として「青木貞治」は、何故、“追尾していた事を知っていたか”に掛かる。
それは先ずは“「何かの連絡網・情報手段」”が「青木貞治との間」に構築されていた事に成る。
それが、「伊勢」から派遣されていた「南下国衆の銃隊」に影に成りながら帯同していた「伊賀青木氏の忍者衆・香具師・隠密商人」にあったと観ているのだ。その形跡が資料の隠れた意から伺える。
「青木貞治隊」と「連絡」を取れる様に「伊賀青木氏の忍者衆・香具師」が隊の中に入っていたのだと云う事だろう。
筆者は、寧ろ、二俣城開城後に「青木貞治隊200」に「兵」として「伊賀青木氏の忍者衆・香具師の援軍」を送っていた事が考えられる。
其れは「浜松城に呼び出された時」に「記録」では、訓練を受けたのは「額田青木氏の南下国衆の銃隊300」であったが、突然にその後の「記録」では「南下国衆銃隊350」と替わっていて行から「荷駄隊50」が加わっていて、これは前段でも「伊賀青木氏」と「伊勢秀郷一門」の「合流隊」と説いた。
然し、当然に「青木貞治隊」にも「武蔵の秀郷流一門からの援軍」と「伊勢からの援軍・伊賀青木氏の香具師」が加わったのではないかと「必然的な流れ」から「当然の事」として考えられるのだ。
その時期であるが、「伊勢からの援軍」は、時系列から可能な時期は、矢張り「吉田城」から“「浜松城に呼び出された時」”であろう。
従って、時系列から「二俣城が開城した後の事」に成る。
又、「武蔵の秀郷流一門からの援軍」の場合は、時系列から当初から「副将」として入った「二俣城の時期」と成る。
さて、そもそもその前に論じる事がある。
それは、“何故副将と成り得たか”と云う事である。
「副将」とする為には、当時の慣習から「青木貞治の兵数」を増やし「武蔵の秀郷流一門からの援軍」とした可能性がある。
何故ならば、因みにこの検証として、「駿河青木氏」の「今川氏の時代の国衆の知行」は次の様であったらしい。
「江戸期」では、上記した様に「3500石で家臣数200で1400貫」と記されている。
ところが、「室町期」の国衆時の当時の「圷の野」であった「盤田域の庄面積」は、次の様であった。
約1800反程度弱≒1800石程度≒6000平方坪程度以下と成る。
そうすると当時は、1貫≒2.5石 7貫≒1兵 1反≒1石≒300坪≒1人の原則があった。
「1家」を5人として360家、この内の「農民の家」は8割として288、残りが「武士の172家」であり、「戦いに参加出来る者」が「最低家1人」とすると、「ave(172)≒約170人程度」と成る。
この「最低の基準」の「ave(172)≒約170人程度」に達しない場合は、農民の次男三男が「農兵・荷駄兵」として事前に金を渡され駆り出されるのが当時の戦時下の仕組みであった。
そうすると「戦線に義務付けられた基準」は先ず「720貫 兵102人:1800石」と成る。
つまり、兵としての「兵数」が「約68人程度・援軍」が増えていた事に成る。
然し、これでは「副将」とは成り得ないのだ。
つまり、この差が「援軍・68+X」であった事に成るのだ。
当時は、「1将」に対して「4騎」が着き、「1騎」が「50兵」と云う基準があったので、「200の兵」でやっと「将」と扱われ、「軍議に参加できる基準」であったし、故に「副将扱い」に成ったのだ。
これで「秀郷流青木氏・第二の宗家」が中心と成って「駿河青木貞治」には「兵数」が足りないので何らかの手を打った事に成る。
そこで、「援軍を送る事」で「松平氏の中」で「副将扱い」に成る様に「秀郷流青木氏一門」は計らった事に成る。
そうするとこの「Xは28」と成り、「合計98人以上」を「援軍」として送る必要が出て来たのだ。
敢えて、少なくとも「約100兵程度を援軍」として送り副将にして「発言力を着けさせた事」が判る。
これを当に「数字」が援軍と云う策を執ったと事を物語っているのだ。
故に、本来なら「軍議」に充分に参加できる「額田青木氏の南下国衆の銃隊300+荷駄50」が「軍議の命令」を拒否し、何と「城外」に放り出された。
それは国衆の契約条件に反しても「銃」を陣形の前に出して戦う戦法を拒否したのだ。
以上は、「駿河青木貞治」は「軍議の情報」を彼等に流し、これらの「援軍」と共に「救出」を依頼したのである。
「額田青木氏・指揮官伊勢秀郷流青木氏」としては、「情報の救出依頼」があったとしても必然的にも「両者の援軍」を救出する事は、「疎遠・血縁」で無かった以上は「一族として義務」も負っていた事に成り得る。
それには絶対的に「戦術的な内部情報」が必要であって無暗には手は出せなかったのだ。
「救出が義務」であるとしても下手をすると「銃隊に大変な犠牲を負う事」にも成り得る。
これ等の「内部情報」を獲得するには元を返せばそれには少なくとも「決定権のある副将」である必要があったのだ。
「詳細経緯」としては、この「義務」を果たす為にもこの「銃隊の指揮官」も「青木貞治」と共に、これでも“相当に際どい戦いと成った事”が判る。
故に両方の指揮官が「戦死したと云う事」でもあろう。

“「堀江」に「本陣」を置いて「二極化拠点」として構築している可能性もある”と、戦略的に考えて「追尾行動」をしていた「南下国衆の銃隊」に対して、故に、「青木貞治」は、「軍議の内容」から“これは危険”と観て、得た「軍議の内部情報」を「銃隊の指揮官」に対して提供出来たのだ。
そもそも、「負けると判っていた戦い」に「一族の者を援軍として送る事」は先ず無いだろうし、この「援軍」は「戦うと云う勢力」よりも「将にする事」に依って「内部情報の獲得の手段」を主目的として有利に導こうとしていたと云えるのだ。
其れならば、「籠城戦」から「野戦」と成り前提は異って仕舞ったので、参戦し野戦と成った以上は「青木氏族」には後は「救出してもらう事」しかなかったのだ。
それには、”無事に救い出す”には「額田青木氏の南下国衆の銃隊の銃力に頼る」と云う事に成り得り得たのだ。
それが「銃力・弾幕」で「武田軍の本隊の進軍」を一時止めさせてその隙を突いて「救い出す作戦」に切り替えたのだ。そしてその「準備」を始めたのだ。
それには逃げ込む道すじ・場所・タイミング・合図や銃隊の引き上げ時期等詳細な打ち合わせが両者に執って必要であって打ち合わせたのだ。
其処に、「山県軍の別動隊」に対しては良しとしても、結局は1h~2h経てば「武田軍の本隊」が別動隊を救出に来る事は必然で、この「愚策の鶴翼の陣形」と成れば「銃隊の指揮官」に執ってはこんな危険な事は先ず無かっただろう。

「総崩れに成る事」は戦前でも充分に予想できただろうから救い出すには「一瞬の隙」を作るしか無かったであろう。
「伊勢の勢力」も「額田青木氏の南下国衆の銃隊」も「援軍の秀郷流一族一門」も「青木貞治隊」も4者共に慌てたであろう。
そもそも、この事は「開戦」と同時に問答無用に「救出の必要性が迫っていた事」に成り、故に「南下国衆の銃隊」も救出後に即座に「戦場離脱に迫られていた事」に成るのだ。
何故ならば、「補給拠点での野戦・三方ヶ原」と成れば「武田軍の本隊」は「山県軍の別動隊」を救う為に「堀江城」を出て「三方ヶ原」に向かうと観ていたのだ。
そうなれば、「山県軍の別動隊」との「西東の挟み撃ち」に成る可能性が出て来て、「300の銃隊」と云えども、再び「一言坂の遭遇戦」を再び呼び起こす結果と成り、“「危険」”に陥っていたのであった。
この時、ここで「安全策」の一つとして「西の伊川津に戻る策」もあったが、そもそも「一族を放置する事」が出来ず、一族の「駿河国衆の青木貞治の隊」を「何とか守り救出する為」にも、且つ、充分な「様子見の為・場所取り」にも急いで「三方ヶ原」に向かったのだ。
そもそも、「急いだ事」は、「戦い」の「場所取り」では無く最も「物見」によって“救出に適した位置取り”と「離脱場所の位置取りの点」にあったと観られる。
然し、前段でも論じたが「事態」は急変していたのだ。
予想通り、「武田軍の本隊」でも充分に戦えるとして「山県軍の別動隊」が「補給拠点築造の使命」で、“北の山際に待機するかも知れない”と観られたし観ていたが、何とこの「補給拠点築造隊」で「挟み撃ちの作戦」に突如出たのだ。
それは、「青木貞治」が位置している前線と松平軍に対してであって、結果として「左鶴翼の付け根部分」に位置取りしていた「南下国衆の銃隊」にも巻き込まれる可能性が充分に出て来たのである。
そこで因みにそもそも、主に「戦い方」には中国から伝わった「八陣形」と呼ばれる陣形が平安期からあって、「魚鱗、鶴翼、雁行、彎月(偃月)、鋒矢、衡軛、長蛇、方円 他には「決死隊の長滝等」があった。
「武田軍」は「赤兜の騎馬隊・本隊用」を持っていたので、これをそれぞれの陣形に合わして配置して特徴を出して陣形を強め「無敵の騎馬隊」と呼ばれていたのだ。
「赤兜の騎馬隊」を持たない「山県軍の別動隊」は、それが逆に戦力の弱い「補給基地築造隊も含んでいた事」から、これが上手く行けば戦力の弱い「補給基地築造隊」を戦わす事なく護れるので、これを「背後」に廻して一列に並んだ「長蛇陣形」の「鶴翼突破型の全軍側面突撃」の形に似ていたのだ。
ところが作戦通りに「長蛇陣形」が良かったが前段でも論じた様に思い掛けない事がここで起こり違ったのだ。
突撃と同時に突然に何と強力な銃弾がとぎれる事無く、其れも先頭から後尾までに一斉に遠方から命中率良く一斉同時に浴びせられたのだ。
寧ろ、逆に「長蛇の陣形」が痣を成した形と成って仕舞ったのだ。
「銃隊の存在」を強く意識していれば、「鋒矢の陣形」で「補給基地築造隊」を包み込む様にして「敵中突破の突撃」を仕掛ければ犠牲は少なかった筈であった。
つまり、これでも「銃隊の存在を読み違えた事・下記」が判るのだ。
筆者は、「救出用の隠れての位置取り」であった「南下国衆の銃隊」が「見え難かった説」を採っている。
つまり、北の山際から観て左斜め鶴翼の付け根部域であった事で「松平軍の影」に成って正確に存在を見分けられ無かったのであろう。
「三方ヶ原の補給拠点」を、急遽、「野戦」に出て「松平軍に確保された事」で、この情報を得た「堀江」に居た「武田軍の本隊」が、「三方ヶ原の奪還」を目指して東に向かいこの「山県軍の別動隊」も遅れて到着した。
この事で「三方ヶ原の補給基地」を築造後、ここの「守備隊」として「山県軍の別動隊の使命」として着く予定であった事はこれで「当然の事」としてこれで判る。
戦略上では、「先に守備隊として確保したものを奪う戦い・奪還作戦」は難しいのは何時の世も先に奪取するのが「戦略の常道の知識」である。
故に、家康は、突然に「籠城」から秘密裏に「野戦」に変更し先に確保しようとしたのだ。
それには「家康の考え」は取り敢えずは成功した。
「別動隊の使命」に基づき「補給拠点構築隊」も引き連れていた「山県軍の別動隊」は、「本隊」に合流せずに、「援護守備兵であった事で遅れた事」もあって、「鶴翼の右側面の山際」に開戦ぎりぎりで陣取った。
「拠点の三方ヶ原」を「先に奪取された事」で「使命の達成」が出来なく成って仕舞ったのだ。
そこで本来であれば「武田軍の本隊と松平軍との戦い」に成ると、遅れた事の道中で「山県軍の別動隊・目的が違う」は「北の山際での駐留」まで考えていたのではないか。
ところが、ここに到着して観れば、「二つの事の異変」に気づいたのだ。
一つは、「弱小の松平軍」が何と「予想の戦術・魚鱗の陣形」では無く「鶴翼の陣形」を採っていた事である。
二つは、「西向きに陣形」を向けていた事である。
本来であるなら「浜松城を背景に陣形を北向きに採る」のが常道である。
西から来る「武田軍の本隊」と東から来る「山県軍の別動隊」が合流して北を背景に陣形を組むのが常道である。
この「南北の陣形の向き」であれば何れも両軍に執って「有利な位置取り」である。
ここで遅れて来た「山県軍の別動隊」に執ってだけに「不利な事」が起こったのだ。
それは、「西向きの鶴翼であった事」に依り“武田軍の本隊と合流出来ない”と云う事が起こったのであった。
「遅れた事」に依って「北側の山際」に“単独軍として離された形と成った事”であった。
「松平軍・家康の命令」はそれを狙っていた事にも成る。
そこで「予想していた事と違った事」が起こって、「戦況」を其の侭に観ているか、さもなくば「武田軍の本隊」より前に行動するかに迫られたのだ。
そこから「別動隊」であった以上は「状況」に応じて「独自単独」に移る事が出来る。
今度は何と「松平軍」に執っては予想外の“「援護守備兵」で「鶴翼の右側面・弱点」に本隊よりも先に突撃して行った”のだ。
「山県軍の別動隊」に執っては、その「行動の判断」は「同時」や「後」は「武田軍の本隊の行動」を遮る事に成り、且つ、「敵が鶴翼陣形」である以上は著しい混乱を招く事に成る。
これは「得策」では無いとして、先に、最早、“「使命達成」は当面は不可能”と判断した。
そして、「二俣城」からの「移動の行列」が、丁度、「長蛇の陣形」である事から「鶴翼側面」を「後尾の補給基地築造兵」を護る為にも「一点集中の突撃突破」で攻撃に入ったのだ。
これを観た「武田軍の本隊」もこれに引き続き「魚鱗の陣形」で「総崩れ」と成っている「鶴翼の松平軍」に向かって前進し完全掃討し勝利したのだ。
唯、この時、復もや「山県軍の別動隊と武田軍の本隊」とに「思い掛けない事」が「南側」で起こったのだ。
それは、「南下国衆の銃隊の存在」は「一言坂」と「追尾」で承知していたが、まさかの「額田青木氏の南下国衆の銃隊」の「戦いへの参戦」であったのだ。
「武田軍の本隊」からはそう見えていた筈である。
恐らくは、「牽制程度の事」はあるとは判っていて、“本格参戦は無いであろう”と見込んでいたのだ。
それを示す「三つの証」としてある。
そもそもその「破壊的威力の持ち主の銃隊」でありながらも、“積極攻撃をして来ない事・証イであった。
「一言坂からの追尾」”までと、「堀江城への援軍攻撃」が無かった事・証ロと、「三方ヶ原」に到着して観れば“攻撃の仕難い「鶴翼の位置取り」”とにあった事・証ハなのだ。
「武田軍の本隊」は、この「三つの証」を観て少なくとも“攻撃的で積極的ではない”とその様に考えていた事に成る。
この事から考えても、「銃隊」としては「鶴翼の付け根部に位置していた事」が判っているので、射撃すれば味方も撃つ事に成る「相当難しい位置取り」にあった事である。
これが「救出目的」であるとは観ていなかった事・証ニが考えられる。
然し、「青木貞治隊の救出」と「山県軍の別動隊の思いもかけない突撃」で、止む無く「銃の攻撃」を仕掛けたのだ。
何方も、“思い掛けない予想外の一瞬の出来事が起こった”のだ。
そして、「武田軍の本隊」に向かって「弾幕」を張って先ず「進軍」を止めて、何か弾煙の中から「救出作戦を起こしている光景」が「信玄の目」に入ったし、先に突撃をした「山県軍の別動隊」の「山県の目」にも累々と「戦死者の山の光景」が目に入ったのだ。
どうしようも無い「開戦の一瞬の出来事」であったであろう。
つまり、それは「予想外の事」が「勝利の武田軍」にも、「敗戦の松平軍」の「両軍の目」に入ったのだ。
「弾幕の煙」で一時戦場が観えない程に成ったと予想できる。
開戦は午後の四時頃であったので「谷風・海風」が吹いていて、南から北に向かって谷筋に「三方ヶ原の戦場」に向かって吹いていた。
なので、「弾煙」が消えては、又弾煙が出来ると云う光景が起こっていて、その「武田軍の本隊の混乱中」の間に、この「救出劇」が起こって兎に角にも先ずは「東」に逃がしたと「詳細経緯」としては考えられるのだ。
「山県軍の別動隊」に執っては射撃音以外に何処から弾が飛んでくるかは正確には判らなかった筈だし、武士道の通じない生死の「経験のない恐怖」が先行して「逃げ隠れの出来ない処置無しの状態」であったと考えられる。
故に、比較的に「救出」は容易に犠牲も無く成功したし、「北・戦場」に向かって連射しながら「荷駄隊」と共に、無事に西に後退する「戦線離脱」も容易であったと観られるのだ。
「近づく者」は恐らくは移動しながらの「空砲の煙幕」でも充分であったろうし、「一言坂の経験」の様に100%居なかったと考えられるが、執拗に近づけば実弾連射して撃滅戦を繰り返しながら「戦線離脱」したと考えられる。
この「戦線離脱した南下国衆の銃隊」を「仮・現実には無理」に追撃したとしても「館山街道の例の交差点付近」までであろうし、此処からは「武田軍の本隊」としても戦略上踏み込めなかったと考えられる。
史実はここの状況は何れの戦記にも記されていない事から“追撃は無かった”のではあるが、ところがその前の「やるべき事」が「武田軍の本隊」にあった。
それは「戦場の掃討作戦」と「山県軍の別動隊の支援」にあった筈で、「補給基地の三方ヶ原築造を使命の別動隊である事」を前提にしながらも、「軍事行動」を起こして突撃した事、且つ、「別動隊として浜松城を陥落させる使命もあった事」も考えると、これを支援しなくてはならない「本隊としての役目」が「戦いの流れ」としてあった筈である。
現実に、史実の詳細経緯は、「脚色された三河側の多説」が多いが、「掃討作戦と別動隊支援している事」には間違いは無い。
「救出後の武田軍の掃討作戦」も、「青木貞治一族」が隠れていたこの「西光寺」では、「武田軍の本隊の2度の印象」の中には、“銃隊の一部が未だ居るのでは”と連想し近づく事は出来なかったと考えられるし、命令なしに掃討が出来ない寺であった事は間違いは無い。
何故ならば、そもそも「寝る子の東の秀郷流一門361氏」と、「第二の宗家の位置づけ」の「秀郷流青木氏116」を起こして仕舞う危険性があったのだ。
「青木貞治隊」が「逃げ込んだ盤田見附の西光寺・平城館の大寺」が不思議に戦記上では掃討された事は記されていないのはこの事に依るだろう。
そもそも逃げ込んでいるか否かは別として、「武田軍の本隊」が進軍中に「一言坂の此処」で一時停留しているので、破壊は無いし、確実に「掃討カ所としての確認をすべき拠点」である事は知っていたし、「青木貞治隊」に限らず位置的に観て「松平軍の残兵」が少なくとも一時的にもここに潜んでいる拠点である拠点には間違いは無い。
この様な「一族の菩提寺の西光寺」から「青木貞治隊」が再び“城に入った”と云う記録は無い処を考えると、「武田軍の本隊」が「浜松城」を攻めた場合とか「掃討作戦」で「西光寺の方」が「平城館」の様にして「寺の周囲」を固めれば安全であると考えたのであろう。
故に、「生き残れた一族の勢力」は、江戸期には「御側用人衆・上級番方」として出世して禄高を史実の通り1800石から3500石に倍増させて「駿河青木氏の子孫」は栄えたと成るのだ。)

(注釈 「額田青木氏と駿河青木氏の生き遺りに付いての論」
さて、上記の詳細経緯に至る内容を先に論じて置く。
「三方ヶ原の戦い」に勝利した後、ここに当初の目的通りに「補給基地」を築造せずに堀江城と二俣城などの出城に「守備隊」を残し「甲斐」に全軍を引き上げている。
2年後の「長篠の戦い」の際には、この二つの出城の「守備隊等」は松平軍に対して「善戦をした事」が何れの戦記にも記されている。
つまり、そこで「周囲」がまだ「武田軍の守備隊」に囲まれているこの2年間の「西光寺の駿河青木氏の動向」が気に成る。
この事に関する記録等を探ったが、唯一つ何かを物語る行が「伊勢」にあった。
それは「伊勢水軍」であった。
「出城の山国の武田軍・少数」には「水軍」を持っていないので、伊勢水軍と駿河水軍は「渥美湾に船を廻す事」がある程度可能に成っていた。
「駿河水軍」と連携して「伊豆」まで廻る「商い等の運搬に盛んに従事している行・商記録共に一致」である。
つまり、これは何を意味しているかである。
「三方ヶ原」から伊川津に戻り「陸運業」に逸早く転身し、「縦の陸路1と2」を構築して「信濃」に繋いだし、「三方ヶ原」より「武田軍」が予想外に「甲斐に戻った事」と、「織田氏の西三河への伸長浸食」で「武田軍の脅威」は低下して「渥美湾の制海権」は何とか獲得出来ていたのだ。
この時、この為に「松平軍」が「力・財源を持つ事」に警戒した「織田軍」は、「伊勢」で水軍を造ろうと懸命であって、遂に「熊野水軍の内の九鬼水軍」を味方に引き入れた。
そして、「伊勢青木氏」が「7割株」を持つ「伊勢水軍の伊勢衆・50衆」に対しも「楔・調略」を打ち込んできたのだ。
「伊勢衆の掟」を破り「4組」が「織田軍の調略」に落ちたがこれを「掟と財源」で食い止めた。
然し、結局は1組だけが調略に応じたのだ。
そもそも、「伊勢衆」は「伊勢青木氏の女系の重複血縁の古来からの氏人」であった。
最も尾張に近く縁の薄かった「東の知多一族」が落ちたのだ。
然しながらも、当然にこれに伴って結果として「陸運業」と「海運業」は動ける様に成った。
そうなると、「松平氏の敗戦」に依って「青木貞治の彼等の糧」は失う事は必然である。
そこで「駿河水軍の裔の駿河秀郷流青木氏の一族」は、この「陸運業」と「海運業」にも更に関わる事で、且つ、「武田軍の追及を逃れる事」も出来たのだ。
伊勢が復興させた「駿河水軍・1艘の廻船」を「伊勢・伊勢水軍と伊勢屋4艘」からの「海と陸の中継点」として「伊豆や武蔵」にも繋げる事が出来て糧を戻したのだ。
この「2年間の彼等の糧」はここにあったのだ。
これは「元駿河の国衆」の強味の所以であった。
そもそも、「敗戦し弱った松平氏の家臣」の中に「水軍」を持ち「それに依る財」を持つ「御側衆」はいなかったのだし、「東の大勢力の秀郷一門」を背景にした「家臣」もいなかったであろう。
身分以上に力を持つ「家臣・関東家人衆」に対して、「三河旗本・近国衆」には“かなわない”とする「嫉妬怨嗟の渦の波」が「額田青木氏」と同じ様に押し寄せていた筈である。
「浜松城の松平氏」は、危険な隣の織田氏に近い「西三河」を残し、「北三河と東三河と遠州での糧」を失っていた。
その「衰弱した松平氏」にも経済的に劣らない「身分以上に力を持つ家臣・関東家人衆の御側衆・青木貞治の裔」は他にいなかったであろう。
ところがこれが、「伊勢勢力」を背景とした「額田青木氏」の「三河での商い」と共に、「松平氏の強み」とも成っていたのだ
敗戦被害を受けなかった「西三河の軍勢」には「2000人」を与えられていて無傷で残った。
そこで「松平氏の力」を検証する。
そうすると、尾張に隣接する「西三河」だけが遺っていたので、「1貫≒2.5石 7貫≒1人家来」の「軍制の仕来り」から、最大で1万4千貫≒3万5千石となるが、「信長と秀吉」に依って弱みを突かれて国境の「西三河の浸食・三好域まで」が起こりこれが「2万石」にまで減石されていた常態と成っていたのだ。
これではどう考えても「旗本以外には養えなかった事」に成る。
「三方ヶ原」で全滅に近い敗戦をしているので、どの記録を観ても最大時に「国衆」を掻き集めてやっと合わせて「兵5000・脚色戦記」に成ったとしているが、実際は戦後は「敗残逃亡兵2000程度以下」には成っていた筈である。
先ずは「旗本程度」を養えると成るが、「国衆等」は「自らの糧」を「何らかの力」で得なければ生きては行けない事に成っていた筈だ。
「駿河青木氏」は未だこの時期は、上記した様に一族から援軍を得て「駿河国衆の副将レベル」であった。
上記した様に長篠後に成って「旗本・家人衆」に加えられたのだ。
故に、「駿河青木氏」は「伊勢の青木氏の経済力・商い」を背景に「元の駿河水軍の糧」に勤しんでいたのだ。
そもそも「伊勢青木氏」に依って平安時代に女系で繋がっていた事の所以で末端の裔を何とか探し出され、相当に「駿河青木氏」は「伊勢」に依って呼び興されて訓練を受けた。
そして「船一艘」を与えられて、再び、その「裔系」は「水軍・水運の商い・伊勢―伊豆に運送」で拡大して行ったのだ。
それが「裔系の長」が「青木貞治」であったのだから、「江戸期・長三郎」に成っても「旗本の上級御側衆・上級番方」を務めながらも、この「水運の商い」は辞めなかったのだ。
この様に資料では「相当に豊かな駿河青木氏の裔」を構築して繁栄していた事に成る。
そこで、この詳細経緯として、江戸にも子孫を広げているだろうが、盤田見附に「菩提寺・浄土宗西光寺・再興」の「伊勢青木氏部」に依って大寺を建立できるまでに成り、それを持てるまでに「子孫」を拡大させている以上は、青木氏等の地名や所縁のものが遺されていると考えられるのが普通で、その割には「青木氏とその類証」が「水運業」を生業としているこの地域に矢張り少ないのが気になるのだ。
何故だろうか検証して観る。
天竜川と太田川の二つの大川の間に挟まれた「圷の野」と、この「ほう僧川」の支流を合わせて、「砂丘」の中で出来た「唯一の港・西光寺より南東8k」の地域に「大船が停泊できる港」は、「天竜川」から東に離れて「圷の影響」が無くなる「福田地区」、ここから「海底深度」が良くなるその“「福田港」”がある。
ここに少なくとも先ず「仮泊」を置いて「駿河湾・34k」と「伊勢湾・白子泊」を常用していた事が資料から判っている。
つまり、「福田港の此処」からは「伊豆青木氏」と「秀郷流青木氏・本拠地」を含む「一門の領域」と成るのだ。
この地域には「青木氏に関わる地名などや春日社」も全く無く現在もである。
全て、この「福田港」から「34k離れた地域」から東に急激に「青木とそれに関連する地名」も含めて大量に何もかも出現して来る。
つまり、この差であるる
平安期と鎌倉期と室町期初期の三期までは「青木氏や永嶋氏等の勢力」が伸長していたが、ところが、室町期中期より勢力を東に押し返されて引いていたのだ。
この時の「名残の先端」が突出した「遠州西光寺域の庄」であって、厳しい乱世の中で衰退しながらもここを遺し得たのは「水軍衆の所以」であったと考えられる。
其れを逸早く裔を救って呼び寄せて訓練して戻して伊勢と繋いで生きる力を着けさせて遺し、其の後は前段の論に成るのだ。
結果として全体は「駿河の青木氏」の「名籍」が存在する所まで引いたと云う「歴史的経緯の事」に繋がるのだ。
大まかな時代性としてはその「引き際の処置」で起こった事であったと考えられる。
それだけに「源平化した事」から狂い出し、遂には「源平戦敗退」により「子孫」は元より「遺物」も遺し難かったのだ。
「近江と美濃の源氏化」に対応した様に「伊勢信濃の忠告」は女系で深く繋がる「駿河」にも当然としてあったと考えられる。
と云う事は、その証拠は「駿河青木氏の子孫」の多くは、現在名の静岡県静岡市駿河区の「青木の地名・現在も青木・盤田見附から東54k」が遺る所にあったと云う事に成る。
「伊勢」が「盤田見附」からか「駿河区青木の庄」の何れから「支流末裔」を見つけ出して「額田青木氏」と同然に世に出したと云う経緯である。
「一族の藤枝の秀郷流青木氏・集中」では無く、再び、“「母方の伊勢」”に呼び出して「商いや水軍」等の訓練をさせてから「30年後~40年後」には、室町期初期から「消えていた盤田域」に「一人前の青木貞治が出た・100裔人」と云う事に成るのだ。
唯、ここで検証しなければならない事は、「盤田見附域の元の庄」を再び獲得するには「財力と武力」が要るし、「菩提寺」を建立し直し維持するには“「相当な財力」”が要る。
其れを如何したのかである。
この「財力と武力」を以て「庄の民・農民」は信頼して従う。
「武力」は「財力」で補完できる。
問題は失った元の庄を獲得するには、上記した「盤田域の庄面積」の「1800反程度弱≒1800石程度(≒6000平方坪程度以下)」の“「地権」”を買い取る必要が先ずあり、奪還する程の武力は未だ無いしそれ以外にも無いし、武力による獲得は「青木氏族の氏是」ではない。
それには、「駿河水軍の水運」だけでは元の庄の獲得は無理で、この時期、必然的に「今川氏の国衆と成る事」が先ずは前提と成る。
その前に、「青木氏族」とは全く縁が無いが、調べた範囲としてこの事の解決に導いてくれた者、況や、「松井氏」に付いて記して置く。
元今川氏の二俣城主であった「松井氏」は、「山城国の御家人・松井氏一族」が建武政権を離脱し「足利尊氏」に味方し、足利氏一門で宿老の今川範国に属して戦功を揚げた。
その恩賞として「建武5年駿河国葉梨荘(現在の静岡県藤枝市・青木氏定住地)」に「地頭代職」を与えられて移住したと定説ではある。
1513年には「今川氏」から「遠州鎌田の御厨領・盤田見附から真東3k・同庄内」を「領」として与えられ、1528年には「平川郷堤城主・盤田見附から真東21k」とも成ったとある。
この「近江から来た国衆の松井氏」は、最終的にこの「天竜川から菊川」の「南一帯の豪族」と成ったのであった。
そうするとこの「地頭代職時代」にこの「藤枝」に定住する「郷氏の秀郷流青木氏・賜姓族の格式」は松井氏を当然に知り得ていた筈であるし、「山城・近江南部・天領地・公領地域」の「御家人・松井冠者源維義」であるとすると、源平戦で衰退はしたが「近江青木氏二氏・賜姓族格式」を完全に知り得ていた筈である事に成る。
この「近江青木氏」と「川島皇子の裔の佐々木氏」とは奈良期末期まで「相互重婚の一族」であって「伊勢」と「近江4氏」とは血縁の縁で繋がっていた。
「松井氏の祖」が「山城の御家人」と成れば「駿河青木氏」とも少なくとも縁は深い事に成り得るがそこまでは縁を追えない。

奈良期の古来より「近江」には「伊勢青木氏一族」は「施基皇子の時代」から全く縁が無かった訳ではない。
そもそも「近江の日野等」は、奈良期から「日本書紀等」にも記されている通り「賜姓五役」の一つとして「令外官」として「鉱山探索・鉄の産地・鉄穴役」を命じられたが、その所以あって、そこを「領地」として与えられ「統治」を任されていた事が判っている。
そして周囲には「一色の地名の字名」があって現在もある。
この事に青木氏の歴史観に意味があるのだ。
後には前段で論じた通りその所縁から室町期には堺を通して「火縄銃等の生産」にも関わっていて、「近江国浅井と高島の二郡」の「鉄穴・カンナ地区・鉱山」を「字名」として所領としていたのだ。
ここが最初に発見された「鉄の地」で「滋賀国長浜浅井の土倉鉱山・琵琶湖の真北端より北東二里の地・現在の西浅井」で発見されたのだ。
この事は「伊勢の資料」や「日本書紀等」にも記されている。
更に需要に応じて「鉱山開発」が朝廷の命で「伊勢の財」を投じて「東近江」でも進み、もう一つは「平安期末期」には「滋賀国湖南の高島鉱山に広がり、「室町期の開発」では「琵琶湖の真南端の東四里の中東域の一帯・甲賀を起点に日野を含む半径15k圏内」の「白水鉱山と雲井鉱と弥栄鉱山と御池鉱山」等までに広がったと成っているのだ。
その様に添書に記されている。
丁度、それを物語るかの様に「近江青木氏」や「甲賀青木氏」や二里ほど北東に離れた「日野の庄」までもこの圏内に含まれているのだ。
これ等の経済圏でその運輸に関する淀川に出る古来からの「中継点の松井の庄」であったのだ。

要するに其の後の経緯としては、「摂津堺の商い」として「中継点」のこの「松井の庄」を経由して淀川を通して「荷駄の運搬等の中継点」として大いに利用されていて、その歴史は奈良期から始まり浅からず江戸期に至っても変わらなかった様だ。
又、「商い」だけに関わらず隣の「蒲生の庄」の「秀郷流蒲生氏郷一族との血縁関係」も持ち、この「松井の庄」は「青木氏族」に執っては欠かす事の出来ない庄であったのだ。
それだけに「駿河青木氏の貞治」は「伊勢での訓練を受けた以上は元より「青木氏一族」として知っていなければならない「松井の庄」であった筈なのだ。
それが青木氏に関わる者であるとすれば「民」であろうが「商人」であろうが「武人」であろうが「万人」が知っていたのだ。
これは当然に秀郷流一門全ても等しく知り得ていた歴史観で忘れてならないものであつたのだ。
この「近江の鉄穴・カンナ地区・鉱山・鎌倉期まで伊勢と共に本領安堵された」が深く「青木氏族」に関わっていた事を知る事は歴史観に大きく左右するのだ。
故に、百々の詰まりは「額田青木氏の銃隊の由縁」もここから来ているのだ。
念の為にこの「巨万の富・献納」は、「紙文化・紙屋院」のみならず、「銃の武器・近江の鉄穴・カンナ地区の発展・殖産業・青木氏部」の「拡大・伴造」を支配していた事もあって、影で朝廷とも繋がり「無限の富・商い」を獲得していたのだ。
その象徴の一つが「松井の庄」であったのではないかと判断する。

他に「商記録」から「商い」として殆どは「貿易で得る事」で賄っていたらしいが、かなり古くから「銃用」ではなく上記する「近江の鉄穴・カンナ」に「鉱山の爆薬」としても「国内産」にも天皇より命じられて取り組んでいた事、つまり、「山部」や「工部」等の「部人」を統率し管理する「専門の官僚族」の「伴造を統率していた事」が史記にもされいる。
その書の記述には「乳母女樫の炭紛と糞尿を乾燥させものを混ぜ合わせて利用した「近江の硝煙開発と製造・703年頃」にも秘密裏に関わっていた事があった事が記され判っている。
前段でも論じたが当初は「宋貿易」で入手していたが、その後の平安期に成って「紙屋院」のとして「墨や硯石等の開発」の殖産に取り組み、「乳母女樫とその炭紛」は「伊勢紀州の特産品」であり、その副産物としての其処から密かに「爆薬用」として近江に運ばれていた事が記されている。
つまり「紙屋院」として墨用に開発したものの「粉」を集めて「近江の鉱山」に運んで「爆薬用」にこれを利用していたとされ、後には「弾薬用」にも転用したものであるとされている。
「額田青木氏のフリントロック式改良銃の弾薬用」に、更にはこの「近江の硝煙製造」にも「伊勢青木氏・伊勢屋」は更に力を入れていた事が判っている。
後の「室町期」にはこの「鉱山の爆薬用」から一部は「火縄銃用」にも用いられていた事が資料から判っていて、「近江の硝煙の道・ゆず街道・山懐静かな里の一角」を「代名詞」の様に使って密かに呼ばれていたのだ。
「青木氏の伊勢屋の貿易」とは別に「室町期の銃用」にはここを別の勢力に抑えられると困る事から密かに床下に隠して生産していたと記録されているのだ。
恐らくはそれだけでは無く硝酸塩発生を促す為に「温度一定」を図っていたと考えられる。
因みに「硝煙の製造法」は、残された一部の資料に依れば次の主に二つの方法が発見されていたらしい。
一つ目は、中国から伝わり古代では原始的で生物の死骸等の50年以上経過した腐敗堆積古土壌から浮き出て来て来た結晶の「硝酸塩」を抽出し、それに「炭粉」を混在させる方法で生産していた要するに「古土法」である。
この中国の記録を貿易で獲得してそれを青木氏の殖産として真似たのではないかと考えられる。
二つ目は、更に上記の方法を強引に起こさせる「培養方法」である。
石灰土に干草や糞尿を交互に重ね合わせて堆積し、発酵させて硝塩土を造り浮き出て来た「硝酸塩」を抽出しそれに「炭粉」を混ぜ合わせる方法である。
三つ目は、室町期に至ると更に「二つ目の方法」を大量生産型に変更した。
「硝石土の土山」を強引に造り出し、発酵後に浮き出る「硝酸塩の結晶」を取り出して、これに「炭粉」を混ぜ合わせて生産していた。
この「根本原理」は「一つ目の方法」にあるが、日本ではこの地質学上から自然堆積層が無く上記の方法で細々と造り出す方法で古来より生産していたのだろう。
「資料」にはそれを思い出すかの様な表現での様に記されている。
参考として「チリ―一帯の石灰層や硝石層の自然堆積層」は国土全体に及んでいて有名である。
因みに記されている資料に依ると、「混ぜる炭紛の品質」にも問題があって発火能力・爆発能力」にも差があって、それは「紀州と伊勢一帯」でしか採れない「固くて炭化精度が良く微粉末」に成る「伯母樫の木」の「備長炭の炭粉」が最良であった事を知り、「令外官の伊勢青木氏の研究」で到達していたのだ。
結論は「炭の内部の結晶構造」が均一で細かい事にあった事が記され、従って、古来より「国内産の爆薬」は「紀州伊勢産」が優れていた事も上記する「近江鉱山」は発展したと成っているのだ。
さて余談と成っているが「額田青木氏」が持つ「銃の爆発力の高さ」は「輸入の弾薬」に比する事なく此処にあったと考えているのだ。
故に、「額田青木氏のフリントロック式改良銃」は銃そのものも然る事乍らこの微細炭紛にもあったらしく、故に外に真似される事が無く「青木氏族の範囲」で留まった所以もここにあったのだ。
その「原始の方法」がこの論じている「近江の鉱山」から始まったのだ。
これを「天皇の命」で手掛けたのだが上記する「令外官」として「伴造」を支配下に置いていた「伊勢青木氏」ではの事であったのだ。
前段でも論じたが、故に一族の代々の諱号は「光仁天皇」より「伴、又は大伴」に纏わるものを号とする事を天皇から許されていた事が判るのだ。
「永代の令外官の所以」であったのであろう。

注釈として、では、この「実作業」を誰が実行したのかである。
他では、多くのプロジェクトに関わった記録があるのだが、この「近江の鉱山開発」に関わったとする明確に記された資料が少ないのが不思議の一つである。
前段でも論じたが、当時の朝廷の「技術職人集団のトップ」に位置して「施基皇子」と仲の良かった「伊勢の額田部氏」、つまり、後に「桓武天皇の遷都計画」に応じ無くて「飛鳥の斑鳩」を追い出されてこれを救って「伊勢の施基皇子」が「桑名」に隠したがその「額田部氏」であったと観られる。
時代性から観ても関わったとすれば何の不思議もない。
最終は、この「額田部氏」は「施基皇子の仲介」でその数々の功績を評価されその名誉を回復し更にはあり得ない程の「特段の出世」をしている。
間違いなく「鉄穴や爆薬の開発」にも大きく関わっていた事が判るし評価されたのであろう。
「額田部神社」を独自に「守護神」として持つ事を許された「技術職人集団」なのである。
前段でも詳細に論じたが、「土木の職能集団・地形地質を観る集団」で、「干拓灌漑、墳墓等」も手掛ける「土木専門技術集団」で、当時としてその技量は「和気氏や結城氏等」よりも優れていたのだ。
「近江の東」に和紙が生産できる様にした「干拓灌漑と土壌改良」などを手掛けた史実も持っている事から、同然にも「伊勢青木氏」が命じられた「近江の鉱山開発」にもその「地形地質の知識」を以て大きく関わったと考えられる。
寧ろ、関わらないと「青木氏」のみならず他の集団も出来なかった「国家大プロジェクト」であったのだ。
少なくとも初期の「滋賀国長浜浅井の土倉鉱山開発」と、「近江の硝煙開発と製造・703年頃」は青木氏だけでは無理であった筈で、その記録は何処かにあった事が考えられるがその「額田部氏に関連する記録」はその頃の一般は未だ竹簡木簡であった事から記録は消えた事が考えられる。
遺る記録は紙に遺された記録だけに成っていて「青木氏の紙屋院」ならではの記録と成るだろう。
後発の「滋賀国湖南の高島鉱山」では本格的に「額田部氏の活躍時代」に入っているので、その記録は見つかるのではないかと期待しているが未だ確かな記録は無いし、有ってもその存在範囲は「青木氏族などの関係者範囲」に限定されるだろう。
「土木用の爆薬開発」に関しては上記した様に一部であるが遺されているので「額田部氏に関する関わり」が憤怒建設や干拓灌漑の記録はあるので何かの資料の行の中で発見される可能性もある。
当にそもそもその「土木用の爆薬などの高度な知識」は朝廷では「額田部氏」を除いて有していた集団は無かったと考えられるからだ。
それは「青木氏の貿易」との関わりから多少の記録は得られたものであろう。
この様に「伊勢青木氏」は「額田部氏の力」を借りて「鉱山開発」と「硝煙開発」にまでに及んでいたのだ。
話を元に戻して、それだけにこの後の所縁の「松井の庄」を介して「駿河の松井氏」と「駿河の青木氏」は知り得ていて“「歴史のある特別な親近感」”を持ち得ていた事に成るのだ。
そこで、だとすれば、最早、無駄な論として行うが、取り敢えずは「系論」として、仮に「御家人・松井冠者源維義」であるとすると、「近江戦」と「富士川の戦」の源平戦で共に源氏化していた一族として味方と成って戦っていた筈である。
先ずこれだけの縁があるとすれば戦っていた事には間違いは無いだろうが、敗戦後、一族が浪々の身に成り、それが共に再び“遠州で会った”と云う事に「流れ」として成り得たのであろう。
且つ、ここが「室町期末期」まで「秀郷流蒲生青木氏・伊勢秀郷流青木梵純の出自元」でもあって、恐らくは「縁の鎖」の様に何らかの関係を「松井氏」とは確実に持っていた筈である。
要するに、それ故にこの「縁」を以て「国衆」と成ってこの「松井氏の配下・家臣株獲得」に入り、そこで「元の盤田見附」を「地権で獲得した事」に成る所縁と成るのだ。
そして、その「国衆と成った証拠」として今川氏の最西端の其処に「氏としての城」の「平城館・寺閣城」と成る「菩提寺・西光寺」を「再建した事」を意味するのだ。
つまり、この所縁には「国衆に成る事」にしても、「家臣に成る事」にしても、「菩提寺の平城館・寺閣城を建造する事」にしても、「地権料を払う事」にしても、「家臣を養う事」にしても、「水軍を維持する事」にしても、「水運業で得られる糧」では到底無理で「大財源が必要であった事」に成る。
当然に、その「財源の出処」は「伊勢青木氏」か「武蔵青木氏宗家・江戸長島屋」かであるが、この所縁の流れとしては「伊勢青木氏・伊勢屋」が「額田青木氏」と同然にこれを賄ったと考えられる。
要するに戦略的には、同時期に“西に「額田青木氏」、東に「駿河青木氏」を興した”のであって、前段で論じた様に「信長」に依る「尾張域の神明社破壊」やこの事で起こる「伊豆や信濃との連携が難しく成る事」を防ぐ為にもこれは“「当初からの戦略」であった”と考えられるのだ。
その結果、「盤田見附の西光寺」だけを遺して「神明社」も「春日社」も「清光寺」も影形を全く無く成っていた「遠州」に於いて、「伊勢」にしても「武蔵」にしてもここに「青木氏の拠点の復元」を成さねば成らなく成っていた事、又は追い込まれていた事に成る。
それで「乱世の中」で「東西の青木氏の同族」が生き抜ける為には、再び途切れた「西と東」が繋がれば“「強大な抑止力」が働く”と考えていた事に成る。
その為の「財源拠出」は問題は無いと観ていたのだ。
「室町期の紙文化開花」で「巨万の富・紙屋院」や「鉱山等の多くの殖産」で獲得した「財源」を遺憾なく此処に投入したのだ。

それには、「青木氏族」に執っては「相手」は当面に「武田氏」であって「織田氏」でもあったのだ。
そこで筆者が感じる処では、「伊勢系列と信濃系列」を始めとして「青木氏族」に執つては疎遠であった「武田氏系青木氏の関与」は、もう少しの「関係性」を見つけられるのではと観ていたが、「二俣城の浄賢」だけであるのは何か間尺は合わない。
それは、「武田氏」が完全に滅んだ「長篠」より、「甲斐の五つの青木氏」が「伊勢」では無く「秀郷流青木氏を頼った事」なのだ。
確かに「甲斐青木氏・甲斐冠者系の源光系」と「嵯峨期詔勅で名乗った時光系」は「嵯峨天皇派」であって「犬猿の仲でった事」は否めないが「伊勢信濃」には彼等は頼って全く来ていないのだ。
“受け付けなかったと云う事”もあつたかも知れないが、そんな資料や記録の行は無い。
このすっきりしないのは「史実」である。
そもそも「武田氏系」には、「源光系青木氏・1氏」、「時光系青木氏・5氏」、「諏訪族系青木氏・3氏」があった。
「源光系青木氏・1氏」は不参戦で甲斐で衰退し、「時光系青木氏・5氏」は、「分家2氏」は徳川氏に味方し武蔵鉢形に移住させられ、残る「1氏」の「分家養子・安芸」は早めに戦線離脱し、後に安芸松平氏の家臣に成る経緯を辿っているのだ。そして「本家筋2氏」は完全滅亡している。
「諏訪族系青木氏・3氏」に付いては、「武田氏系の1氏」は衰退したが、「諏訪族系の2氏」は「相模の秀郷流青木氏」に救出され、其の後1氏の一部が下野に配置、残りの一部も「越後秀郷流青木氏」を頼り、4流に分流した。
「長篠後」にこれだけの「関係性」を保持しているのに何もないのは腑に落ちない。
当然に「三方ヶ原前」にもあったと観るのが普通であろう。
現実に、江戸期には「甲斐青木氏・正定系と豊定系」とはある程度の関係性は出来たと考えられるが、この敗退した「甲斐青木氏」が、「秀郷流青木氏一門を頼った事」で「血縁の繋がり性」は出来た事も「史実」である。
平安期と鎌倉期には確かに「賜姓」は「青木氏」を中止した代わりに「桓武派」と「嵯峨派」の争いで「仲介案」を採って「伊勢青木氏出自の嵯峨天皇の皇子・嫡子」が“「甲斐青木冠者蔵人・源光系・准賜姓格式」”として「甲斐」に配置されたがそれでも関係性は基本的に無かったのだ。
極めて疎遠で犬猿の仲であった事は資料からも解る。
上記した様に「青木貞治と主従関係」にあった「山城・近江南部・天領地・公領地域」の「御家人・松井冠者源維義・河内頼信系源氏」と、「賜姓扱いの格式」を与えられた「甲斐青木冠者蔵人・源氏族では無い・後に源光系と成る」として「甲斐」に配置されたが、この「源の源光系青木氏・嵯峨源氏」とは要するに「源氏族」で無関係では無かった筈であるが、「繋がりの詳細経緯」に付いてはこれ以上は今も資料は見つからない。
然し、そもそも遺すだけの力が無かった事も云えるのだ。
「賜姓伊勢青木氏と賜姓近江青木氏」とは、奈良期から平安期まで「相互血縁の同族」であった事と、「近江青木氏の定住地」とはほぼ同じの「松井氏との関係性」は完全否定できないだろう。
間違いなく「源氏・11流」とすれば「皇族としての嵯峨源氏」は「9つの縛り」を護らなかった「賜姓源氏族」と、「源氏化しなかった伊勢と信濃の青木氏・嵯峨源氏9つの縛りを護った」とは「四掟の範囲」では無い事に成り、それ故に頼る事は出来なかった事には成るし、又、決して四掟で受け付けなかったであろう。
その意味では、「円融天皇賜姓族藤原秀郷流青木氏・伊勢信濃とは女系で血縁」は「同じ青木氏」として頼り易かったとは云えるが、「血縁性の有無」は最早これ以上は辿れない。
そもそも、「正式な源氏賜姓・11家11流」は「花山天皇」で終わったが、この「花山天皇」の前の「冷泉天皇の発狂事件」が起こり、これに代わって異母弟の「円融天皇・11歳」と成り、「源氏賜姓」を止めて「伊勢信濃の母系族」であった「藤原秀郷流一門の宗家嗣子の第三子」を「永代・始祖は千國」に賜姓させる事としたのだ。
「外戚の藤原氏内紛」で16年後に「冷泉天皇の嫡子・花山天皇」に譲位した。
この「花山天皇」も「外戚の藤原氏の内紛」で2年も待たず退位した。
ここで「嵯峨詔勅に基づく皇族」の「正式な源氏」は途絶えたのだ。
つまり、其の後の「正式な賜姓」は「藤原秀郷流一門の宗家嗣子の第三子」を永代に「青木氏の賜姓をさせる形式」と変わったのだ。
これが要するに最終は「賜姓が元の母方系青木氏」に戻したとする「詳細経緯」であるのだ。
その前には「摂関家の藤原氏との戦い・藤原仲麻呂事件・恵美押勝」で翻弄され「孝謙天皇の白羽の矢の事件・伊勢青木氏の施基皇子の四男の白壁王と井上内親王」の問題が起こっていたのだ。
その「皇族との血縁の基」は、「賜姓」を権威づける為にも「混血融合」を避ける為に「四掟と云う縛り」を設けて、代々に「伊勢信濃との青木氏の母方・女系族である事」で権威格式付けしたのだ。
これが効果を発揮して「円融天皇の思惑通り」に何と「116氏に及んだのだと云う経緯」を持っているのだ。
況や、この経緯があるが故に「四掟前提としている以上」は「甲斐との血縁性は無かった事」には成るのだ。
先ず間違いなく詳細経緯を押し切るだけのものは無かったであろう。
唯、この「秀郷流青木氏族」と呼ばれる「秀郷一門内部での血縁族の主要五氏」とにはこの「縛り」は適用されなかったのだ。
依って、この「秀郷流内の青木氏族内」の「主要五氏・青木氏永嶋氏長沼氏進藤氏長谷川氏」の範囲での「甲斐青木氏との血縁・源光系と時光系」はあり得る事は否めないのだ。
然し、この血縁は、「二つの四掟で繋がる青木氏族」の中には出て来ないし、伊勢側から其処まで踏み込めず調査は難しいのだ。
従って、前段でも論じたが、厳然とした「噂」があるのにも関わらず「資料・記録」が無い為に判らないのだ。
唯、「諏訪族」とは「信濃青木氏との重婚族」であり、古来より「諏訪族青木氏・立葵紋」であって、この「裔系・抱き角紋」が「武田氏の血縁族」を構築していて、「相模に逃げ込んだ事」も史実であり、頼った事には「何の問題・疑い」も無い。
「秀郷流青木氏―伊勢と信濃青木氏―信濃青木氏と秀郷流青木氏―信濃と諏訪族青木氏―諏訪族と武田氏」であれば、直接、血縁無くしても「血縁の濃度」は別としても「間接血縁族」として頼れる事は可能であったであろう。
現在筆者はこの様に観ている。
そして、その仲介を担ったのがそれが何と本論の長篠後の「駿河青木氏の裔祖の相模青木氏」であったのだ。
これは、「三方ヶ原―長篠」の後に興したより「青木氏族」であった一族の歴史の“自然が興した再結集現象”と成り得たのだ。
この「不思議な自然の血筋の流れ」は江戸期に向けて濁流の如く留まらなかったのだ。
但し、そこでその基と成った「駿河青木氏を家臣」として抱えてくれた「松井氏」に付いては、“山城の「河内源氏」である”とする事にもう少しその根拠と成る歴史観を説いて置く。
そうすればこの「松井氏の位置づけ」がより判り、「駿河青木氏の青木貞治との関係性」も詳細経緯としてより理解が出来るだろう。
「松井氏の祖・平安期」と主張する根拠には、「山城の何処かの家人・天皇家・公家・賜姓族・皇位族」であったとしていても、その「家人」と成り得る「氏」としては「頼信系の河内源氏」であるとしているのだ。
“何処かの家人”としているが明記されていない事にも「疑問1」であり、“河内源氏”としているのも「疑問2」である。
しかも当時は、「嵯峨期の9つの縛り」を全く護らなかった事で「皇族系の氏族としての格式」を認められていなかった「河内源氏」である事に認識はなく「疑問2」は記載している。
認識なく名乗っていたのかも知れないが、間違いなく“「松井」”と「姓名」を名乗っていた事には間違いは無いのかも知れない。
だが、「疑問1」から「傍系卑属系の支流族」であった事には「格式」を前面に押し出す程の家柄では無かった筈であった事だ。
故に、「疑問1」と「疑問2」が欠落して仕舞っていた事に成る。
「一族の伝統」とは支流の一家が忘れていても本家筋の他家は覚えているものでそんな欠落する程のものではそもそも無い。
故にそれが起こるとする可能性のある「傍系卑属系の支流族」であった事に就いて詳しく検証して観る必要がある。
「疑問1」と「疑問2」はそもそも護らなくてはとする「伝統意識」が低く、且つ、「伝統」そのものは違う。
故に、「傍系卑属系の支流族」では起こるであろう。
現に伊勢や信濃では未だに意味しない伝統は浸み着いて忘れ去れずに何らかの形でほそぼそと持ち得ているものだ。
「9つの縛り・嵯峨天皇が後に纏めた新撰姓氏禄」に依って「天皇家・公家・賜姓族・皇位族」はそもそも「諡号の姓・第一の姓」を持つが「第二の姓」はそもそも持たないのが掟だ。
これも「伝統の一つ」であり、だから未だ「青木氏」は統一して「青木氏」であるのだ。
従って、「天皇家・諡号と諱号」を除き「氏名だけの範囲・青木の氏や藤原氏」で名乗ったのだ。
唯、例外として「藤原北家秀郷流一門」は361氏と成り、「氏名や諡号や諱号」では一族一門の系統を格式管理できなく成り、「仕来り」として「三つの縛り」を設けてこれを判別する様にしたのだ。
其れは、前段でも論じたが次の通りであり忘れ去られていないでいる。
第一に、「役職名」を藤原氏の氏名の藤の上に付けて名乗る。
斎藤氏・工藤氏等
又は、許可を得て「役職名」を名乗る。
結城氏
第二は、「国、又は地域名」を藤原氏の氏名の藤の上に付けて名乗る。
伊勢藤原氏の伊藤氏・加賀藤原氏の加藤氏等 
長沼藤原氏・長沼氏 永嶋藤原氏・永嶋氏等
第三に、「特徴名」を藤原氏の氏名の藤の下に付けて名乗る。
藤田氏・藤井氏等
第四に、以上の三つより更に「事情」により拡大して派生した氏は同名の「字」に替えて名乗った。
長嶋氏、長島氏等がある。
当初は先ず「兼光系」と「文行系」の二派に分かれ、其れより更に分流して「文行系利仁流」や「文行系修行流」に大分流した。
「秀郷流青木氏族」と呼ばれる「秀郷流青木氏」と「秀郷流永嶋氏」と「秀郷流長沼氏」は「兼光系」であり、「長谷川氏」と「進藤氏」は「文行系」であり、「秀郷流青木氏族主要五氏」と呼ばれ血縁性は取り分け高い。
これを以て「氏の総称」を「藤氏」と呼び、地域事に「伊勢藤氏・讃岐藤氏」等として大別した。
これで「系統や格式レベルや血縁関係」を判別するようにしたのだ。
唯、「秀郷流青木氏24地域・116氏」だけは秀郷一門に劣らず大氏一族ではあるが、「賜姓族の特別の格式を有する事」で、「嵯峨期の9つの縛り」に基づき「伝統の仕来り」として「氏名」だけとしたのだ。
要するに本論の「駿河青木氏」もその一つであるのだ。
ここで、更に「皇位族の賜姓臣下族の朝臣族」だけには、もう一つの「判別する仕来り」があったのだ。
それは上記で記した、「好名」とは別に「字名・あざな」であった。
天皇より「皇位族の者」が成した「功績」に従って「所領と民」を与えられた。
その「所領と民」は「小字と大字」に分けられそこに「民」が替わり振られ「特別の名」がつけられたのだ。
この様にその「場所」と「民」にはそれを「特定する名」とする「特定の仕来り」があったのだ。
それが、拝領時に「天皇」から「指名される賜姓」とは別に「賜名に値する字名・あざな」があったのだ。
その「字名・あざな」はその功績の都度に別の「字名・あざな」が与えられた。
この「字名・あざな」は其処の「氏人」も「民」も「名誉」とするもので扱われたのである。
何故ならば、当時は「国造」として「民」は「天皇」から与えられたもので「氏族の氏上に所属する仕来り」であって、「民の字名」は「一色の・・・」として「姓・代名詞」にも代わるものであったのだ。
故に、「青木氏の定住する所」には民の為にも必然的に「字名・あざな」を必ず持ったのだ。
その「字名・あざな」にはその「皇位族に関連する賜名」が読み込まれていたので、これで区別していたのだ。
従って、重なる事が起こるので特定する代名詞として一族以外の別人がこの「字名・あざなの慣習」を使う事は許されなかったのだ。
朝廷が認めた氏族に限り許された慣習であった。
言うなれば「賜姓」と共に「一族の賜名」であったのだ。
これを「一族の裔の者が住む土地の代名詞」として使っていたのだ。
当然に近江もである。
例えば「伊勢王の施基皇子」には、主に伊勢では「四つの大字名」が賜名されていた。
例えばよく使われた「字名」では、「一色や色や一志や一円や志基」等があるが、江戸期には「日本全国60カ所」にも及ぶ「一色関係の大字名」があるが、この殆どは「秀郷流青木氏を含む青木氏の定住地」に広がつているのである。
但し、国抜制度があった為に正式な移動定住は考え難く一部に真似たものもあるが、約8割は関係地と認められる。
これは「四掟に基づく女系の妻嫁制度」で全国に定住している「秀郷流青木氏の嫁家先」にもこの「字名」を興した所以でもある。
言い換えれば、「秀郷流青木氏の定住地」には伊勢、又は信濃から嫁いだ「女(むすめ)」がもう一つの同じ「伊勢、信濃の青木氏」を女系の優秀な嗣子に里の青木氏を興させたと云う事にも成るのだ。
つまり、況や、最早、重婚を重ねる事に依る「二つ血筋を完全融合する二つの青木氏」のこれが「60にも成っていた事」を示すものに成る。
よく似たものに「伊豆の青木氏」や「伊勢や信濃の氏人・郷士衆」がある。
筆者は、この「60の数」から観て江戸期には、最早、この「賜名の字名」は「格式名」の前に「完全な代名詞化」を興していたと考えているのだ。
つまり、「判別名に成っていた事」に成るのだ。
現実に「四掟」に基づきながらも「京の公家先」に嫁いだところでは「賜名の字名」は興っていないのだ。
所謂、これは「代名詞化する程の事」では無かった事を意味する。
唯、注釈として説明して置くのは、この「近江」にはこの「始祖の施基皇子」に基づく「賜名の字名」がそれなりの数であるのだ。
これを上記した様に如何見るかである。
この「近江」は、そもそも「施基皇子」の兄の「川島皇子・近江王の始祖地・佐々木氏」の守護地であったのであるが、ところがここに「施基皇子の賜名の字名」があるのだ。
これには「日本書紀」に基づけば次の「三つの説」が挙げられる。
一つは、平安期直前まで「川島の皇子と施基皇子」は当時の「臣下族の習慣」として「相互重婚の唯一の天智一族」であって、其の事から「施基皇子の賜名の字名」が「近江」に遺したのだ。
二つは、その結果として「二つの青木氏」が発祥した。
つまり、「近江青木氏」と「佐々木氏系近江青木氏」である。
この結果として、「施基皇子の賜名の字名」を遺したのである。
三つは、上記した鉱山開発を命じられてそこに「伊勢の青木氏の裔系子孫」を遺した事が云える。
その結果として、二つの鉱山付近に「施基皇子の賜名の字名」を遺したのだ。
ところが「近江佐々木氏の研究資料」には、この「川島皇子の賜名の字名」の事が何故か書かれていないのだ。
そうすると、「近江青木氏」は前段まで論じて来た「五家五流賜姓族の近江青木氏」では無く、一色からから来る現地の子孫、つまり「伊勢の裔系」の「近江青木氏」であった事にも成る。
つまり、「鉄穴から来る一色の大字名説」と成り得る事も考えられるのだ。
「佐々木氏系青木氏」は別としても、将又、「五家説の単独青木氏との両方での存在説であった事も考えられる。
筆者は、「近江佐々木氏の研究資料」からもこの事に就いて散見できないし、「両方での存在説」を今の処採っている。
恐らくは「伊豆」の様に「三つの混在血縁融合」が興っていたと観ているのだ。
「川島皇子の賜名の字名」は間違いなくあった筈であるが今では確認できない。
「日本書紀」に依れば「始祖の施基皇子」と同じく「合計封戸は500戸を授かっている事」から「近江」に「字名の賜名」は持っていた筈であるが、「好字令・713年・諸国郡郷名著好字令」の施行で消えた可能性がある。
それ程に「川島皇子の賜名の字名」は弱かった事にも成る。
唯、「天武天皇の崩御後」の際に「川島皇子の裔系」はその「行動・大津皇子事件」を「持統天皇」に疑われた史実があり、この事で「近江佐々木一族」は、其の後、「不遇の扱い」を受けた史実がある。
其の事から、「川島皇子の賜名の字名」は「賜姓」と共に「近江」で遺せなかった事と、源氏化に依って遺せなかった事が考えられるし、逆に「伊勢信濃」は発展し、その差から、完全な疎遠と成って仕舞った事を示すものと成る。
もともと「近江」の「真砂の不毛の地」は「伊勢」が「額田部氏に依頼しての開拓開墾」であって、その後の開拓開墾は成功し、「楮の生産」で一時「財」を成したが「源氏化」でその財源も失って「字名」も遺し得なかったのだろう。
故に、「佐々木氏の研究資料」には不思議に「字名の記載」がない所以であろう。
従って、先ず遺しえる力は無かった事が確実に云える。
と云う事は、だとすると「近江の遺る字名」は「施基皇子の賜名の字名とその裔系」であった事も云える。
つまり、一つと三つの事に依って遺した事に成る。
つまり、斯くの如しで「施基皇子の賜名の字名」は「松井氏の論説」をも裏付けるものと云えるのである。
と云う事は、これは「摂津」を「起点」として「近江」までにも「伊勢信濃の勢力」は「商い」のみならず「子孫力」でも伸びていた事を示すものだ。
筆者は、「日本書紀」にもある様に、「鉱山力」に強く注目して「銃に関わった事」の以外に「青木氏の歴史観」を広げる為にも「賜名」も研究しているのだ。

この事に就いては前段でも論じているので「本サイトの検索で・字名で検索」されたい。
「嵯峨期の詔勅禁令」でこの「賜姓」は「青木氏」か「ら賜姓族・源氏」に変更した事を論じたが、この時に「青木氏の慣習仕来り掟を真似る事」をも同時に禁じた。
この禁令は鎌倉期より室町期ではこの「禁令・朝廷の権威」が緩み「格式の搾取」が「格式の無い姓族」に依って激しく横行した。
この時にこの「賜名の字名」が「一部の者・地頭等」に依って「格式権威」に使われたのだ。
鎌倉幕府は治めるに必要としたので敢えて使う事を黙認したのだ。
それは「守護職」から変えて未だ馴染みのない「地頭職」を幕府は置いて治めようとした。
朝廷は幕府からの申し出の「地頭職」のこれを当初認めなかったからで、つまり権威の無い役職と成って仕舞ったので敢えて「権威付け」の為に「字名の使用」を強行した。
これには「嵯峨期の禁令があった事・青木氏の慣習仕来り掟の使用禁令」から逆らう事が出来ずにこれを黙認したのだ。
頼朝の地頭制度の最初は「伊勢の伊賀の地頭職」で、次は「三河の西尾の地頭職」であった。
取り分け、三河は「荘園」が多く、「七郡・碧海郡、額田郡、賀茂郡、幡豆郡、宝飫郡、八名郡、渥美郡」 から成り、「豊穣の地」として「荘園支配権の簒奪戦」が起こっていたのだ。
そこで鎌倉幕府はこれを鎮める為にも「地頭職・西尾氏」を始めて送ったのだが周囲を統治するだけの権威は無く効果は無かった。
そこで、この「西尾氏」に「施基皇子の字名」の「一色」を使わさせて権威づけさせて統治させようとしたのだ。
何故ならば、その近くにの「額田端浪の一色」には、三野王に嫁した桑名殿の「浄橋と飽波の裔系・額田青木氏」の一族が住んでいて、「始祖施基皇子の伊勢の字名・不倫の権」の「一色」を「仕来り」に従い名付けて権威化を図り周囲に「デリバリー」をこの地域に構成していたのだ。
これを利用して「西尾の圷」にも「一色の字名」で「伊勢の荘園」であるかの様に見せて従わさせる策に出たのだ。
伊勢の「伊賀地方」も同然で、「惣国地」でもあったここに「鎌倉幕府」は「足利氏・栃木県足利」を送って地頭を最初に置いたのだ。
そして「伊賀青木氏」と同化を図って一色姓を名乗ったが任期が過ぎると早々と現地孫を遺して足利に戻った。
「権威ある字名」はこの様に使われたのだ。
これがもう一つの判別する仕来りであったのだ。

(注釈 「駿河青木氏の青木貞治」の詳細経緯)
前段までに論じた詳細経緯で「青木貞治」は戦乱の中で歴史的に「青木氏族」に大きな影響を与えた人物であった事が云える。
そこで、従って、改めてその経緯を更に辿つて論じてみると、次の様に成っている。
「駿河青木氏の青木貞治」は、先ず「今川氏」の「土着国衆・土豪」と成った。
其の後に、今川氏の「渡り国衆」に成っていた「松井氏」が、そして「勲功」を挙げて遂に「今川氏家臣」と成り、「重臣」とも成った「松井氏・二俣城城主」に対し、「駿河青木氏の青木貞治」は「松井氏の国衆」と成り、「家臣」と成った。
ところが、「今川氏・桶狭間戦死」は衰退し「二俣城の松井氏」も衰退し、分裂した。
ここで「青木貞治の裔系」はその三つに分裂した松井氏の徳川氏側方に着いてこの松井氏は「今川氏から徳川氏」に「今後の命運」を架けた。
結局、優勢を保持した「徳川氏側の国衆」と成り、「松井氏の二俣城」は結局は「徳川氏の物」となった。
この「元二俣城の松井氏」と「遠江駿河土地」と「国衆の所縁」を以て「二俣城の守備隊・家臣中根氏」と成ったのだ。
そこに「駿河秀郷流青木氏」、及び、「武蔵秀郷流一門」の「後押し」で、「兵の支援・100」を受けて「二俣城の副将格・兵200」を獲得した。
「駿河国衆」より「遠江国衆」として成り得て「徳川氏の国衆―二俣城家臣」と成り得たのだ。

先ずこれを前提にすれば、「早期の経緯論」に成り得る。
4 宗信・弟 二俣城家督 1529 桶狭間戦死 1560年
結局はこの経緯から「駿河青木氏の青木貞治」が仕えたのはこの“「松井宗信」”であった事に成る。
だとすると、この直ぐ後の「桶狭間の戦い」で主君の“「松井宗信」”は戦死したが、同じ松井隊にいた「青木貞治隊・兵100」は何とか生き延びた事に成り得る。
そこで疑問・AとBが生まれる。
A 何故、生き延びたのであろうか。
其の後の「{二俣城」では徳川氏の中で子孫拡大どころかそれ以上に確実な地位を固めているのだ。
もう一点は、歴史的時系列では、丁度、この時、「額田青木氏の銃隊」は南下して「三河国衆」に成っている。
B 何故、この時期に「訓練中の額田青木氏の銃隊」が「三河国衆・1560年」と成ったのかである。
但し、この「桶狭間の戦い・1560年」には記録上では未だ「額田青木氏の銃隊」は参戦していないのだ。
国衆に成って4~5ケ月後の事である。
「駿河青木氏の青木貞治隊」は参戦したのだ。
この「二つの何故の事・A、B」に就いて「手掛かり」と成るの詳細な記録は無い。
特異な青木氏に依る歴史観である為に独自の時系列で追うしかない。
そこでAに付いて、気に成る点がある。
「桶狭間の戦い」の中心と成った付近の「ほぼ南300mの所」に「神明社・伊勢信濃の青木氏の守護神・現存・古跡社」が在った。
そして、ここから「北東7.5k・2里」に「春日社・2社・秀郷流青木氏の守護神・古跡社」が在り、何れも現存する。
この「神明社」と「春日社」は、何れも「二つの賜姓族の青木氏社」として朝廷より「不倫不入の権・朝廷」を得ている「古来の高井神格の伝統」を保持した「最高の社格式」で、室町期はその「拘束力」は弱まったとしても未だ敬われていた。
ここで改めて、「奈良期の伊勢信濃の賜姓青木氏の神明社」と、「円融期の賜姓秀郷流青木氏の春日社」で、「古来奈良期からの伝統的神格概念・社」とは異なる「伝統的神格概念」を緩めた「神社格式」ではないのだ。
故に、一段上の神的社のものとして「神社格式」とは別により特別に敬われていたのだ。
念の為に、簡単に論ずれば「社格式」とは、「神を崇拝する原理主義概念・奈良期の古来概念」であり、「神社格式」とは、「仏教的概念」をある程度含有した「神を崇拝する進歩的概念・平安期」であつた。
「Aの推論」としては、この「神明社」か「春日社」に「青木氏」として逃げ込んだ事で掃討を免れた事が云える。
唯、「信長」はこの「特権」を否定していたが掃討していた家臣等がこの伝統を敬い黙認したとも考えられる。
何れの「社」の「神職」も「四掟の嫁家制度」の「女系で繋がる青木氏・賜姓の同族」である。
この「神職・青木氏」が「社門」で盾に成った可能性がある。
この時、元信・家康は「大樹寺(松平家菩提寺)」に逃れ住職の助けを受けて助かっているのだ。
当時は、「戦場やその近隣の民」は難を逃れる為に「神社や寺」に上記の意味で逃れるのが一般であって、そこに身を変えて逃れたと考えられる。当時はこの高い格式の国幣社格に逃げ込むと兵は一般に手を無理に出さないのが伝統であった。
因みに、何度も論じた事であるが、唯、「秀吉」は「信長」よりもっと厳しくこの習慣を否定したが、流石に攻める事まではしなかったが、然し殆ど「焼き討ち」は掛けたのだ。
「紀州根来寺」などは民や僧兵と共に6000人と云う人を焼き殺した史実はその典型である。
何故ならば、戦乱期はこの様に「逃亡兵」がこの習慣を使って寺社に逃げ込む事が多かったのだ。
他に平安期に平家に追われた日向に配流と成った「源宗綱等他2人」が「以仁王の乱」で敗退し、配流罪で隠れ住んだ「廻村の者」と「薩摩大口村の浄土寺・現存・5人」まで逃げ込んで間一髪で「伊勢青木氏」を名乗り難を逃れた。
伊賀で関係を持っていた“青木氏を攻める事は出来ない”として「九州平氏・平氏の始祖の伊賀平氏の高野新笠・青木氏出自の光仁天皇・白壁王の妃」は再び「日向」に戻った史実があるのだ。
これが「日向青木氏の大口青木氏・現存」である。
この様な史実に、「永代不入不倫の権」を持つ「官幣社の最高社格式社」は乱世とは云ど最小限の処で保護されていたのだ。
又、室町期には「足利幕府」からも改めて「青木氏族」は「律宗族」としても認められ「侵犯」に付いて「特別保護」されていたのだ。
筆者は、そこで、A 何故、生き延びたのであろうか。?では、上記の「北東7.5k・2里の春日社」では無く、「南300mの神明社」に逃げ込んだ説」を採っている。
ここであれば逃れられる。逃げるとしても「北東7.5k・2里の春日社」は遠すぎるし、そこから「遠江」に逃げ帰るには地理的に困難であろう。
「尾張」を避け「三河の国境・現名 みよし」を廻り「三河」の「青木氏の所縁の安全な地等・岡崎から豊橋等」を経由して「遠江の西光寺」まで約100k・1日以上を所要する。
然し、「突発的に起こった襲撃」を躱すには「戦場の地に在る神明社」の方が先ずは「最適な避難所」であった。
況してや、「駿河青木氏・青木貞治」と「伊勢」は母方実家・で血縁族で訓練して興して貰った「第二の里」であり、且つ、この唯一つ残る「神明社の神職」は当然に「伊勢青木氏」であり、身を挺してでも一族を護ったであろう。
其の後、「伊勢」に連絡して「伊賀者」を動かし警護に着けた事もあり得るし、小舟で導き「神明社の傍」にある戦場を流れる「鞍流瀬川と石ケ瀬川」の支流を経由して「境川」を下り「三河湾」に出れば、最短距離と且つ安全に「渥美湾」で「伊勢水軍」か「実家の駿河水軍」が待つ船で助けられ「遠江」に戻れる。
筆者はこれくらいの事は出来たと考えられる。
そのキーポイントが現在・緑区桶狭間に在る「神明社」であったと説く。
ここに逃げ込めば後は何とでも成る。
筆者はこれを突っ込んで寧ろ次の様に考えている。
「桶狭間の戦い」は、1560年6月12日である。
これに「青木貞治隊」は「今川氏の国衆」として「松井宗信隊」に所属し、参戦している。
「額田青木氏の南下国衆の銃隊」は、この戦いの直前の2~5月頃に「国衆」と成って南下し、其の後、「伊川津の三河国衆・西三河」として定着した事に成る。
この後、ところが松平氏が違約して「東三河隊」に所属させられ、「吉田城守備隊・1565年・武田氏の侵攻予測」と成っている。
「武田氏との第一次吉田城の戦い」は、「守備隊7年後」の1572年の「三方ヶ原の戦い」の1年前の事である。
当然に、この時、既に「伊勢青木氏と伊勢水軍」は約束の通り「渥美湾・2h」に廻船を始めていた。
「桶狭間の前」には、既に「伊勢と伊勢水軍の廻船」は「蒲郡の石切り湾」を拠点にして動いていた。
とすると、「1560年6月の戦い」では、「伊川津の南下国衆と家族を護る事」と、参戦している「駿河青木氏・青木貞治を護る事」の為に、万が一の場合に備えて、「警戒の帯同」の為に「陸・伊賀青木氏・情報」、「三河湾の配置」の為に「海・伊勢水軍・救出」と、綿密に作戦を組んで動かしていたと観ているのだ。
当然に、「駿河水軍」も「伊勢からの指令」で「三河湾」に集合し待機していた事が充分に考えられる。
其れを行うだけの「充分な財力と抑止力」が在るのだから躊躇なく筆者なら絶対にそうしているし、何もしないという事は100%無いだろう。
それが「青木氏族の氏族」の長く生き延びる為の「戦略行動」であって、奈良期から生き抜いてきた「青木氏族」であってこそ、そんな間抜けな「伊勢・福家」では無かったと自負しているのだ。
「織田軍と今川軍」が衝突する様な場所は、凡そは予想が着くとするならば、又、其処辺りには「神明社と春日社」が在るとするならば、上記の様な戦略を事前に立てるし、事前に「駿河青木氏」や「額田青木氏」には「事前連絡・伊賀者」は着けていただろう。
何せこれを行う「情報・伝達組織」には「伊賀青木氏の香具師」が存在し全く苦労はしない。
「行軍・戦い時の兵糧の運搬・駿河青木氏」もあるとすると、「伊勢水軍・駿河水軍」と「伊賀青木氏の香具師の隠密行動」も必ず必要であった筈である。
これ等の事は「他氏には絶対に出来ない行動」であり、「氏族の強みを生かす事」でもあったのだ。
前段や上記でも論じた様に、「額田青木氏の銃隊と荷駄50」と「駿河青木氏の隊・100」には「伊賀青木氏」を組み込んでいたと論じたが、当にこれを証明するものである。
上記の論だとするとして、これに「追加する事」として、訓練中であった「額田青木氏の銃隊」は「桶狭間の前の前哨戦」の「小豆坂の戦い」の「一次戦」に「軍事演習的行動」として依頼されて参戦しているが、この事も考え合わせると、「額田青木氏の銃隊」の「一部」が「伊賀青木氏」と共に、「伊川津域」に国衆として定着する「少し前・4~5月程度」の「桶狭間」に、“「一族の誼」”として「駿河青木氏の青木貞治隊」にも密かに合力していた事も考えられる。
だとすると、桶狭間の敗戦では“上記の筋書き通りに簡単に安全に脱出出来た”と観られるのだ。
その証拠に、故に、記録に遺る事もない程に「駿河青木氏の青木貞治隊」は犠牲無く脱出出来ているのだ。
ここに後に「完全に生き残っている事 イ」と、「二俣城の副将と成り得ている事 ロ」の「論の焦点」が来るのだ。
そして、その後に「松平氏の家臣・御側衆・旗本 ハ」と成り得ている事のイ、ロ、ハと下記のニ、ホを勘案すると、「上記の筋書きの状況証拠」は成立するだろう。
況や、「桶狭間」で二俣城城主が討ち取られる「大犠牲の大混乱の真中・逼迫戦」で奇しくも「青木貞治隊」が生き残り得たとすれば、例え、「松井氏の衰退」で「徳川氏・松平氏側」に着いたとしても「松平の国衆 ニ」にも成り得なかった筈であるし、又、其の後の「駿河・相模青木氏の支援」を得て「兵力・200」に増やし「二俣城副将 ホ」にも成り得ていなかった筈だ。
要するに、「青木氏族の生き遺りの為」に、「戦乱の中」では「唯一の抵抗手段」の「大抑止力」は働いていたと云う事になろう。)

「青木氏の伝統 64」-「青木氏の歴史観-37」に続く。  

名前 名字 苗字 由来 ルーツ 家系 家紋 歴史ブログ⇒

「青木氏の伝統 62」-「青木氏の歴史観-35」

「青木氏の伝統 61」-「青木氏の歴史観-34」の末尾

そもそも、氏家制度の社会の中であり、その様に考えるのが普通である。
寧ろ、筆者なら大いに利用したが、ところが「青木氏の氏是に基づく信念」を貫き、「提供」が結果として「青木氏に危険を招く」として、「資金の提供」はあったとしても「銃の提供」に関してだけは応じていないのだ。
又、「銃の保持」は、「青木氏の氏是」に関わらず、「銃」は「銃シンジケート」に依って掟の範囲で隔離され、仮に「金銭」が有っても「仲間の約束」は護り「調達」は難しかったのだ。
そもそも「青木氏の銃」は「貿易と財力と高度な熟練」を無くして手軽に保持できる「銃型」では無かった。
ハッキリ言えば、この「三つ要件」を身内に備える、況や“「青木氏銃」”であって「青木氏族」にしか使えない銃であったのだ。
それだけに飽く迄も「保持の前提」は、「額田青木氏の南下国衆の護身用の改良銃」であって、「松平氏・この頃から徳川氏を頻繁に名乗る」は、それを「国衆の戦力」として観てこれを「味方に持つ事」と引き換えに、「渥美湾の制海権の獲得の条件」を認めたのだ。
その意味では、“戦力と云うよりは抑止力的効果を期待していた事”も一部では読み取れる。
況や、この意味でも、「青木氏族の一員」の“「青木貞治とその子孫の松平氏の内部の活躍具合」”が読み解けるのだ。

「青木氏の伝統 62」-「青木氏の歴史観-35」

(注釈 「駿河青木氏と額田青木氏の銃隊の関係」
この二の一族の青木氏の関係の中に存在する疑問を詳細経緯として解いてみる。
重要な幾つかの疑問があり、これが判れば青木氏族はより理解され歴史観と成り得るだろう。
そこで何故、「駿河の青木貞治一族」に、、「額田青木氏」と同じ様にこの「特殊銃」を与えなかったかと云う事の「疑問」が残るが、それは”「実戦銃」”を目的とせず「護身銃・抑止力銃」であったからだ。
「青木貞治隊」は大いに希望し、且つ「秀郷流一族一門」からも求められた事は間違いなく考えられるが、上記の「三つの要件」を備えていながら頑固に然し渡さなかったのだ。
結論から、それは「額田青木氏」は確かに三河国衆と成ったがそのそのその”国衆目的が戦う集団では無かった”からだ。
”「護身用」”としているのはそこにある。戦う集団では”「戦う武器」”である。
ここが決定的に違ったのだ。
と云う事は「国衆」はある目的を達成させる為の「一時的隠れ蓑であった事」に成る。
勿論、「伊勢」から観れば、「実戦銃」を目的とせず「護身銃・抑止力銃」であった事ではあるが、もう一つは”「戦う武器」”であれば「松平氏の中での位置関係」に「歪みが生じる事」に強い懸念の配慮があったと観ている。
この事が、「額田青木氏の南下国衆」の「伊川津での例」に漏れず、”「旗本との軋轢」”を受ける結果と成って行ったのだろう。
それは「銃の威力を持つ事」に依る「権力闘争の歪み」である。
小さい国衆で在りながらも大きい発言力を持つ事への「旗本の苛立ち」にあったのだ。
それ故に、「壊滅状態の三方ヶ原」で無理にでも近づく事の出来ない「弾幕」を張って「銃力」で以て「青木貞治隊」を救い出したのだし、救い出せれば「秀郷流一族一門」に対する「伊勢の立場」は保全出来るし、旗本への牽制にも成ったのだ。
故に「2年後の長篠後」でも「貞治の子の青木長三郎隊」は生き残れているのだし、「旗本への牽制」にも成っていたのだ。
尚、其の後の「江戸期初期」に入ってでも「秀郷流青木一族」は、「伊勢」に於いても「徳川氏」と血縁し、中でも「家康の孫娘・勝姫末裔」が、「忠元家の青木氏・伊勢秀郷流青木氏」と「信定家の青木氏・伊勢青木氏」の融合族の「二つの血筋」に加わり娶り、「青木氏の四掟の伝統」から外れた「徳川氏の血筋・立ち葵紋・姓族」が「四家」に加わり、改めて「五家目融合族」の「姓血縁の伊勢四日市殿」と成ったのだ。
新たに「徳川氏の姓血筋」を入れたが、「平安期からの融合の青木氏族」の「四日市殿」と云う一族を「姓血縁の四日市殿」として構築し直しているのだ。
こう成れば最早、「駿河青木氏」に対しての「旗本の口出す場」は少なくなったのだ
「伊賀越えの事件」で逃亡中に、「徳川氏との血縁族」の「伊勢の四日市・四日市殿」にて一時休息したのもこの事から来ていると観られる。
この様に、この「青木貞治の内部の活躍具合」が無ければ、前段で論じた様な「青木氏の氏是」を護り通し、この様な「活躍・繁栄」は無かったと考えられる。
これが、即ち、「青木氏一族の鍵」であったとも云える。
「三河国衆に合力する事」も始めとして相当に「渥美湾の制海権の獲得の条件」の時にも「秀郷流青木貞治一門」の「内部での一連の活躍」はあったと観ているのだ。
さうで無ければ、これだけの事を急に「好条件」に導く出すには「伊勢との直接交渉」だけでは難しかったと観ているのだ。
「青木貞治」が「家康との仲介の役」を執ったと観ている。
そして「情報獲得の面」でも、何と云っても「籠城戦」から「野戦に変更した事」を「短時間」の間にこの極秘の「内部の情報」を掴んでいるのだ。
つまり、何と云っても尾行中の「浜松城」から「館山街道の湖東町交差点」の「短い間」でこの「内部事情」を掴んでいるのだ。
そして、「理由・目的」は兎も角も「東の三方ヶ原」に踵を変えさしたのだ。
この直前で、「二俣城開城」で「城の兵・1280」は「浜松城」に帰されている。
この事、二俣城を護れ通せなかったとする苦しい立場の中で”「ある決断」”をしたのだ。
「東の三方ヶ原」に踵を変えた理由には、「伊勢側の資料」では「様子見」であったとしているが、つまり、この「決断の実行」には、この「青木貞治」と情報提供時に「何かの交渉・接触・密かに救出策」があったのではないかと観ている。
「救出策」は「南下国衆の銃隊の指揮官」からであったろう。
この後、「情報提供の後の三方ヶ原」で「南下国衆の銃隊の指揮官」とその一族」であった「駿河青木氏・伊勢との血縁もある」の「青木貞治」が、共に「戦死している事・戦記では覚悟としている」を考え合わせると、「青木貞治」は「松平軍の情報」を詳細に示唆した。
そこで、その情報を聞いて「南下国衆」は、「救出後」に始めから「伊川津に戻る事」を計画し示していた事が予想できる。
この「救出劇」は、「青木貞治隊の配置」の位置に左右されるが、「青木貞治の隊」はどの位置に配置されていたかは正確に描いたものはないが、「駿河国衆青木氏・四騎200」であるので、記録からは右か左かは不明だが「鶴翼部に居た事」は充分に予想できる。
でなければ救い出せなかった筈である。
先ず右であれば弾幕で牽制して「武田軍の進軍」を一時阻止し、その間に左に急いで廻る事に成るだろう。
根拠は無いが「時間的な状況証拠・時間的余裕は無い」から幸い「左鶴翼」に居たと推測する。
そこに突然に予想外に「山県軍の別動隊」が右前方から突撃して来た事で「時間的余裕」が無かった筈だ。
この貞治隊の「少し東の付け根の左の位置」に隠れる様に「銃隊が位置していた事」から観て、資料の記述の通り”「様子見」”ではあった事も判るが、これを「補完し助ける意味」でも、”情報を得ていた事”からこの隊の少し「東の付け根の位置」に隠れる様にしていたのではないかと観ているのだ。
そもそも資料行の記述に付いて、”何の為の様子見”であるかが判らない。
普通なら救出の為のタイミングを計っていた事の”タイミングの様子見”であろうが、上記した様にタイムラグからしてこの”様子見”は山県軍の別動隊の突撃で無かったと考えられる。
この”様子見”は、「武田軍と松平軍の勝敗」の事を意味した記述とも受け取れるが、既にこの勝敗は「軍議の争い」が原因して、「青木貞治の救出」と云う最終目的に代わっていた事から、「無関係の立場」に成っていたのであるので無かったと観られる。
そこで“一族である”のなら放置する事は先ず100%無く何よりも優先して救出はする。
この”様子見”は、いざと云う時には、額田南下国衆も生死を掛けて「武田軍の本隊」に対して「銃射撃の弾幕」で助け出す事を目論んでいたと観る。その一点の見極めと捉える事が出来る。
結果は、「左翼面に居た青木貞治隊」を「東の付け根の左位置」から「左斜め」に向かって「銃の連続弾幕」を張っての煙幕の中から救い出した事に成る。
この時、同時に「前方右鶴翼側面のやや斜右方向から「山県軍の別動隊」が突然突撃して来たのだ。
そして、左方向と右方向の左右に弾幕を張る難しい結果と成ったのだ。
現実にはこの方向の流れに動いた。
然し、其処までは良かった。
「山県軍の別動隊が突撃して来たという事」で「銃隊自らも危機」と成り、応戦して撃退したが、この同じ位置関係の混乱の中で「駿河の青木貞治」も「伊勢の青木・・の指揮官」も共に戦死したのだ。
故に、その”様子見”と云う語句には可成り混乱していた可能性がを暗示したものであったのであろう。
この論には、唯、共に結果として”偶然の様に両指揮官が戦死する”と云う「最悪の事態」が起こったが、これが筆者には疑問を持つのだ。

其れを先ずは論じる。
これには筆者は「狙撃説」を採っている。
それも「救出直後の一瞬の狙撃」であったと観ていて、当然にこの救出時の一瞬の状況証拠から「松平軍からの狙撃」である事は判る。
その狙撃の原因説は「戦闘前夜の軍議」にあったと観ているのだ。
「吉田城守備隊」から急遽、「浜松城」に呼び出され「軍議」に参加してこの下された「軍議の命令」を拒否した。
その結果で、そして「城外」に放り出され「城」から充分に観えている「一言坂の武田軍本隊の偵察」と云う意味の無い命令を受けたのだ。
所謂、条件をを付けられた「特異な国衆」であった事に依って「打撃」とはならず、そこで「武田軍」と激突させての決死隊の命令であったが、あわよくば「打撃をと図った事の命令」であったが「銃隊」は結果は勝ったのだ。
結果として、最早、「松平軍」にはここまでとして「自由」」に成ったのだ。
だから、上記の様に「青木貞治隊」を自由に救出できたのだ。
故に,「密命」を帯びた隠れていた「狙撃兵」に「二人」は一瞬の隙間の間隙を使われ狙撃されたのだろう。
「銃隊」はこの混乱で其の後は、「次の差配頭・伊勢秀郷流青木氏の者」が「指揮を執っていたという事」に成っているが、故にこれが「伊勢の資料」では「一族の二人の戦死」が重複するような「不詳の内容の原因」と成っているのだと観られる。

恐らくはこの「筆者の読み違い」は、歌や俳句の様に「文面の表側より内側」に秘めるものを察すると云う「当時の言葉の使い分け慣習」があって、それでそれを会得していない筆者には読み切れなかったのであろう。
「駿河の青木貞治の一門の隊」は、後に、上記した「堺からの逃亡・伊賀越え事件」で「戦功・勲功」を揚げている事から観て、「青木貞治」を除くの「一族全員」が救出に依って生き残ったと観られる。
「山県軍の別動隊」が突撃して来て「銃」で応戦したが、この時、「銃隊の一部」が「駿河の青木貞治の一門の隊」を護る為に、「武田軍の本隊」の先端に「銃弾」を浴びせて「事前の打ち合わせの計画」として「開戦」より相当に早期に「200兵の全部」を救い出したのではと考えられる。
山県軍の突然の突撃して開戦と成ったが、「救出」が全部とすると「開戦と同時であった事」が云える。
相当に慌てた事になったろうが、「青木貞治隊」は東に逸れて天竜川沿いに「盤田見附の西光寺・菩提寺」に目がけて走ったのだ。
故に、「伊川津の西光寺・現存」より「54k・船1日」の「真東の盤田見附」に「菩提寺・西光寺」が今も遺しているのだし、唯この時、“見捨てて逃げる”だけでは、それ以後も「一族関係」が保たれている訳はないが保たれていたのだ。
当然に、これは「副将青木貞治の子孫」に於いても云えるものである。
そして、「示唆の通り」に「予定通り」に「戦線離脱」して「伊川津に戻ったと云う事」に成る。
この時の状況には、確認しておく必要がある事がある。
それは、直接、「二俣城の副将・青木貞治」であって「二俣城開城後」に「浜松城に戻っている事」の史実からすると、この「大きな犠牲の敗戦要素」と成った「山県軍の別動隊の事」に付いては、既に「二俣城」で「青木貞治」は山県と面識している事に成り承知していて、この事から“何れの日にか「武田軍の本隊」に合流する”と見抜いていた事にも成る。
そして、直に「詳細な内部情報」を掴める「作戦会議」には「副将」であるので参加していた筈である。
問題は、未だ「山県軍」が「三方ヶ原」に“何時来るのか”の「時間の問題」は判らなかったのであろうし、「参戦するかの事」も判らなかったであろう。
それは「別動隊の使命」として「補給路の確保」があったからで、「戦う」と云うよりは「二俣城の戦場処理・戦後処理・補給体制」に重点を置かれていた筈で、「武田軍の本隊」だけでも戦っても“松平軍は負ける”と「副将青木貞治」は観ていた可能性は充分にある。
但し、この前提は先ず「籠城戦である事」だった。
つまり、"戦いに参戦しない"と云う固定概念が有った筈である。
そこで、「別動隊の使命」として、「三方ヶ原に補給拠点を構築する事」の為に何時かは早い内に来るだろうと観ていたのだ。
ところが「二俣城開城後」は開城であって落城で無い以上、周囲の勢力は未だ抑えきれていなかったのだ。
これに大分時間が掛かったのだ。
そこで、「松平軍の夜通しの作戦会議」では、「青木貞治」は良く知る「山県軍の別動隊の行動」を詳細に論じた可能性がある。
それを聞いた「家康」は、この「補給拠点を破壊・確保」の為に「籠城作戦」を急遽、変える決心を密かに決めたと云う事であろう。
従って、「一言坂」で野戦し敗戦して「家臣の犠牲」のもとでやっとの体で「浜松城」に逃げ帰ったと云う経験がありながらも、「堀江城の落城」を聞いて「冷静さ」を無くし、これの「経験」を生かさずに再び異常にも「野戦」に変えたとする定説には一類の疑問を感じるのだ。
そもそも、「家康」が「心の内で密かに決めたと云う事」がそもそも周囲から判る事は無く、「冷静さを無くした」も同然で定説に導く様に判断されたのであろう。
故に、この「作戦変更」で、「三河戦記」にも記されている様に「二俣城の開城の敗戦の責任」を執る為に死を覚悟したとする定説に導いたのであろう。
そもそも、この「戦記の定説」が、これも「青木貞治の個人の心の中」をどうして判ったのかであり、信用できない。
では、最も責任を取らなければならない人物が居たのだ。

その時の「二俣城」の「譜代家臣の主将・中根正照」ともう一人の「副将の松平康安」はどうしたかであるが、三河戦記の中に戦死者としてこの二人は含まれていないのだ。
故に“副将の青木貞治だけが死を覚悟したとする定説”は疑問で、もつと責任を執るべき二人はこの様に居たのだ。
では、そこで「軍議の中」で“青木氏貞治に何が起こったのか”である。
戦記でこれだけの事を定説として記されている以上は、何も無かったと云う事には成らない筈である。
「戦記に残す右筆衆」が「戦場の全体を見下ろせる安全な所」から観ていた筈だし、且つ、戦後、「三方ヶ原の生き残り者」に聴取して正確な資料を纏めていた筈で、これを当時の「戦国の仕来り」では家康に「論功考証の為」にこの「右筆衆」は報告をしている事に成っているのだ。
この「右筆衆の原石」はこの様には書いていなかった筈である。
筆者は、「詳細経緯」として、確かに当初は「責任を採った事」は有り得る事で間違は無いと観ていたが、ところが「史実と時系列」を良く調べると、その「責任の取った理由」、将又、「採り方」に問題があったと観ているのだ。
上記した様に、「青木貞治」は「額田青木氏」に「一族の者・200の救出」を「内部の情報提供」の時に依頼したが、そしてこの救出の際に弾幕を張って救い出した。
然し、当初は、騎馬上から「混乱の中」で敵の目を自分に引き付けたと筆者は戦記が匂わしている様に観ていたのだ。
敵の目を引き付けるに付値する「青木貞治」は「有名な将であった事」は否めず、「武田軍の本隊」も「二俣城」で承知していて、そこで筆者は、敢えて突然に敵前に向かい、この間に「武田軍の本隊」が近づけない様にし「南下国衆の銃隊の弾幕の誘導」で救出したのであろうと考えていた。
然し、この考えは詳細経緯と時系列を良く考察すると不自然だ。
そもそも、「6000の騎馬隊全体」を一人に引き付ける事はそもそも不可能であり、これは江戸期の明らかに美化の為のストリー化である。
要するに明らかに「物語風戦記」ではある。
この説であると、既に騎馬隊は突撃している事に成り、味方の山県軍と交差する事に成りあり得ず「銃隊の存在」のみならず「無傷の救出もあり得ない事」に成るし、更には「銃隊の弾幕も無かった事」に成り得る。
そもそも、「南下国衆の銃隊の銃撃や戦線離脱の経緯」の全体も無くなるし「伊勢資料も無い事」に成る。
この「物語風戦記の行」を使う事には問題が生まれて来たのだ。
何故ならば、「青木貞治」もこの弾幕の中に包み込めば救出は容易であった筈である。
ところが然し、筆者は「向後の憂い」を無くしこの事で「弾幕の中に入る事」はしなかったのだと思い込んで仕舞ったのだ。
それを詳細な時系列は留めたのだ。

つまり、何を云わんとしているかと云うと、「松平軍の軍議」に於いて相当に「二俣城の無戦開城の責・水攻め」を「三河旗本衆」に問われたのではないか云う事だ。
「全員戦死の覚悟」で「二俣城」でも「時間稼ぎ」を求められていたが、「譜代家臣の主将の中根」の責を問うのでは無く、「旗本」ではない「副将の青木貞治」に非難が集中したのではないかと予想しているのだ。
その前に最も責を負う人物が居たと云う事だ。
それは「松平康安・18歳初陣」である。
この人物は「大草松平氏の出自」で「曾祖父」は「家康に反抗した者の裔」であり、副将級の「軍目付・軍監」として「二俣城」に派遣されていたのであった。
その前に、この「二俣城」は、そもそも元は「今川氏の輩下の松井氏の居城」で、この領土の盤田見附の土地に「縁・前段」あって、「青木貞治」は「遠州国衆・経緯下記」としてこの臣下と成った経緯を持っていたのだ。
恐らくは、「旗本との間」でこの「関係」に「糸を引いていた事」と考えられる。
然し、この事に就いて「右筆衆等」が、「何かの形・郷土史や手紙や寺や一門記録」で残しているかと観て調べたが遺されている資料は無かった。
「無いと云う事」に就いて、これは後に「家康の用人」として「青木貞治の子孫・長三郎」が重用されている立場として、“江戸期に成って「幕府の権威」を下げる様な「史実」を世に遺すのは好ましくない”として消し去った可能性が高いのだ。
それは、実はこの事に及ばず殆どの事に付いての「秀郷流青木氏の資料」が、その研究にも具する程のものが遺されていないのが現状で、その「残念な理由」の一つとしても此処にあるのだ。
その「残念な理由」とは、「秀吉天下の対応」で「徳川家康」は「武蔵転封・1590年」と成ったが、この際、土地の大郷士集団であった「秀郷流一族一門・316氏」を味方に着ける為に、「一族一門の者の一切を家臣・官僚族・旗本家人衆」に抱え込んで味方に着けた。
そして、自らも「藤原の朝臣」とし「氏名」を名乗る程に扱ったのだ。
其れも、「平安時代の習い」に従い、「徳川氏の御家人・天皇家の家人扱いと同じ格式」として扱い「特別な格式・家人扱い」を与えて「旗本」とは別に幕府で「事務官僚・本領安堵」として重用した経緯を持っているのだ。
当然に「格式の無い旗本・近習衆」は猛烈な反発をしたのだが、それ故に、「幕府の権威を下げる資料」などの保存は悉く抹祥されたのだ。
これが所以の一つなのである。
ここに至る「詳細経緯の始点」も“「駿河青木氏の貞治」”に始まっているのだ。
上記の後の事を
を考察すると、故に責は「松平康安」にあったが、「青木貞治に押し付けたと云う経緯」があった事で、この史実の経緯を抹殺しようとしたと考えられるのだ。
その為には、「青木貞治を救出される事」は逆に「旗本に執っては拙い事」であったのだ。
それで狙撃して戦死と見せかけようとしたのだ。

次の疑問として更に論じてみる。
そこで、この行の“「一族一門の者の一切を家臣・官僚族」に抱え込んで味方に着けた イ”に付いての疑問があるのだ。
それは、“「徳川氏」が何も無しでこの「状況イ」を作り込んだか”である。
それは無理でありこの「氏家制度」の中ではこれはあり得ない事で、「藤原秀郷流一門の者」が勝手に個々に「家臣に成る等の事」は一切出来ず、もし、それをすれば一族一門から排他され滅ぼされる始末の世の中であった。
要するに「互いの結束」に依って「吾身」を護っていたのが「氏家制度」であるのだ。
当然に、この制度に於いては今論じている「額田青木氏等」と「伊勢」を始めとして「全青木氏族」も同然であった。
故に、「武蔵入間の総家」との「繋」が無ければ成り立たない「時代事」であったのだ。
とすると「繋」が必要であった筈である。
筆者は、この「徳川氏の繋ぎの役目」を果たした、又は出来た唯一人の人物は「青木貞治の子の長三郎」であったと観ているのだ。
其れは青木氏貞治の裔のその後の事に関わるのだ。
この「貞治の子の長三郎」は、その後、「家康の御側衆・上級側衆・最終は上級番方に成る・3500石・1400貫・国衆から旗本」に破格の出世をしていたのだ。
「状況イ」を作り込んだ人物”としては何せ役柄と云う点からもピッタリである。
そもそも、この歴史上に遺るこの人物は、「本能寺の変頃の伊賀越え」で大功績を掲げ「家康の命を救った人物」であるのだ。
それらの事から「江戸期初期」の「長三郎の役目柄とその子孫」もその様な立場にいて、「最終」は「名誉格式を持つ上級番方頭・家人旗本」に成っているのだ。
その彼が、"宗家と紐付けた"と考えているのだ。
「本論の詳細経緯」の特筆するはここにあり先ず間違いは無いだろう。
後勘から観ると、更にはこれが「伊勢青木氏等の青木氏族」に執っても「生き方」を「良い方向」に向けた「所以の起点」とも成ったのである。
唯、その「起点」を作った「初代・青木貞治」には「波乱万丈の人生」であったと云える。
何事もこの世は初代は、波風の人生を送るは世の常庸であった事は理解できる。
この「波風の人生」を物語る徳川氏の出現は、「長篠後」に奪還したこの「二俣城」を彼の「青木氏」が苦しめられた「最大旗本の大久保忠世」に任しているのだ。
これを観てもこの「東三河の人物の旗本衆」には、「駿河青木氏」のみならず「伊川津の額田青木氏」に於いても「同じ仕打ち」を受け続けた事が判るのだ。

それだけに「松平氏・1563年改姓の徳川家康・上野国土豪得川」の先祖から「徳川」と解明したが、注・これを長篠後に大いに使うが、この様にこの「松平氏・徳川氏」に執っては、「二俣城の敗戦」は厳しく「戦略上の重要拠点」であったのだし、その旗本の「不満の矛先」を「軍議」の中で表したのだ。
それが、「主将中根」や「軍監の松平康安」に向けられずに理不尽にも国衆の身分の「青木貞治に向けた」と考えられるのだ。
然し、「所以の起点 イ」を造り出した以上、つまり、後の「江戸期」では、この「御家人と旗本と御側用人と上級番方頭・家人衆旗本」と「格式のある家筋の立場・秀郷流青木氏」に成った以上は、「旗本の不満の矛先」を向け難く成ったと考えられる。
然し、前段でも何度も論じたが、それでも「大久保・本多氏の旗本」からは江戸中期までは伊勢や信濃の青木氏にも未だ執拗に受け続けたのだ。
そもそも、「吉宗」を裏で将軍に「仕立て・親代わり」仕立て、共に「江戸向行」し、「享保の経済改革」を市中で実行した「伊勢青木氏・伊勢屋」でさえ、矢張り、「不満の矛先」は向けられたのだ。
「伊勢」に限らず「信濃青木氏」にも同然に酷い仕打ち「本領の割譲」を受ける結果と成ったのだ。
流石に「信濃も受ける羽目」と成り、「晩年の吉宗」も遂にはこの「不満の矛先」に加わりこれを止める事さえも出来せず、結局は「青木族」は裏切られ、江戸で「危険が生じる事態」と成り、急いで「伊勢に戻る羽目」と成ったのだ。
然し、其れだけではこの「不満の矛先」は依然として治まらず、「奈良期の天智天皇」より「伊勢の永代不入不倫の権」と「伊勢の事お構い無しの家康のお定め書」をも無視され、結局は「青木氏族・伊勢屋と伊勢シンジケート」と関西を仕切る「伊勢の山田奉行所・吉宗も同調・史実記録」との間でも有史来の「戦い寸前・ゲリラ戦・関東秀郷流青木氏が動き見せる」までに及んだのだ。
「三河旗本の嫉妬怨嗟」は、此処までも続く事象は斯くの如しであって、「軍議」の「青木貞治」にも向け背れていた事は後勘から観ても充分に考えられ先ず間違いは無い。

結局は、追記するが上記の「伊勢の件」は記録の通り「紀州藩・伊勢の青木氏一族が全家臣」が強力に介入し、間に入り「治まり」を着けたが、今度は、この「紀州藩」に「謀反の嫌疑」が架けられたが耐え偲んだのだ。
「格の如し」で「青木貞治」だけに及ばず「青木氏族全体」に「不満の矛先」は向けられ先鋭化していたのだ。
世の中で殆ど消えて行く中で今未だ比較にならない程の「格式力と財力と抑止力」を持ち正統に活き、それを背景に「政治」も裏で動かす「唯一の氏族」には「姓族の姓社会」では我慢が成らなかったのだと考えられる。
この「嫉妬・怨嗟」は、「人間社会」では人間である限りに於いて変わらないし否定はしないし、無くなる事は無いのだ。
「青木氏族自身」もそれを特段に取り立てたものとして考えていなかったのだ。
「青木氏の氏是」や「家訓10訓」を観れば、それが良く判り「普通の人間が生きる範囲」であったのだ。
故に、「青木氏族以上」には「過去」を周囲が意識を高めた行為であったのだ。
取り分け、「一向宗を概念とするこの三河族」に対しては青木氏族はその教義をやや高めたと云う事であろう。

さて、話を戻してそこで、更に詳細経緯を論じる。
この「苦しい環境の中」で、「青木貞治」は次の手を打ったという事だ。
この時に上記した様に「堀江」に向かい始めた「武田軍の本隊」を「額田の南下国衆の銃隊」は追尾していたが、そこで急いで「南下国衆の銃隊」に「情報提供した」と考えられる。
然し、この時の詳細経緯として「青木貞治」は、何故、自由の身と成った“南下国衆の銃隊が武田軍の本隊を追尾していた事を知っていたか”に掛かる。
それは“「何かの連絡網」”が「青木貞治との間」に構築されていた事に成るからだ。
云わずも乍らそれが、「伊勢」から派遣されていた「南下国衆の銃隊」に影に成りながら帯同していた「伊賀青木氏の忍者衆・香具師・隠密商人」にあったと観ているのだ。
つまり、「青木貞治隊」と「連絡」を取れる様に「伊賀青木氏の忍者衆・香具師」が隊の中に隠れて入っていたのだと云う事だ。
筆者は、寧ろ、「二俣城開城後」に「青木貞治隊200」に「兵」として「「伊賀青木氏の忍者衆・香具師の援軍」を送っていた事が考えられるが、この事は「定石として打つべき策」であって先ず間違いは無いだろう。
其れは次の事で証明できる。
「浜松城に呼び出された時」の「記録」では、「訓練」を受けたのは「額田青木氏の南下国衆の銃隊300」であったが、突然に「記録」は「南下国衆銃隊350」と替わっていて、「荷駄隊50」が加わっていて、これは「伊賀青木氏」と「伊勢秀郷一門」の「合流隊」と前段で説いたが、この事は当然に「青木貞治隊」にも云え、且つ、「武蔵の秀郷流一門からの援軍」と「伊勢からの援軍・伊賀青木氏の香具師」の「援軍」が加わったのではないかと「必然的な流れ」から「当然の事」として考えられるのだ。
とすると、その時期であるが、「伊勢からの援軍」は、時系列から可能な時期は、矢張り“「浜松城に呼び出された時」”であろう。
従って、時系列から「二俣城が開城した後の事」に成る。
又、「武蔵の秀郷流一門からの援軍」の場合は、時系列から当初から兵の数を整えて「副将」として入った「二俣城の時期」と成るだろう。

そもそも、その前に論じる事があるが、それは“何故副将と成り得たか”と云う事である。
その「副将」とする為には、「当時の慣習」から「青木貞治の兵数」を先ず増やし、それを「武蔵の秀郷流一門からの援軍」を求めた可能性がある。
寧ろ、求めたと云うよりは援軍は必然であったと考えられる。
何故ならば、因みにこの検証として、「駿河青木氏」の「今川氏の時代の国衆の知行」は次の様であったらしい。
検証して観ると、「江戸期」での記録を観ると、上記した様に基準は「3500石で家臣数200で1400貫」と記されている。
ところが、これに比較して「室町期」の国衆時の当時の「圷の野」であった「盤田域の庄面積」は、次の様であった。
約1800反程度弱≒1800石程度≒6000平方坪程度以下と成る。
そうすると当時は、1貫≒2.5石 7貫≒1兵 1反≒1石≒300坪≒1人の原則があった。
1家を5人として360家、この内の「農民等の家」は記録から8割として288、残りが武士の172家であり、「戦いに参加出来る者」が「最低家1人」とすると、「ave(172)≒約170人程度」と成る。
この「最低の基準」の「ave(172)≒約170人程度」に達しない場合は、農民の次男三男が「農兵・荷駄兵」として事前に金を渡され駆り出される仕組みであった。
記録では、その様な専門のバイヤーが居たと記されている。
そうすると「戦線に義務付けられた基準」は先ず「720貫 兵102人:1800石」と成る。
つまり、兵としての「兵数」が「約68人程度」が増えていた事に成る。
然し、これでは「副将」とは成り得ないのだ。
つまり、この差が「援軍・68+X」であった事に成るのだ。
当時は、「1将に対して4騎」が着き、「1騎が50兵と云う基準」があったので、「200の兵」で「将」と扱われ、「軍議に参加できる基準」であったし、故にこれを整えれば”「副将扱い」”に成ったのだ。
これ、即ち「援軍」であった事を示し、それを「秀郷流青木氏・第二の宗家」が中心と成って「援軍を送る事」で「松平氏の中」で「副将扱い」に成る様に「秀郷流青木氏一門」は計らった事に成る。
故に「X=28」と成り、「合計98人以上」を「援軍」として送る必要が出て来たのだ。
敢えて、少なくとも「約100兵程度を援軍」として送り「発言力を着けさせた事」が判る。
これを当に「数字」が物語っているのだ。
故に、本来なら軍議に参加できる「額田青木氏の南下国衆の銃隊300+荷駄50」が外に放り出された以上、は、残った「青木貞治隊」は「軍議の情報」を城外の額田青木氏の銃隊に流し、これらの「援軍」と共に「救出」を依頼したのである。
本来は残る必要が無く「軍議の命」を拒否した以上は国衆を辞める目的で其の侭に「伊川津」に戻ればよかった筈である。
それを留めたのが、「情報」と共にもたらされた「一族の救出依頼」であったのだ。
「額田青木氏・指揮官伊勢秀郷流青木氏」としては、「情報の救出依頼」があったとしても必然的にも「両者の援軍」を救出する事は、「四掟」に基づいた「嫁家制度と嫁家先制度」であった以上は「一族として義務」も負っていた事に成り得る。
救出する以上はそれには絶対的に「戦術的な内部情報」が必要であって無暗には手は出せなかったのだ。
それが「義務であった」としても下手をすると「銃隊に大変な犠牲を負う事」に成り得る。
故に、これ等の「確実な詳細の内部情報」を獲得する等の事を成すにはそれには少なくとも”「副将格」である事”が必要であったのだ。
「詳細経緯」としては、この義務を果たす為にもこの「銃隊の指揮官」も「青木貞治」と共に、これでも“相当に際どい戦いと成った事”が判り、故に「両方の指揮官」が「戦死したと云う事・狙撃」にも繋がったのでもあろう。

前段で“「堀江」に「本陣」を置いて「二極化拠点」として構築していた可能性もある”と、説いたが、戦略的に考えて「追尾行動」をしていたこの「南下国衆の銃隊」に対して、故に、「青木貞治」は、“これは危険”と観て得た「軍議の内部情報」をも提供出来ていたのだ。
そもそも、「負けると判っていた戦い」に「一族の者を援軍として送る事」は先ず無いだろうし、この「援軍」は「戦うと云う勢力」よりも「将にする事」に依って「内部情報の獲得の手段」を「主目的としていた事」と云えるのだ。
其れならば、「籠城戦」から「野戦」と成り得た前提は異なるので、「籠城戦」から参戦し「野戦」と成った以上は「青木氏族」には後は救出しかなかったのだし、つまり又もや「計算」が狂ったと云う事に成る。
それには、両者ともに安全で「無事に救い出す事」を成し得るには最後は「額田青木氏の南下国衆の銃隊の銃力に頼る」と云う事以外に無くその「流れ」は成り得たのだ。
其処に、「山県軍の別動隊」に対しては良しとしても、結局は3h~4h経てば「武田軍の本隊」が「山県軍の救出に来る事」は必然で、「青木貞治隊も南下国衆の銃隊」に執っては「愚策の鶴翼の陣形」とも成ればこんな危険な事は先ず無かっただろう。
「伊勢の勢力」も「額田青木氏の南下国衆の銃隊」も「援軍の秀郷流一族一門」も「青木貞治隊」も全体が慌てたであろう。
そもそも、この事は「開戦」と同時に「問答無用に救出の必要性が迫っていた事」に成り、故に「南下国衆の銃隊」も救出後には、即座に「初期の目的通り」に「戦場離脱に迫られていた事」にも成るのだ。
何故ならば、「補給拠点での野戦・三方ヶ原」と成れば「武田軍の本隊」は「山県軍の別動隊」を救う為に「堀江城」を出て「三方ヶ原」に向かうと当然に観たのだ。
そうなれば、救出の為に動いていた「額田青木氏の銃隊」は、「三方ヶ原」で「山県軍の別動隊」との「挟み撃ち」に成る可能性が出て来て、「300の銃隊」と云えども、再び「一言坂の遭遇戦」を再び呼び起こす結果と成り“「危険」”に陥ったのであった。
この時、ここで上記した様に「安全策」の一つとして「西の伊川津に戻る策」もあったが、そもそも「一族を放置する事」が掟上も出来ず、一族の「駿河国衆の青木貞治の隊」を「何とか護り救出する為」にも、且つその為の「様子見の為」にも湖東村の交差点で休息後、急いで「三方ヶ原」に向かったのだ。
ここに「青木氏の記録」に記されている語句の「様子見の意味」」があったのだ。
そもそも、そうなれば「急いだ事」は、物見によって“救出に適した位置取り”の点にあった事と成ったと観られる。
その「位置取り」は唯一つであった事に成る。
それは直ぐに「伊川津に戻る事」が出来、且つ「三方ヶ原に向かう事」が出来て、「安全」で「様子見」が出来て、「休息」が出来て、「三方ヶ原に徒士3h」の域で、最短での「青木貞治隊とも連絡が取れる事」が出来る「適切な位置」と成り得る地域と限定される。
それが「湖東町の館山街道の交差点付近」と成り得るのだ。
ここで余裕のある時間で先ず休息したと観られる。
そして、「三方ヶ原」では「松平軍の陣形」にも「武田軍の本隊」にも目立たなく、且つ引き上げに容易な位置取りが必要であったのだ。
其処が要するに"様子見の位置"だと観られ、全体的な意味合いを表現していたのだ。
然し、そこで前段でも論じたが「事態」は急変したのだ。
予想通り、「額田青木氏の南下国衆の銃隊」は、「武田軍の本隊」でも充分に戦えるとして「山県軍の別動隊」が、「補給拠点築造の使命」で北の山際に待機すると観られたし観ていたが、ところが強引にも合流せずに開戦と同時にこの「挟み撃ちの作戦」の様な「位置取り」と成って突如巻き込まれたのだ。
そこでその前にこの「位置取りに関わる判断要素」として次の様な物がある。
因みにそもそも、主に「戦い方」には、中国由来の「八陣形」と呼ばれる陣形が平安期からあってそれは次の通りである。
「魚鱗、鶴翼、雁行」の三形
「彎月(偃月)、鋒矢」の二形
「衡軛、長蛇、方円 」の三形
他には「決死隊の長滝等」の一形
以上の「九形」があったが、一般に「陣形八法」と呼ばれていた。
取り分け「武田軍」には「赤兜の騎馬隊・本隊用」を持っていたので、これをそれぞれの陣形に合わして配置して特徴を出して独自に陣形を強めたのだ。
故に”武田軍は強い”と云う評判が付いていたのだ。
ところが「赤兜の騎馬隊」を持たない「山県軍の別動隊」は、それが逆に「戦力の弱い補給基地築造隊」も含んでいた事」から、これが上手く行けば「戦力の弱い補給基地築造隊」を戦わす事なく護れると考えたと観られる。
それは、「鶴翼に強い長蛇の陣形」であったからだ。
そこで、これを「背後」に廻して、又は、廻った事で一列に並んだ戦記通りの「長蛇陣形」の「鶴翼突破型の全軍側面突撃」を取らした結果、又は「山県が採った結果」と成って故に「突撃の形」が自然と出来ていたのだ。
ところが、突撃開始直前には作戦通りに「長蛇陣形」で良かったが、突撃すると前段でも論じた様に「思い掛けない事」がここで起こりこの陣形が違って仕舞ったのだ。
弱点と成って仕舞ったのだ。
何と強力な「銃弾」がとぎれる事無く、其れも先頭から後尾までに一斉に遠方左から命中率良く浴びせられたのだ。
寧ろ、これに依って逆に「長蛇の陣形」が「全滅に近い痣」を成した形と成ったのだ。
一度、経験している「銃隊の存在」を強く意識していれば、「鋒矢の陣形」で「補給基地築造隊」を包み込む様にして「敵中突破の突撃」を仕掛ければ犠牲は少なかった筈であったし、救出していた「南下国衆の銃隊」には逆の事に成り得ていたのだ。
つまり、ここでもこれでも「銃隊の存在を読み違えた事・下記」が判るのだ。
「三方ヶ原の補給拠点」を、急遽、「野戦」に出て「松平軍に確保された事」で、この情報を得た「堀江」に居た「武田軍の本隊」が、「三方ヶ原の奪還」と「山県軍の救出」を目指して東に向かい、この「山県軍の別動隊」も遅れて何とか到着したのだが、「異変」は起こった。
この事で、「三方ヶ原の補給基地」を築造後はここの「守備隊」として「山県軍の別動隊の使命」として着く予定であった事は「当然の事」としてこれで判る。
戦略上では、「先に守備隊として確保したものを奪う戦い・奪還作戦」は難しいのは何時の世も「戦略の常道の知識」である。
故に、「家康」は、突然に「籠城」から秘密裏に「野戦」に変更し先に位置確保しようとしたのだ。
それには「家康の考え」は取り敢えずは成功したかに見えた。
「別動隊の使命」に基づき「補給拠点構築隊」も引き連れていた「山県軍の別動隊」は、「本隊」に合流せずに、或いは出来ずに、そもそも荷駄などで動きの悪い「援護守備兵であった事」で遅れた事もあって、「鶴翼の右側面の山際」に開戦ぎりぎりで陣取った事に成ったのだ。
この「拠点の三方ヶ原」を「先に奪取された事」で「山県軍の別動隊」の「使命の達成」が出来なく成って仕舞ったのだ。
そこで本来であれば「武田軍の本隊と松平軍との戦い」に成ると計算されていたが、「遅れた事の道中」で「山県軍の別動隊・目的が違う」は「北の山際」まで突撃をするかどうかを考えていたのではないか。
ところが、到着して観れば、「二つの事の異変」に気づいたのだ。
一つは、「弱小の松平軍」が何と「予想の戦術・魚鱗の陣形」では無く「鶴翼の陣形」を採っていた事である。
二つは、「西向きに陣形」を向けていた事である。
本来であるなら「三方ヶ原の平坦地」の中にある「浜松城を背景に陣形を北向きに採る」のが常道である。
西から来る「武田軍の本隊」と東から来る「山県軍の別動隊」が合流して「北を背景に陣形」を組むのが常道であった。
この「陣形の向き」であれば「武田軍本隊」も「松平軍隊」も何れも両軍に執って「有利な位置取り」である。
つまり、ここで遅れて来た「山県軍の別動隊」に執ってだけに「不利な事」が起こったのだ。
それは、「西向きの鶴翼であった事」に依り“武田軍の本隊と合流出来ない”と云う事が起こったのであった。
「遅れた事」に依って「北側の山際」に“単独軍として離された形と成った事”であった。
これが逆に「松平軍の狙」でもあったかも知れない。
要するに「松平軍・家康の命令」はそれを狙っていた事にも成る。
「額田青木氏の南下国衆の銃隊」に対して、そこで「予想していた事と違った事」の二つが起こって、それは「戦況」を観ているか、さもなくば「武田軍の本隊」より前に行動するかに迫られいたのだ。
そこから「山県軍」はそもそも「別動隊」である以上は、状況に応じて「独自単独」に移り、今度は何と「松平軍」に執っては「予想外の行動」に出たのだ。
“「援護守備兵」で「鶴翼の右側面」に「武田軍の本隊」よりも先に突撃して行った”のだ。
何れも「虚を突いた形」と成ったのだ。
「山県軍の別動隊」に執っては、「武田軍の本隊の態勢」に執ってこの状況は”これは「得策」では無い””として、先に、最早、「三方ヶ原」が先に奪われた以上は、“「使命達成」は当面は不可能”と判断したのだ。
その「行動の判断」は、「同時」に「後の行動」に執っては、「武田軍の本隊の行動」を遮る事に成った。
且つ、「敵が鶴翼陣形」であった以上は、「松平軍」にも著しい混乱を招く事にも成ったのだ。
そして、「二俣城からの移動の行列」が、丁度、「長蛇の陣形」であった事から「鶴翼側面」を「後尾の補給基地築造兵」を護る為にも「一点集中の突撃突破」で攻撃に入ったのだ。
これを観た「武田軍の本隊」もこれに引き続き「魚鱗の陣形」で「総崩れ」と成っている「鶴翼の松平軍」に向かって前進し最終は完全掃討し勝利したのだ。
唯、この時の間、復もや「山県軍の別動隊と武田軍の本隊」とに「思い掛けない事」が「南側」で起こったのだ。
それは、「南下国衆の銃隊の存在」であった。
この「南下国衆の銃隊」は、「一言坂」とその後の「追尾」であったと承知していたが、まさかの「額田青木氏の南下国衆の銃隊」の「戦いへの参戦」であったのだ。
「武田軍の二軍」は最初はそう見ていただろう。
恐らくは、そこで「牽制程度の事」はあるとは判っていて、“本格参戦は無いであろう”と見込んでいたのだ。
それを示す「三つの証」として、そもそもその「破壊的威力の持ち主の銃隊」でありながらも、“攻撃をして来ない意思として、それが「一言坂からの追尾」”まで終わりと思い込んでいたのだろう。
それは「松平軍としての堀江城への援軍攻撃」が無かった事の思い込みが左右したのだ。
ところが、「三方ヶ原」に到着して観れば、「銃隊」に執っては、“攻撃の仕難い「鶴翼の位置取り」”とに成っていたのだ。
要するに「武田軍の本隊」は前の一言坂や堀江城の関わり方の「戦い方」から観て、「南下国衆の銃隊」が少なくとも“攻撃的で積極的ではない”とその様に考えていた事に成る。
この事から考えても、「銃隊」としては「鶴翼の付け根部に隠れる様に位置していた事」が判っているので、射撃すれば味方も撃つ事に成る「相当難しい位置取りにあった事」が考えられる。
然し、「青木貞治隊の救出」の為にいたが、「山県軍の別動隊の思いもかけない突撃」で、止む無く「銃の攻撃」を仕掛けたのだ。
何方にも、“思い掛けない予想外の一瞬の出来事が起こった”のだ。
そして、「武田軍の本隊」に向かって「弾幕」を張って何か弾煙の先の中から「救出作戦を起こしている光景」が「信玄の目」に入ったし、先に突撃をした「山県軍の別動隊」の「山県の目」には累々と「戦死者の山の光景」が目に入って来たのだ。
「信玄」に執ってはどうしようも無い「開戦の一瞬の出来事」であったであろう。
つまり、それは「予想外の事」が「勝利の武田軍」にも、「敗戦の松平軍」の「両軍の目」に入ったのだ。
「弾幕の煙」で一時戦場が観えない程に成ったと予想できる。
開戦は午後の四時頃であったので「谷風・海風」が吹いていて、南から北に向かって谷筋に三方ヶ原の戦場に向かって吹いていた。
なので、「弾煙」が消えては、又、「弾煙」が出来ると云う光景が起こっていて、その「武田軍の本隊の混乱中」の間に、この「救出劇」が起こって東に逃がしたと「詳細経緯」としては考えられるのだ。
「山県軍の別動隊」に執っては射撃音以外に何処から弾が飛んでくるかは正確には判らなかった筈だし、「武士道」の通じない生死の「経験のない恐怖・銃弾」が先行して「逃げ隠れの出来ない処置無しの状態」であったと考えられる。
故に、比較的に「救出」は容易に犠牲も無く成功したし、「北・戦場」に向かっても連射しながら「荷駄隊」と共に、無事に西に後退する「戦線離脱」も容易であったと観られるのだ。
「近づく者」は居なかったと考えらる。
恐らくは移動しながらの「空砲の煙幕」でも充分であったろうし、「一言坂の経験」の様に100%居なかったと考えられるが、執拗に近づけば実弾連射して撃滅戦を繰り返しながら「戦線離脱」したと考えられる。
この「戦線離脱した南下国衆の銃隊」を「仮・現実には無理」に追撃したとしても「館山街道の例の交差点付近」までであろうし、此処からは「武田軍の本隊」としても戦略上踏み込めなかったと考えられる。
史実は何れの戦記にも記されていない事から“追撃は無かった”のではあるが、ところがその前の「やるべき事」が「武田軍の本隊」にあったのだ。
それは「戦場の掃討作戦」と「山県軍の別動隊の支援」にあった筈で、「補給基地の三方ヶ原築造を使命の別動隊である事」を前提にしながらも、「軍事行動」を起した事、且つ、「別動隊として浜松城を陥落させる使命がある事」も考えると、これを支援しなくてはならない「本隊としての役目」が「戦いの流れ」としてあった筈である。
現実に、史実の詳細経緯は「脚色された三河側の多説」が多いが、「掃討作戦と別動隊支援している事」には間違いは無い。
「救出後の武田軍の掃討作戦」も、「青木貞治一族」が隠れていたこの「西光寺」では、「武田軍の本隊の2度の印象」の中には、“銃隊の一部が未だ居るのでは”と連想し近づく事は出来なかったと考えられるし、命令なしに掃討が出来ない寺であった事は間違いは無い。
何故ならば、そもそも「寝る子の東の秀郷流一門361氏」と、「第二の宗家の位置づけ」の「秀郷流青木氏116」を起こして仕舞う危険性があったのだ。
「青木貞治隊」が「逃げ込んだ盤田見附の西光寺・平城館の大寺」が不思議に戦記上では掃討された事は記されていないのはこの事に依るだろう。
そもそも逃げ込んでいるか否かは別として、「一言坂の此処」で一時停留しているので確実に「掃討の確認をすべき拠点」である事は知っているし、「青木貞治隊」に限らず位置的に観て「松平軍の残兵」が少なくとも一時的にもここに潜んでいる拠点である事には間違いは無い。
この様な「一族の菩提寺の西光寺」から「青木貞治隊」が再び“城に入った”と云う記録は無い処を考えると、「武田軍の本隊」が「浜松城」を攻めた場合とか「掃討作戦」で「西光寺の方」が「平城館」の様にして「寺の周囲」を固めれば安全であると考えたのであろう。
故に、「生き残れた一族の勢力」は、江戸期には「御側用人衆・上級番方」として出世して禄高を史実の通り1800石から3500石に倍増させて「駿河青木氏の子孫」は栄えたと成るのだ。)

(注釈 「額田青木氏と駿河青木氏の生き遺り」
さて、上記の詳細経緯に至る先に論じる。
「三方ヶ原の戦い」に勝利した後、ここに当初の目的通りに「補給基地」を築造せずに堀江城と二俣城などの出城に「守備隊」を残し「甲斐」に全軍を引き上げている。
2年後の「長篠の戦い」の際には、この二つの出城の「守備隊等」は松平軍に対して「善戦をした事」が何れの戦記にも記されている。
つまり、そこで「周囲」がまだ「武田軍の守備隊」に囲まれているこの2年間の「西光寺の駿河青木氏の動向」が気に成る。
この事に関する記録等を探ったが、唯一つ何かを物語る行が「伊勢」にあった。
それは「伊勢水軍」であった。
「出城に居たの「山国の武田軍・少数」には「水軍」を持っていないので、伊勢側は「渥美湾に船を廻す事」がある程度可能に成って、「駿河水軍」と連携して「伊豆」まで廻る「商い等の運搬に盛んに従事している「行」が「商記録」にもあって共にこの史実に付いては一致していのである。
つまり、これは何を意味しているかである。
「南下国衆の銃隊」が戦線離脱して「三方ヶ原」から「伊川津」に戻り、「陸運業」に逸早く転身した。
そして「縦の陸路1と2」を構築して「信濃」に繋いだが、戦後、「三方ヶ原」より「武田軍」が予想外に甲斐に戻った事」と、「織田氏の西三河への伸長浸食」で「武田軍の脅威」は三河では低下して「渥美湾の制海権」は何とか獲得出来た。
この時、この為に「松平軍」が「力・財源」を持つ事に警戒した「織田軍」は、「伊勢」で水軍を造ろうと懸命であって、その結果、遂に「熊野水軍の九鬼水軍」を味方に引き入れた。
そして、「伊勢青木氏」が「7割株」を持つ「伊勢水軍の伊勢衆・50衆」に対し「楔・調略」を打ち込んできたのだ。
「伊勢衆の掟」を破り「4組」がこの「織田の調略」に落ちたがこれを「伊勢青木氏」は「掟と財源・株」で食い止めた。
然し、結局は「1組・現在も水運業として遺る」だけが調略に応じたのだ。
そもそも、「伊勢衆」は「伊勢青木氏の女系の重複血縁の古来からの氏人」であった。
最も尾張に近く縁の薄かった「東の知多一族」が落ちたのだ。
然しながらも、当然にこれに伴って結果として「陸運業」と「海運業」は動ける様に成った。
そうなると、「松平氏の敗戦」に依って「青木貞治の彼等の糧」は失う事は必然であった。
そこで、「駿河水軍の裔の駿河秀郷流青木氏の一族」は、この「伊勢と伊川津の陸運業と海運業」にも関わる事」で一族を生き延びさせ、且つ、「武田軍の追及を逃れる事」も出来たのだ。
「駿河水軍・1艘の廻船」を「伊勢・伊勢水軍と伊勢屋4艘」からの「海と陸の中継点」として「伊豆や武蔵」にも繋げる事が出来て糧を戻したのだ。
この「2年間の彼等の糧」はここにあったのだ。
これは「元駿河の国衆の強味」の所以でもあった。
そもそも、「敗戦し弱った松平氏の家臣」の中に、「自らの水軍」を持ち「財を持つ御側衆」は他にはいなかったのだし、「東の大勢力の秀郷一門」を背景にした「家臣」はいなかったであろう。
それが「松平氏・徳川氏」には「強み」と成ったのだ。
松平氏の旗本の中では、”三方ヶ原、云々等”と云っている場合では最早無かったのだ。
寧ろ、金銭的に助けられた事だってあっただろう位の位置に押しやられたのだ。
この事で身分以上に力を持つ「旗本扱いの家臣・秀郷一門の関東家人衆」に対して、「三河旗本・近国衆」には叶わないとする「嫉妬怨嗟の渦の波」が「額田青木氏」と同じ様に押し寄せていた筈である。
「三方ヶ原後の浜松城の松平氏」は、危険な隣の織田氏に近い「西三河」を残し、「北三河と東三河と遠州での糧」を失っていた。
その「衰弱した松平氏」の中でも、この経済的に劣ない身分以上に「力を持つ家臣・関東家人衆の御側衆・青木貞治の裔」は誰一人居なかったであろう。
ところがこれが三方原戦後に「伊勢勢力」を背景とした「額田青木氏」の「三河での商い」と共に「松平氏の強み」とも成って行ったのだ。
敗戦被害を受けなかった「西三河の軍勢」には「2000人」を与えられていて無傷で残っていた。
そこでこの時の「松平氏の力」を検証する。
そうすると、「尾張」に隣接する「西三河」だけが遺っていたので、その三河は次の様に成る。
「1貫≒2.5石 7貫≒1人家来」の「軍制の仕来り」から、最大で1万4千貫≒3万5千石となるが、「信長と秀吉」に依ってこの「弱み」を突かれて「国境沿いの西三河の浸食・三好域まで」が浸食された。
これで「2万石」にまで減石されていた状態と成っていたのだ。
これではどう考えても「旗本以外には養えなかった事」に成る。
「三方ヶ原」で全滅に近い敗戦をしているので、どの記録を観ても最大時に「国衆」を掻き集めてやっと合わせて「兵5000・脚色戦記」に成ったとしているが、検証では実際はそんな力は無かった。
戦後は「敗残逃亡兵2000程度以下」には成っていた筈である。
先ずはこれでは「旗本程度」を養える事と成るが、「国衆等」は「自らの糧」を「何らかの力」で得なければ生きては行けない事に成っていた。
「駿河青木氏」は未だこの時期は、「松平氏の三河」では上記した様に一族から援軍を得て「駿河国衆の副将レベル」であった。
上記した様に長篠後に成って「旗本・家人衆」に加えられたのだ。
故に、「駿河青木氏」は「伊勢の青木氏の経済力・商い」を背景に「元の駿河水軍の糧」に勤しんでいたのだ。
そもそも「伊勢青木氏」に依って平安時代には「女系で繋がっていた事」の所以で、「駿河青木氏の末端の裔」を何とか探し出され、相当に「駿河青木氏」は「伊勢」に依って呼び興されて訓練を受け成長した。
そして、最終は「船一艘」を与えられて、再び、その「裔系」は「水軍・水運の商い・伊勢―伊豆に運送」で拡大して行ったのだ。
それがこの「裔系の長」がこの「青木貞治」であったのだから、「江戸期・長三郎」に成っても「旗本の上級御側衆・上級番方」を務めながらも、この「水運の商い」は辞めていなかったのだ。
この様に資料では、「相当に豊かな駿河青木氏の裔」を構築して繁栄していた事に成っている。
そこで、この詳細経緯として、江戸にも子孫を広げているだろうが、彼の「盤田見附」に「菩提寺・浄土宗西光寺・再興」の「大寺・伊勢青木氏部使う」を持てるまでに「子孫」を拡大させていた。
其れなのにその割には「青木氏とその類証」が、「水運業」を生業としているこの地域に矢張り少ないのが気になるのだ。
何故だろうかここで検証して観る。
天竜川と太田川の二つの大川の間に挟まれた「圷の野」と、この「ほう僧川」の支流を合わせて、「砂丘」の中で出来た「唯一の港・西光寺より南東8k」の地域に「大船が停泊できる港」は、「天竜川」から東に離れて「圷の影響」が無くなる「福田地区」、ここから「海底深度」が良くなる大船が停泊できる“「福田港」”がある。
「伊勢資料の行」から、ここに少なくとも「仮泊」を置いて「駿河湾・34k」と「伊勢湾・白子泊」を常用していた事が判っている。
つまり、この「福田港」の此処からは「伊豆青木氏」と「秀郷流青木氏・本拠地」を含む一門の勢力領域と成る。
この地域には「青木氏に関わる地名などや春日社」も全く無かったのだ。
つまり、全て、この「福田港」から「34k離れた地域」から東に急激に「青木とそれに関連する地名」も含めて大量の所縁の何もかも出現して来るのだ。
つまり、ここには「平安期と鎌倉期と室町期初期」まで「青木氏や永嶋氏等の勢力」が伸長していたが、ところが、室町期より勢力を東に押し返されて引いていたのだ。そのために所縁のものがなくなっていたのだ。
この時の「名残の先端」が突出したのが「遠州西光寺域の庄域」であって、厳しい乱世の中でここを遺し得たのは「水軍衆の所以」であったと考えられる。
其れを逸早く裔を救って呼び寄せて訓練して戻して「伊勢」と繋いで「生きる力」を着けさせて遺し、其の後は前段の論に成ったのだ。
結果として全体は、「駿河の青木氏」の「名籍」が「存在する所・藤枝」まで勢力を引いたと云う「歴史的経緯の事」に繋がるのだ。
これは「家紋分布や地名」でも判る。
大まかな時代性としてはその「引き際の処置」で遠州に駿河青木氏が遺った事であったと考えられる。
それだけに「源平化した事」から狂い出し、遂には「源平戦敗退」により「子孫」は元より「遺物」も遺し難かったのだ。
「近江と美濃の源氏化」にした様に「伊勢信濃の忠告」は女系で深く繋がる「駿河」にも当然としてあったと考えられる。
と云う事は、その証拠は「駿河青木氏の子孫」の多くは、現在名の静岡県静岡市駿河区の「青木の地名・現在も青木・盤田見附から東54k」が遺る所にあったと云う事に成る。
「伊勢」が「盤田見附」から「駿河区青木」の庄の何れから「支流末裔」を見つけ出して「額田青木氏」と同然に世に出したと云う経緯であった事に成る。
「一族の藤枝の秀郷流青木氏・集中」では無く、再び、“「母方の伊勢」”に呼び出して「商いや水軍」等の訓練を受けさせてから「30年後~40年後」には、室町期初期から「消えていた盤田域」に「一人前の青木貞治が出た・100裔人」と云う事に成っているのだ。
唯、ここで検証しなければならない事は、「盤田見附域の元の庄」を再び獲得するには「財力と武力」が要るし、「菩提寺」を建立し直し維持するには“「相当な財力」”が要る。
其れを如何したのかである。
この「財力と武力」を以て「庄の民・農民」は信頼して従う。
「武力」は「財力」で補完できている社会である。
問題は、「青木貞治」が元の庄を獲得するには次の事が必要に成る。
上記した「盤田域の庄面積」の「1800反程度弱≒1800石程度(≒6000平方坪程度以下)」の“「地権」”を買い取る必要が先ずあり、奪還する程の武力は未だ無いしそれ以外には無いし、これは「青木氏族の氏是」に反する事で出来ない。
それには、「駿河水軍の水運」だけでは「元の庄の獲得」は無理である。
この時期としては必然的に「今川氏の国衆と成る事」が最善策の前提と成る。

その前に論じて置く事がある。
「青木氏族」とは全く縁が無いが、調べた範囲としてこの事の解決に導いてくれた者、況や、「松井氏」に付いて記して置く。
元今川氏の二俣城主であった「松井氏」は、「山城国の御家人・松井氏一族」が建武政権を離脱し「足利尊氏」に味方し、足利氏一門で宿老の今川範国に属して戦功を揚げた。
その恩賞として「建武5年駿河国葉梨荘(現在の静岡県藤枝市・青木氏定住地)」に「地頭代職」を与えられてここに移住したと成っている。
1513年には「今川氏」から「遠州鎌田の御厨領・盤田見附から真東3k・同庄内」を「領」として与えられ、1528年には「平川郷堤城主・盤田見附から真東21k」とも成ったとある。
この「近江から来た国衆の松井氏」は、最終的にこの「天竜川から菊川」の「南一帯の豪族」と成ったのであった。
この時に「秀郷流駿河青木氏」等もとより「永嶋氏などの青木氏族」等も東に追いやられたのだ。
「地頭代職時代」にこの「松井氏」はこの「藤枝」に定住する「郷氏の秀郷流青木氏・賜姓族の格式」を当然に知り得ていた筈である事と、系譜通りの「山城・近江南部・天領地・公領地域」の「御家人・松井冠者源維義」であったとすると、「源平戦」で衰退はしたが過去の「近江青木氏二氏・賜姓族格式」を完全に知り得ていた筈である事に成る。
そもそもこの「近江青木氏」と「川島の皇子の裔の佐々木氏」とは奈良期末期まで「相互重婚の一族」であって「伊勢」と「近江4氏」とは「皇位族の重血縁の縁」で繋がっていた。
「松井氏の祖」が「山城の御家人」とするならば「駿河青木氏」とも少なくとも縁は深い事に成り得るがそこまでは縁を追えない。
主張する系譜通りの「御家人・松井冠者源維義」であるとすると、「近江戦」と「富士川の戦」の源平戦で共に源氏化していた一族として味方と成って戦っていた筈である。
先ずこれだけの縁があるとすれば間違いは無いだろう。
正しいかどうかは判らないが、それが共に再び“遠州で会った”と云う経緯の行事に成り得るのだ。
且つ、その前提で行けば、ここが「室町期末期」まで「秀郷流蒲生青木氏・伊勢秀郷流青木梵純の出自元」でもあって、恐らくは「縁の鎖」の様に何らかの関係を確実に持っていた事に成る筈である。
要するに、それ故にこの「縁」を以て「国衆」と成ってこの「松井氏の配下・家臣株獲得」に入り、そこで「元の盤田見附」を「地権で獲得した事」に成る経緯であると説が生まれる。
そして、その「国衆と成った証拠」として「今川氏の最西端」の其処に「平城館・寺閣城」と成る「菩提寺を再建した事」を意味するのだ。
つまり、「国衆に成る事」にしても、「家臣に成る事」にしても、「菩提寺の平城館・寺閣城を建造する事」にしても、「地権料を払う事」にしても、「家臣を養う事」にしても、「水軍を維持する事」にしても、そもそも「水運業だけで得られる糧」では到底無理で駿河青木氏にはその「大財源が必要であった事」に成る。
当然に、その出処は「伊勢青木氏」であって「武蔵青木氏宗家・江戸長島屋」かであるが、主に「伊勢青木氏・伊勢屋」が「額田青木氏」と同然にこれを賄ったと考えられる。
要するに戦略的には、経緯として同時期に“西に「額田青木氏」、東に「駿河青木氏」を興した”のであった。
そして、「信長」に依る「尾張域の神明社破壊」や、この事で起こる「伊豆や信濃との連携」が難しく成る事を防ぐ為に、これは、つまり「駿河青木氏の復興」は“「当初からの戦略」であった”とも考えられるのだ。
その結果、その証拠にこの地域には「神明社」も「春日社」も「清光寺」も「西光寺」も全く無く成っていた「遠州」に於いて、「伊勢」にしても「武蔵」にしても、ここに「青木氏の拠点の復元」を成さねば成らなく成っていた事に成る。
それで「乱世の中」で「東西の青木氏の同族」が生き抜けて行く為には、再び途切れた「西と東」が繋がり“強大な抑止力が働く”と考えていた事に成る。
その為の「財源拠出」は問題は無いと観ていたのだ。
「室町期の紙文化開花」で「巨万の富・紙屋院」を獲得した「財源」を遺憾なく此処に投入したのだ。
それには、「青木氏族」に執っては「相手」は当面に「武田氏」であって「織田氏」でもあったのだ。
そこで、筆者が感じる処では、「伊勢信濃系列」を始めとして「青木氏族」に執つては疎遠であった「武田氏の青木氏の関与」の有無に就いては、もう少しの「関係性」を見つけられるのではと観ていた。
然し、唯一つの「二俣城の浄賢」だけであった事は何か間尺は合わない。
それは、「武田氏」が完全に滅んだ「長篠」より、「甲斐には五つの青木氏」が在ったがその内の「3氏」だけは「伊勢」では無く「相模の秀郷流青木氏」を頼ったのだ。
確かに「甲斐青木氏・甲斐冠者系の源光系」と「嵯峨期詔勅に基づく時光系」の二つは「嵯峨天皇派」であって「伊勢信濃」の「桓武天皇派」とは「犬猿の仲であった事」は否めないが、それ故にこの「伊勢信濃」には全く来ていないのだ。
このすっきりしないのは「史実」である。
そもそも「武田氏系」には、「源光系青木氏・1氏」、「時光系青木氏・5氏」、「諏訪族系青木氏・3氏」があった。
「源光系青木氏・1氏」は不参戦で甲斐でその後信長に圧力を掛けられて衰退した。
「時光系青木氏・5氏」は、「分家2氏の正定と豊定」は徳川氏に味方し一族全体が武蔵鉢形に移住させられ家臣と成り、「1氏」の「分家養子・安芸」は戦線離脱後に「安芸に戻り後に「松平氏の家臣」に成る。
そして、「本家筋2氏」は完全滅亡した。
「諏訪族系青木氏・3氏」は、その内の「武田氏族系の1氏」は衰退、「諏訪族系の2氏」は「相模の秀郷流青木氏」に救出され、其の後1氏の一部が下野に配置に廻り、残りの一部も相模から「越後秀郷流青木氏」を補佐する為に頼り、「4流」」に分流した。
「長篠後」にこれだけの「関係性」を保持しているのに甲斐との関係性に付いての資料が何もないのは腑に落ちない。
当然に「三方ヶ原前」にもあったと観るのが普通であろう。
現実に、江戸期にはある程度の関係性は出来たと考えられるが、敗退した「甲斐青木氏」が「秀郷流青木氏一門を頼った事」で「血縁の繋がり性」は出来た事も「史実」である。
平安期と鎌倉期には確かに「伊勢青木氏出自の嵯峨天皇の皇子」が“「甲斐青木冠者蔵人・源光系」”として「甲斐」に配置されたがそれでも基本的に無かった。
極めて疎遠で「犬猿の仲であった事」は資料からもはっきりと解る。
上記した様に、室町期末期の戦乱期に「青木貞治と主従関係」に成ったとされる「山城・近江南部・天領地・公領地域」の「御家人・松井冠者源維義・河内頼信系源氏」と、「甲斐青木冠者蔵人・源光系」として「甲斐」に配置されたが、この「源の源光系青木氏・嵯峨源氏」とは「源氏族」では無関係では無かった筈であるが、「繋がりの詳細経緯」に付いてはこれ以上は今も資料は見つからないし判らない。
「賜姓伊勢青木氏と賜姓近江青木氏」とは、奈良期から平安期まで「相互血縁の同族」であった事と、「近江青木氏の定住地」とはほぼ同じの「松井氏との関係性」は否定できないだろう。
間違いなく「源氏・11流」とすれば「皇族としての嵯峨源氏9つの縛り」を護らなかった「源氏族」と、「源氏化しなかった伊勢と信濃の青木氏・9つの縛りを護った」とは「四掟の範囲」では無い事に成り、頼る事は出来なかった事には成る。
その意味では、「円融天皇賜姓族藤原秀郷流青木氏・伊勢信濃とは女系で血縁」は「同じ青木氏」として頼り易かったとは云えるが、「松井氏との血縁性の有無」は辿れない。
そもそも、「正式な源氏賜姓・11家11流」は「花山天皇」で終わったが、この「花山天皇」の前に「冷泉天皇の発狂事件」が起こり、これに代わって異母弟の「円融天皇・11歳」と成り、それまでの「源氏賜姓」を止めて「藤原秀郷流一門の宗家嗣子の第三子」を永代に賜姓させる事と宣言した。
「外戚の藤原氏内紛」で16年後に「冷泉天皇の嫡子・花山天皇」に譲位した。
この「花山天皇」も「外戚の藤原氏の内紛」で2年も待たず退位した。
ここで「嵯峨詔勅に基づく皇族」の「正式な源氏」は歴史的に途絶えたのだ。
つまり、其の後の「正式な賜姓」は「藤原秀郷流一門の宗家嗣子の第三子・始祖初代千国」を永代に「青木氏の賜姓をさせる形式」と変わったのだ。
その「皇族との血縁の基」は、「賜姓」を権威づける為にも「混血融合」を避ける為に「四掟と云う縛り」を設けて、代々に「伊勢信濃との青木氏の母方の女系族である事」で権威格式付けたのだ。
これが「藤原秀郷流青木氏116氏・第二の宗家」に及んだのだと云う「歴史的経緯」を持っているのだ。
況や、この「賜姓青木氏族」は「四掟前提としている以上」は、「四掟の範囲外の甲斐」との「血縁性は無い事」には成るのだ。
唯、この「秀郷流青木氏族」と呼ばれる「秀郷一門内部での血縁族の主要五氏」とはこの「嵯峨期の9つの縛り」は適用されない。
従て、この「四掟の範囲外」での「甲斐青木氏との血縁・時光系」とはあり得る事は否めないのだ。
厳然とした史実があるのに資料が無い為に然し判らないのだ。
唯、「賜姓諏訪族」とは「信濃青木氏との重婚族」であり、古来より「諏訪族青木氏・立葵紋」であってこの「裔系・抱き角紋」が「武田氏系の血縁族三氏」を構築していて、「相模に逃げ込んだ事」も史実であり、頼った事には何の問題も無い。
「秀郷流青木氏―伊勢と信濃青木氏―信濃青木氏と秀郷流青木氏―信濃と諏訪族青木氏―諏訪族と武田氏」であれば、直接血縁無くしても「血縁の濃度」は別としても、「間接血縁族」として頼れる事は可能である。
現在筆者はこの様に観ている。
そして、それが何と本論の長篠後の「駿河青木氏の裔祖の相模青木氏」であったのだ。
これは、「三方ヶ原―長篠」の後に興したより「青木氏族」であった一族の歴史の“自然が興した再結集現象”と成り得たのだ。
この「不思議な自然の血筋の流れ」は江戸期に向けて濁流の如く留まらなかったのだ。

但し、その基と成った「駿河青木氏」を家臣として抱えてくれた「松井氏」は山城の「河内源氏」であるとする事にもう少しその根拠と成る歴史観を説いて置く。
それは間尺に合わない処があるからだ。
そうすればこの「松井氏の位置づけ」がより判り、「駿河青木氏の青木貞治との関係性」も詳細経緯として理解が出来るだろう。
「松井氏の祖・平安期」は「山城の何処かの天皇家・公家・賜姓族・皇位族の家人」であったとしていても、その「家人」と成り得る「氏」としては「頼信系の河内源氏」であるとしているかも知れないが、“「松井」”としての「第二の姓名」を名乗っているので「傍系卑属の支流族」である事には間違いは無いのだ。
そもそも、「河内源氏」は「嵯峨期の9つの縛り」を護らなかった事でその「家人」である事にはそもそも疑問でその資格はない。
「9つの縛り・嵯峨天皇が後に纏めた」に依って「天皇家・公家・賜姓族・皇位族」は「諡号の姓・第一の姓」は持つが「第二の姓」はそもそも持たない掟なのだ。
従って、「天皇家・諡号と諱号」を除き「氏名だけの範囲・青木の氏や藤原氏」だけで名乗ったのだ。
唯、例外として「秀郷流一門」は「361氏」と成り、「氏名や諡号や諱号」では「一族一門の系統」を「格式管理」できなく成り、その替わりに「仕来り」として「三つの縛り」を設けてこれを判別する様にしたのだ。
其れは、次の通りである。
・第一に、「役職名」を藤原氏の氏名の藤の「上」に付けて名乗る。
斎藤氏・工藤氏等・結城氏
・第二は、「地域名」を藤原氏の氏名の藤の「上」に付けて名乗る。
伊藤氏・加藤氏 長沼氏・永嶋氏等
・第三に、「特徴名」を藤原氏の氏名の藤の「下」に付けて名乗る。
藤田氏・藤井氏等
以上この三つより更に拡大して派生した氏は「同名の字名」に替えて名乗った。
長嶋氏、長島氏等
これを以て総称は”「藤氏」”と呼び、地域事に「伊勢藤氏・讃岐藤氏等」等として大別した。
これで「系統や格式レベル」を判別するようにしたのだ。
唯、「秀郷流青木氏24地域・116氏」だけは秀郷一門に劣らず「賜姓族である事」により氏名のみの諡号名と決められたのだ。
「賜姓青木氏」であり、且つそのものの「氏」が大一族に成ったが、「賜姓族の特別の格式を有する事」で、「嵯峨期の9つの縛り」に基づき「伝統の仕来り」として「氏名」だけ、つまり「青木氏」としたのだ。
要するに本論の「駿河青木氏」もその一つであるのだ。
ここで、更に「皇位族の賜姓臣下族の朝臣族」には、もう一つの判別する「仕来り」があったのだ。
それは 「諱号・諱名」であった。
其れは、「直系尊属の本流」のみの「仕来り」として「氏名のみを名乗る事」と共に「青木氏一族」には、朝廷から与えられた「地領の字名」があり、それを使う事を許された。
其れを「字名・あざな」と呼び、これを「判別の一つの方法」として「氏名」にこの「字名」を付けて「格式・レベル」を表現する方法が許されていたのだ。
その「表現方法」には、次の条件が定められていたる
「本流である事」
「格式を有する事」
以上二つを表す「中国の皇位族の慣習」を見習った手段があった。
それが、つまり”「好字」””であった。
つまり、「格式の高い意味を持つ字」を「氏名に着けて名乗る事」とし、それを「一字」として名乗る事であった。従って、「二文字以上の字名」は「本流」では無く、且つ、「嫡流」では無い事を表現する手段としたのだ。
これは「青木氏族を判断する重要な歴史観」と成ったのである。
例えば、「賜姓源氏」で「諡号の姓」が「朝臣族」であれば、「嵯峨源氏」と「清和源氏の摂津源氏の四家」だけがこの「仕来り」が適用された。
「元皇位族」であったとしてその格式を護るためにある程度の「9つの縛り」を護った上記の二つの賜姓源氏のみに適用され、その「本家の嫡子流」の「三代目」まではこの「好字・一字名」を名乗る事が出来たのだ。
例えば、「源融・とおる」は、「平安時代前期の貴族」で「嵯峨天皇の第八皇子」である。
つまり、「嵯峨源氏の賜姓融流初代」であって、”「河原」”と云う格式の「院号」を持ち、”「河原大臣」”とも呼ばれた人物がいた。
この「融」の「好字・一文字」の慣習は「本家の嫡子流」の「三代目」までと成る。
それ以後の裔は血筋の低下で「好字・一文字」の「仕来り」は「二文字」に成り使えなかったのだ。
後に、全ての地名までの名に及ぶ「好字・二文字令」を朝廷は発して「好字・一文字の権威化と区別化」を図ったのだ。
同じ「清和源氏」であっても「頼信系の河内源氏系」は、「本家流」で無く「嫡子流」で無く「三代目」で無く、「嵯峨期の9つの縛り」を全く護らなかった事で、この「格式伝統の仕来り」の「好字・一文字」は使え無かったのだ。
この「好字の仕来り」は、遂には「地名」までに及び、「713年」には「好字二文字令の制度・仕来り」が出て郡郷までに至ったが、「諡号の名」に関してだけはなかなか「格式の伝統」として存在する以上、治らずに平安末期まで護られた。
それは、「嵯峨天皇」が定めた「新撰姓氏禄・諡号の定め・815年」との「地名と姓の整合性」が取れずに結局は権威化され残ったとされるのだ。
これは青木氏族だけの歴史観である。
さて、これらの「慣習仕来り掟」を前提に、ここまでを「氏族・諡号の姓」と云うか「姓族・第二の姓」と云うかは、この「朝廷の決まり」の中では「松井氏」は「氏族」とは云わないのである。
少なくとも「慣習仕来り掟論」からは「平安期の慣習仕来り掟」を無視され始めた「室町期」の「姓族・第二の姓」と成り得るのだ。

「松井氏の呼称」には次の通りである。
1 為義流の源維義を祖とする松井氏(松井冠者)
2 源満政流を祖とする松井氏

但し、2の満政流の松井氏は、源満政6世孫で源頼朝の御家人となり、山城国綴喜郡の地頭職となった「重行の系統」がある
3 同郡に「渡来人系(百済人とも)の松井氏」
以上の二系統があるがこれとは別系統である。

さて、これらの事の歴史観を前提に、松井氏のそのルーツを探る。
第1の説
そのルーツは始祖は先ず「河内源氏の源維義・為義の14男系譜無」であるとしている。
この「始祖の維義」が、「松井・京田辺松井地区」の「冠者・六位無冠・下級官僚」を任命され「松井冠者」と称されたとしている。
この「松井の地名」を取って「維義の子・季義」が「松井姓」を名乗ったされるルーツの前提である。
この「松井姓の裔」が「遠江に移住」、「近江に移住」、「丹波に移住」の三カ所に移住したと成っている。
この「遠江に移住」が本論の「青木貞治」に関わった「松井姓」であるとする「第1の説」がある。

第2の説
次は、「摂津源氏源の満政・始祖経基の次男」をルーツとする「松井姓」で、この満政を始祖とする「6代目裔・?」が「鎌倉時代」の「頼朝の御家人」と成り、「山城の綴喜郡の地頭」を命じられて「松井姓」を名乗ったとし、更に、この裔の子孫が「三河」に移住し「三河旗本」と成り、「松井姓」を名乗ったとする「第2の説」がある。
但し、この史実に関わる「問題の今川氏」ではない。

第3の説
室町時代に「今川氏の家臣」に成り、「遠江の松井姓」を名乗り、後に「三河松井氏」と成ったとするが、室町期前の裔系の事は全く不明である「第3の説」である。

第4の説
「綴喜郡」に渡来人(時期不明・室町期?)が入り、その祖は「地名の松井」を採って「松井姓」を名乗ったとする「第4の説」がある。
この「地名の松井」は「綴喜郡より18k真西」に在る。
この説は「第2の説」の「綴喜郡・琵琶湖真南14k」に譜を恣意的に合わしている。
尚、「渡来人」とすると、奈良期の「後漢の難民」では無く、朝鮮征伐前後に職人を連れて来た近江と丹波に入った「朝鮮難民・百済」と成る。
この「朝鮮・百済難民」は「近江の鍛冶屋・龍源寺銃等の鍛冶職人」と成ったとされる説がある。
恐らくは、此の民が「松井姓」を名乗ったとする「職人説」である。

先ず、第1の説から第4の説までの検証である。
「共通する点」は、何れも“「国衆」”と成って「各地」を渡り歩いた先が「三河」か「遠江」であって、そこで「松井姓」を名乗っている事がポイントである。
本論の「駿河の青木貞治」に関わった「松井姓」は、凡そ「第3の説」に近い事に成るが、但し、「過去の事」は判らないし、約400年後に「国衆と云う立場」にあり、即ち、「全国」を渡り歩いてより良い仕官先を見つける「土豪集団」であったのだ。
故に、「過去」を造る為に、その「過去の系譜」を「第1の説」に繋いでいると云う典型的な搾取のパターンである。
そして、更に「辻褄を合わす為」にそれを「第2の説」に繋いでいるのだ。

ところが、「第1の説」は「河内源氏」の「松井姓」、「第2の説」は「摂津源氏」の「松井姓」である。
系流がそもそもが異なるのだ。
次に、ところがこの「源維義」は、「為義の14男・本来12男」であるとしているが、ところが「妾子含めて12男」しか無く「この系譜上」には載らない「架空の人物」である。
よくある「系譜の繋手法」である。
更に「満政」は「始祖経基王」の「次男・満仲の異母弟」としている。
「1000年代前後の歴史上人物」であるが、その「裔の6代目・10人」として人物特定されていないので、「所在が不明人物説」であり、且つ、「最低で1120年~最大で1180年頃」の「平安末期・保元平治の乱・1156年~1160年」の時代の人物と成り得て、そうすると「美濃源氏」と成るのである。
これも出自元が一致しない。
そもそも歴史的に「系譜の名」が明確に成っている「6代目の裔名」も不明だし、「鎌倉期」ではないし、この「満政ルーツの裔」は「出生の姓等」は全く「松井」に関していないのだ。
この様に「辻褄合わせ」の「第1の説+第2の説」の「繋ぎ」にも更に「理解不能の大矛盾」があるのだ。
因みに、源氏一族全ては1221年で完全滅亡しているのだ。
そもそも、「駿河青木貞治」に関わった「今川氏の家臣の松井氏の一族」は「桶狭間」で滅亡している。
依って、「二俣城の城主」は「松平氏の家臣の中根氏・主将」であって、「今川氏の遠江松井氏」と「駿河青木貞治」とに関わっていないのだ。
要するに「三河松井氏」は基本的に無い事に成るのだ。
恐らくは、結論は「400年後の山城の松井庄」から出自し、身を興して「国衆」と成って「駿河」に移り、「今川氏の国衆―家臣」を経て「二俣城の城代」と立身出世した者であろう。
そもそも、故に時系列から「400年後の山城の松井庄」は、最早、「源氏云々の地」では無い。
「平安期の土地の所縁」を以て「国衆名」として名乗り、果ては「今川氏の遠江松井氏」と成り得たとするものであろう。
要するに、前段で論じた「四国の庄・阿波説と讃岐説」より出でて「国衆」と成り「伊川津七党の牧野氏等」と成った「経緯・地頭職等も」と全く同然である。
戦乱に依る「第二の姓の勃興」と「下剋上」で消えた「諡号の姓の搾取」のタイプA
「初期の系譜繋合わせ」の搾取横行時代と「後期の系譜繋合わせ」が起こった「江戸初期の国印状取得」の「搾取横行時代」のタイプB
この「ABの二つのタイプ」の何れかである。

では、「駿河青木氏の青木貞治」と「駿河・遠江松井氏の所縁の接点」は、上記では「近江・山城」を「共通の所縁」としていたが、上記の「国衆論」だとすると論は一致しない。
唯、確かな接点はある。
「出自の山城」は、「一門の蒲生秀郷流青木氏」と一致していたし、「伊勢青木氏の血縁先」の「近江青木氏との血縁の所縁地」でもあった。
この「出自元」が“「松井の庄」”としていて、「駿河」では「国衆」と成り得ている事が、「青木氏族の時代性」を「過去400年~700年」に遡り、「近江山城との関係性」は「伊勢信濃側青木氏」では衰退しているが「所縁」に関して何かあった可能性がある。
そもそも最早意味の無い源氏族であるかは別として、「松井の庄の出自である事」では間違いは無い事なので、この事から「他の所縁の有無」の検証をして観る。
結果として「所縁と成る繋ぎ目」が「青木氏族」との間にあった。
先ず、それは「地形の点」である。
「琵琶湖の南」の左に「松井の庄」があって、約2.5平方k程度の庄
「琵琶湖の東」の右に「蒲生の庄」があって、約9.0平方k程度の庄
要するにここは前段でも論じた「火縄銃の経緯」から論じた「後の日野庄」である。
ここは「松井の庄」の北東55kの位置にあり、大戸川を挟んで左右の中間の位置にある。
この「松井の庄」から「信楽の山」を一つ挟んで隣に「蒲生の庄・日野」がある。
先ずここが「第一つ目の繋ぎ点」であり「隣の庄」としては関係性は強くある。
次に「血縁の点」としては次の様に成る。
この「蒲生氏」は「秀郷流一門」で朝廷関係に派遣されていた一族であって、この「一族・高郷」に嫁いだ「伊勢青木氏の女系・梵純の母」で、その「伊勢の里・母の里」に「秀郷流青木氏」を興し継承したのであり、唯、「松井」には四掟にて血縁の関係は無い。
その周囲は「近江青木氏、佐々木氏系青木氏、甲賀青木氏、血縁族の近江佐々木氏等」の定住地である。
山を一つ越えた「松井の庄」の住民であるとするならば、ここからは「東隣の成り行き」を知り得ていた事は充分に考えられる。
「松井の庄の場所」の点に付いては「決定的な重要な論点」であり、それは次の様に成る。
室町期の「日野の庄」は前段でも論じた様に「堺支店」より「財源と資材と青木氏部の工人」を供給して「火縄銃の生産拠点」にした地域でもある。
この「物資・後に火縄銃等」を「松井の庄」に運び、そこから「隣の淀川」を経由して大阪湾に運び出し、そこから「堺店」を経由して販売をしていた。
ここはその「長い間の歴史的中継点・淀川真西4k」であった。
更に、その「所縁」を以て「蒲生の庄」から「松井の庄」の「周囲・均等」には何と青木氏の菩提寺の「清光寺」が何と「5寺」も存在していたのである。
この「青木氏の一族」の「菩提寺の清光寺」は「定住地」のそのものを意味するよりは、「堺との関わり」に依る「一族の現地在住の菩提寺」でもあり、尚且つ「青木氏に関わる事務所的要素を持った寺」でもあったのだ。
「七つの寺が菩提寺」と云うのは青木氏族がそれだけ定住していたとする数は多すぎる。
それよりは前段でも論じた様に事務所的要素が大きかったのだ。
このこの事が示す様に「松井の庄」が「中継点の役割」を果たしていたとすると、この「5つの清光寺の寺と分寺の清蓮寺を加えると7寺」は「荷駄」などの「一時保管場所的要素をも持っていた事」に成る。
当然にその結果として、「松井の庄の民」にもその「役割」は必然的に生まれていたであろう事が予想できる。
この域には、注目する点は定住地外のその「役目」としては「菩提寺の数」に比して当然に「神明社」がある筈だ。
それが無いのは、「事務所的要素と一時保管場所的要素」を重視していた事を意味する。
「事務所的要素と一時保管場所的要素」を置く事に依って、「寺」は「寺」では無く「寺」でもあり、「寺」と云う「寺閣・平城館」を利用して室町期出ある以上は「周囲への防御」に置いていたと考えられる。
例えば、「伊勢」の西入り口の地の「伊賀の戦い」で有名を覇した「名張の清蓮寺城・平城館」と同じ意味を成しているのだ。
だから、清蓮城寺があるのだ。
「伊勢青木氏」は奈良期よりこの戦略を採って来たが、「伊勢と堺の防衛上の歴史的な重要拠点」でもあった事にも成る。
その意味で、「松井の庄」は、「蒲生の庄」と堺までの「中間点」にもあり、淀川平野に出た「利便性の高い位置関係」に在ったのだ。
この事は青木氏論に関わらず、故に山間部の国の「近江滋賀山城」から観れば、「松井の庄」の地点は、上記の「第1の説」から「第4の説」に説く様に、古来より「冠者や地頭職」を置くほどに「重要な位置関係」を成していたのだ。
記する処は「第4の説」などは、“何故ここに渡来人の工人が?”と成る所以であるのだ。
「松井の庄」と「第4の説」と共に、ここ無くして「山奥の日野の火縄銃の生産」が「資材や工人の条件」と共に成し得なかった事でもあったのだ。
当にこれは室町期に関わらず奈良期からでもあったのだ。
「蒲生の庄」、「日野の庄」の人間全てに執って知らない者はいなかったであろうし、「松井の庄」からも同じ事であったろう。
故に、「伊勢との関係」は上記の通り同然のものとして、この「伊勢の二つの青木氏」と深く血縁で繋がる「駿河青木氏・青木貞治」に執って見れば、「松井の庄の出自の者」と成れば親密感を共有する事に成り、同然に「遠江の松井氏」に執っても同じであったろう。
戦国の世に於いて「遠江」に「国衆」として出てくる前の「松井の庄」で「若い頃を生きた者」に執っては懐かしさもあったと考えられる。
もっと云えば、「駿河青木氏・青木貞治」は伊勢で5年間ほど鍛えられ船で摂津に赴く等の事は充分にあり「松井の庄」に赴いた事もあったのではとも考える事は出来る。

この「遠江松井氏」に付いては遠江での譜は次の通りである。
宗能1―義行―貞宗2―信薫3―宗重4―宗恒5―宗親6―宗直7
1 御厨領家の土地を授与 1513年
2 宗能より平川郷堤城主  主要家臣 1528年
3 二俣城城主 1529 病死
4 宗信・弟 二俣城家督 1529 桶狭間戦死 1560年
5 宗恒・弟 二俣城家督 1560年
6 宗親・一族 二俣城城主 徳川氏調略・飯尾氏謀反で今川氏謀殺する。1563年
7 松井氏衰退 武田、徳川氏、今川氏に分裂後衰退 徳川氏旗本 1590年
そうすると、「駿河青木氏・青木貞治」は「伊勢」にて1540年~1545年に「訓練・5年間」の後に「大船一艘」を与えられ、「駿河」で「駿河青木氏・伊勢より嫁す」を「再興・1550年頃」し、「糧」を得て「子孫」を拡大、遠江―駿河―伊勢―「渥美・三河」―伊豆―相模で「活躍・1550年~1555年頃」し、「財」を成す。
以上の経緯を持っている事に成る。
この経緯から「松井氏」との「繋がり」は、先ず判断として「宗信~宗恒~宗親」に持ったという事に成る。
「早期の経緯論」としては、「活躍・1550年~1555年頃」し、「財」を成している段階で、「国衆の段階」を経て「松井氏家臣」に成ったのは「1555年~1560年」で、この経緯が成立するかである。
「中期の経緯論」としては、「5の宗恒」であるが、病死で直系尊属者無く「一族の者」の「6の宗親」に家督継承されている。
ここで、今川氏と決裂し、徳川氏が関わって来る。
「終期の経緯論」としては、「7の松井氏」の「衰退・分裂」が始まり、徳川氏方が勝利し、徳川氏家臣と成る。)


「青木氏の伝統 63」-「青木氏の歴史観-36」に続く。  

名前 名字 苗字 由来 ルーツ 家系 家紋 歴史ブログ⇒

「青木氏の伝統 61」-「青木氏の歴史観-34」

[No.386] 「青木氏の伝統 61」-「青木氏の歴史観-34」
投稿者:副管理人 投稿日:1970/01/01(Thu) 09:00:01
> 「青木氏の伝統 60」-「青木氏の歴史観-33」の末尾
>
この「山県昌景の判断ミス」とは相対的であるのだ。
> これが「青木氏族」に遺した「始祖の施基皇子の教訓」の「青木氏の氏是」の意味する処なのである。
> 躊躇なく直ぐ様に執った「戦線離脱の行動」では無く、其の侭に「山県軍の別動隊の追尾」や「武田軍の本隊」に向けてこの「銃口」を向けていた場合は、間違いなく「歴史」に名を遺し、周囲から警戒されて其の侭では済まなかった筈で、泥沼化していた事は間違いは無いのだ。
> これは「青木氏の氏是」の「発祥以来の伝統」に反するのだ。

「青木氏の伝統 61」-「青木氏の歴史観-34」

(注釈 「三河戦記の詳細な検証」
「三河の事に関わる戦記」には主に五つある。
この「三河戦記A」や「甲斐戦記B」から総合的に読み取る事が出来る「額田青木氏に関わる事柄」を拾い出して、この「二つの事に含まれる脚色部分」を外して、そこからその更に“「細かい処」”を検証して読み解いてみる。所謂、詳細経緯である。
そうすると「言葉の使いまわし」等から意外に“普通なら見逃している情報”が潜んでいる事が多く、「青木氏の歴史観・無脚色」と突き合わせて観ると判る事が出て来るのだ。
そこを突いて観る。
取り分け、「三河戦記A」には「脚色・矛盾」が実に多いのだ。
そうすると、先ず「前段までの注釈」でも論じた様に「詳細な行動の経緯」が見える事が出来る。
先ず、「武田軍の背後・堀江城行軍」を「銃力で背後から圧力を掛けた事」に付いては「額田青木氏の銃隊」の「独自の判断」であった事が解る。
「三河戦記の事を書いた五記」からも「命令が出ていた事」は何処にも書かれていず結果だけである。
「書いている事」は、詳しくは「一言坂の偵察隊の事の前後の部分」だけではあるが、判る事は「言葉の隠された意味や隠れた読み解いた経緯」からで、それを繋ぐとこの時の「全体の行動」が見えて来る。
何は兎も角も最も「全ての経緯」の「決め手」と成ったのが「籠城の経緯のキー」である。
どの戦記でも此処は見逃していない。
「武田軍の全軍」が「大軍」であった事で、仮に「松平軍」が「浜松城籠城」を選んだとすると、「浜松城」を攻めるには「補給等・二俣城・山県軍の別動隊が整えた・史実」を受けながら「波動作戦」で、「三方ヶ原・宿営地・補給基地」から「当初の作戦」として何度も攻めて来る事に成っていた事が判る。
この「一連の経緯」から読み解くと、その“「準備の為・掃討と補給」”に「山県軍の別動隊・二俣城」は「三方ヶ原」にやや遅れた事が先ず判る。
その証拠に、「戦記」では、現実に「武田軍の本隊」に遅れて「別動隊・山県軍」は「二俣城」で「周囲の掃討作戦」と、その“「補給路の準備」”に入っていた事が判っている。
その「遅れた主な理由」は、「落城までの期間・2月」と、その勝敗の様子を観ていた「周囲の地侍」が反抗し、これを鎮圧するまで「補給拠点」は最初の二俣城落城前までは造れなかったのだ。
然し、遂に「水攻め」で崩れて開城し、この「様子見の地侍」も「武田氏」に靡いて遂には襲われる事も無く成り「補給路」は出来たのだ。
ここで「青木氏の歴史観」として注目するべき「決定的な情報」があるのだ。
それはこの「二俣城」には「副将」として「青木貞治・三方ヶ原で戦死・駿河秀郷流青木氏」が居たのだ。
この本論の「最大の史実」は、「額田青木氏の南下国衆」に影響していた事に成るので下記でこの点の「詳細経緯」を論じる。
この経緯から「10/16日・元亀」から攻めて、12/19日に落城させて、12/20日まで掃討し、12/21日に「補給路作戦」を開始し、12/22日に西に向けて移動している。
これに「三河五戦記等の信頼できる記載」を合わせると、「補給作戦拠点造り」に苦労して「二俣城」を必要以上に時間を掛けて「北の山際」を西に向けて進軍して来ている。
つまり、これはこの「三方ヶ原」が”「宿営地」”と云うよりは”「補給基地」”であった事を間違いなく物語るものである。
仮に、違うのであるならば「武田軍の本隊が辿った道」を「山県軍の別動隊」は南下するのが通常である。
然し、「山県軍の別動隊」としては「補給基地」は、同時に「守備隊の宿営地」と成り得るので、戦記では“「補給基地・補給拠点の意味含む」”として記しているのだ。
又同時に、この事でも他説の「山県軍の別動隊」が、「天竜川沿い」に南に進軍せずに、「北の山際」に沿ってこの当初の「補給基地・補給拠点」の「北の三方ヶ原」に向かっていた事が読み取れる。
そもそも「武田軍の本隊」も、この「三方ヶ原」を「補給基地・補給拠点」として確保するならば「北の山際」を通って牽制しながら「堀江城」に向かうのが戦略的に距離的にも最も合理的である。
ところが先にこの「南のルート」を使ったのだ。
当然に、「山県軍の別動隊」も、「補給基地・補給拠点」としないのであれば「同じルート・南ルート」を辿って「武田軍の本隊」の後を追うだろう。
ここがよく読み切らないと判らないところであり、故に、「武田軍の本隊」と「家康」との「一言坂の戦い・二つの説」が起こったのだ。
さて、「一言坂」と云うキーを元に、故に、ここからが「青木氏の歴史観」の「額田青木氏の南下国衆の事」と「青木貞治の事に関わる事」に絡まって起こる事に成るのだ。
「三河戦記」の一つの説は、「二俣城」の南下している「武田軍の本隊」に向かって城から出て「野戦」を仕掛けたとする説と、「一言坂」に到着した「武田軍の本隊」に城から出て「野戦」を仕掛けたとする説の二つの説があるが、「詳細経緯のタイムラグ」から観て、前者は成り立たず、後者が正しい事に成る。
普通なら、ここでは遅くとも12/20日で「西・堀江城」に向かう筈であった事が判る。
要するに、この「4日間」の「山県軍の別動隊」は「浜松城籠城作戦に対する為の準備」をしていた事に成る。
この為にも、同時に「武田軍の本隊」が「浜松城」を攻めるには「北の三方ヶ原・宿営地・補給基地」にするとして必ず来ると「松平軍」は観ていたのであろうし、寧ろ、作戦的には先に「野戦の戦場の確保」と「補給基地・補給拠点」を阻止する為に「三方ヶ原」としたとも執れる。
これには「南下国衆の銃隊の一連の行動」に執って「意味する処」があり、何れかであるがどの「三河戦記」にも「甲斐戦記」にも“何れか”を記されていない。
唯単に「三方ヶ原」とし主にはその意味合いから「宿営地とする説」が主流である。
それについては疑問がある。
先ず「経緯の行動」から読み込むと、当初は「堀江城」を「本陣・武田軍の本隊」として、「二俣城の拠点・補給拠点・山県軍の別動隊」にする案が検討されていた「形跡」があると観る。
何故ならば、「信玄の戦い方」の全体を観れば、「野営地を本陣とする戦法」を採らないのが「信玄の戦略のポイント」なのである。
彼の戦記では「周囲の大城・本陣」を落として必ずそうしている。
必ず、「本陣」を戦場と成る所を見計らって「1k~1.5k程度の処・城館」に安全を期して離している置いた戦術を採っているのだ。
「一言坂の周囲」には「2k圏内」には「8つの出城」があり、この何れかに「本陣」を構えた筈である。
何故ならば、「一言坂」より少し「東・18k」に離れて「遠江と駿河との国境域」には堅固な戦略上の拠点と成る「掛川城」と「高天神城」の二つの城があって、これを先ず落とす必要があった。
その「掛川城」は三方ヶ原の戦いの前の「永禄12年5月・1569年」に落城させた。
これは「三方ヶ原の戦い」より「3年前の事」であるが、ここを「本陣」とするには遠すぎる。
ところが、「高天神城・掛川城より南8k」は「天正2年5月・1574年」に落城させた。
「三方ヶ原の戦い」より「4月後の事」であるが、「掛川城」と同じく遠すぎる。
戦略的に先に「掛川城」を落として於いて「西側の城の処置」に掛かり、この「西側」が片付いたらその余力で「高天神城」を落とし、その間は「掛川城」から「東側」に睨みを利かしていたと云う事であろう。
故に、「三方ヶ原の戦い」では、東に「高天神城」の一つの城を残して落とさずに其の侭に直ぐ近くの「一言坂」に入っている。
「三河戦記」では、「二俣城」の手前まで出向いて牽制しようとしたが、その前に「武田軍の本隊」が迎え撃つ様に「一言坂手前」まで進軍し逃げる「松平軍」を追尾し「一言坂」で追い払い、再び、「文面の流れ」からこれをあやふやに“本隊が二俣城に戻つた”様にと記されている。
明らかに上記の後者説であって、「一言坂」に到達した「武田軍の本隊」に城から出て「野戦」を仕掛けた事に成る。戦記では前者説は「偵察隊」と記しているが現実には「野戦」であって、「偵察隊」ではあり得ない「5000の兵」を向けているし、後者説では「野戦」と記されているので後者説が史実と成る。
ところが、この「一言坂の戦い」は、この日が「三河の戦記・松平氏」では「10/13、又は10/14」としていて、ところが「甲斐の戦記」では、「武田軍の本隊」は「10/15」は「匂坂城」を落としている。
「二俣城に戻ったとする様な説」と「匂坂城の説・10/15・一言坂より北4k・天竜川沿い」とには「2日の行動の無理」が起こる、又戻ってもいないのだ。
然し、「甲斐戦記」では「二俣城」には、「山県軍の別動隊・11/中旬・15日頃」に合流し、「本隊」と共に「水源」を破壊して落とした事と記されていて、「武田軍の本隊」が戻ったとは成っていなく、この後、直ぐに「目途」の着いた「二俣城」を「山県軍の別動隊」に「周囲の国衆の掃討」と「補給路の構築」を任せて「二俣城」を離れて南下しているのだ。
実際は、先ずこの「二俣城」は無血開城したが、未だ「周囲」の「国衆・土豪」は反抗を続けていて現実には終わっていない。
これを「武田軍の本隊」も“未だ「二俣城」に居た”と勘違いしたか、「脚色のネタ」にした可能性があると観られる。
この説では、“「偵察隊」”としていて、その軍勢が家康本隊が3000で、本多・大久保等の隊は総勢2000としていて、合わせて合計5000である。
これは松平軍の全勢力であって、そもそも「偵察隊」であれば、「家康・大将」も出ないし、精々100程度で済む筈である。
ところが更にはそもそも「偵察隊」であれば戦わず手前で引くのが常道でありながら、引いたが追いついたとして脚色している。
「武田軍の本隊」が“自動車にでも乗っていたのか”、「どれだけの速さ」であったのか脚色もここまで来ると笑える。
ここにもこの説の無理があり、矛盾だらけで「負けた戦」に江戸期に脚色して虚勢を張ったのだ。
「一言坂」から「二俣城」まで直線で16k、徒士で最低で4hの道則であり、そもそも疲れた兵が戦い後に1日の工程では「大軍の進軍」は倍と成り無理であり、再び、「一言坂」まで戻ってくるのは戦略的に無理であり、そもそも無駄であるし、更にはこれでは「一言坂」の遠江の周囲の「出城8つ」を落とす時間は生まれないし、当然に突然出張った松平軍を追ったとすれば「武田軍の本隊」の「補給態勢」が続かないのだ。
又、そもそもその期間に「2月のずれ」があるのだ。
「甲斐側の戦記」とには修正できない点が生まれて其の侭にして脚色したのだ。
「三河戦記の脚色」は後勘で墓穴を掘った形であるが、江戸期ではこれでも良かったのであろう。
筆者の感覚では敗戦した「甲斐の戦記類」の方が「矛盾と脚色」は少なく「祐筆衆の原稿通り」に「史実」を伝えている気がするし、普通は逆であろう。
もう一つは、「一言坂」へ進軍中の「武田軍の本隊」に向けて城から出て「一言坂」で「野戦に依る戦い」を仕掛けたとしている説があり、天竜川を越えた域当たりで「野戦」と成り敗戦したとする説でこれの方が矛盾は少ない。
そもそも地形的な面から観て、「浜松城」からは、この付近は”「圷の平地」”であったので、「武田軍の本隊」の「一言坂付近の進軍」の「動向の状況」は見えていたので矛盾はない。
其の後の詳細経緯を追うと、ここで、「松平軍を追い払い・11/15日頃」、「軍の態勢を立て直し」、「補給路を確保」し乍ら、その間に「8つの出城」を落として、この間に一時、「約1ケ月間程度・12/20まで」を「浜松城の様子」を観察しながら駐留したのだ。
そして、前段の時系列の通りの行動と成って行く。
 12/21 本隊 朝頃一言坂発進
 12/21 銃隊到着-額田青木氏の銃撃戦
 12/21 17時半頃浜松城通過
 12/21 20時頃堀江城到着・開戦
つまり、この経緯から故に、「武田軍の本隊」が北三河を制圧して合流していた「山県軍の別動隊」に「二俣城の処理」を任したが、然し、「二俣城」から「南下」して途中で左に折れて直接に「三方ヶ原」に向かい、「本陣とするべき城館」の無いそこを「宿営地」として、そこから「浜松城」を攻めて、その後に「堀江城」を攻め落とし、それから「本戦の西・三河に向かうと云う戦略」では元々無かったと云う事である。
然し、史実は直接に南下して「浜松城の東・12k-2.5h」に位置する「一言坂・兵站・六間街道―盤田街道・天竜川から東5.5kの坂・盤田目付」まで到達している。
この「東坂下」では「松平軍」と「一度目の野戦・一言坂」をしているのである。
要するに、仮に、何故か「宿営地」としていたとするならば、この史実と矛盾するので「三方ヶ原」には向かっていないのだ。
この様に多くの「三河戦記の説」とは矛盾するのであり、「江戸期の脚色の矛盾点」である。
寧ろ、「二俣城」を落としている限りに於いて先に宿営地としているのなら「二俣城」から直接に「藁科街道・静岡県―本坂街道・愛知県」を西に向かって「三方ヶ原」に向かう筈であり、この西に向かわずに「天竜川沿いの東」の「二俣街道東」を通って南下して「盤田街道」を西の「一言坂」に向かっていて、且つ、そこで無駄な「仕掛けれられた野戦」もしている事に成るのだ。
然し、そもそもこの「三方ヶ原に向かう方・藁科街道」が前段で論じた「時間のずれ」などの事は、一切の問題は吸収出来ていて「無駄」が無く成り「合理的」であった筈である。
故に敢えて、「天竜川沿いの東」の「二俣街道東を採った事」には意味があった事に成る。
つまり、この詳細経緯では、戦略は当初から最も三河寄りの湾際の「堀江城」を本陣に据える筈であった事に成る。
これは過去の戦歴の「信玄の戦略ポイント」に一致する。
だとすると、「二俣城」から「三方ヶ原の南横」を経由して「湖東町交差点」を西にルートを採れば、「三方ヶ原」などに対する「戦略的印象」も効率的で、最も「堀江」に「近いルート」と成り、「両者の籠城戦の考え方」に執っても意味があった筈であったが、史実は違ったのだ。
ここに「両戦記」の「記載の牽制策説」の生まれる所以と成っているのだが、これは飽く迄も「三方ヶ原が野営地・本陣」の「前提の説」に成り、「武田軍の補給基地説」ではない事に成る。
史実は「武田軍の本隊」からは「浜松城の真下・城南」を通過しているので「多少の牽制の考え」はあった事に成る。
況や、「三河戦記」の多くの主説の「信玄の牽制策・脚色」では無かった事に成る。
この説では従って「三方ヶ原」の「信玄の本陣説・脚色矛盾」では無い事に成る。
では、そこで問題に成るのは、上記の“天竜川沿いの東の「二俣街道東」を通って南下して「盤田街道」を西の「一言坂」に向かって”の史実は何なのかである。
確かに「8つの出城を潰す事」もあったろうが、「他の全ゆるルート」では解決でき得ない点の「決定的なポイント」があった事と成る。
それが、次の事だと観ているのだ。
筆者は「二俣城の副将」の「青木貞治・駿河秀郷流青木氏一族一門・駿河水軍」の存在であると観ている。
そもそも、このルートを採ったのには、この「駿河青木氏の青木貞治」の背景には、「日本一の大勢力」の「遠州と駿河と相模と武蔵の国衆の出方+秀郷流一門361氏+秀郷流青木氏116氏」の「出方」を伺ったと観ているのだ。
要するに「青木貞治の駿河青木氏」に繋がる「東勢力」を気にしていたのだ。
「軽視し無視の出来ない勢力・青木氏116氏+青木主要五氏の一族361氏」である。
これは「一族の直の勢力」であって、これにこの一族と血縁を持った国衆も存在するのだ。
信長も秀吉も家康も手を着けなかった相手であった。
此れを下手に動かす様な事にも成れば幾ら「戦い上手な信玄」でも人溜まりもない。
平安期から元々、“「戦闘的ではない寝る子」は起こすな”である。
何せ「一言坂の盤田」の「姫街道沿い・本坂街道」の「直ぐ横・1k」の所に「駿河青木氏の青木貞治」の「一門の菩提寺西光寺・大寺閣の平館城」があるのだ。
これを誰が観ても解らない馬鹿はいないだろう。
この周りは要するに「一言坂の戦場と成った地域」であり、「一族の住処・東域」で一族一門としても放置できない事で、古来より「氏是」として直接に攻撃侵攻はしないが、「入間総宗家の判断」があれば一団と成って救出する。
これが寝る子の「青木氏族の掟」である。
「第二の宗家」としていた「遠江駿河の青木貞治」を始めとする「秀郷流青木氏116氏」はこれを護った。
いざと云う時には、「伊勢」から「伊勢水軍を廻す事」もあり、「駿河水軍にも救助を求める事」も出来、最も東に近いの一族が居る「藤枝」か「青木」からは直ぐに動ける「1日生活圏」の「40k=10里の位置」にもある。
この様に「援軍救助と云う点」では全く問題は無かったし、「武田軍」は「水軍」には全く弱く「補給路」は陸路に限られていた。
故に、「武田軍の本隊・東駿河侵攻」ではこれに対して「藪蛇の戦略」と成らない様な戦略の必要性に迫られていたのだ。
それには「唯一つの策」があった。
それは「戦記」から観ても、「松平軍を攻めた」が「周囲・菩提寺付近」は荒らさず手を付けていないのだ。
何故ならば、「一言坂の戦場」と成った「盤田の西光寺」も「一族の過去帳」や「墓所」等が遺る位に消失していないのだ。
これを観た「遠江と駿河と相模の秀郷一門の勢力」と「伊勢の抑止力の勢力」は連携して「攻撃すると云う事」はせず結果として動かなかったのだ。
故に、「武田軍」は、この寝る子を起こすような事をしなければ、“一言坂を通る南周りの行軍路を選択した”のだ。
同然に、「二俣城の副将・青木貞治等」とその「兵・1200」を開放するに及んだのだ。
これを「甲斐側」から観れば、「遠江と駿河と相模の秀郷一門の勢力」を戦う事なく間接的に抑えた事に成り、「松平氏側」からすると、逆に「背後」を及びやかして欲しかったであろうが、「駿河侵攻・松平氏支配・1568年頃からの4年」では余りに短くその勢力は浸透していなかったのだ。
要するに「戦略の狂い」であった。
上記の“天竜川沿いの東の「二俣街道東」を通って南下して「盤田街道」を西の「一言坂・姫街道」に向かって”の「史実」は、「東の勢力・青木貞治の一族一門」を間接的に抑えたと云う点では「戦略」では「信玄の方」が一枚も上であった事に成るのだ。
つまり、「家康と重臣」は「二俣城の副将の青木貞治の存在・背後の勢力」を低く見ていた事に成る。
「元今川氏の家臣・松井氏」と云う事もあったろう。
要するに「菩提寺」が、“直ぐ傍にあると云う事”を放念していたのだ。
そんな処で「戦いをする事」がそもそも可笑しいのだ。
因みにこの「二俣城の時に、本家分家共に「5人の甲斐時光系青木氏・重臣」が参加していたが、この内の内部紛争で「二人・分家」は積極参加していないのだ。
他の三人は、「三方ヶ原」と「長篠」で「戦死・滅亡」であった。
この「二人」は、後に「武蔵鉢形」に移住させられ「徳川氏の家臣」と成り、一人は孫の「柳沢吉保・青木吉保」であるが、この時のこの一族が「青木貞治の秀郷流一門との関係性」は無かった事が二つの系譜上で判る。
要するに、元々、甲斐とは古来より犬猿性が歴史的にあって、「繋がり」は働いていなかった事に成るが、“働いている”と成っていれば「青木貞治の様子」は違っていただろう。
唯、「二俣城の開城」の“「条件」”から観ると、確たる「証拠」は無いが、甲斐側は“何らかの横の繋がり”を持っていての事かも知れない。
つまり、この無血開城の“「条件」”に疑義があるのだ。
「水攻め」で負けたが、その「開城の条件」が良すぎる。
普通なら、無血開城の場合は「主将と副将」は切腹で始末するのがこの時代の常道である。
それを「城兵1200」と「主将と副将」の「退散」で何と「浜松城に入場」までもを許したのだ。
“これから攻めようとする浜松城に”であり、「敵の勢力を高める策」では無いか。
本来であるなら歴史の定説では解かれていないが「青木貞治隊200」は全滅であった筈で、それが生き遺させた何かが働いたと観るのが普通であろう。
それが上記で論じた「遠州と駿河と相模の秀郷流一門の説」であると説いている。
「青木貞治の秀郷流一門との関係性」を誰かが「甲斐の青木氏・重臣の信種か信秀か等の二人」を通じて「条件」として「青木貞治」に持ち込んだとする説である。
実は、この「信種」は「法名」を「浄賢」と称し、「僧門に入っていた事」から「秀郷一門の事」に詳しく「駿河攻め」に帯同しての「信玄の参謀」を務めていた事が判っていて「「浄賢は重臣参謀の者」であった。
「藪蛇の戦略」や「寝る子を起こす」の様な事の無い様に「逃避説」を説いたのではと観られるのだ。
それに成功したとすれば、“「1200兵の開放」”は「等価の条件と判断した」と考えられる。
場合に依っては、「駿河青木貞治」、又は、「甲斐青木信種」かの何れかが、“「条件」”としてこの「参謀の信種」に話を通したのではないか。
筆者はこの推論は先ず間違いは無いだろうと観ている。
だから、「青木貞治」は「三方ヶ原」で「責任を執つて戦死・旗本から責任を問われた」のだし、「青木貞治隊200」は「南下国衆の銃隊の援助」を受けた事もあるが、その後の掃討でも「西光寺」に逃げ込み無事に生き延びられた所以であろう。
これは「青木氏の歴史観」として絶対に見逃す事の出来ない点であるのだ。
さて、ここで念の為に記するが「青木貞治の一族」は、「遠江の盤田」に「西光寺の菩提寺」があるが、「遠江青木氏」では無く「駿河青木氏」であって、「秀郷流青木氏」の「駿河青木氏の西の勢力末端」に分布して平安期から鎌倉期に子孫を拡大させた裔系である。
この「駿河」は、平安末期の富士川の合戦・源平戦に参加して敗退して逃げて来た「近江青木氏」と「美濃青木氏」と組んで「源平戦」に参加して滅亡した「駿河水軍の駿河青木氏」である。
其の後、織田勢に「尾張と三河の神明社」を全て破壊され、この為に「額田青木氏」を「国衆」として鍛え上げて「フリントロック式改良銃」を秘密裏に堺で独自製作し、これを「額田青木氏」に持たせて南下させて「古跡神明者の神職」が定住していた「三河伊川津」に家族と共に定住移住させた。
この時、「伊勢」は、この「駿河」には「滅亡した駿河水軍の末裔」を探し出して「伊勢」で「訓練・1540年~1545年頃から」を着けさせて「大船一艘」を与え、「糧」を与えて、再び、水軍の「駿河青木氏の裔系・28年~30年間」を拡大させたのだ。
その「復元駿河水軍」の「30年後の裔系」が、「国衆」として仕えた「元今川氏の国衆連」であったが、「今川氏衰退」で「松平氏の家臣・下記」と成った「青木貞治一族」である。
その意味で、「水軍を持つ国衆の駿河青木氏」は「松平氏」に執っては魅力であったのだ。
さて、この「青木貞治一族」の「秀郷一門を背景とする勢力」を軽視し、16k離れた「二俣城」に配置していたのだが、ところが、更に「松平軍」には弱点があった。
つまり、この「弱点」を「武田軍の本隊」に読み込まれたのだ。
「浜松城」と先に落とされた「掛川城」と後で落とされた「高天神城」の「間・28k」には「護りの城」が無く、その中間の「一言坂」を突かれたのだ。
周囲には「8つの出城」があったが、この「青木貞治一族」の「庄地・盤田」に「出城」なり「平館」を造れば、「駿河水軍の威力」はより戦略的に働いたのだがそれをしなかった。
「秀郷一門を背景とする勢力」の「補給や兵力」も含めて「臨戦態勢」が構築できるのだった。
その様にできれば、「織田氏」では無く、「松平軍+東の勢力・秀郷一門・江戸転封で構築」の「武田軍を凌ぐ勢力圏」を築けていた筈であった。
もっと云えば、この「青木貞治の駿河水軍」を使えば「浜松城の籠城戦」の勝利は可能であった筈であった。
当然に、背後を突ける「伊勢水軍と伊勢の財力」をも使えたのだし、「鬼に金棒」であったろう。
つまり、「青木氏の歴史観」から観れば、この様に悉く、「現場的な戦略性の無い家康」は「青木貞治の使い方・旗本の嫉妬と怨嗟」にも失敗していたのだ。
後勘と成るが、筆者ならそうする。
さて、結局は「一言坂の東」を制し「向後の憂い」を無くし、戦略通りに西進しこの「堀江」に向かったのだ。
此処からは、この「青木貞治論」に於いて、「額田青木氏の南下国衆の銃隊」の詳細経緯に関わって来るポイントに成るのだ。
そもそも「堀江城」は、「武田軍の本隊の本陣」としては、「今後の西三河尾張攻め」としても「最高の戦略的位置」である事は、「甲斐戦記」での「言葉の使いまわし」で「読み取る処」ではあり、「三河と甲斐の両記類」でも「両軍が認めていた」とする節があるのだ。
この事は、「武田軍の本陣」とに関わらず、「二俣城」と共にどの「三河戦記・戦略拠点」としてのその表現には“「最重要拠点」”との意が記されている。
“「最重要拠点」”と表現する内部に含まれる「幾つかの意味」を持っている。
その「意味」の一つには、「武田軍」にしても「松平軍」にしても「二俣城」は、「補給の拠点」、「堀江城」は「指揮命令の本陣」とする事、又はその様に成る事に“重きを置いていた”という事に成る。
逆に云えば、「松平軍」に執っては戦闘で最も重要となる「差配・命令」の出る「本陣化の危険城」と観ていた事に成る。
然し、「一言坂・元亀3/11/13?・勝利」に向かい、且つ、最後には「堀江城・元亀3/12/22落城」に向かい、ここで一度、「補給」などをして「軍立」を直して「元亀3/12/22 ・1573/1/25」に直ぐに「三方ヶ原」に向かったのだ。
定説と成っている「三方ヶ原の野営・宿営地の説」は、これで崩れるのだが、然し、ここで改めて「疑問」があっ。る。
第一に、況してや「武田軍の本隊」は「一言坂の野戦」をして周囲を掃討した後に「堀江」に向かったのだが、何故、「浜松城の前」を素通りして、その後で、「定説」と成っている「三方ヶ原・宿営地」に「情報」があったのなら、何故に堀江より先に向かわなかったか?と云う疑問もあるのだ。
但し、「松平軍」は「堀江城陥落後」に松平軍が「籠城」から「野戦」を選び、この「補給拠点を攻めると云う説」もあり、この説が正しいと云う事は上記の論で解明できているが、それならば「堀江」を攻められるというも「一言坂の地点」で既に判明しているのだ。
だとすると、此処で「松平軍の軍議」は、何故、「野戦」としなかったのか?である。
「情報」と「野戦決定」との間には、「1月程度の大きなタイムラグ」があり、これは有り過ぎる。
要するに、ここには「額田青木氏の南下国衆の銃隊」が大きく関わっていたと観ているのだ。
先ずは、「籠城戦」にしろ「野戦」にしろ「銃隊の効果」は大きいので何れにせよ「吉田城」から呼び出すまでの期間を待ったとする説論である。
現実には呼び出した後の「軍議」では、そうならず何と「350の銃隊の大勢力・松平氏軍勢比7%」を「吉田城」から呼び出して置き乍ら、”城外”に「偵察隊」として放り出した結果と成った。
注釈として、そもそも、「火縄銃の銃力」は「兵力の10倍」と云われていて、額田青木氏の南下国衆の連射式のフリントロック改良銃では20倍以上となろう。
とすると、「7500の兵力」に相当する事に成り「松平軍の1.5倍の兵力」を外に放り出して「偵察隊」としてしまったのだ。
そもそも、「吉田城の守備隊」であったものを{浜松城}に呼び出して置いて、「偵察隊」とする戦術的に「低い命令」を何故に下したかである。
既に、そもそも、「浜松城」からは平坦地にいる「武田軍」は東に見えているのである。
何故、意味の無い、又は「低い命令・偵察」を出したかにある。
何れにしても「額田青木氏の南下国衆の銃隊」は、そもそもの「三河国衆の初期の目的・条件」とは異なっていた事から、そんな「危険な位置に加わる事・銃隊を陣形の中心に据える事」をこれを「軍議で拒んだ事」は、「銃隊の指揮官」からの伊勢への手紙の資料等の内々の「やり取り・不満」からも読み取れる。
つまり、ここは「駿河青木氏の青木貞治」と、「武田軍」にしても「松平軍」にしても「判断の分かれ目」に関わっていたので詳細に検証して観る。
その“「判断のカギ」”は、その前に“「武田軍の本隊に起こった出来事」”であろう。
それの大元は、「額田青木氏の南下国衆の銃隊」との「一言坂の偵察隊との遭遇戦」にあったと観ているのだ。
先ず、その内容はこの「遭遇戦」に勝利して無傷で「西の坂下」に戻った「南下国衆の銃隊の行動」にあったのではと考える。
そして、それは「額田青木氏の南下国衆の銃隊」が、「浜松城」の「城」、或いは「城付近・北東の小丘」に「陣取つた事」にあったと考えるのだ。
つまり、先ず「信玄の頭」に「1年前の第一次吉田城の籠城戦の経験」が過ったと云う事だ。
少なくとも覚えていただろう。
そこで、「信玄」は「一言坂の銃隊の偵察隊」に対して「吉田城の敗戦時・撤退」の「印象記憶」とから、「浜松城通過の間」に、先ず「第1回目の変更の作戦方針」が替えられてたと云う事であろう。
“これは拙い”として「武田軍の初期の目的」の「堀江の方向」に向かったと成るのだ。
つまり、「浜松城」の必要以上の“「牽制行動」”は「銃隊の存在・追尾」でこれ以上は危険と察知したと云う事に成る。
ここの直前までは、未だ“「牽制行動の一策」”として「山県軍の別動隊・補給基地増築使命」の到着までの期間として、「三方ヶ原の補給基地・宿営地・浜松城攻略」に行くか、直接にこの「牽制行動の如何」の為に「堀江城の攻略」に向かうかの「判断」は出ていなかったと観ている。
そこで、「一言坂の坂下」を下りて「浜松城の北東の小丘」に手痛い思いをさせられた「額田青木氏の南下国衆の銃隊」が「浜松城の右横」の「北東の小高い丘・公園の右側・140~150m」に陣取った事を観たのだ。
ここは「一言坂の平地」と違って此処から下に向けて銃弾を浴びせられれば抵抗できない為に“全滅もあり得る”と、信玄は「2度の経験」から観たのだ。
「三方ヶ原の宿営地・浜松城攻略の作戦」では、「額田青木氏の南下国衆の銃隊」を「相手にする事」に成る為に、「信玄の判断を先送りした」と考えられるのだ。
そこで、「浜松城の城周り」を廻って「館山街道」を北に進んだ。
未だこの段階では「三方ヶ原の補給基地・宿営地・浜松城攻略」に向かえる道である。
つまり、「第1回目の方針変更地点・城」から離れて「武田軍の本隊の後尾」を「額田青木氏の南下国衆の銃隊」が「追尾してくる事」を「武田軍」に「情報」として後尾より入っていた。
ここで、この「情報」に依って、更に「第2回目の方針変更地点」で「判断」を更に替えさせたのである。
それは「牽制行動の中止」の「最終的な決定方針」である。
つまり、「三方ヶ原」に向かうか、将又、「堀江城」に向かうかの「最終的な判断」に達して此処で方針を確定させたのだ。
その「二つの判断のポイント」が、「西と東の街道の交差点・湖東町交差点付近・館山街道」にあったと観るのだ。
同然に、「浜松城攻略」が「最後の作戦」と観ていれば、「二俣城」から南下して進軍してきて、其の侭に「三方ヶ原」に向かい宿営して「山県具の別動隊」を待って「浜松城攻略」を進めれば良い筈である。
その後に「堀江城を落とすと云う戦略」もあった筈だが、この場合は「本陣」が「野営と成る欠点・奇襲攻撃」を持っていたがそれを嫌ったのだ。
要するに、「信長の桶狭間の奇襲作戦・1560年」の例があったからなのだ。
その「奇襲攻撃・南下国衆の銃隊」は、「松平軍」と云うよりは、つまりは、直前の「一言坂」で遭遇した偵察隊の「額田青木氏の南下国衆の銃隊の攻撃」を予想していたのだ。
そうすると、「一言坂を通るという事」の詳細経緯の結論は、先ずは「余裕」を以て「浜松城そのもの」をある程度に牽制して置いて、後に「堀江城」に向かい当初から「三方ヶ原に陣取る予定」では無かった事に成る。
この事は、「一言坂の野戦」の「兵の数」と「織田軍の援軍」も無いと観ていた事に成る。
「織田軍の援軍」があれば、「一万近い兵」が「浜松城」には入り切れないし、「兵糧作戦」から「織田軍」は「補給路」を確立して、「城」の近くに「野営」をしていた筈である。
西には「堀江城からの挟み撃ち」や「大軍の織田軍の補給路」も断たれる事が起こるし、「援軍」は無いと観ていた筈である。
そもそも「織田軍」もそのような愚策もそうしないであろう。
兎も角も先ずは、「銃隊も攻撃してくる様子」も無いとして、その「牽制であった事」に成る。
然し、何れの戦記にも「野営と補給路の記載」は無いの通り、「織田軍」にしても「松平軍」の何れにも「野営」は現実に無かったのだ。
「浜松城」の近くに「野営」が無ければ「松平軍の戦略」は「籠城戦」である。
当然に、「一言坂の坂下」に降りた「額田青木氏の南下国衆の銃隊」も「城近く・北東の小高い丘」に「野営していた事・隠れる」は判っている。
現実には「軍議の内容」では、「織田軍の軍目付・軍艦」と「松平軍も」からも、間違いなく「籠城戦」としてその様な傾向に成っていた筈である。
「銃の牽制力の戦略的効果」を上げながらの「南下国衆の銃隊」も、「軍議」で拒否して外に出された以上は城に入れずに、そのつもりで攻撃せずに追尾だけにしたのだ。
ここで検証は「駿河青木氏の青木貞治」に関わって来る。
然し、「館山街道」の追尾中に、「軍議」に参加している「駿河青木氏の青木貞治隊」から“「驚くべき内部情報」”が齎されたのだ。
つまり、「一言坂の偵察隊との遭遇戦」で、暫く、「武田軍の本隊」は進軍に於いて「隊の再編成」を整えていた「時間・4h~8h」の間に、この「松平軍の浜松城の夜間の軍議」が成されたと云う事に成るのだ。
これに対応した上記の経緯の変化点で、「追尾中の南下国衆の銃隊」は、“「信玄の臨機応変の二つの命」に待つ”という事、つまり、どう出て来るか待つ事に成ったと考えられるのだ。
「武田軍の本隊」には、「松平軍」に放っていた「隠密からの情報」が入っていたと観られる。
そこで、「一案・第1の方針変更」は、「城」を通過して廻って「三方ヶ原」で宿営して「山県軍の別動隊・補給路確保」を待って「浜松城」を攻めると云う「危険策」であった。
つまり、これは「二俣城の作戦」と同じである。
次に、「二案・第2の方針変更」は、被害の大きく出る「銃隊の行動」を観て、これを逸らして「堀江城」に向かう「安全策」である。
その「判断の起点」が、「西と東の分岐点の湖東町・館山街道」で現実のものと成ったのだ。
同然に、これは「額田青木氏の南下国衆の銃隊」にも同じ事が云えたのだ。
この時、「額田青木氏の南下国衆の銃隊」は、未だこの時点でこの「三方ヶ原」が「武田軍の宿営地・補給基地」で「籠城戦」と成ると考えていれば、“三方ヶ原方向の東に向かわずに、「もと来た道・館山街道南下」を採り、城には入れないので、「城の近くの丘に陣取る事」に戻る筈である”がそうは成らなかったのだ。
ところが、然し、ここで所謂、上記の「青木貞治の軍議情報」が入り「東の三方ヶ原」に向かっているのだ。
では「内部情報」を得たとしているが、「南下国衆の青木氏の情報源」は判るとしても、気に成る処は「武田軍の本隊」は何処からこの「情報・隠密説」を獲得したかである。
「情報源」が無かったとして「籠城」から「野戦」と変更されるタイミングは「城」を出た時であろう。
然し、これでは「三方ヶ原」を確保され、「補給拠点築造の山県軍の別動隊」は危なく成り遅過ぎる。
少なくとも「内部の情報源」で無ければ無理である。
そこで「内部に情報源」があったとして、「松平軍の軍議」に参加できる国衆は、凡そ200以上を持つ豪族である事になるので、「190居たとされる国衆」の内の“1割にも満たない数”である。
一つ考えられるのは、「時光系甲斐青木氏の五氏」である。
然し、この二つは「長篠の戦い」に消極的態度を採った「分家筋・巨摩郡と柳沢郡」であり、更に一つは安芸・女系の縁者から養子で継いだ分家の本家であって、「戦い」が始まると直ちに安芸に逃亡した。
依って、「甲斐時光系青木氏の武田氏系」と縁組をした本家筋の二つであった。
この「二つの青木氏」が「青木貞治」に「繋を採ったと云う事」も考えられるが、古来より甲斐とは「犬猿の縁」にあって「繋がり」は本来は無かった筈である。
唯、「二俣城」で「武田軍参謀の信種・浄賢」が「二俣城の開城の条件」として「青木貞治を救った事・副将200」があったが、この誼で「お返し・恩義返し」として、「額田青木氏の南下国衆の銃隊」に「内部情報」を提供したと同じ様に情報を提供したのか。
これは疑問であるが、“一族温存の為に”この「情報」を提供したか、又は、要求されたかの可能性があり、「戦乱の世」に於いて否定は出来ない。
元々、「松平氏の家臣」では無く、今川氏の家臣の「松井氏の家臣・近江での縁」であった。
この「松井氏」が潰され、「松平氏の家臣」の「中根氏の配下・二俣城の主将」の「副将」として入っていたのだ。
この事は、飽く迄も「流れの推論」であり、「一切の資料」からは読み取れず、且つ、「戦記」からも同然である。
然し、何も「情報源が無いと云う事」は考え難い。
もう一つは、追尾していた「額田青木氏の南下国衆の銃隊」の「突然の行動・三方ヶ原に向かった」のを観て、「異変を察知した事」も充分に考えられる。
つまり、この場合は「青木貞治が間接的に情報を提供した事」には結果として成る。
筆者はこの説を採っている。
そうすると、「額田青木氏の南下国衆の銃隊」の「銃力の威力」では、“「山県軍の別動隊・補給基地築造」が危険”に陥るとして警戒して「武田軍の本隊」が、これを護るために急遽、予定を超えて行動を起こした事も考えられる。
然し、「堀江城」から「三方ヶ原」に向かう途中で「魚鱗の陣形」を途中で編成しながら「三方ヶ原」に向かった「武田軍の本隊の行動経緯」を観ると、違うかなとも考えられる。
然し、場合に依ってはそのつもりで「進軍中」に、「松平軍が居ると云う事」に判り、更に「編成」を強めて後尾に居た「赤兜の騎馬隊を前に出した事」からすると充分に有り得る「詳細経緯」である。
「武田軍の本隊」からすると、城に入らず追尾して来た「額田青木氏の南下国衆の銃隊」が、「独自の行動」で「三方ヶ原・補給基地・宿営地」とする処に向かったとは考え難いだろうし、幾ら「脅威の銃力」を保持していたとしても一つ間違えれば極めて危険な行為の判断と観たのではないか。
「武田軍の本隊」は、その「南下国衆と成った初期の目的」は知っていたかであるが、「吉田城の戦い」や「一言坂の偵察隊の遭遇戦」から観て“「松平軍の銃隊」”と未だ観ていた事が考えられる。
「松平軍の軍議」で拒否し城外に外された事は未だ知り得ていないであろう。
故に、「南下国衆の銃隊」が「東の三方ヶ原の方向に走つた事」で察知し確信したのだ。
恐らくは、この時点で同時に「武田軍の幌者」を確認の為に「三方ヶ原・8.4k・馬0.8h・徒士2h」に走らせたであろう。
「南下国衆の銃隊」が「三方ヶ原に到着する前」に「幌者の往復」で充分確認はできる。
この時点で、少なくとも「籠城戦」では無く、「二度目の野戦との情報」が確認でき、この「情報源」が、実は上記の通り「額田青木氏の南下国衆の銃隊・下記詳細」にはあったのだ。
然し同時に、「松平軍」からすれば「武田軍の本隊」も「堀江に向かっている事」で直ぐに踵を返しても、この段階では「三方ヶ原」に来ない事は判っている。
とすると、この状況は少なくともこの時点、つまり同じ「西と東の分岐点の湖東町・館山街道」で「籠城戦」から「野戦」に「作戦が変更された事」の「情報の入手」を示すものと成ったのだ。
追尾していた「南下国衆の銃隊」が「三方ヶ原に向かった事」と合わせて間違いは無いとしたのだ。
「武田軍の本隊」と「松平軍」の両軍方に執っても「両軍に作戦が変更された事」に成る。
「松平軍の変更」で「武田軍」が変更したのか、将又、「武田軍の変更」で「松平軍」の変更が成されたのかは記録からは判らない。
「流れ・詳細経緯」から上記の通り「松平軍の方」であった事は判る。
但し、「三河側の戦記」では匂わしているが、「松平軍の変更」とは定説では成っていない。
一方の「武田軍側の戦記・資料」では、「堀江城を落とす事」に変更したとする程度で明確な表現が無いし、「三方ヶ原への変更」も明確な記載がない。
故に、「松平軍の変更」と成っているが必ずしも決定づけられない。
何れにせよこの「地点・西と東の分岐点の湖東町・館山街道」が「三者の運命の共通地点」という事に成る。
ここで、「武田軍本隊」と「松平軍」と「山県軍」と「南下国衆の銃隊」と「青木貞治隊」のこの「五者の全てのサイクル」が“「狂い始めた地点」”であるのだ。
ここで何故、「松平軍」が、まだ決まってもいない「堀江」に居る筈の「武田軍の宿営地・補給基地の予定地」を、先に「野戦・決戦場」と決めて、「三方ヶ原」に来たかと云う疑問に成る。
それには、「合戦の戦略上の常道」として、“「合理的な堀江を拠点にすると云う作戦」”もあった筈で、「武田氏側の戦記」では、「堀江城」を「長い時間・延4日」を掛けて落とす程にこの城に対して「大軍」を投入して“「注力」”を注いだのだ。
何も大軍を投入する程の城勢力では無かった。
これに付いて「両戦記で物語る事」は、「堀江城・武田軍本隊の指揮拠点」と「三方ヶ原・山県軍の別動隊の補給所の役目」の「二極拠点化説」が「武田軍側に在ったと云う事」である。
そこでこの事を後で知った「松平軍」は、この「三方ヶ原、山県軍の別動隊の補給所」を「野戦で攻める目的・補給拠点の破壊と場所の確保」であったとする事が頷ける。
然し、これには「高いハードル」が二つあった。
一つは同勢の「山県軍の別動隊」を打ち破る事である。
二つは「補給拠点」を絶たれた「武田軍の本隊」は必ず攻めて来て「決戦と成る事」である。
何れにしても「周囲の城を完全に落とされている事」から「敗戦見込みの賭け」で「織田軍援軍の時間稼ぎである事」は判るし、「織田氏の軍目付・軍監・3氏」も当初より「時間稼ぎに最も効果的な籠城戦」のその発言をしている事が戦記でも記されている。
最終的に「織田軍の大掛かりな援軍・援軍の意思なし・時間稼ぎ」は得られず、結局、「軍目付・軍監・3人・1200・美濃尾張の守備隊」の内の「平手軍の小部隊・主将戦死」のみが「三方ヶ原」で合力をしたし、元より「織田氏」は「武田軍の尾張進軍の時間稼ぎ」を「狙い」としていて「積極的な姿勢」では無かった。
故に、「平手軍」は「この時間稼ぎの一つの策」としての「作戦変更」に止む無く賛同して「合力・戦死」したのだ。
この事で後に「信長」に「軍目付・軍監の二人」は戦記の通り「信長」より「酷い叱責・追放」を受けたのだ。
この「後の史実」が「三方ヶ原」に出たのは「野戦で攻める目的・補給拠点の破壊と場所の確保」を証明している。
そこで因みに、この「補給拠点の破壊と場所の確保」には観えて来るものがある。
「堀江城、三方ヶ原、二俣城、浜松城、一言坂」の「五つの点の地形的な関係性」に付いて検証して観ると、この“「堀江城」の「武田軍側の二極拠点化説」”に対して頷けるものが見えて来るのだ。
先ず、この「五つの点」には次の様な「正三角形の位置関係」にあるという事である。
「一言坂」からは「5点の全体」は、当に“「正台形の位置関係」”を示しているのだ。
「堀江城」からやや北東側に「三方ヶ原」があり距離は8.5kある。
この「三方ヶ原」から同じ「線状A」の12.2kの位置に「二俣城」がある。
「堀江城」からほぼ「中間点の位置」に「三方ヶ原」があると云う事だ。
そして、この「三方ヶ原」から「線状A」に「垂直の位置」の「9.7kの位置」に「浜松城」がある。
この「浜松城」から南西側の「堀江城」に結ぶ距離は12.5kにある。
「浜松城」から北東側の「二俣城」までの距離は18.5kにある。
「一言坂」から「二俣城」までの距離は15.7kの位置にある。
「浜松城と三方ヶ原」の「線状A」を「左右対象の位置」に左に「堀江城」、右に「二俣城」があると云う事だ。
つまり、地形的に「三方ヶ原」は戦略上では、「武田軍側の拠点化」には「最適な位置関係」にあり、「籠城戦」とした場合は、「武田軍の本隊」の「三方ヶ原の野営」よりは「堀江城の本陣・指揮所」としてはより「最適な位置」にあったのだ。
この「武田軍側」のこの「二極拠点化説」には合理性がある。
言い換えれば、西の「織田軍の動向」を堀江から睨みながら、この「堀江城の存在」は同時に「浜松城籠城戦の長期化を予測していた事」をこの説は物語る。
「織田軍の援軍」はこの「堀江城」を攻め落とさなければ「浜松」には、上記の補給の問題もあるが、「入る事」さえも出来ないのである。
「三河戦記の定説」と成っている「援軍説」は無理であった筈である。
現実に「長篠の戦い」で「堀江城と二俣城」は歴史に遺る程の抵抗戦が繰り返された事が記されている。
という事は、この説からすると、「家康」はこの「補給拠点」を奪取して上手く行けば上記の「二つのハードル」を突破して、この「二極拠点化説」を撃ち砕く作戦に無理に出た事に成る。
この「補給拠点」を造ろう、或いは護ろうとしているのは「同勢の山県軍の別動隊」である。
其れで突如、「作戦」を変更して「浜松城」を早く出て、「三方ヶ原」に「鶴翼の陣で構えて待つ作戦に出た事」に成るだろう。
然し、この「作戦」は「信玄」に「館山街道湖東町の交差点の動き・南下国衆の動き」で悟られていたのだ。
定説とは異なり、密かに「家康」は「情報・定法の漏れる事」を恐れて「タイミング・山県軍の別動隊の動向」が来るまで心中に秘めていたかも知れないのだ。
何故なら、それは遠江では「190以上の国衆の寄せ集め軍・脆軍」であったからだ。
筆者は、この「きっかけ」は、間接的にも「青木貞治の南下国衆への情報」から興った事で心持ちこの気がする。
さて、この時の否定されている「鶴翼の陣形の妥当性」であるが、「山県軍の別動隊」と「同勢」、或いは「やや多い兵力」であるとするならば、「松平軍」が戦った場合は必ずしも負ける前提の陣形では無い。
何故なら「山県軍の別動隊」は、「二俣城の陥落後」に「二俣城」より経由して「三方ヶ原」に「補給基地を構築する使命」を帯びていた。
「甲斐戦記の通り」にすると、「山県軍の別動隊5000」とあるが、この内訳は記されていないがこの「使命」は明記されている。
とすると、この「使命」から「実戦兵・守備兵」は「約半分のと2000~3000」と見込まれる。
「松平軍」は実質は「190以上の国衆の寄せ集め軍・脆軍」であっても、5000>2000~3000とすれば「家康」は密かに勝てると見込んだ事が予想できる。
だから「鶴翼の陣とした」とも取れるのだ。
これは当に「甲斐側の戦記通り」である。
この場合からすると、当然に“「松平軍」が東側に陣取った”ので、「山県軍の別動隊」が西側に陣取る事に成ろうし、又、必然的に結果として「西の堀江城をからの応援を求める事」に成るので間違いなく、止む無くして「北の山際」を西に向かって廻り込む様に「西」に陣取る事に成る。
この「西向きの鶴翼」の是非は、「山県軍の別動隊・補給隊と戦後処理」には、「早くて突撃性の強い赤兜の騎馬隊」を有していないので、「攻めて来た兵」に対して相手がどんな陣形であろうが、随時、波状的に包み込む様に戦う事で互角には戦え問題は無い事に成る。
唯、「鶴翼の陣形の欠点」の一つは、「鶴翼の開閉」が出来ず「早くて突撃性の強い赤兜の騎馬隊・6000」の様な勢力に弱いと云う事である。
弱ければ疲れれば「本陣・大将」に突き抜けて仕舞うと云う事だ。
「山県軍の別動隊」にこれが出来たかと云う事であって、「補給基地を築造する使命」から、その「築造兵」を連れている以上は当然に出来ない事は一般として判る。
「三方ヶ原」で勝利すれば、「補給基地の使命」を帯びていた事から「浜松城の掃討」もしなければ成らない事に成る。
そうでなけれは「補給基地」は成り立たないし、次の「西三河攻略」の「第一補給基地」にも成る拠点でもあるのだし、それには「松城城の掃討」も「一連の重要な使命」であった筈である。
そもそも「戦い」は第一義的なものとして何れの戦いも「補給」無くして戦いは成り立たない。
これを危惧した「武田軍の本隊の上記した行動」に繋がったのだ。
因みに、早くて突撃性の強い「赤兜の騎馬隊・6000」の様に、「関ケ原の真田幸村」も大阪城から突き出した様に「廓柵・1km・馬防柵」を造り、周囲から攻撃されない様にして「本陣近く・家康」に近づき「騎馬隊」で突撃してこの「作戦」に出て成功している。
同然に、又、騎馬隊よりも早い銃を無視して頼り過ぎた面もあるが、この「赤兜の騎馬隊」が「武田軍の強み・本隊所属」でもあったのだ。
更に、参考として「家康」は、長篠後に、この「赤兜の騎馬隊・6000の勢力」をそっくり陣営に加え配下に組み込んで兵力を高めた位である。
故に、「松平軍」にはこれが無い以上は「鶴翼で同格に戦うと云う戦術を採った」と云う事にも成ったのだ。
中間説を採る戦記の「突撃性有無論の説」である。
もっと云えば、「堀江城の本陣化」は「今川氏真の失敗」を承知していて「家康」は充分に知り得ていた筈である。
だから、遠州が自分の手に入ったのだから知らない訳はない。
今その手に入れて遠州を「信玄」に「滅亡寸前」まで攻められているのだ。
「三河戦記」では定説とされている「本陣」を「三方ヶ原」に置くなどの事は露も思わなかっただろう。
要するに、故に「家康」は、“心の中に秘めていた判断”として「定説」とは違い、“補給拠点を破壊する”、又は、“確保する”と云う「戦術」に急変した事に成るのだ。
唯、とは云えど、これも「堀江城陥落の後」に、間違いなく奪回に「武田軍の本隊」は「三方ヶ原」に駆けつけて来ると云う難題があって、その時間内に勝利しなければならないし、再び、勝利しても奪回されるのは「時間の問題の課題」があった。
その時は、「城に逃げ帰る事」に成っていて、此処で「籠城戦に持ち込む」と云う「時間稼ぎ」にあったのであろうし、これであれば始めから「籠城戦」では無く、「織田氏の援軍の同意・軍目付・軍監の同意」を獲得できると云う「妥協中間策・時間稼ぎ」を執ったと考えられるのだ。
この「武田氏側の戦記」での仮説では、何処かの資料を以て史実に基づいて論じているかは別にして、この様に観ていたと云う事なのだろう。
これに賛同したのは「軍目付・軍監」の内の一人の「織田氏家老・平手汎秀」だけであったという事に成る。
故に合力して戦死しているのだ。
現実には、「武田軍の本隊」は「三方ヶ原」に出向いて来たが、出向いてきた理由は“補給拠点を破壊する”、又は、“確保する”事に対する作戦行動であったとしているのだ。
恐らくは、故にこの「説・二極拠点化説」の意味する処は此処にあったと考えられる。
だとすると、「軍勢とか陣形の是否」では「合理性に基づいた行動」として符号一致しているのだ。
本来であれば、江戸期で「戦記として論じる事」には「有利な立場」に成った「松平氏側の戦記・幕府」でも正しく論じられるものではあるが、そうでは無く不思議に冷静に筆者の上記の“青木氏の歴史観から観た考え”に似た「詳細経緯」が、「武田氏側の戦記の一つ」が論じているのだ。
気になるのはこの「論処の合理的な所以」である。
どうもこの「武田氏側の戦記」と云うか、「甲斐の戦記」と云うかの「研究資料の根拠」は「武田氏の戦略・戦術を決める立場の者」の傍に居た「家臣の書き記し・日記等」に基づく「総合論」である様だ。
明記はされていないがそれが「松平氏側の戦記」との「江戸期の照合論」である様だ。
この戦記資料は、江戸期初期には余りにも幕府自らも進んで行った「松平氏側の戦記」の“有利性を持たした美化の脚色論”に対しての「反論」であったのではないかと観られるのだ。
筆者は、「徳川家康・1563年に改姓後・長篠後に多用する」は、長篠後、多くの武田氏の家臣をそっくり抱え込んだが、この中の者が密かに「名・ペンネーム」に変えて「擁護論」を展開したのではと考えられる。
それが誰かは正確には判らないが筆者の見立てでは二人居る。
それをできる者として、先ず、綱吉の側用人の「柳沢吉保・甲斐青木吉保・時光系青木豊定の孫」が密かに家臣の誰かに命じて纏めさせたものでは無いかと考えている。
もう一人は、「松平氏の重臣」で「二俣城の副将」の「青木貞治・三方ヶ原で戦死」の「子孫・戦功を揚げる」が「無駄死にした先祖の名誉」の為にも「真実・史実」を書き記し遺したと観ているのだ。
この「駿河青木氏の青木貞治」の「子・長三郎・伊賀越えの功労者」とその子孫は、「御側衆3500石・上級番方」に取り立てられ破格の出世をしたのだ。
では、此処で、「柳沢吉保・青木吉保」の事は前段でも充分に論じているので、もう一人の上記でも論じた「額田青木氏の南下国衆の銃隊」に「貴重な情報を齎した者」は誰だったのかであるが、其れは「二俣城副将の青木貞治」である。
当然に、「伊賀青木氏の銃隊・荷駄隊50」にも、又「伊勢シンジケート・香具師・伊賀隠密」も参加している事は当然の事として、「伊勢隠密」も放っていた。
そこで「情報経緯」として、「松平氏の内部の情報」をどの様に「情報」として獲得したかを解明して置く必要がある。
実は、「額田青木氏の南下国衆の銃隊」の「指揮官」と、「国衆として銃の取り扱い訓練」の「指導者」として、前段でも論じた様に、「伊勢秀郷流青木氏」がこれに当たったし、且つ、「三河」に「開発業や殖産業」をして「長篠後」にも爆発的に子孫を多く遺した。
ところが、前記の「松平氏の重臣」で「二俣城の副将」の「青木貞治・三方ヶ原で戦死」は鎌倉期までこの地の「秀郷一門の豪族・駿河秀郷流青木氏」であった。
「全国24地域116氏」のここは「州浜族と片喰族」と呼ばれた一族の24地域の一つの定住地の一つであったのだ。
平安期には「駿河の最西端」の遠江との国境に定住した水軍族であって、伊勢屋信濃の制止を振り切って「源氏化」して源平戦に参加して滅亡したが、「伊勢」に依って再び探し出され「伊勢」で訓練を受けた「復興一族・女系」であった。
この「三方ヶ原後」の「青木貞治の子孫・長三郎」は「家康御側五人衆と呼ばれた者」で、「本能寺の変」の時、「堺に居た家康」を護っていた「御側五人」の中の一人であった。
この時の「伊賀越えの事件」には、「青木貞治の子孫・長三郎」以外にも「実家の駿河水軍」には他にも功績を挙げた者らが居たのだ。
伊勢の資料を繋合わせると、その詳細経緯が記され判って来る。
これによると、「本能寺の事件」と「青木長三郎から持ち込んだ家康救出作戦」が伊勢で採られた。
「堺の伊勢青木氏・仮名を使う・摂津店の商人」に先ず話を持ち込み、「伊勢シンジケート」を使って「伊勢福家」に連絡し、更に「一族の伊勢秀郷流青木氏」にも話を通し、「伊勢青木氏」が「伊賀青木氏・伊勢シンジケート」に指示して「伊勢」まで擁護して「四日市・青木氏」まで救出し一時休息させた。
そこから更に「青木氏資料の白子湾説」、又は他説では「長太浜説」より、「伊勢水軍」が周囲を保護して「青木氏の船」で「三河の大浜」まで運び助けたとする有名な歴史的経緯があった。
「伊勢水軍の伊勢衆」は後にこの事で家康から「お墨付き」を貰い江戸までの「永代の廻船業の許可」を得たとして記されている。
又、「伊勢シンジケートの情報」により「出迎え」に廻って海から警護に当たったこの「駿河水軍・実家」も「家臣・水軍」に加えられたとしている。
つまり、これが「駿河青木氏の青木貞治」の裔で、「伊賀越えの御側衆」で貢献した「駿河青木氏の青木長三郎の実家」であるが、この実家も家臣と成ったのだ。
これは「家康」には、「徳川軍に水軍の必要性」を感じさせた事件でもあり、「三方ヶ原の青木貞治と子の長三郎」の実家先の「駿河水軍青木氏の存在」をも認めさせた「勲功・褒章」であったのだ。
今川氏、松井氏、中根氏から遂には独立して、「近習衆・近番衆・近侍衆・近国衆の三河衆」の旗本に対して、「家人衆」と呼ばれる「関東の秀郷流一門・官僚族」が成った関東の「旗本」に加えられたのだ。
但し、注釈としてこの「伊賀越え」では、「家康を助けた者」では「堺の商人」も「伊勢の青木氏」やその「船などの所有者」もを「青木氏側」では一切直接に名を出していないのである。
「内部の資料・祐筆の記録」にもこの件の行動が記載されて遺されてはいるが、「本名を出さない仕来り」のこれは、全て“「青木氏の古来からの仕来り・青木氏の氏是」”である。
因みに、前段でも論じたが、もう一度この事に少し触れて置くと、その一つとして「信長の伊勢攻め」で「戦いの出城」として「松ケ島城」を建築したが、この際に、城の築城建材の一切を「堺商人・伊勢青木氏・伊勢屋支店・名変える」が請負い掛け合っていたが、物価高騰を理由に「高額な値」を付けて織田氏を財政的に影から揺さぶり、「伊勢シンジケート」を使って城建築の現場に職人を送り込み、建築材の遅延を理由に工事を遅らせ、挙句は「伊勢シンジケート」に依って出来上がつた城を燃やしたのだ。
この時も、「堺商人」は「伊勢」に害を及ぼさない様に「実名」を隠して接したのだ。
歴史書には時々出て来るこの「二人の堺商人」は当に「伊勢青木氏の人物」である。
「秀吉の長島氏攻め」でも同じ手を使って出城建築を遅らせたのだが、これを秀吉に気づかれて「自らの兵」を使って吉野の山から木材を切り出すと云う破目に成ったのだ。
この「偽名の手段」は、「堺支店の掟」であり、「堺」に限らず「全国488店の支店」にも適用されたと記されている。
この様に都度、「名」を変えたとしているのだ。
これらの事は、「青木氏の資料の行」のみならず「江戸期の物語風の戦記・二つ」にも成っているのだ。
通常は、要するに「超豪商」は「名」を変えるか、「顔」を見せないか、「人」を変えるか、時には「店」を変えるかして対応していたのだ。
この掟は別には借財も抱える等もしている「武力の持つ者」からの害を防ぐ目的があったのだ。
最大の目的は二足の草鞋にあって「商い」の行為が「賜姓臣下族青木氏の格式」に尾よ場無い様にする為の掟であった。
一般的にも超豪商は「テレビ物語などの様な実名を出す様な事」は決してなかったのだし、「伊勢青木氏」には奈良期からの「格式の氏是」があったのだ。
「伊勢青木氏」は「朝廷の命」で「紙屋院」として「925年頃」から「商人」も兼ねる「二つの顔」を持つ様に成ったが、これ以来に基づく「商人」としての「厳しい掟」があったのだ。
取り分け、実務の「堺支店の堺商人」や全国に店を持つ一族の「伊賀青木氏の香具師・隠密商人」等にもこれが求められていたし、これが大正期まで続いていたのだ。
これ等は明治期初期に「維新政府の命」や、「火付け打ちこわしの嫌がらせ」の圧力も受け無償放棄で「本店関係」を残し解体したのだし、「伊勢の青木氏部」も同然であった。
其の後には、広大な大字の本領地の土地までも、又、債権も無償放棄する結果と成り、この掟等は遂に歴史を閉じ霧消したのだ。
「伊賀青木氏の香具師等の各地の店」も一部は昭和初期までとし多くは大正15年頃までに各地に「影」を残し解体されるが、「明治期の厳しい締め付け」が緩み改めて大正期頃から各地の支店であった定住地では「掟」を無くして「青木・・店」として再出発している。
正しく理解する為の青木氏の歴史観として上記を付記する。
戻して、これ、即ち、「伊賀越え事件」は「渥美湾の制海権」を獲得した「9年後の事」である。
この「駿河秀郷流青木氏一族」の「菩提寺の西光寺・青木貞治」は「静岡県盤田市目付」にあって現在もある。
「南下国衆の指揮官」であった「伊勢秀郷流青木氏」の「三河伊川津田原」の「古跡神明社の隣200m」の所にも「菩提寺・西光寺」があるのだ。
この「二つの西光寺・秀郷流青木氏菩提寺」は真東西に「54kの位置」にある。
「伊勢の青木氏の裔系」とは「四掟」に基づき古来より「女系」で何度も網の目の様に繋がり、互いに助け合って来た。
当然に、「三方ケ原の戦い」の中でも容易くに「情報交換」はあったと考えられ、「内部の事情」は間違いなく把握出来ていたと考えられる。
故に「伊勢の家人等に遺されている手紙」などの「資料」には、信用度は高く資料の行の各所には「伊賀越えの事件」の一節等が記されていたのだ。
長い間の一族でありながら「情報を遮断すると云う事」は100%あり得ないだろう。
公で無くても提供しあっていた筈であるし、上記の通り「伊勢からの資金援助」も充分に有ったと考えられる。
そもそも「青木貞治等」には、「滅亡した駿河水軍の駿河青木氏の子孫」を探しだし、「伊勢」で教育して大船一艘を与えて駿河に帰しているのだ。
勿論、俯瞰し合っている「青木氏一族」のみならず「松平氏」にもである。
「松平軍」はこの「莫大な資金」無くしてこれだけの「長い間の戦いの戦費」は「石高」では何もできない。
「家康」も、「二俣城の副将・青木貞治」に据える位であるとすると、「青木氏」に於ける一族関係は承知していた事は間違いなく頷ける。
故に、だとすると、これが“「額田青木氏の南下国衆との初期の約束」”をぎりぎりのところで護った事になろう。
そもそも、氏家制度の社会の中であり、その様に考えるのが普通である。
寧ろ、筆者なら大いに利用したが、ところが「青木氏の氏是に基づく信念」を貫き、「提供」が結果として「青木氏に危険を招く」として、「資金の提供」はあったとしても「銃の提供」に関してだけは応じていないのだ。
又、「銃の保持」は、「青木氏の氏是」に関わらず、「銃」は「銃シンジケート」に依って掟の範囲で隔離され、仮に「金銭」が有っても「仲間の約束」は護り「調達」は難しかったのだ。
そもそも「青木氏の銃」は「貿易と財力と高度な熟練」を無くして手軽に保持できる「銃型」では無かった。
ハッキリ言えば、この「三つ要件」を身内に備える、況や“「青木氏銃」”であって「青木氏族」にしか使えない銃であったのだ。
それだけに飽く迄も「保持の前提」は、「額田青木氏の南下国衆の護身用の改良銃」であって、「松平氏・この頃から徳川氏を頻繁に名乗る」は、それを「国衆の戦力」として観てこれを「味方に持つ事」と引き換えに、「渥美湾の制海権の獲得の条件」を認めたのだ。
その意味では、“戦力と云うよりは抑止力的効果を期待していた事”も一部では読み取れる。
況や、この意味でも、「青木氏族の一員」の“「青木貞治とその子孫の松平氏の内部の活躍具合」”が読み解けるのだ。)

「青木氏の伝統 62」-「青木氏の歴史観-35」に続く。  

名前 名字 苗字 由来 ルーツ 家系 家紋 歴史ブログ⇒

| ホーム | 次ページ≫
副管理人 写真館
一時癒場、季節の写真

人気記事ランキング

ホーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 全表示

この人とブロともになる

aokicc

Author:aokicc
青木のルーツを研究しています。世界中の青木さん、ご連絡ください。
監修 : 副管理人 青木研究員さん

逆アクセスランキング